DMM.comでサービス中の18禁タワーディフェンスゲーム、「千年戦争アイギス」のwikiです。詰まった時の攻略糸口探し、嫁探し、情報交換にお役立て下さい。

諸悪の根源。敵の名前は永遠に仮称。
……かと思われていたがキャラクタープロファイルの発売により公式名称が一部判明した。


前説

  • 敵はその攻撃形態によって「近接型」「遠距離型」「両用」に大別できる。
    • 「近接型」はマップ上を主に道に沿って遊行し、ブロックされたユニットを攻撃する。
    • 「遠距離型」はマップ上を道に沿って移動し、攻撃範囲内に入ったユニットを攻撃する。
      攻撃範囲内に複数のユニットが居る場合、後に配置したユニットを狙って攻撃する。
      味方ユニットでブロックした場合はそのブロックユニットを攻撃する。
      • 遠距離型の敵は目の前に近接型クラスを差し込むと延々と殴り合いを始めるため、これが重要な対策になる。
    • 「両用」はブロックされていない時は遠距離攻撃、ブロックされている時は近接攻撃を行う。
      • 直接差し込みを受けた場合などで遠距離攻撃の攻撃準備時間が終わっていた場合初回のみ遠距離攻撃を行う場合がある。

人間

王子に敵対する人間たち。
敵対の動機は様々で、中には単に食い詰めたはぐれ者という者もいる。
多彩なバリエーションを持ち、ゴブリンよりも質が一回り高い。

軽歩

仮称タイプ推定
攻撃力
推定
防御力
解説

ソルジャー(黒兵士)
近接214(田園の門)HP・防御力高め。
アーマーだけでは厳しい。

ローグ(盗賊)
近接170(山賊の隠れ家)足が速いが、暗殺も回避もない。
狼と同じだが硬い。

バンデット(山賊)
近接220(山賊の隠れ家)山賊。防御力は低いが攻撃力が高い。
一発が痛いのでさっさと倒そう。

山賊頭
近接600(山賊の隠れ家)耐久力に加えて攻撃力も高い。
あらかじめ遠距離ユニットで弱らせておこう。

足軽
近接いたって普通のソルジャー。

サムライ
近接足軽よりやや硬い。

砂漠戦士
近接/
近接魔法(防御無視)
熱砂の剣士に登場。防御無視攻撃。
攻撃力高めだが攻撃間隔が長い。

デザートナイト
近接普通のソルジャーと大差ない。

熱砂の戦士
近接/復讐50万人突破/TGS出展記念ゴールドラッシュ!に登場。
HPが減るとともに攻撃力が上昇する、アベンジャーの特性を持つ。

帝国ソルジャー
近接350白の帝国の兵士たち。通常のソルジャーよりも全体的に強めだが、所詮はソルジャー。
一度に多数出現し、隊列を組んで包囲してくることが多い。

暗殺部隊
両用/毒近接:600
遠距離:500
闇ギルドの暗殺部隊。ローグと同様に素早く移動し体力もそこそこ高めなうえ
毒性の高い鉱物で作られた武器により最終ダメージを2倍にする能力を持つ。
移動中には遠距離攻撃を行わないが、特定の位置で停止し一定時間ボウガンで矢を放ち続ける。
攻撃速度も高く柔らかいユニットが攻撃を食らうと即座に致命傷となるため、防御力の高いユニットで対処したい。

赤暗殺部隊
両用/毒近接:1100
遠距離:800
行動パターンは通常のものと同じだが、生半可なアーマーでは容易に崩されるほどの高い攻撃力を持つ。
防御力も高く、見た目からは想像できないほどに強い。
スキル・アビリティ込みで防御力900程度は出せないと正面からブロックするのは厳しい。

暗殺部隊(隠密)
両用/潜行/毒近接:600
遠距離:400
行動パターンは通常のものと同じ。
移動中は遠距離攻撃の対象にならない。
ブロックするか、狙撃体勢に入っている間のみ隠密状態が解除される。

赤暗殺部隊(隠密)
両用/潜行/毒近接:1100
遠距離:800

暗殺部隊(銃)
両用/毒近接:600
遠距離:500
行動パターンは弓持ちと同じ。狙撃体勢中の攻撃力と射程が伸びているが、
攻撃速度が落ちているので防御力がしっかりしていれば負担は弓の場合より軽くなる。
また射程が長いぶん避雷針に誘導しやすく対処が楽な部分も。

赤暗殺部隊(銃)
両用/毒1100およそ500

セーラー(剣)
近接600100以下防御力は低いが攻撃力・体力はやや高め。ソルジャー1人で相手すると負担が大きい。

セブン
近接/回避500およそ100盗品の呪いの武器を魔物に売っていた闇の売人。名前はコードネームであり、本名は不明。
物理攻撃を確率で回避するが、魔法攻撃は回避できない。
足が速い上かなりの攻撃速度を持つ。硬いプリンセスなどに回復役を付けて処理したい。

重歩

仮称タイプ推定
攻撃力
推定
防御力
解説

黒ヘビーアーマー
(黒重鎧)
近接/アーマー585(王都に続く道)攻撃力・防御力が高い。
遠距離魔法かプリンセスが特効薬。

金ヘビーアーマー
(金重鎧)
近接/アーマー(黄金の鎧)主に曜日ミッション「黄金の鎧」に登場。
何故か武器を振り上げた瞬間にダメージが発生する。

バトルアーマー(桃)
(桃重鎧)
遠距離/範囲物理/アーマー450(鎧の戦列2)鉄球を投げ範囲物理攻撃を行う。
遠距離ユニットを固めすぎない、近接差込などで対処しよう。

バトルアーマー(銀)
(青重鎧)
近接/アーマー全能力がべらぼうに高い。
遠距離で削りきるのがベスト。
暗殺が効くので可能であれば試すといい。青に見えるが設定上は銀とのこと。

赤ヘビーアーマー
(赤重鎧)
近接/アーマーおよそ300聖鎚闘士の挑戦で初登場。曜日ミッション「黄金の鎧 神級」にも出現。
しばらく足踏みした後、通常の3倍以上の超高速で移動する。
アーマー属性だが攻撃力・防御力が通常の敵並みに低い。
なので性能は鎧と言うよりもどちらかと言うと硬めのローグや狼、火力の低い騎兵系と言うのが近いか。

メイジアーマー
(白重鎧)
遠距離/魔法/同時攻撃/アーマー600聖鎚闘士の挑戦で初登場。曜日ミッション「黄金の鎧 神級」にも出現。
射程はそう長くないものの、周囲の敵全てに稲妻を落として同時攻撃する。
味方の密集地帯に近づけないことが重要。
範囲回復が出来る風水士がいると楽。

インペリアルナイト
遠距離450およそ400白の皇帝直属の精鋭である騎士たち。
魔法剣士のように高速で遠距離攻撃が可能で、防御力もそれなりにある。
魔法剣士と異なり魔法攻撃はできないが、遠距離攻撃でも攻撃力が減衰しない。
なお、全身鎧だがなぜかアーマー属性はない。

騎馬

仮称タイプ推定
攻撃力
推定
防御力
解説

キャバリア
(黒騎兵)
近接足が速い。強さはMAPごとにピンキリ。
ドット絵をよく見ると女性っぽい。

ハイキャバリア
(金騎兵)
近接少しタフ。
ドット絵をよく見なくても女性っぽい。
2016年8月25日のUIリニューアル以前はLoadingの暗闇の中を駆け抜けていた。

ボウキャバリア
(弓騎兵)
遠距離/物理戦乙女の契約が初登場。
弓で攻撃してくる。

ヘビーキャバリア
(重装騎兵)
近接/アーマーおよそ1000戦乙女の契約が初登場。
硬い。普通の騎兵より足がちょっとだけ遅い。
アーマー属性だが、防御力がかなり高いためデストロイヤーでないと通りが悪い。

ペガサスライダー
飛行/物理(単体?)ゴールドラッシュ3!:騎兵の挑戦が初登場。
空を飛び通り道にいるユニットを攻撃する。
低防御・高魔法耐性。アーチャーやヴァンパイアハンターによる攻撃が有効。

帝国ペガサスライダー(空中)
飛行/物理500白の帝国の天馬騎士団に所属するペガサスライダー。
重装備で固めた黒い翼のペガサスに乗っており、王国のペガサスライダーよりも耐久力が高め。
一部ミッションでは地上に降りることがあり、その場合地上では騎兵とほぼ同じ挙動となる。

帝国ペガサスライダー(地上)
近接

キャメルライダー(弩)
遠距離/連続攻撃600*3魔神フェネクス降臨で登場した、魔神フェネクスを信奉する砂漠の民。
ヴァンパイアハンター同様3連射で攻撃してくるうえ攻撃速度も非常に速いため、低防御ユニットは狙われたら瞬殺されてしまう。
HP・防御力が低いため、単発系スキルで一掃するのが吉。

キャメルライダー(銃)
遠距離1000魔神フェネクス降臨で登場した、魔神フェネクスを信奉する砂漠の民。
攻撃速度は遅いが、単発威力が高めで射程が長い。
【募集中】
デザートチーフテン
遠距離600魔神フェネクス降臨で登場した、魔神フェネクスを信奉する砂漠の民。
他の砂漠の民と異なりHPが非常に高く、即死させるか先にフェネクスを倒さない限り撃破は難しい。
攻撃はどう見ても魔法なのだが、公式の設定ミスにより物理属性になっている。
復刻時は本来の魔法攻撃に戻る予定。

射撃

仮称タイプ推定
攻撃力
推定
防御力
解説

アーチャー(弓手)
遠距離/物理250(田園の門)後衛の紙防御には脅威の攻撃力。
早めに対応を。

ハイアーチャー
遠距離/物理長射程だがそれ以外の能力は高くない。

海賊手下
遠距離/単体物理銃で遠距離攻撃してくる。足が遅い。

黒海賊手下
遠距離/単体物理/狂化銃で遠距離攻撃してくる。足が遅い。

キャプテン
遠距離/単体物理450手下よりちょっと強い。

黒キャプテン
遠距離/単体物理/狂化800→1000手数は少ないがかなり攻撃力も高く射程も長い。
体力が減ると攻撃力が上がりアーマー級のユニットでもそこそこダメージを通してくる。
【募集中】
アネリア
遠距離/同時攻撃/物理山賊王への道でイメリアの助っ人として登場。周囲に同時攻撃を行ってくる。

砲術師
遠距離/物理大砲で物理範囲攻撃してくる。移動は某ロボアニメの様に足のローラーで移動

セーラー(銃)
遠距離/物理300攻撃力は低いものの手数が多く、人数を絡めた数押しでくる傾向が強い。
防御の弱いユニットが狙われないように配置順に気をつけよう。

シックス
遠距離/連続攻撃/毒800×2HITおよそ500闇ギルドから変化した闇の組織の幹部のひとり。二丁拳銃によりダメージ2倍の2連続攻撃を繰り出す。
脆い遠距離ユニットは即死級のダメージを受けるが、ブロックしてもナイフを使わないため防御力が高ければ脅威でなくなる。

魔法

仮称タイプ推定
攻撃力
推定
防御力
解説

ウィッチ(黒魔女)
遠距離/単体魔法150(魔女の逆襲)防御無視攻撃。
低コスト近接で対応しよう。

黒メイジ(黒魔術士)
遠距離/範囲魔法201(魔女の逆襲)低防御高火力。爆風は防御力有効。
低コスト近接で対応しよう。

白メイジ(白魔術士)
遠距離/範囲魔法低防御高火力。相変わらずもろい。
低コスト近接で対応しよう。

ヒーラー
近接周囲を回復する事はなく、
杖で殴ってくるただの近接。

教団員(黒)
遠距離/魔法200攻撃速度が速いため攻撃を受け続けるとかなり危険。
魔法耐性は高いが防御力は低いので素早く処理したい

教団員(青)
遠距離/範囲魔法400魔神を信仰する邪教の信徒。
範囲攻撃魔法を高速で撃ってくるため非常に危険。
差し込みか、魔法以外の飛び道具での迎撃が望ましい。
一部ミッションでは1度倒されると魔神が憑依して復活する。

教団員(ビフロンス憑依)
遠距離/魔法650魔神ビフロンスとの契約により魂と引き換えに力を得た教団員。
単体攻撃化し攻撃速度が落ちるが攻撃力と射程が上昇し、HPが大幅に伸びる。
HPが高いため差し込みで倒し切るのが難しくなっているが射程の長さから攻撃を誘導しやすく、
総じてリッチを弱体化したような能力になっている。
魂と引き換えに力を得ているためか、何もしなくてもHPが減少し続ける。

教団員(ベルゼビュート憑依)
近接/侵食1500魔神ベルゼビュートとの契約により魂と引き換えに力を得た教団員。
攻撃が近接攻撃に変化し、周囲にユニットの攻撃力を70%減少させ、約0.16秒につき10ダメージ(1秒に60ダメージ)を与える瘴気を纏うようになる。
ベルゼビュートの眷属と異なり防御力が低いので弱体化したままでも手数で押し切りやすく、何もしなくてもHPが減少し続ける。

教団員(赤)
遠距離/範囲魔法200(通常)
300(オーラ)
魔神を信仰する邪教の信徒。
青と比較して攻撃力は低めだが体力が倍近く多く魔法系にしてはかなりタフ。
防御力は低いのでローグ・ワルキューレ・モンクなど手数の多い近接ユニットでタイマンに持ち込むとよい。
一部ミッションでは体力が0になると魔神化して復活する。

魔神化した教団員
遠距離/同時攻撃1200限界を超えた骨片の摂取により魔神の力に飲み込まれた教団員。
魔法は使わなくなり、地面を隆起させて狭い範囲を同時攻撃する。
防御力は低いが魔法耐性は変身前同様高いので魔法よりも物理攻撃で攻めよう。

メトゥス
遠距離/魔法/アンデッド600(通常)
1700(オーラ)
自らを死霊術を極めた存在と称するネクロマンサー。
メトゥス単体はリッチに毛が生えた程度の強さだが、強力なアンデッドの軍勢を使役している。
死霊術師と反魂の至宝において魔神ビフロンスの影響下から脱するため反魂の秘宝の力で人間に戻り、王子の軍勢に加わった。

ケイティの再演習での登場時では人間になったことを反映し、アンデッド属性が消えている。

スイル
遠距離/魔法400

忍者

かつての千年戦争において東方で発祥した魔物と戦うための技「忍術」を体得した者たち。
王子達に敵対する忍者は主人に仕えることを忘れ、私欲のために力を振るうようになった者達が大半である。
総じて身のこなしが素早く遠距離攻撃を得意とするが、耐久力が低い。
仮称タイプ推定
攻撃力
推定
防御力
解説

忍者
遠距離/物理140(アンナの大冒険)駆け足で近寄ってきて、手裏剣による高速遠距離攻撃を仕掛けてくる。

忍者(アモン片)
遠距離/物理自分と周辺にスリップダメージを与える。

忍者(ウェパル片)
遠距離/物理最終ダメージ2倍

麻痺忍者
遠距離/物理
(異常:麻痺(強))
闇の忍者軍団から登場。
「痺毒の術」で遠距離から麻痺攻撃を行い、6回ダメージを受けたユニットは麻痺状態になる。
麻痺しているユニットは攻撃対象にしないため、セイントがいないと最悪同時に二人麻痺させられる。

忍者マスターA
遠距離/物理攻撃速度が非常に速く、遠距離ユニットはあっという間に落とされる。
狙われないよう注意。

忍者マスターB
遠距離/物理風魔手裏剣を投げてくるパワータイプの遠距離モンスター。
差込みで対処しないと遠距離ユニットは一瞬で溶ける。

忍者マスター(ウェパル片)
遠距離/物理最終ダメージ2倍

白忍者
近接/潜行「隠形の術」で半透明になってステルス移動する忍者。
ワームや影の魔物と同じく、近接ユニットがブロックしないと遠距離攻撃無効。
隠れるだけが取り柄ではなく、攻撃力も高いので注意。
隠れずに最初から姿を現しているタイプもいる。

白忍者(アモン片)
近接/物理自分と周辺にスリップダメージを与える。

白忍者(ウェパル片)
近接/物理/潜行最終ダメージ2倍

ムササビ忍者
飛行/攻撃しないHPが非常に低い。
撃墜されるとそのまま死ぬタイプ(闇の忍者軍団)と、
地上に降りて普通の忍者として戦闘続行するタイプ(アンナの大冒険:忍びの隠れ里)がいる。

ムササビ忍者(アモン片)
飛行/攻撃しない自分と周辺にスリップダメージを与える。

凧忍者
飛行/遠距離/
(範囲?)物理
4001年末年始お年玉イベントゴールドラッシュ!に登場。
ダイナマイトを持った特攻忍者。
射程はとても短いが、ほとんどのユニットが消し飛ぶ超火力を持つ。近寄られる前に叩き落そう。

鬼刃衆
遠距離/回避不定戦闘に特化した忍者の一団。忍者であるが移動速度は控えめな代わりに耐久力が非常に高いのが特徴。
さらに物理攻撃を一定確率で回避するため運が悪いといつまでも倒せない。
手裏剣ではなく竜巻を飛ばして攻撃するため手数はやや控えめだが攻撃力が高く弾きが発生しない。
魔法による攻撃(プリンセス・魔法剣士等含む)は回避できないのでうまく利用しよう。
理由もわからないまま王子に度々攻撃を仕掛けてきたが、その目的は主である鬼刃姫のため、酒呑童子を倒すための力を得ることだった。

鬼刃衆(アモン片)
遠距離/回避アモンの力を取り込んでしまった鬼刃衆。
力を完全に持て余しており、自分と周辺にスリップダメージを与える。

鬼刃衆(カギ爪)
近接/回避525闇の聖霊に新たなる力としてカギ爪を与えられた鬼刃衆。どこのスペイン人ですか?
遠距離攻撃はできなくなったがすさまじい速度で攻撃してくるため
防御力の低いユニットはあっという間に押し切られる。
防御力の高いユニットでブロックしよう。

鬼刃衆(フールフール片)
遠距離/反撃800(通常・物理)
160(反撃・貫通)
およそ500フールフールの力を取り込んでしまった鬼刃衆。
反撃能力を得たのはいいが、有効範囲に制限がついており劣化している。
さらに代償として回避能力を失ってしまっており、バンデットなど高攻撃力の物理攻撃が通用する。

鬼刃衆(ウェパル片)
近接/回避最終ダメージ2倍

鬼刃衆(酒呑童子片)
遠距離/回避/復活800→1100酒呑童子の体の一部を与えられ、修羅と化した鬼刃衆。
死亡した後鬼となって復活したらしいが、アンデッド・妖怪属性は無い。
最初は通常と同じだが、一度倒されると攻撃力と攻撃速度が激増して復活する。
防御力が900を下回っていると一気に体力が減ってしまうので高い防御力が必要。
また回避能力も健在なので、スキルが切れる前に倒し切れるようにしたい。
復活後は手数が多すぎるため反撃スキルを使うとみるみる体力が減っていき、相性が良い。

剛力の鬼刃衆
近接/回避5801ハンマーを担いだ鬼刃衆。
無茶苦茶な攻撃力を持ち、攻撃速度も速くブロックできるユニットは限られる。
回避も健在だが遠距離攻撃はしないので、ウィッチなど魔法戦力を並べ削り殺すのが効果的。即死も一応効く。

亜人

オーク

帝国猟兵レーゼルの特効対象。
通常時は大したことはないが、HPが半分を切るとステータスと移動速度が上がる狂戦士状態になる。
範囲攻撃で集団を狂戦士化させると護りを突破されたり、力押しの波状攻撃で喰い破られる可能性が高くなる。
ほとんどの種は魔法耐性が全く無く、魔法攻撃に弱い。数で押してくるので信頼できる壁役と魔法のコンビネーションがほしい。
仮称タイプ推定
攻撃力
推定
防御力
解説

レッサーオーク
近接/狂化300→500およそ100オーク族の中でも戦士にもなれなかった落ちこぼれたち。
防御力が低くアーチャーでも簡単に倒せるが狂戦士化後の攻撃力はゴブリンを大きく上回っておりソルジャーにはそこそこ痛い。
範囲攻撃でまとめて狂戦士化させてしまうと移動速度上昇もあって押されやすいので一匹ずつ確実に仕留めていこう。

オークウォーリアー
近接/狂化400→600約200かつての千年戦争における魔王軍の主戦力だった種族。エロゲーに出てくるオークなのに戦いにしか興味がない。
HPが半分を切ると攻撃力と移動速度が約2倍、防御力と攻撃速度が約1.5倍に急増する。
落ち武者とよく似た能力だが、元が低いこともあって防御力はそこまで上がらないのが救い。

ハイオーク
近接/狂化840約500オークの純血種。
特殊能力はオークとほぼ同じだが基本能力が大幅に上がっており、狂戦士化すると恐ろしい戦闘力となる。
狂戦士化後は手数が多いためアーマーやパラディンなど防御力の高いユニットでの対処が望ましい。

オークシーフ
遠距離/狂化300短剣を投げつけて遠距離攻撃を行うオーク。
狂戦士化しても攻撃力と防御力は上がらないが、元から速めの攻撃速度が狂戦士化するとさらに約3倍に跳ね上がる。
近接ユニットなどにターゲットを向けさせて後衛を狙わせないこと。

ハイオークシーフ
遠距離/狂化短剣を投げつけて遠距離攻撃を行うオーク。
狂戦士化しても攻撃力と防御力は上がらないが、元から速めの攻撃速度が狂戦士化するとさらに約3倍に跳ね上がる。
近接ユニットなどにターゲットを向けさせて後衛を狙わせないこと。

オークシャーマン
遠距離/魔法/単体攻撃→同時攻撃/狂化200威力は低いものの雷を落として魔法攻撃してくる。
平時は大したことないがHPが半分を切ると移動速度が倍加し、攻撃が周囲すべてのユニットへの同時攻撃に変化する。
足の速さで懐に潜り込まれ雷をばらまかれると苦しいので、耐久力の低さを突いて素早く倒したい。

ハイオークメイジ
距離/魔法/単体攻撃→同時攻撃/狂化400雷を落として魔法攻撃してくる。
平時は大したことないがHPが半分を切ると移動速度が倍加し、攻撃が周囲すべてのユニットへの同時攻撃に変化する。
足の速さで懐に潜り込まれ雷をばらまかれると苦しいので、素早く倒したい。

レッサーオークアーチャー
遠距離/狂化

ハイオークライダー
両用/狂化

旗持ちオーク
近接/応援戦場に存在していると全ての敵オークの攻撃力と防御力を50%上昇させる(累積した場合加算処理)。
ハイオークが強化されるのは厄介なのでさっさと倒してしまおう。
本人の攻撃力は低めだが、耐久力は通常のオークよりやや高いので油断は禁物。

旗持ちハイオーク
近接/応援戦場に存在していると全ての敵オークの攻撃力と防御力を50%上昇させる(累積した場合加算処理)。
ハイオークが強化されるのは厄介なのでさっさと倒してしまおう。
本人の攻撃力は低めだが、耐久力は通常のオークより高いので油断は禁物。

オークの勇士
近接/狂化2000オークの中でも特に強力な戦士で、手に持った剣で強烈な一撃を放ってくる。
そのうえHPが半分を切ると攻撃速度と移動速度が倍加し、防御力1400程度は出せるユニットでないとブロックし続けることは困難。
ブロックを継続できない場合はHPを減らしたらブロックを外して遠距離魔法でとどめを刺したい。
なお下記ハイオーク勇士と共に暗殺耐性が低い。
ローグ系で攻撃力2000を耐えるには一工夫必要だが、狂化前に仕留められるので狙ってみるのもありだろう。

ハイオークの勇士
近接/狂化

オークの勇者
近接/狂化3000およそ1000オークの1部族の武勇の頂点に立つ猛者。オークの勇士を純粋に強化したような能力を持つ。
オークの中で唯一魔法耐性が少しあり、体力も高いため勇士のように狂戦士化後に歩かせて射殺するのは難しい。
覚醒王子のスキルが切れるまでに決着をつけなければならないだろう。

アナトリア
近接/狂化1750→3500およそ600前回の魔界武術大会を一人かつ無傷で優勝したチャンピオン。
女性ながらやはりオークであり、全力で戦えるような相手と正面からぶつかり合うことを望む武人。
体力が減るまでは通常時のオークの勇士と同程度の能力だが、狂戦士化すると攻撃力・攻撃速度・移動速度が約2倍になり、
彼女の前に立った相手に通常時の4倍に相当するすさまじい火力を叩きつけてくる。
HP・防御力がボスにしては低めなのでスキルを駆使して短期決戦で仕留めたい。

トロル

トレントの様に驚異的な再生力をもつ。あちらに比べると動きは鈍いが攻撃力は段違い。
仮称タイプ推定
攻撃力
推定
防御力
解説

トロル
近接/再生900およそ100以下すさまじい再生能力を持ち、相当の火力を集中させないと倒れない。
防御力が皆無なのでダブルショット系の攻撃が有効。
再生能力は時間経過で低下しないが、500秒ほどで停止する。

小トロル
近接/再生240およそ100以下トロルの劣化版。回復力も弱めで1対1でも倒せる程度。

エルダートロル
遠距離/再生2500およそ200荒ぶる魔獣の森のボスであり、トロルの強化版。
トロルを大きく上回る回復力を持ち、高い攻撃力の遠距離攻撃により歩かせるのも難しい。
攻撃速度はヒーラーの約半分と低めなので再生が切れるまで時間をかけて対処するのが無難。

ドワーフ

仮称タイプ推定
攻撃力
推定
防御力
解説

ドワーフ戦士
近接古代の機甲兵が初登場?
防御力が高く、とてもタフ。

ダークエルフ

エルフの突然変異体。その多くは後に魔界に移住したが、地上に残された者はエルフを恨み、攻撃を繰り返している。
HPは低いものの、それを補うように他の能力は高いうえに魔法耐性持ち。
仮称タイプ推定
攻撃力
推定
防御力
解説

ダークエルフアーチャー
遠距離/物理攻撃間隔短め。
黒ゴブリンをややマイルドにした感じ。
獲物を見つけると攻撃を優先するため進軍が遅い。

ダークエルフメイジ
遠距離/単体、範囲魔法火球を撃つ者とリッチの魔法を撃つ者の2種類が居る。
獲物を見つけると攻撃を優先するため進軍が遅い。
攻撃がかなり遅い(ドルイドの巫女姫)

ダークエルフアベンジャー
近接/復讐300-2000以上妖精郷の危機ドルイドの巫女姫のボスモンスター。
HPが減るとともに攻撃力が上昇する、アベンジャーの特性を持つ。
他のアベンジャーに比べて攻撃力の基本数値は低いが上昇倍率が高く、瀕死時の攻撃力は2000を突破することも。
うまくタイミングを合わせて瀕死の一撃を受けないように倒したい。

ダークエルフルーンフェンサー
両用/魔法近接:600(物理)
遠距離:400(魔法)
闇の聖霊の力により剣と魔法の両方を兼ね備えたダークエルフ。
ブロックしないとやや攻撃間隔が長いが長射程の単体魔法で攻撃しながらゆっくり前進し、
ブロックすると威力そこそこの物理攻撃を行う。
攻撃力は固定なので防御力の高いユニットがいるならブロックしたほうが楽。
自軍の耐久能力と相談して対処したい。

ウッドエルフ

エルフの種族の1つ。幻獣グリフィンを駆り、かつての千年戦争を戦ったという。
仮称タイプ推定
攻撃力
推定
防御力
解説

グリフィンライダー(槍)
飛行/遠距離/回避400獅子の身体に鷲の頭と巨大な翼を持つ幻獣・グリフィンを駆る者たち。
素早い動きで物理攻撃を一定確率で回避し、ペガサスライダーと同様移動経路上の敵を立ち止まらずに切り裂きながら移動する。
ステータスは低いもののブロック不可能な高速移動と物理攻撃回避の組み合わせがいやらしく、防衛線を突破されやすい。
メイジ等で削りを入れた後ウィッチや魔法剣士でとどめを刺すなど、対空の層を厚く取っておきたい。

グリフィンライダー(弓)
飛行/遠距離/回避300こちらは武器が弓になっており、攻撃力が減っている代わりに射程が伸びている。
大半のユニットは食らってもさほど問題ない程度の攻撃力だが、防御力の低い魔法職には痛いので周囲のユニットで守ってあげよう。

グリフィンライダー(地上)
近接/回避400地上に降りたグリフィンライダー。地上でも物理攻撃回避の能力は健在。
HPが低いので物理攻撃でもわりと倒しやすいが、安定のためにはブロックした上で魔法を使いたい。

ゴブリン

新緑の兵士フィリス槍騎兵エレイン帝国狙撃兵ラルフの特効対象。
魔王軍の尖兵となる魔物。
女神の内に封印されていたことで人間の女性を犯すことで繁殖するという能力を得た。
稀に人間への敵対心を持たない個体も存在するが、同じゴブリンでも異端視され迫害されることになる。
敵の質としては最低クラスだがとにかく数が多く、数の暴力で防衛網を突破しようとしてくる。メイジやサムライなどによる同時攻撃が有効。
仮称タイプ推定
攻撃力
推定
防御力
解説

ゴブリン
近接/ゴブリン163(王都に続く道)
196(巨大な敵)
0雑兵。標準的な面ではHP648
(田園の門は614)

ゴブリンライダー
(ゴブリン騎兵)
遠距離/物理/ゴブリン250狼に乗ったゴブリン。高速かつ高火力。

ゴブリンアーチャー
遠距離/物理/ゴブリン弓で攻撃。人間のより弱い

ゴブリンメイジ
遠距離/範囲魔法/ゴブリン範囲魔法攻撃

ゴブリンリーダー
近接/ゴブリン234(王都に続く道)

ゴブリンキング
近接/ゴブリン

ゴブリンアーマー
近接/アーマー/ゴブリン140およそ200鎧を着たゴブリン。
それなりの防御力を持ち、未CCアーチャーだとやや荷が重い。
メイジで焼き払うか、アーマー特効のあるバンデットをぶつけたい。

赤ゴブリン
近接/ゴブリン163(王都に続く道)0ゴブリンよりやや強化されている。標準的な面ではHP1170

ゴブリンライダー(赤)
(赤ゴブリン騎兵)
遠距離/物理/ゴブリン400赤狼に乗ったゴブリン。さらに火力が高い。

フレイル
ゴブリンライダー(赤)
近接/ゴブリン450(廃都の大混戦)フレイルを持ったゴブリンライダー。
斧投げなどの遠距離攻撃はしてこなくなったが、その分耐久力と攻撃力が高い。
なお余談だが、鉄棒の先端にトゲ鉄球を付けた武器のうち、
鎖で繋いでぶんぶん振り回す物をフレイルという。
逆に鉄球が固定化されており、トゲ付きメイスとして使う物をモーニングスターと呼んで区別する。

赤ゴブリンアーチャー
遠距離/物理/ゴブリン350火力が高めで複数まとまってくることも多いので厄介。

赤ゴブリンメイジ
遠距離/範囲魔法/ゴブリン範囲魔法攻撃

赤ゴブリンリーダー
近接/ゴブリン234(王都に続く道)

赤ゴブリンキング
近接/ゴブリン380攻撃間隔が短い。
高い魔法耐性を持つ

赤ゴブリンアーマー
近接/アーマー/ゴブリン鎧を着たゴブリン。
それなりの防御力を持ち、未CCアーチャーだとやや荷が重い。
メイジで焼き払うか、アーマー特効のあるバンデットをぶつけたい。

黒ゴブリン
近接/ゴブリンHP・防御力が高く格の違いが実感できる。

ゴブリンライダー(黒)
(黒ゴブリン騎兵)
遠距離/物理/ゴブリン黒狼に乗ったゴブリン。
非常に火力が高く、遠距離ユニットが落とされないように気をつける必要がある。

黒ゴブリンアーチャー
遠距離/物理/ゴブリン450射程は短いが、射程内にユニットがいると絶え間なく弓を撃つ。
そのため射程内にユニットが居ると中々歩かない。
2〜3体固まって来る事が多く、数体いるとアーマー+ヒーラーでも押し切られる可能性がある難敵。
高火力差し込みによる殲滅or射程強化のメイジで焼くorアーマーで止めてCC弓(メイジ)が有効。とにかく早々に始末したい敵である。

黒ゴブリンメイジ
遠距離/単体魔法/ゴブリン350リッチと同じ高威力の光柱で魔法攻撃してくる。

黒ゴブリンリーダー
近接/ゴブリン150

黒ゴブリンキング
近接/ゴブリン550攻撃間隔が非常に短い。
硬いキャラでないと回復が追いつかない。
高い魔法耐性を持つ。

黒ゴブリンアーマー
近接/アーマー/ゴブリン350およそ500ゴブリンながらリビングアーマー級の防御力を持ち、物理攻撃が効きにくい。
魔法・攻撃力上昇系スキル・バンデットの特効が有効。

ゴブリンゾンビ
近接/アンデッド
(異常:麻痺)/ゴブリン
何回か噛まれると麻痺する。
魔人の宿命ヴァンパイアの逆襲などに登場。

ボムゴブリン
遠距離/単体物理/自爆ゴブリン背中のカゴに大量の爆弾を詰め込んだ危ないゴブリン。
爆弾を投げて遠距離攻撃してくる。爆弾攻撃は物理のため回避可能。
倒すと爆弾に引火して自爆する(ダメージあり)

ボムゴブリン(赤)
遠距離/単体物理/自爆/ゴブリン紫の爆弾ゴブリンと似たり寄ったり。能力差は不明。
倒すと爆弾に引火して自爆する(ダメージあり)

ボムゴブリン(黒)
遠距離/単体物理/自爆/ゴブリン自爆威力が高い?
倒すと爆弾に引火して自爆する(ダメージあり)。

ゴブリンカタパルト
遠距離/移動中攻撃不可/ゴブリン400およそ200常闇の聖霊から得た叡智により開発されたゴブリン博士の新兵器。
ゴブリンが引っ張って移動させ、特定地点に到達すると遠距離攻撃を開始する。
しっかり地面にセットされないと攻撃できないらしく、差し込みなどで移動中にブロックすると一方的に攻撃することができる。
現在は攻撃力が低いが、攻撃速度が高めのため改良が進むと脅威になる可能性大。

ゴブリン騎獣戦車
両用/範囲攻撃/ゴブリン近接:3200
遠距離:250(範囲攻撃)
2000以上ゴーレム並みの攻撃力・耐久力を持ち、ブロックは困難。
ゴーレムと異なり魔法耐性が低いため魔法攻撃が極めて有効。
また範囲攻撃の飛び道具持ちだが威力は貧弱。
遠距離攻撃をわざと撃たせることで進行速度を下げることができる。

赤ゴブリン騎獣戦車
両用/範囲攻撃/ゴブリン近接:3800
遠距離:350(範囲攻撃)
2000以上

女王専用騎獣戦車(未完成)
近接/ゴブリン5000100以下最新式の騎獣戦車を開発途中のまま戦場に出した急造品。
戦車とは名ばかりで巨獣にただ操縦手が乗っているだけのものだが、そのパワーは強烈無比。
ただし戦車の命である装甲が備え付けられておらず生身であるため防御能力は皆無で、
膨大な体力で耐えることはできるが手数で押されることに弱い。

ゴブリンクイーン
遠距離/単体魔法/ゴブリン600
1500(オーラ)
およそ200魔界に退避していたゴブリンの女王。
目を見ることで強力な催眠術を使うことができる。
歩きを一切止めずに魔法を放つためブロック必須。

ゴブリンクイーン専用騎獣戦車
両用/単体魔法/ゴブリン近接:5000
遠距離:1200(魔法)
3000以上遂に完成した、ゴブリンクイーンの乗る騎獣戦車。
非ブロック時は長射程の単体魔法、ブロック時は超威力の物理攻撃を行う。
ブロック時の攻撃はもちろん遠距離攻撃も強烈。魔法耐性の高い近接を避雷針にしつつ遠距離攻撃で削りたい。

ゴブリンプリンセス
遠距離/単体魔法/ゴブリン300およそ200ゴブリンクイーンの3人の娘たち。ゴブリンクイーン同様人を操る力を持つ。
能力的にはゴブリンクイーンのダウングレード版といったところだが、長射程による配置の圧迫は厄介。

  • 耐久力は並だが攻撃速度と移動速度が早い。数を頼みに来襲するため聖霊救出などでは泣きを見ることも。
仮称タイプ推定
攻撃力
推定
防御力
解説
 旧
ウルフ(灰狼)
近接(狼の巣)足が速く、ゴブリンよりちょっと硬い
大抵複数で沸くのでブロック優先
 旧
ヘルハウンド(赤)
(赤狼)
近接足が速く、狼よりかなり硬く痛い
数が多く抜かれやすいので注意
 旧
ヘルハウンド(黒)
(黒狼)
近接足が速く、赤狼よりさらに硬く痛い
数が多く抜かれやすいので注意
 旧
スノーウルフ
(氷狼)
近接
(特殊:寒冷適応)
大討伐ミッション魔王の影が初登場。
狼系モンスターの特徴はそのままに、悪天候:吹雪で攻撃力が1.3倍に増加する。

スライム

動きは遅いのだが魔法に強い耐性と高い攻撃力を持っているので遠距離物理ユニットで早々に倒すか、削って強力なブロックに相手させるかをしたい。
アーチャーや砲術士等の遠距離物理攻撃が有効。
仮称タイプ推定
攻撃力
推定
防御力
解説

スライム(青)
近接オーソドックスな軟体生物。これといった能力はない?

ミスリルスライム
近接5001500以上防御力・魔法耐性共に高い。
攻撃力も低くないため防御力の低いユニットが複数ブロックすると危険

スライム(金)
近接216(謎の魔物)高攻撃力
遠距離で倒したい

スライム(緑)
近接/
近接魔法(防御無視)
300(毒の沼2)他のスライムと異なり防御無視攻撃で防御力もかなり高い。
代わりに魔法耐性が低いので魔法で対処を

魔水晶の守護者(緑)
(他、緑ゼリーなど)
近接/
近接魔法(防御無視)
防御無視攻撃。
低速だが高魔法耐性。
攻撃力が高いのでアーチャー連打がベスト。
ウィッチの鈍足化も有効。

魔水晶の守護者(赤)
(他、赤ゼリーなど)
近接
/近接魔法(防御無視)
660(東方の戦士:癒し手上陸禁止)防御無視攻撃。
低速だが高魔法耐性。
緑の強化版、やや大きい。

魔水晶の守護者(青)
(他、青ゼリーなど)
近接/
近接魔法(防御無視)
防御無視攻撃。
やっぱり低速かつ高魔法耐性。
高攻撃力と莫大なHPを合わせ持つために、
高レベルの遠距離ユニットで削り切るか、
高HPのユニットとヒーラー複数体で足止めをする必要がある。

ガーゴイル

  • 攻撃はしてこないが、空を飛んでいるため遠距離ユニットと遠距離攻撃能力を持つ近接ユニット以外は対処できない
仮称タイプ推定
攻撃力
推定
防御力
解説

ガーゴイル
飛行/攻撃しないなし低HP低防御。数を頼みに来襲するので弓で撃ち落とそう。

赤ガーゴイル
飛行/攻撃しないなし低HP高防御。弓の攻撃が効きにくいのでウィッチやメイジで処理しよう。

黒ガーゴイル
飛行/攻撃しないなし非常に硬い。そこそこ耐えるのでアーチャーやメイジなどに対処させたい。

鎧ガーゴイル
飛行/攻撃しないなし大討伐ミッション大空の覇者で登場。
外見に違わず高防御、またHPも高いため、アーチャーで削りきるのが厳しくなっている。

竜族

クローディア竜殺しラーティの特効対象。総じて防御力に優れ、上位のものは魔法耐性も併せ持つ。
攻撃は魔法属性のブレスを吐くことが多く、単純な防御力よりHPと魔法耐性が求められる。

攻撃力・防御力ともに優れた大型モンスターの代表格。飛行中は防御力がやや下がる。
ブレスによるダメージは魔法属性であり、軽減することが難しいため回復に負荷がかかる。
堅い防御を抜くための攻撃力、ブレスに耐え抜くHP、戦線を維持するための魔法耐性・回復力と総合的な能力が必要。
仮称タイプ推定
攻撃力
推定
防御力
解説

ドレイク(赤)
飛行/
遠距離/単体魔法/ドラゴン
500ストーリーミッション城門の戦いなどに登場。
空中から火球を吐いて攻撃してくる。
魔法ではないので防御力有効。
防御力が高いので弓よりも魔法で狙おう。

ドレイク(黒)
飛行/
遠距離/単体魔法/ドラゴン
クエスト猛毒の霧2などに登場。飛行ユニット。ドレイク(赤)の上位種。

ドラゴン(緑)
飛行/
遠距離/単体魔法/ドラゴン
500(竜殺しの剣:樹海の緑竜)
300→400(帝国猟兵とオークの勇者)
およそ300→およそ400竜殺しの剣:樹海の緑竜などに登場。
高威力の魔法単体攻撃。
飛行状態でHPを0にすると地上に降下する。
地上でも飛行状態と同様に遠距離攻撃をしてくるが、若干攻撃力が上がる。

ドラゴン(赤)
飛行/
遠距離/範囲魔法/ドラゴン
401(竜殺しの剣:砂漠の赤竜 極級)
400(帝国猟兵とオークの勇者)
およそ300→およそ400竜殺しの剣:砂漠の赤竜 極級などに登場。
高威力の魔法範囲攻撃で、射程は並だが効果範囲が非常に広いのが特徴。
ドラゴン(緑)と同様にHPを0にすると地上に降下する。

ドラゴン(青)
飛行/
遠距離/魔法/連続攻撃/ドラゴン
110×5HITおよそ200→およそ300竜殺しの剣:孤島の水竜などに登場。
高威力の魔法単体連続攻撃
緑竜と同様にHPを0にすると地上に降下する。
竜にしては珍しく防御力が低く魔法耐性が高い。

ドラゴン(黒)
飛行/
遠距離/魔法/叛意攻撃/ドラゴン
452(竜殺しの剣:洞窟の黒竜)
300→450(帝国猟兵とオークの勇者)
およそ600→およそ900竜殺しの剣:洞窟の黒竜などに登場。
高防御・高魔法耐性で高威力の魔法範囲攻撃。
飛行中は射程が非常に長く、画面の半分近くをカバーするほど。配置順で攻撃対象を操作して被害を抑えよう。
地上に降りると攻撃力・防御力が強化されるが射程が極端に短くなる。

ドラゴンゾンビ
両用/魔法/範囲攻撃/ドラゴン/アンデッド近接:1260(物理+麻痺強)
遠距離:1500(魔法)
死霊の船と提督の決意のボスモンスター。防御力は低めだが高い魔法耐性と膨大な体力を持つ。
ブロックしていない時は短射程だが攻撃範囲が広い魔法属性のブレスを放つ。
ブロックすると物理属性の近接攻撃に変化し、攻撃を3回連続で当てた相手に麻痺(強)を付与する。
足が遅いため正面でブロックしてセイントで回復すれば表裏で2回ブロック可能。

ドラコリッチ
両用/魔法/範囲攻撃/ドラゴン/アンデッド近接:1200(物理+麻痺強)
遠距離:1500(魔法)
およそ600死竜と復讐の魔導司祭のボスモンスター。
リッチ化したドラゴンで、元の名前は黒竜セヴルヴルム。
簡単に言えば防御力が高く足が速く攻撃速度も速いドラゴンゾンビ。
麻痺ペースが速すぎてセイントがいないと近接3人でもあっさりと突破し、
膨大な体力と強烈なブレスで短期決戦を許さない強敵。
状態異常無効持ちを使う、近接3人+セイントで挟み込む、回避で運ゲーするぐらいしか対処法がない。

ハクノカミ(龍体)
飛行/攻撃しない→遠距離/魔法/同時攻撃/狂化/ドラゴン3000古代龍ハクノカミの龍としての姿。
攻撃しなければ何もしないが、攻撃を受けると超強烈な威力のブレスを撃ってくるので絶対に攻撃しないこと。
正確には「竜」ではなく「龍」であり、別格の存在として扱われている。

竜人

かつての千年戦争で魔王軍に属し、後に地下へと追いやられた竜人たちの末裔。
旧戦争の遺恨を継承し魔物の復活に乗じて人間世界への侵攻を掲げる強硬派と人間との共存を図る穏健派に分裂している。
男性は成長するほどにヒトから竜へと近づき、女性は尻尾や角などの違いはあるものの基本的に人間の女性と同じ外見をしている。
つまり敵として出現する竜人は100%男性。総じて防御力が高めだが魔法に弱い。
ドラゴニュート (Dragonewt)とは「竜人」の意であり、ゲーム内でもちらほら使われている用語である。
仮称タイプ推定
攻撃力
推定
防御力
解説

リザードマンソルジャー(緑)
近接/ドラゴンよわい

リザードマンソルジャー(黄)
近接/ドラゴン足が速い。それ以外は凡庸

竜人兵士(青)
近接/ドラゴン羽の生えたちょっと強い竜人ソルジャー

リザードマンソルジャーゾンビ
近接/ドラゴン/アンデッド

竜人槍兵
近接/ドラゴン高防御

砂漠竜人槍兵
近接/ドラゴン

竜人斧兵
遠距離/物理/ドラゴン斧を投げて攻撃してくる。

砂漠竜人斧兵
遠距離/物理/ドラゴン斧を投げて攻撃してくる。足が速い。

ドラゴニュートウォリアー
近接/ドラゴン560
630
攻撃力560と630の2種類がいるようだ

ドラゴニュートメイジ(緑)
(他、竜人術士(緑)など)
遠距離/範囲魔法/ドラゴン弱体化版のドラゴニュートメイジ。

ドラゴニュートメイジ(赤)
(他、竜人術士(赤)など)
遠距離/範囲魔法/ドラゴン500357以上射程が300弱ある物理属性の範囲魔法で一度に焼き殺してくる。
耐久力も高いため育ったユニットを差し込んで
遠くからヒーラーで癒やすしか手立てがない。

ドラゴニュートキング
(他、竜王など)
近接/ドラゴン600(物理)
540(魔法)
見た目は王っぽくないが実力は本物。
だが近寄って殴るだけなのでメイジよりも対処は容易
竜姫の復活で再登場。
攻撃力540の防御無視に変わったためヒーラーが育ってないとキツい。

エルダードラゴニュート
遠距離/範囲魔法/ドラゴン竜姫の復活に登場するボスモンスター。強さは赤いドラゴンメイジと大差はない。

闇の大長老
遠距離/魔法/同時攻撃/ドラゴン1000目覚めし地底の竜群のボス。範囲攻撃ではなく同時攻撃の魔法を使う。
攻撃速度はヒーラーよりも速く耐久力も高い。

巨人

オーガ

ゴブリンよりは足は遅いが、強力な一撃を放ってくるモンスター。
序盤では強敵なので近づかれる前に遠距離で倒してしまうのが望ましい。
仮称タイプ推定
攻撃力
推定
防御力
解説

オーガ
近接360(魔女の逆襲)
468(亡者の鎧)
560(小人と巨人)
魔物版バンデット。
防御力は低めだがHPと攻撃力が高い

赤オーガ
近接ただのオーガよりも明らかに痛い

黒オーガ
近接赤オーガより強い

サイクロプス

オーガを三周りも強くしたような性能。上位種となればまともに攻撃を受けると近接ユニットは一発で吹き飛ぶ。
仮称タイプ推定
攻撃力
推定
防御力
解説

サイクロプス(緑)
近接攻撃モーションが長く攻撃力が高い。

サイクロプス(赤)
近接1300攻撃モーションが長く攻撃力が高い。
育ったユニットでないと一撃で吹き飛ぶ高攻撃力。

サイクロプス(黒)
近接2000
2500(オーラ)
攻撃モーションが長く攻撃力が高い。
耐えるのも至難な超攻撃力。

サイクロプス(青)
遠距離/同時攻撃/魔法ボス格
自身の周囲に魔法攻撃。

スレッジハンマーサイクロプス
近接3900およそ500ゴーレム並みのとんでもない攻撃力を持ち、攻撃速度もそれなり。
ブロックするのは無謀に近いのでウィッチの魔法やレンジャーの罠などで足止めし飛び道具で倒したい。

ギガース

高い知性を持つ巨人族の支配階級。
過去に天界の神々および人間と敵対していたが、人間によってギガースの長が倒され
長の骨より作られた封印の剣によって封印されていたが、剣の力が弱まったことで封印から復活した。
仮称タイプ推定
攻撃力
推定
防御力
解説

ギガース
近接/巨人3500およそ100以下オーガの超超強化版といった体で、高い攻撃力に加えてすさまじく膨大なHPを持つ。
防御力は非常に低いため、連射系スキルなどの手数で押すとよい。

岩投ギガース
両用/巨人近接:5000
遠距離:1450
およそ100以下大岩を投げて遠距離攻撃をしてくるギガース。
射程がそれなりにある上やはり攻撃力が高く、低防御のユニットは狙われたらひとたまりもない。
トークンなどを利用して攻撃対象を操作し、味方に被害が出ないようにしたい。
近接時は岩で直接殴るため攻撃力が大きく跳ね上がる。ブロックは非常に危険。

獣人

ワーウルフ

狼に似ているが強さと固さは段違い。魔法攻撃で有効に対処できる。
仮称タイプ推定
攻撃力
推定
防御力
解説


ワーウルフ(黒)
近接走っているときは黒狼と見分けがつきにくい。
高速度・高攻撃力・高防御力。魔法攻撃で迎え撃ちたい。


ワーウルフ(銀)
近接さらに強くなったワーウルフ。
非常に硬いので魔法攻撃で迎え撃ちたい。


ワーウルフ(金)
近接もっと強くなったワーウルフ。一回り大きい?
獣人の誇りが初登場。

魚人/半漁人*1

セーラーの特効対象(覚醒前1.5倍、覚醒後1.8倍)。
水中を移動してくることがあるが、その場合飛行扱いになるためアーチャーの特効が有効になる。
仮称タイプ推定
攻撃力
推定
防御力
解説

サハギン(黄・小・水中)
飛行/魚人攻撃してこない

サハギン(黄)
遠距離/単体魔法/魚人魔物の棲む島が初登場。
弱体化した半漁人。一回り小さい。

サハギン(黄・水中)
飛行/遠距離/単体魔法/魚人一回り小さい。水鉄砲の威力も弱い

ギルマン(黄)
近接/魚人青いのに比べてかなり小さい。能力は劣るが数で攻めてくる

サハギン
遠距離/単体魔法/魚人200
(裏切りの海賊:海の魔物)
防御無視攻撃。
弓モンスターのように歩きながら水鉄砲で遠距離攻撃をしてくる。
水鉄砲は魔法なので集中攻撃されると痛い。
期間限定イベント:裏切りの海賊にて出現。

サハギン(水中)
飛行/遠距離/単体魔法/魚人200
(裏切りの海賊:海の魔物)
水中から水鉄砲で狙い撃ちしてくる半漁人。
飛行する敵扱いなのか、味方遠距離ユニットが優先的に狙ってくれる。
このタイプは陸に上がることなく拠点に突っ込んでくる。
期間限定イベント:裏切りの海賊にて出現。

ギルマン
近接/魚人900(裏切りの海賊:海賊の誇り 極級)
750(私掠船長と魔の海域)
高攻撃力かつ高防御。
期間限定イベント:裏切りの海賊にて出現。

ギルマン(水中)
飛行/魚人攻撃してこない

ディープワン
近接/魚人1690〜(魔神ウェパル降臨)およそ600魔神ウェパル降臨レベル7から登場するギルマンの強化版。
ギルマンを一回り強化したステータスを持つ。
特に魔法耐性が高くなっており、魔法で攻める場合かなり倒しにくくなっている。

ディープワン(黄)
遠距離/魔法/魚人魔神ウェパル降臨レベル11から登場。

マーマン
近接/魚人250槍を持った魚人。黒ゴブリンリーダーと同程度の普通の近接ユニット。
若干タフなので1ブロックでは押さえにくい。

マーマン(投槍)
遠距離→近接/魚人700→250投擲用の槍を持ったマーマン。射程は短いが威力が高めの投げ槍での遠距離攻撃を行う。
投擲用の槍は1本しかないらしく、投げた後は普通の槍に持ち変える。
防御の弱いユニットが連続で食らうと死が見えるので、投げさせる相手をうまく操作して被害を抑えよう。

マーマンエリート
近接/魚人600(古代龍の目覚め)
1020〜(魔神ウェパル降臨)
およそ200魔神ウェパル降臨レベル9から登場するマーマンの強化版。
マーマンと比べると攻撃力・HPが倍以上に増強されている。

ミノタウロス

仮称タイプ推定
攻撃力
推定
防御力
解説

牛頭
近接/妖怪亡国の将に登場するボスモンスター。
何の変哲もないパワータイプの敵だが、ミッションによっては取り巻きとして分身を召喚する。

牛魔王
近接/妖怪亡国の将に登場するボスモンスター。
非常に攻撃力が高い。ミッションによっては取り巻きとして分身を召喚する。

牛頭(影)
近接/無敵/妖怪牛頭の魔物(弟)が召喚した分身で、あらゆるダメージを無効化する。
本体が死ぬまで分身が消滅することはなく、取り逃すと拠点ダメージを受ける。
鈍足・減速・停止等の効果は受けるが、暗殺・貫通は無効。

牛魔王(影)
近接/無敵/妖怪弟の分身と同じ能力を持つ。

ミノタウロス
近接1100とにかく体力が高くタフなことが特徴で、攻撃力もなかなかに高い。
代わりに防御力が皆無なので一定時間耐えるのは得意だが歩かせての削りに弱い。
持続力を重視した配置で相手取ろう。

ミノタウロス(赤)
近接

アーマー

防御力が高いが、魔法に弱い。自軍のレベルが低い内は対処に苦労するので、ウィッチやバンデットなどに対処させよう。
  • バンデットの特効対象敵群(覚醒前1.5倍、覚醒後1.8倍)

リビングアーマー

仮称タイプ推定
攻撃力
推定
防御力
解説

リビングアーマー(青)
近接/アーマー468(王都に続く道)緑ふんどしに剣。
死ぬと空っぽの鎧に分解される。
火力が高いのでヘビーアーマーでブロック

リビングアーマー(赤)
近接/アーマー600(ファランクス2)
780(残党退治3)
緑ふんどしに剣。
低Lvならヘビーアーマーでさえ2撃死

リビングアクスアーマー(黒)
近接/アーマー600約800赤ふんどしに斧。
かなり強い

リビングアクスアーマー(金)
近接/アーマー緑ふんどしに斧。
とんでもなく強い。
アビリティ「ゴールドゲット!」の有無に関わらず
倒すとお金が撒かれるエフェクトが発生する。

リビングキャノンアーマー(赤)
遠距離/範囲物理/アーマー砲台を持ち歩くモヒカンアーマー。
中射程、着弾後に爆発する砲弾(物理)で攻撃してくる。

暗黒騎士団

永遠の戦いを求め暗黒の力に魂を売った騎士たち。
女神アイギスに守られ安寧に浸る人間を惰弱なものとして軽蔑し、女神を奉ずる王子たちと敵対。
幾度も戦いを繰り広げるも最終的にその黒幕であるグレーターデーモンに切り捨てられたことで壊滅するが、
グレーターデーモンが新たに暗黒騎士デシウスを団長に据えて新生暗黒騎士団として復活する。
仮称タイプ推定
攻撃力
推定
防御力
解説

リビング騎兵
近接/アーマー200およそ300馬に乗ったリビングアーマー。足が速い。

暗黒騎士(騎乗)
近接/アーマー700およそ300馬に乗ったリビングアーマー。足が速く攻撃力高め。

リビングキャノンアーマー(黒)
遠距離/範囲物理/アーマー暗黒騎士団の砲撃兵(量産型)。タフな上、モヒカン砲撃兵よりも痛い。
団長の扱う砲台よりも射程、攻撃範囲は数段劣る。

リビングキャノンアーマー(尖鋭弾)
遠距離/範囲物理/アーマー350英霊の魂から尖鋭弾を身につけたリビングアーマー。
非常に射程が延びているが範囲が狭まりほぼ単体攻撃同然となっており、攻撃力まで落ちている。
防御力の低いユニットが狙われないように調整すれば恐れる必要はない。

暗黒騎士(盾装備)
近接/アーマー5001000以上メイスとラージシールドというヘビーアーマーの装備で身を固めたリビングアーマー。
防御力が高すぎて魔法攻撃以外はほとんど通らないうえHPも高め。
一方アクスアーマーより攻撃力が落ちており回復がしっかりしていればソルジャーでもそこそこ粘れる。

暗黒騎士(滅多打ち)
近接/アーマー5001000以上英霊の魂から滅多打ちを身につけた暗黒騎士。
攻撃速度が非常に速く、低防御のユニットはあっという間に削り切られてしまう。
攻撃速度以外は全く変わっていないためブロックを避ける、高防御のユニットを当てるなど対策は打ちやすい。

暗黒騎士(ボウガン装備)
遠距離/アーマー500およそ600クロスボウを持ったリビングアーマー。
弓の威力はデシウスより高く、遠距離ユニットにはかなり痛い。
魔法による攻撃が有効だが弓に撃たれないように配置に注意が必要。

リビングボウアーマー
遠距離/アーマー150およそ200

リビングボウアーマー(ダブルショット)
遠距離/連続攻撃/アーマー150×2HIT

暗黒騎士(トリプルショット)
遠距離/連続攻撃/アーマー500×3HITおよそ600英霊の魂からトリプルショットを身につけた暗黒騎士。
攻撃1回あたりの総火力がかなり高く、遠距離ユニットが狙われると極めて危険。
防御力が最低でも400程度ある近接ユニットを盾にしたい。

暗黒騎士(杖装備)
遠距離/魔法/範囲攻撃/アーマー500およそ700ワンドを持ったリビングアーマー。
攻撃能力は一般的なメイジを少し強くした程度だが、鎧のためかなり固く魔法耐性もあるため排除しにくくかなり厄介。
通常の黒アクスアーマーと比べてHP・防御力が低いためバンデットの差し込みが有効。

暗黒騎士(コキュートス)
遠距離/魔法/範囲攻撃/アーマー150およそ700英霊の魂からコキュートスを身につけた暗黒騎士。
超高速で氷の魔法を連射してくるため十分なHPがないと押し切られてしまう。
一方で通常の杖暗黒騎士より攻撃範囲が狭まっており、巻き添えを気にする必要が小さくなっている。

暗黒騎士(弓騎兵)
遠距離/アーマー550およそ500暗黒騎士団と聖夜の贈り物でサラサが馬乗弓の訓練を施した暗黒騎士。
移動が速く単発威力もそこそこ高めだが、斧持ちの騎兵より攻撃力が落ちている。

暗黒騎士(影月七連矢)
遠距離/連続攻撃/アーマー400×7HIT英霊の魂から影月七連矢を身につけた暗黒騎士。
生半可な遠距離ユニットでは狙われた瞬間退場が確定するので絶対に狙わせてはいけない。
一方単発の威力が400まで落ちており低防御のユニットでなければ近接ユニットには大したダメージは通らない。

ダークナイト(ユリナ)
近接暗黒騎士団の脅威のボスモンスター。
場に出ているとき、特殊能力「暗黒オーラ」で味方の攻撃力を下げてくる。
アーマー特攻はたぶん効かない

ダークナイト(エルヴァ)
近接暗黒騎士団の最期のボスモンスター。特殊能力は特にない脳筋タイプ。
アーマー特攻はたぶん効かない

暗黒騎士団長

(顔アイコン)
近接/アーマーお馴染みの悪役にしてやられ役のリビングアーマー。
配下のアーマー軍団を率い、懲りずに悪事を企てるものの、毎度いいところで王子に撃退される。
失敗続きで同胞たちの中でも肩身が狭いようだ。
足が速く攻撃力も高め。

本人は至って真面目にやっているつもりなのだが、
鉄の身体で砂漠に出撃して熱さに悲鳴を上げるなど、言動がどこか間が抜けている憎めないヤツ。
そのギャップ萌えからか、王子たちからネタにされ人気が高い。

このように三枚目が板についていた団長だったが、
暗黒騎士団の最期にて華々しい最期を迎える。
ライバルであった王子のピンチに瀕死の体を引きずって現れ、
最後の力を振り絞って助力した後、異界へと飲まれ消えていった。

その後の行方は杳として知れず聖なる森に墓まで作られていたが、
如何なる運命の悪戯か再び王子たちと相見えることとなる。

暗黒騎士団長(砲撃)
遠距離/範囲物理/アーマー50万人突破/TGS出展記念ゴールドラッシュ!のボスモンスター。
王子へのリベンジに燃え、新兵器を携えた暗黒騎士。
長射程かつ超広範囲への爆発を引き起こす砲弾で攻撃してくる。
装填が遅く、攻撃ごとの間隔が非常に長いのでやられる前にやるのが吉。

暗黒騎士団長
近接/アーマー800前後?年末年始お年玉イベントゴールドラッシュ!暗黒騎士団の最期のボスモンスター。
ついに本気を出した暗黒騎士団長。格好いいオーラを纏い、硬くて強い。
更に、場に出ているとき「最強暗黒オーラ」で味方攻撃力80%減という脅威の特殊能力を発揮する。
ただし本人も相当無理をしており、体力が減少し続け何もしなくてもいずれ自滅に至る。
敗因は寄り道のしすぎ。

暗黒騎士デシウス
両用/アーマー近接:450(通常)、780(オーラ)
遠距離:300
流星の剣士で初登場したボスモンスターで、以前暗黒騎士団に所属していた暗黒騎士であり、新たなる団長。弟子だからデシウス
奥義を賭けての一騎打ちと言っておいて当然のごとく弓を取り出すあたり呆れるしかないほどの卑怯者。
また、とんでもないルートから拠点へ奇襲をかけてきたりと、勝つためなら本当に手段を択ばない。
ブロックすると剣で攻撃してくるため攻撃力が上がるが、強さは青鎧相当と見かけのわりには弱い。

暗黒騎士デシウス(天招流星剣)
遠距離/同時攻撃/アーマー500暗黒騎士団と英霊の守り手において、吸魂の力によって師の魂から奥義を身につけたデシウス。
形は完璧だが星の心を身につけていないためか威力が非常に弱く、
味方の密集地帯に近づけなければどうということはない。

暗黒騎士団の崩壊においては倒されると第二形態に移行する。

暗黒騎士デシウス(第二形態)
近接/復活/アーマー30001500以上暗黒騎士団の崩壊にて最後の切り札として死者の怨念を結集したデシウス。
ストーンゴーレムとほぼ同等の攻撃力・防御力を得ているが、
攻撃間隔が長く、ヒーラーの回復を確実に2回挟むことができる鈍重な点までほぼ同じ。
ゴーレムと同じ対処法が通用するが、ゴーレムと違って魔法耐性は低め。
次がきついため、ここでスキルの準備を整えておきたい。

暗黒騎士デシウス(第三形態)
近接/アーマー35001500以上怨念の力によりパワードアーマーに加えてさらに剣を召喚したデシウス。
特に攻撃速度が大きく上がり、ヒーラーの回復1回よりやや遅い程度にまで向上している。
回復1回あたりの防御力+回復力の合計を3500以上出すにはかなりの戦力を必要とするため、
各種スキルを使い、全ての力を結集して戦うことになるだろう。

アンデッド系

ヴァンパイアハンター系の特効対象敵群(一部除く。覚醒前1.5倍、覚醒後1.8倍)
ビショップ系の特効対象敵群(一部除く。覚醒前1.2倍、覚醒後1.4倍)
新春の弓巫女ソーマの特効対象。

ヴァンパイア

一部を除くと麻痺の状態以上を使ってくる厄介な相手。
麻痺状態にかかると行動不能、スキル使用不可、防御力低下、一部のユニットブロック無効化のデバフがかかってしまう。
防御は低いが耐久力が非常にあるので遠距離ユニットで防ぐ前に倒すか削るかしておくのが望ましい。
ヴァンパイアハンターの攻撃は威力がアップするので居るなら是非起用したい。
仮称タイプ推定
攻撃力
推定
防御力
解説

蝙蝠
飛行/攻撃しないアンデッドではないので注意。
編隊を組んで飛行するため、ある程度攻撃力の高いアーチャー複数でないと突破されやすい。
また、移動速度が非常に速いため、
マップによっては着弾までにタイムラグのあるアーチャーの弓攻撃や
弾体が飛翔するタイプの魔法攻撃は振り切られる場合がある。
ヴァンパイアハンターのボウガン、海賊の銃攻撃、
そして砲術士の砲撃は即着弾するためミスすることはない。

金蝙蝠
飛行/遠距離
(異常:麻痺)
20通常の蝙蝠と異なり、すれ違った敵に噛み付いて攻撃する。
攻撃力が低すぎて捨て身系スキルを使わないと2ダメージしか受けずまず倒されることはないが、
攻撃を受け続けていると麻痺を受けて連携を乱されてしまう。

レッサーヴァンパイア
近接/アンデッド
(異常:麻痺)
麻痺*2持ち、間隔を空けず6回くらい噛まれると痺れる。
魔法耐性を持つ

血色が悪くて半裸だったり、マップによっては墓から這い出てきたりするので、
一見ゾンビに見えなくもないが、彼らはれっきとしたレッサー(下級)ヴァンパイアである。
その道のプロフェッショナルが言うんだから間違いない。(イベント:吸血鬼の花嫁より)

ヴァンパイア
近接/アンデッド
(異常:麻痺)
麻痺持ち、間隔を空けず4回くらい噛まれると痺れる。

ヴァンパイアロード(エデン)
近接遠距離/アンデッド/地形無視
(異常:麻痺(強))
年末年始お年玉イベントゴールドラッシュ!ヴァンパイアの逆襲に登場する少女。
空を舞い、一撃で相手を麻痺させる恐るべき能力を持つ。
一般ヴァンパイアよりも強力な麻痺攻撃(ブロック数が0になる)を使うため注意。

幽霊系モンスターと同じく、飛んでいるように見えて
近接ユニットで反撃&ブロック可(麻痺しなければ)。
通り道にいる遠距離ユニットも殴られるので注意したい。

公爵の氏族
近接遠距離/アンデッド/地形無視
(異常:麻痺(強))
450100以下エデンの色違い。多数出現するがエデンよりも耐久力がかなり弱くなっている。
飛行属性がないため優先攻撃しづらく、攻撃される前に倒さないと
麻痺で崩されるので射撃をしっかり当てる位置取りが重要になる。

ヴァンパイアロード(変身前)

(顔アイコン)
近接/復活/アンデッド推定1000前後長い年月をかけて進化したヴァンパイアの王。
ヴァンパイアの逆襲に登場するボスモンスター。
この状態では高い攻撃力以外特筆すべき点はないが、倒すと真の姿に変身する。

ヴァンパイアと聖なる復讐者での情報によると、彼はヴァンパイアの本能に従って吸血し
眷属を増やして勢力を大きくすることを是とする「強硬派」の首魁。
彼が王子との戦いに敗れ滅されたことでヴァンパイアの派閥争いの均衡が崩れることとなった。


ヴァンパイアロード(変身後)
両用/魔法/アンデッド
(異常:麻痺(強))
魔法攻撃:800前後
物理攻撃:1600前後
真の姿を現したヴァンパイアロード。
リッチのような単体魔法を高速で放ってくる。攻撃速度がヒーラーよりも早い。
ブロック後は物理近接攻撃にシフトするが、
さらに高くなった攻撃力に加え、相手を一撃で麻痺させる能力で猛威を振るう。
攻撃面は強力だがHPと防御力はそこまで高くないので
アーチャーやヴァンパイアハンターで集中攻撃をかけたい。

ヴァンパイアデューク
近接/アンデッド1500およそ300ヴァンパイアによる人間の管理を理想とする派閥「支配派」の首魁。
人間社会で「公爵」の地位を確立し自らの正体に気づかれることなくヴァンパイアの宿敵である聖職者を手駒にするなど人身掌握術に長ける。

ゲームでの戦闘能力としては攻撃力が高いが、それ以外に目立つ特徴は無い。
耐久力があるならブロックしてもよいが、防御力はそこまで高くなくブロックしなくても射殺可能。

ヴァンパイアロードの件を考えると、まだ真の実力は見せていないと思われる。

マミー

高い体力を持ち、さらに体力が半分以下になると攻撃力が倍増していく特性を持つ厄介な相手。
近接戦闘はできる限り避け、遠距離攻撃で仕留めたい。防御力が低いのでアーチャーやヴァンパイアハンターの攻撃が極めて有効。
また魔法耐性を持つためメイジより砲術士のほうが倒しやすい。
仮称タイプ推定
攻撃力
推定
防御力
解説

マミー
近接/復讐/アンデッドHPが減るとともに攻撃力が上昇する、アベンジャーの特性を持つ。

キングマミー
近接/復讐/アンデッド500(初期)
1000(HP1/2以下)
1500(HP1/4以下)
HPが減るとともに攻撃力が上昇。
マミーに比べかなりタフで、瀕死時の攻撃力も遥かに上回る。
耐え切るだけの近接ユニットとヒーラーを用意できなければ遠距離攻撃で仕留めよう。

ダッシュマミー
近接/復讐/アンデッド350(初期)
700(HP1/2以下)
1050(HP1/4以下)
闇の聖霊により俊足の力を与えられたキングマミー。
マミーらしからぬ健脚で走ってくるが、足が速くなった代償なのか攻撃力が通常より落ちている。

巨大キングマミー
近接/復讐/アンデッド1000(初期)
2000(HP50%以下)
3000(HP25%以下)
ゴールドラッシュ3!:呪いの一撃に登場。
最大HP、瀕死時の攻撃力ともに大マミーを凌駕するボスモンスター。
ストーリーミッション「二つのピラミッド」にて通常実装された。

メイジマミー
遠距離/範囲魔法/復讐/アンデッド?(初期)
?(HP50%以下)
1501(HP25%以下)
ファラオっぽい。ストーリーミッション「オアシスに迫る危機」が初登場。
なんと遠距離型でありながらアベンジャーの特性を持つ難敵。

スケルトン

アンデッドとしては珍しく体力よりも防御力で耐えるタイプで、魔法による攻撃が有効。
仮称タイプ推定
攻撃力
推定
防御力
解説

スケルトン(骨)
遠距離/物理/アンデッド骨を投げてくる。
まとまって遠距離ユニットを殴られると危ない。

スケルトンファイター(骨兵士)
近接/アンデッド

スケルトンランサー(骨槍兵)
近接/アンデッド硬い

スケルトンキャバリア(骨騎兵)
近接/アンデッド死者の王の娘より初登場。騎乗モンスターらしく足が速い。

スケルトンキャバリア(赤)
近接/アンデッド装備が豪華になったスケルトンライダー。覚醒していないヴァンパイアハンターにはややキツい戦いを強いられるほどの高防御。

幽霊

道を無視したルートを歩き、遠距離ユニットにも近接攻撃をしてくる以外は普通の近接型ユニット。攻撃は防御無視(魔法属性)。
実体がないため物理攻撃が効きにくい(防御力が高い)が魔法耐性およびHPが低く、魔法に非常に弱い。
地形を無視して移動していても内部的には地上ユニットであるため飛行ユニットとは違い味方近接ユニットでブロック&反撃可能、
味方遠距離ユニットが優先的に狙ってくれない、アーチャーの飛行属性特攻無効である点に注意。
ただし攻撃方法は超短射程の遠距離攻撃扱いであるため、アビリティ「射撃優先」で優先攻撃の対象になる。

(※モーションは近接攻撃だが、内部的には短射程遠距離攻撃で実装されているので漆黒の射手リタの隠密スキルでスルー可能。
 ブロック数上限に達した近接をすり抜けながら殴るなど、ブロック数以上の攻撃を受ける事がある点にも注意)
仮称タイプ推定
攻撃力
推定
防御力
解説

幽霊ソルジャー
近接遠距離/魔法/地形無視死者の王の娘より登場。
能力は普通。マップ内を道を無視して徘徊する。

幽霊帝国兵
近接遠距離/魔法/地形無視/アンデッド200およそ1000マップ内を道を無視して徘徊する。

幽霊ローグ
近接遠距離/魔法/地形無視/アンデッド100およそ800マップ内を道を無視して徘徊する。

幽霊騎兵
近接遠距離/魔法/地形無視/アンデッド400およそ1500マップ内を道を無視して徘徊する。

幽霊アーマー
近接遠距離/魔法/地形無視/アンデッド/アーマー400およそ1500以上聖戦士の挑戦より登場。
マップ内を道を無視して徘徊し、味方ユニットに触れると殴りかかってくる。
通り道にいる遠距離ユニットも狙われるので注意したい。

幽霊暗殺者
両用/魔法/地形無視/アンデッド近接:600
遠距離:400
およそ1500以上マップ内を道を無視して徘徊する。
特定の位置で立ち止まり、ボウガンで定点射撃を行う。
暗殺部隊と違い毒の能力はないが、近接攻撃は高速かつ魔法属性なので軽減しにくく高火力。
長時間ブロックせず移動中・射撃中に魔法を当てて倒したい。

幽霊アーチャー
遠距離/魔法/地形無視/アンデッド200およそ500マップ内を道を無視して徘徊する。

幽霊メイジ
遠距離/範囲魔法/地形無視/アンデッド200およそ500マップ内を道を無視して徘徊する。

幽霊鬼
近接遠距離/魔法/地形無視/アンデッド鬼を宿す剣士:悪鬼襲来 神級が初登場?
マップ内を道を無視して徘徊し、味方ユニットに触れると殴りかかってくる。
通り道にいる遠距離ユニットも狙われる。攻撃力が高いので危険。

ゴーストセーラー(サーベル)
近接遠距離/魔法/アンデッド200およそ800HPは高くないが実体がないため物理攻撃が通用しにくい。魔法で対処すべき。
近接ユニットでブロックが可能だが魔法攻撃なので安易な多ブロックは危険。

ゴーストセーラー(マスケット)
遠距離/魔法/アンデッド150およそ800射程の長い銃撃を行う。銃を使っているが魔法属性。

リッチ

単体遠距離物理魔法を使う強敵。防御力や魔法耐性は低めだが、HPが高いので倒すのに時間がかかる。
攻撃の間隔は長いものの一撃が重く、魔法耐性を持つユニットか高HPを持つユニットで耐えしのがないといけない。
ワルキューレやバンデットのような、攻撃に耐えつつ大ダメージを与えられる相手が対処に向く。特に「捨て身」スキルは効果的。
攻撃には規則性があるので、それを利用して攻撃ターゲットをコントロールする技術『避雷針』を身につけおくと対処しやすい
仮称タイプ推定
攻撃力
推定
防御力
解説

不死者リッチ
遠距離/単体魔法/アンデッド500ゆっくり歩きながら長射程・高威力の魔法(紫光柱)で攻撃してくる。
かなりタフな上に大量の取り巻きと同時に現れるのも厄介。
遠距離攻撃の優先順位を利用して戦おう

リッチ(小)
遠距離/単体魔法/アンデッド150射程と攻撃力が弱体化しているが、攻撃間隔が短い(ヒーラーのおよそ1.5倍速)。
体力があまり高くないのが弱点。
しばしば集団で出てくる

死者の王

(顔アイコン)
遠距離/単体魔法/アンデッド700(通常)
900(オーラ)
囚われの魔法剣士姫と山賊と悪霊の都死者の王の娘に登場するボスモンスター。
アンデッド軍団を率いる魔王軍の幹部。
基本的にはリッチと同じだが、攻撃力がさらに高い。

死者の王の娘」で追い詰められ、「場に出ているときにアンデッドモンスターを強化する」術を披露した。
不死身の肉体を持つ元ネクロマンサーだったが、王子たちの前に敗れ去り最期を迎える。

死者の王(小)
遠距離/単体魔法/アンデッド

助手リッチ
遠距離/単体魔法/アンデッド

リッチロード
遠距離/単体魔法/アンデッド1000

リッチ剣士
近接/アンデッド

屍鬼

仙術により発生したアンデッド。ヴァンパイアと異なり麻痺能力を持たないが体力が高めで数が多い。
仮称タイプ推定
攻撃力
推定
防御力
解説

キョンシー
近接/アンデッド300およそ150屍解仙配下のアンデッド。攻撃能力は低いが体力が高めなうえ数が多く、数押しでの突破を狙ってくる。

キョンシー(赤)
近接/アンデッド700およそ200キョンシーの強化版。攻撃力が大きく上がっており、ソルジャーが複数抱えると厳しい。

キョンシー(黒)
近接/アンデッド1200およそ200キョンシーのさらに強化版。攻撃力・体力が高いためかなり厄介。

カンフーキョンシー
近接/アンデッド240およそ150常闇の聖霊の知恵を得て生み出された拳法を使う新型のキョンシー。やたら攻撃速度が速い。

カンフーキョンシー(赤)
近接/アンデッド400およそ200カンフーキョンシーの強化版。通常のものと比べると攻撃力の伸びが小さく、ソルジャーなど脆いユニット以外にはそこまで脅威ではない。

カンフーキョンシー(黒)
近接/アンデッド800カンフーキョンシーのさらに強化版。
防御力が攻撃力を下回っていると一気に体力を持っていかれるので防御力の高いユニット以外で相手をしてはならない。

雷爪キョンシー
遠距離/魔法/アンデッド300およそ300屍解仙によって雷を操る力を与えられたキョンシー。雷を落とすことで長射程の魔法攻撃を行う。
単発威力はそれなりだが攻撃速度が速めで回復に負担をかけてくる。

屍解仙(空中)
飛行/遠距離/魔法/アンデッド500およそ500邪仙郷の邪仙のひとり。一度死を迎えた後にアンデッドとして蘇ることで不老不死を得た仙人。
空中を飛び回りながら高速で魔法を放ち、加えて仙人らしく高い体力を持つが防御力は仙人にしては低い。
攻撃に耐えながら特効のある弓などの攻撃を当て続けるか、無駄に飛び回る点と
射程がそこまで長いわけではない点を突いて長距離からの狙撃でダメージを稼いでおこう。

屍解仙(地上)
近接/魔法/アンデッド3000およそ500地上に降りた屍解仙。
攻撃はどう見ても打撃なのだが神通力を使っているらしく、魔法属性かつ3000とすさまじい破壊力を持つ。
攻撃速度はヒーラーの回復2回と同程度で、長時間ブロックには高い回復力が求められる。
一方飛び道具を失っており弱めの防御面に変化はないため足止めして攻撃を集中すれば短時間で撃破することも可能。
トークン等を使って時間を稼ぐだけでも勝率はかなり高まる。

落ち武者

東方に出る魔物。妖怪たちとともに出現することが多いので妖怪系と間違われやすいがアンデッドである。
したがってスクハのアビリティなどの対象外であり、逆にヴァンパイアハンター系・ビショップ系の特効対象。
HPが50%以下になると攻撃・移動速度が上がったり同時攻撃化したりするので、対処がやや厄介。
仮称タイプ推定
攻撃力
推定
防御力
解説

落ち武者
近接/アンデッド/狂化最初はゆっくり歩き、攻撃速度も遅いが
体力が半分以下になると攻撃速度・防御力・移動速度が急激に上昇する。
こちらの体勢が整うまで攻撃は避けるべき。特にうかつな範囲攻撃は危険。

落ち武者大将

落ち武者(弓)
遠距離/アンデッド移動速度が遅いが射程は長め。他の落ち武者と違い体力が減ってもパワーアップしない。

落ち武者大将(弓)
遠距離/アンデッド/単体攻撃→同時攻撃/狂化移動速度が遅い。体力が半分以下になると同時攻撃になるため集中攻撃で倒すか差し込みで対処したい。

デーモン

人間の住む「物質界」と近い場所に存在する別世界「魔界」の住人。魔法に対して強い抵抗力を持つ。
仮称タイプ推定
攻撃力
推定
防御力
解説

インプ
近接/デーモン200およそ200最下級のデーモン。
肉弾戦能力は通常の黒ゴブリン程度だが魔法耐性が高くメイジで一掃しづらい。

デーモン
近接/デーモン魔法耐性が高い(50%)

レディデーモン
近接/デーモン600およそ500全年齢ギリギリな女性のデーモン。攻撃速度以外では通常のデーモンを上回る能力。
特筆すべきは防御力で、魔界の能力低下を受けていると魔法耐性も高いためなかなか倒せなくなる。

合体デーモン(緑)
近接/デーモン
(異常:麻痺(強))
450およそ200通常のデーモンとレッサーデーモンが合体したらしきデーモン。
ステータスは赤デーモンと大差ないが、6回攻撃を当てると麻痺する能力を吸収している。
接近する前に飛び道具でダメージを与え、ブロックする時間を長く取らないようにしたい。

合体デーモン(黒)
遠距離/デーモン700×2HITおよそ350両腕に黒フライデーモンの腕を合体させたらしきデーモン。
射程はあまり長くないものの、攻撃力そこそこの2連遠距離攻撃を行う。
手数の多い連続攻撃であるため防御力によってヒーラーの負担が大幅に変わる。
耐久力は通常のものとアークデーモンの中間程度。

アークデーモン
近接/デーモン
遠距離(オーラ)
1000(焦熱のオアシス)およそ150オーラ持ちは遠距離攻撃をしてくる。
魔法耐性が非常に高い(90%)

アークデーモン(紫)
(他、白デーモン、鎌デーモン等)
遠距離/単体物理/デーモン1001(大魔行列)150衝撃波による遠距離攻撃をしてくる。
推定HP10,000。魔法耐性が高い(60%)

デーモンメイジ
両用/魔法/範囲攻撃/デーモン魔法攻撃:400
近接攻撃:2000
ストーリーミッション拠点争奪戦・後が初登場?
範囲魔法攻撃を使用する。
ブロック時は近接攻撃になるが、攻撃速度が速く、攻撃力も高い。
魔法耐性が高い?(?%)

剛炎のデーモンメイジ
両用/魔法/範囲攻撃/侵食/デーモン魔法攻撃:350
近接攻撃:3200〜
剛炎のアモンレベル10から登場するアモンの眷族と合体したらしきデーモンメイジ。
基本的な特性は同じだがグレーターデーモンに迫る攻撃力で高速攻撃を放つうえスリップダメージ(1秒に90)を持ち、近づけずに倒せる火力を求められる。
魔法耐性が高い?(?%)

クロノデーモン
両用/魔法/範囲攻撃/デーモン魔法攻撃:300
近接攻撃:1500
強力な時空魔法の使い手を殺して合体し、その力を吸収したデーモン。
基本的な特性はメイジデーモンと同じだが、全体的に一回り弱くなっている。

デーモンソードマスター
両用/魔法/範囲攻撃/デーモン範囲魔法攻撃を使用する。
ブロック時は近接攻撃になり攻撃力は高いが、攻撃速度は遅い。
魔法耐性が高い?(?%)

グレーターデーモン
近接/デーモン5000暗黒騎士団の最期錬金術士と賢者の石のボスモンスター。
圧倒的な攻撃力を持ち、通常時はまともな殴り合いはほぼ不可能。
足もそこそこ速いが、速い分鈍足をかけると大幅に速度が落ちるので
ウィッチやトラップによる足止めが効果的。

頭脳派グレーターデーモン
遠距離/魔法/デーモン1500TGS出展記念ゴールドラッシュ!で登場。
射程内に敵がいると完全に足を止めて単体魔法で攻撃し続け、ブロックしても魔法を使う。
正直、前に出てこないうえ攻撃力も落ちているため通常のものより対処しやすい。

グレーターデーモン(飛行)
遠距離/魔法/同時攻撃/デーモン800大空の覇者のボスとして登場した、羽を広げて飛び始めたグレーターデーモン。
そこそこの威力の魔法同時攻撃をそれなりの攻撃速度で放ってくるため、時間をかけてしまうと被害に耐えきれず押し切られやすい。
飛行したことで防御面がさらに弱体化しているので速攻で潰してしまいたい。

ゴールデンデーモン
両用/魔法/デーモン近接:6000(物理)
遠距離:1500(魔法)
闇の聖霊の力を吸い取ってゴールデンになったグレーターデーモン。
力は強まったがその分スタミナの消耗が激しく移動速度が遅くなっている。どこぞの悪の帝王ですか?
遠距離攻撃で倒すのがセオリーだが、攻撃力の高い魔法を使うので避雷針としてHPの高いユニットを置いておきたい。
ゴールドラッシュ!で再登場した際は魔法を使わず近接攻撃しかしてこない。

剛炎のグレーターデーモン
近接/侵食/デーモン近接:6000以上〜およそ200以下剛炎のアモンレベル9,10に登場するアモンの眷属と合体したらしきグレーターデーモン。
規格外の攻撃力を持ち、防御力強化系スキルではほぼ対応不可能。
その上にスリップダメージ(1秒に90)も持つため、いかにブロックせずに射殺できるかにすべてがかかっている。

レッサーデーモン
近接遠距離/デーモン
(異常:麻痺(強))
麻痺の能力があり、6回殴られると痺れる。
攻撃速度早め、物理防御は低い。
マップによっては遠距離マスの横で待機して、獲物が配置されるのを待つことも。

遠距離ユニットを殴るためか、射程は短いが遠距離攻撃扱いになっている。
そのため、神速の射手バシラの覚醒アビリティ「射撃優先」の対象となる。
攻撃を吸われて飛行モンスターを逃さないように注意。

フライデーモン(赤)
飛行/遠距離/デーモン600およそ350空を飛ぶデーモン。
そこそこの防御力と魔法耐性を併せ持つ。
腕に杭のような武器をつけているタイプは1回だけ遠距離攻撃を行う。
ドット担当曰く「自分でもよくわかんない武器を支給された」らしく、
発射する際の衝撃に自分でびっくりしている。

フライデーモン(黒)
飛行/遠距離/デーモンおよそ900空を飛ぶデーモン。
高い防御力と魔法耐性を併せ持つ難敵。
遠距離攻撃を行う。通常の羽デーモンと異なり、攻撃に回数制限がない。

魔神アモンの眷属
近接/侵食/デーモン炎に包まれ剣を持ったデーモン。周囲にいるユニットにスリップダメージを与えてくる(約0.16秒につき15、1秒で90ダメージ)。

ベルゼビュートの眷属
飛行/攻撃しない/侵食/デーモンおよそ800攻撃モーションを取らないが、近くのユニットの攻撃力を70%減少させ、
約0.16秒につき10ダメージ(1秒に60ダメージ)を与える瘴気をまとっている。
近づかれるとユニットが半無力化するうえ、防御力・魔法耐性も高く非常に倒しにくい。
射程強化などで近づかれる前にダメージを稼いでおきたい。
暗殺が決まりやすい特性を持つが飛び道具が弾かれやすく一部ユニット以外は運要素が強い。

ラクシャーサの眷属
近接/魔法/復活/デーモン400およそ200鬼神姫ラクシャーサの配下であるデーモン。
主と同様近接魔法攻撃かつ倒されても5回まで復活する能力を持つ。
ただし防御面は脆く復活1回あたりの耐久力は黒ゴブリンリーダー程度しかない。
復活中もブロック数を占有されるため、ブロックを抜かれないように多めのブロック数を確保したい。

ラピス
攻撃しない/侵食/デーモンおよそ300魔界に住む高位のデーモンのひとり。
通常の攻撃を行わないが、周囲のユニットすべてにおよそ0.1秒ごとに30(1秒ごとに300)の貫通ダメージを与える侵食能力を持つ。

魔神

強大な力を持つデーモンの最上位種。それぞれが特徴的な能力を持ち、単体で戦局そのものを左右する。
不滅の存在であり倒してもいずれまた蘇るという。
仮称タイプ推定
攻撃力
推定
防御力
解説

魔神アモン(第一形態)
近接/復活/侵食/デーモン魔神降臨に出現したボスモンスター。
攻撃速度がそこそこ速く、普通に殴り合っても手ごわいが、
特筆すべきはアモンの周囲に発生するスリップダメージ。
秒間60近いダメージを常に与え続けるため、
アモンをブロックしている近接ユニットはもちろん、
その近接ユニットを支える遠距離ユニットにも被害が及び、ヒールが分散しやすい。
HP・防御力・魔法耐性も高く、長時間の餅つき戦闘を強いられる。

魔神アモン(第二形態)
遠距離/単体魔法/侵食/デーモン真の姿を現した魔神。
攻撃が単体魔法攻撃となり、近接攻撃から遠距離攻撃に変化する。
スリップダメージも健在で、ステージを闊歩しながら
遠距離魔法とスリップダメージでユニットを次々と落としていく難敵。

なお、デーモン系に大ダメージを与える叛逆の騎士コーネリア
覚醒アビリティ「ホーリーエンチャント」はアモンに対しても有効。

再臨アモン(第一形態)
近接/復活/侵食/デーモン700〜およそ1000帰ってきた魔神アモン。見た目以外はほぼ以前の第一形態と同じだが、スリップダメージがパワーアップしている(約0.16秒につき20、1秒で120ダメージ)

剛炎のアモンではさらにスリップダメージが上昇(約0.16秒につき30、1秒で180ダメージ)、
スリップダメージは固定だがステージレベルで通常攻撃力が上昇していく。

再臨アモン(第二形態)
遠距離/魔法/同時攻撃/侵食/デーモン700およそ1000以前のアモンと違い、周囲すべてに対して火球を飛ばし同時攻撃を行う。
スリップダメージはダメージは同じ(約0.16秒につき20、1秒で120ダメージ)だが範囲が拡大し、野放しにすればあっと言う間に周囲は焼け野原と化す。
なぜか死亡時サムズアップする。I'll be back

剛炎のアモンではレベル5から登場。通常攻撃は変わっていないがスリップダメージが劇的にパワーアップしている(約0.16秒につき60、1秒で360ダメージ)。
ステージレベルを上げても攻撃力およびスリップダメージは上がらない。

蒼炎アモン(第一形態)
近接/復活/侵食/デーモン1700〜およそ1000剛炎のアモンレベル11からはこのアモンに変化する。
行動パターンとスリップダメージは再臨時と変わらないが、
耐久力が大幅に向上し第一形態を速攻で終わらせるのが難しくなっている。
【募集中】
蒼炎アモン(第二形態)
遠距離/魔法/同時攻撃/侵食/デーモン1500およそ1000行動パターンとスリップダメージは再臨時と同じだが、攻撃力と耐久力が倍近くに跳ね上がっている。
長時間戦闘を避けにくいので魔法耐性に優れたユニットでしっかり軽減して安定させよう。

魔神ウェパル(第一形態)
近接/デーモン1100およそ1000マーマンに絶対神と崇められる海を統べる魔神。
傷口を腐らせることで味方の受ける最終ダメージを2倍に増加させる*3能力を持つ。
他の魔神と比べると魔法耐性が低め。

魔神ウェパル(第二形態)
遠距離/同時攻撃/デーモン1300およそ1000魔神ウェパル降臨レベル5からは第一形態を倒すとこの姿に変化する。
近接攻撃しかできなかった第一形態と異なり遠距離同時攻撃が可能になっており、
同時攻撃+最終ダメージ2倍により低防御ユニットは接近することも許されない。
壁ユニットで接近を押し留めなければ即時壊滅させられることだろう。

黒魔神ウェパル(第一形態)
近接/デーモンレベル11以降
【募集中】
黒魔神ウェパル(第二形態)
遠距離/同時攻撃/デーモンレベル11以降

魔神フールフール
近接/魔法/反撃/デーモン800〜(通常・魔法)
168〜(反撃・貫通)
300以下鹿の頭を持つ轟雷の魔神。なぜかゴブリンの担ぐ輿に乗っている。
自らに攻撃を行った相手に防御/魔法耐性無視・回避無効の自動反撃を行う能力を持つ。
攻撃速度の速いヘビーアーマーなどでブロックしたり連射系のスキル・アビリティを使うと反撃ダメージがかさむので、手数よりも単発火力を重視したい。
ただし反撃能力が強力なぶん直接戦闘力そのものは他の魔神に比べるとかなり貧弱で、倒すのはそう難しくない。

魔神フールフール(第二形態)
近接/反撃/デーモン6000以上(通常・物理)
350〜(反撃・貫通)
300以下レベル5以降では第一形態を倒すと地に降り立ち、この姿に変化する。
異常なまでの攻撃力を持ち、スキルで攻撃を無効化しないとブロックはほぼ不可能。
高い魔法耐性に対し防御力は脆弱なためアーチャーなどの攻撃が有効だが、反撃ダメージが大幅に上昇しており手数が多いユニットは自滅の危険が大きい。

魔神ベルゼビュート(蛹)
近接/侵食/デーモン2000およそ800ついに登場した蝿の親玉……だが不完全に復活したため蛹のまま復活してしまった。
周囲にいるユニットの攻撃力を70%低下させ、さらに約0.16秒につき10(1秒につき60)のスリップダメージを与える瘴気を纏っている。
ブロックしたユニットの攻撃はほぼ役に立たないので、防御力のみを基準にして選ぼう。
攻撃力は高いが攻撃速度はヒーラーの回復2回よりやや遅い。瘴気の射程外に置いたヒーラーを2-3人つければ封殺は難しくない。

魔神ベルゼビュート(成体)
近接/侵食/デーモン2000およそ800完全復活したベルゼビュート。攻撃速度がほぼ倍速になり、瘴気の範囲が広くなっている。
それ以外の特性は全く同じなので、対処法は蛹と同じだが防御力+回復力の要求値が高いのでしっかりとしたブロック体勢を整えたい。

魔神ビフロンス(第一形態)
遠距離/魔法/再生/応援/アンデッド/デーモン1500およそ600死竜と復讐の魔導司祭および死霊術師と反魂の至宝では黒幕として名前が出ていた、最高位の死霊術師たる魔神。
自分含む全てのアンデッドの攻撃力・防御力を5%上昇させる能力を持ち、同じ能力を持つ部下を大量に出現させることで恐るべき軍勢を生み出す。
本人は攻撃速度は控えめなものの高攻撃力の魔法を使ううえ再生能力を持っているため、まずはオーラつきの敵を倒して能力を下げることを優先したい。

魔神ビフロンス(第二形態)
両用/魔法/範囲攻撃/再生/応援/アンデッド/デーモン近接:2250〜(魔法)遠距離:1500(魔法・範囲攻撃)およそ600レベル5からは第一形態を倒すとこの形態に変身する。
ブロック時は剣で攻撃するが魔法属性。ヒーラーの回復1回とほぼ同速で放たれるためDPSはかなり高く、ブロックするには大量の回復をつける必要がある。
ブロックしていない場合は範囲魔法を使うが攻撃力・攻撃速度ともにかなり下がるため、
周りを巻き込まない位置に誘導してダメージを抑えつつ再生を押し切れるほどの遠距離攻撃で撃ち殺そう。
アンデッド属性かつ防御力が魔神にしては低いため、覚醒したヴァンパイアハンターが非常に役立つだろう。

魔神ビフロンス(精神体弱)
遠距離/魔法/再生/応援/アンデッド/デーモン750カボチャ2体を生贄にして召喚されたビフロンスの精神体。
生贄がしょぼいせいか、能力もリッチと大差なくかなりしょぼめ。
幽霊っぽいため物理攻撃が効きにくそうだが、むしろ防御力は致命的に低い。
射程が長くマップ内をフラフラ徘徊するため配置順に気を配りたい。

魔神ビフロンス(精神体強)
遠距離/魔法/再生/応援/アンデッド/デーモン1250カボチャ全てを生贄にして再召喚されたビフロンスの精神体。
質はともかく量があったためか通常のビフロンスとかなり近いステータスになっている。
とはいえ、変身しないため対処はリッチとそう変わらない。

魔神アガレス(第一形態)
遠距離/デーモン1500およそ500姿は小さな老人だが、数多の魔物たちを操る最強の魔物使いである魔神。
自分以外の全ての敵にHPが少しでも減ると移動速度が倍増する能力を与える能力を持ち、この効果はマップ扱いで彼が倒れてもこの効果は消えない
このためブロックせずに戦うことは困難かつ、十分な対空火力を要求される。
ボスにしては物凄くHPが低く、ユニットによっては差し込みで倒せてしまう。

魔神アガレス(第二形態)
遠距離/同時攻撃/デーモン2000レベル5からは第一形態を倒すとこの形態に変身する。
高いHPを持つうえ、かなりの広範囲に対して同時攻撃をバラまいてくる。
このためヒーラーの数を確保しづらく、少人数で前線を支えつつ他の相手をしなくてはならない。
可能な限り変身させるタイミングを遅らせたほうが負担は少ないだろう。
一方で単体相手のDPSはさほど高くなく、ユニットの回復力・防御力次第で2人でも餅つき可能。
前線維持が辛い場合はドルイドのトークンで回復補助してやるとかなり楽になる。

魔神フェネクス
飛行/遠距離/魔法/応援/デーモン400〜魔神フェネクス降臨で登場した際の魔神フェネクス。
マップにいる間は自分以外の全ての魔物に再生能力を与える能力を持つ。
以前のものと異なり単体魔法攻撃を行って攻撃してくる。
放っておいてもHPが減少するが、それはLv5以降では放置しても勝手に第二形態になってしまうことを意味する。

魔神フェネクス(第二形態)
飛行/遠距離/魔法/応援/再生/デーモン1600〜魔神フェネクス降臨Lv5以降で登場。
フェネクス第一形態のHPがいったん0になるとこの姿になり復活する。
攻撃力が大幅に跳ね上がり、強烈なDPSに対抗するための処置が必要になる。
そのうえ全ての敵ユニットに与える回復がさらに強力になり、一瞬で倒さなければほぼ死ななくなってしまう
再生に対抗するには即死攻撃や単発で大威力を叩き込むスキルが有効。
自身もHPが回復していくようになるが、他の敵と比べると自己再生力は弱い。

魔神フェネクス(ドッペル)
飛行/遠距離/魔法/同時攻撃/再生/デーモン450大討伐ミッション偽りの魔群で初登場。
その後、DMM GAMES 5周年記念ゴールドラッシュ!内で魔神であることが判明した。
再生能力を持ち、再生するたびに強くなる魔神という。

空をゆっくり飛び、射程内の全てのユニットに魔法攻撃を行う。
攻撃力自体はそれほど高くないが巻き込み範囲が広いためヒールの乱れが怖い。
HPが徐々に回復する特性まであるので攻撃を集中させて一気に倒したい。

ドッペルゲンガーが化けてているため死亡するとドッペルゲンガーになる。

魔神フェネクス(不完全体)
飛行/攻撃しない/応援/デーモンDMM GAMES 5周年記念ゴールドラッシュ!の最終日マップで登場した際の魔神フェネクス。
攻撃を行わないが、マップにいる間は自分以外の全ての魔物に一撃で倒さない限り即座に回復してしまうほどの強力な再生能力を与える
ただし自分自身はHPが減少し続け、やがて自滅する。
傷付き滅びることで完全復活を目論んでいるというが……

魔神キメリエス
近接/デーモン50001500以上魔界に堕ちた勇猛な騎士が変貌したという魔神。
すさまじい攻撃力と高い防御力を持ち、白兵戦は自殺行為。
近接攻撃しかできないので遠距離からの魔法攻撃で攻めよう。

魔神キメリエス(不完全体)
近接/デーモン3000およそ1000キメリエスの力の一部だけを限定的に召喚したもの。
本物に比べれば力は弱いが攻撃力が高く殴り合いはキツい。ブロックせずに魔法で倒したい。

バフォメット

ストーリーミッション序盤のボス。デーモンだが魔法に弱いという変り種。
仮称タイプ推定
攻撃力
推定
防御力
解説

黒バフォメット
近接/デーモン693(砦の戦い)
980(小人と巨人)
ストーリーミッション砦の戦いクエスト小人と巨人などに登場。
十分育ったワルキューレ・プリンセス・バンデット以外では足止めすら困難。
ヘビーアーマーなどで足止めに徹し、ウィッチ・メイジの集中砲火で仕留めたい。

白バフォメット
近接/デーモン900(魔女の宴、魔女の宴)黒バフォメット以上に強烈な攻撃力と防御力を誇り、
レベルが低ければヘビーアーマーでも即死する。

いにしえの魔物(青)/
(他槍バフォ、青バフォなど)

(顔アイコン)
遠距離/物理/デーモン700(アンナと雪の美女)槍を持ったバフォメット。
衝撃波による遠距離攻撃を仕掛けてくる
HP11,000(アンナと雪の美女)

いにしえの魔物(紫)/
(他メテオバフォ、紫バフォなど)
遠距離/同時攻撃/物理/デーモン1350(アンナと雪の美女)イベント「アンナと雪の美女」のボスモンスター。
射程内のすべての敵に隕石による同時攻撃を行う。
この隕石は物理攻撃扱いで、防御力有効。ローグ等の回避でも避けられる模様
HP13,000(アンナと雪の美女)

魔獣

魔法耐性が高く、移動も素早い。
仮称タイプ推定
攻撃力
推定
防御力
解説

キマイラ
両用/単体魔法近接攻撃:900
魔法攻撃:550
魔防50すさまじいスピードでマップを駆け抜け、
長い射程を持つ炎のブレスで遠距離攻撃してくる。攻撃間隔も短いので注意。
ブロック後は近接攻撃になるが、物理攻撃力も高い難敵。
高い魔法耐性を持つ。

黒キマイラ
両用/単体魔法近接攻撃:1440
魔法攻撃:1200

マンティコア
近接/狂化
(異常:麻痺(強))→特殊効果なし
体力が半分以上ある時は尻尾で攻撃速度の遅い麻痺攻撃を行い、6回刺されると痺れる。
半分を切ると攻撃モーションが変わり、
麻痺は無くなるが攻撃力と攻撃速度が倍増した噛み付き攻撃を行う。
魔法耐性が高い?

ドルイドの巫女姫が初登場。
全身が真っ赤で、獅子の体にサソリの尻尾を持つと言われる異形の怪物。
ペルシア語で「人を喰らう生き物」という意味を持つ。
伝承によっては人面の化け物だったり羽が生えてたりする。

オルトロス
遠距離/魔法4002つの頭を持つ魔犬。炎を吐いて遠距離攻撃を行う。
移動速度も攻撃速度も速いが、攻撃の最中は移動が止まる。
魔法耐性が高いが防御力は低い。

ケルベロス
遠距離/魔法3つの頭を持つ魔犬。炎を吐いて遠距離攻撃を行う。
移動速度も攻撃速度も速いが、攻撃の最中は移動が止まる。
魔法耐性が高いが防御力は低い。

精霊

仮称タイプ推定
攻撃力
推定
防御力
解説

聖霊
飛行/遠距離/
単体魔法
150山賊王への道が初登場。
聖霊の友セリアのために本気を出した聖霊さんたち。意外と好戦的である。
目玉と同じく、集団で空を飛んでビームで集中攻撃してくる。
というかそんなに強いなら普段から戦ってください

聖霊(青)
飛行/遠距離/
単体魔法

雪だるま(青)
遠距離/単体魔法
(特殊:寒冷適応)
アンナと雪の美女が初登場。
凍氷の守り手エリザの使役する氷の精霊で、射程は短いがウィッチのような氷魔法を使う。
悪天候:吹雪で攻撃力が1.3倍に増加する。

雪だるま(赤)
近接
(特殊:寒冷適応)
自らの肉体のみで戦う武闘派の雪だるま。アンナさんの手作り。
悪天候:吹雪で攻撃力が1.3倍に増加する。

イフリート
遠距離/魔法/範囲攻撃大地に眠る召喚獣に登場するボスモンスター。
攻撃範囲内のユニット全てに広範囲の魔法攻撃

イフリート(小)
遠距離/魔法/範囲攻撃小さくなり弱体化したイフリート。アンナの大冒険に登場。
ゲーム内ではドワーフに「偉大なる炎の大精霊」と呼ばれていた。
攻撃範囲内のユニット全てに小規模の魔法攻撃

ファイアエレメンタル(小)
攻撃しない→遠距離/魔法/同時攻撃100およそ100以下剛炎のアモンで初登場した生きた火の玉のモンスター。
始めは何もしないが、HPが少しでも減ると周囲に高速で炎を飛ばして同時魔法攻撃を行う。
無駄に飛び道具で攻撃せず、ブロックしてからの各個撃破を心がけたい。
HP・防御力ともに低いが魔法耐性は高め。

ファイアエレメンタル(中)
攻撃しない→遠距離/魔法/同時攻撃150およそ100以下HPと攻撃力以外はほぼ(小)と同じ。小と比べると倍ぐらいタフなので下手に手を出すのは考えもの。

ファイアエレメンタル(大)
攻撃しない→遠距離/魔法/同時攻撃200およそ100以下HPと攻撃力以外はほぼ(小)と同じだが、かなりHPが高いのでうっかり触ると壊滅の危険を呼び込みかねない。

サラマンダー
遠距離/魔法/範囲攻撃150およそ200見習い召喚士リノの召喚獣として初登場したが、
剛炎のアモンで敵としても登場。イフリートと同様広範囲に魔法攻撃を行う。
イフリートよりも攻撃力・耐久力ともに大分低めとはいえ、
広範囲の魔法攻撃で着実に全体の体力を削ってくるため素早く倒さないとどんどん状況が悪くなる。

アースエレメンタル(小)
攻撃しない→遠距離/同時攻撃300およそ200何らかの理由で異常集積した土のエネルギーが具象化した存在。魔法耐性は高めだが防御力は低め。
何もしなければ転がっているだけだが、HPが少しでも減ると周囲に同時攻撃を行うようになる。
何人も巻き込まれないように気をつけよう。

アースエレメンタル(中)
攻撃しない→遠距離/同時攻撃600およそ400HPと攻撃力以外はほぼ(小)と同じだがHPが小の倍以上高く、
攻撃力も600となるとソルジャーや後衛にはかなり痛い。
1匹ずつ集中攻撃し確実に仕留めていこう。

アースエレメンタル(大)
攻撃しない→遠距離/同時攻撃1500およそ800中以下とは一線を画した強さを持ち、防御力・魔法耐性ともに高いうえに
HPも低くないためうかつに手を出すと手詰まりになりかねない危険な相手。

エアーエレメンタル
飛行/遠距離/同時攻撃300およそ100以下通り道にいるユニットに多段攻撃をしてくる。遠距離ユニットも対象。
ユニットに接触しても立ち止まらず、攻撃を加えながらすり抜けていく。

ダークエレメンタル
遠距離/貫通/範囲攻撃250およそ100以下魔界深層に登場する精霊。
防御力どころか魔法耐性および無効化能力も通用しない貫通範囲攻撃を使う。
防御能力は無に等しいため、単純にDPSの高い攻撃や長射程攻撃で殺られる前に殺るを徹底しよう。

ゴーレム

付与魔術師メレディスの特効対象。
魔術によって生み出された生命体で、高い戦闘能力を有する。
攻撃もさることながら、防御と魔防も高いので生半可な近接ユニットでは止める事すら困難。
その代り、ボス属性が付いてないので暗殺は通用する。ギャンブルにはなるが即死攻撃持ちユニットなどに任せるのも一つの対抗策だ。
ストーリーミッションにも登場するようになり、ゴーレムを対処することが出来るユニットの有無が攻略のカギになる。
仮称タイプ推定
攻撃力
推定
防御力
解説

ウッドゴーレム
近接/ゴーレム900およそ500ゴーレムにしてはかなり弱いが、代わりに攻撃速度が並みの敵と同じぐらいに速い。
防御力は高めだが魔法耐性はそれなりなので魔法のほうが効きやすい。

ストーンゴーレム
遠距離/物理/ゴーレム3000物理防御2000
魔法耐性40
年末年始お年玉イベントゴールドラッシュ!に倒さなくてもいいお邪魔モンスターとして登場。とても強い。
ヴァンパイアの逆襲ではなんと大2体+小2体が同時に登場し、しかも全員倒さないと☆3不可。
射程は短く攻撃も遅い(ヒーラーの回復2回強)が、超威力の遠距離攻撃を繰り出してくる。
更に見た目相応のHP・防御力に加え、高い魔法耐性を持ち、正攻法で倒すのは困難。
暗殺は効くが、暗殺一点狙いは弾きがあるためかなりの強運が必要となる。

ストーンゴーレム(小)
遠距離/物理/ゴーレム2000ミニサイズのストーンゴーレム。
攻撃力やHPが落ちているが、攻撃パターンや攻撃速度も大きいのと一緒。

未完成体アイアンゴーレム
近接/ゴーレム

アイアンゴーレム
両用/範囲攻撃/狂化/ゴーレム3600
4000鋼鉄の手斧
130万人突破ゴールドラッシュが初登場。
同イベントにおいては倒さなくても獲得☆数には影響しない。
最初は攻撃してこないが、HPが99%(?)を下回るとAIが切り替わり、攻撃を仕掛けてくるようになる。
ロケットパンチで範囲物理攻撃を行う。ブロック後は近接単体攻撃になる。
攻撃速度はとても遅い。
追記、349ダメージまでは攻撃してこない。350以上の攻撃力を持つウィッチ、メイジの攻撃範囲には気をつけたい。

アイアンゴーレムレディ(手刀)
近接/ゴーレム2500およそ1000魔法都市で使用されているメイド型のゴーレム。こんな物騒なメイドロボがいるか
行動パターンは未完成体ミスリルゴーレムと同じで、
ヒーラーの回復を3回挟めるほど攻撃間隔が長いうえ近接攻撃のみと大きいのよりかなり弱め。
ミスリルゴーレムよりも大分マシな攻撃力なので一発耐えることができるなら餅つきは比較的容易。

ストーリー上ではメイドゴーレムと呼ばれている為、便宜上wiki内ではメイドゴーレムと呼ぶ。

アイアンゴーレムレディ(手斧)
両用/ゴーレム近接:4000
遠距離:3000
斧を持ち出したアイアンゴーレムレディ。
投げ斧の一撃は強烈で、遠距離ユニットはもちろん脆い近接ユニットでは一撃耐えることも難しい。

未完成体ミスリルゴーレム
近接/ゴーレム4100他のゴーレムに比べて攻撃の発生が速いが、未完成のためか近接攻撃しかできず
攻撃の後再攻撃するまでに10秒以上のタイムラグが存在する弱点がある。
このためネクロマンサー一人で長時間封殺可能。また攻撃の合間に回復が3回できるため
一撃に耐えられるユニットがいれば維持は難しくない。

完成体ミスリルゴーレム
両用/連続攻撃/狂化/ゴーレム5200(近接時)最初は攻撃してこないが、HPが99%(?)を下回るとAIが切り替わり、攻撃を仕掛けてくるようになる。
ロケットパンチで2回攻撃を行う。ブロック後は近接単発攻撃になる。
攻撃速度もストーンやアイアンと同じぐらいに上昇しており、極めて厄介。

オリハルコンゴーレム
両用/狂化/ゴーレムゴールドラッシュ!(2017/06)で登場した巨大ゴーレム。
ミスリル鉱を超える強度を持つ鉱石・オリハルコンでできている。
最初は攻撃してこないが、HPが少しでも減ると(99%以下?)遠距離攻撃をしてくる。

機甲兵

土中から掘り出された古代の遺物。
高度な未知の技術の産物であり、現代の技術では簡単な整備と運用を行う程度しかできない。
見かけのわりに体力が高いが防御力・魔法耐性は低い。
仮称タイプ推定
攻撃力
推定
防御力
解説

量産型機甲兵-ソード-
近接古代の機甲兵が初登場の人型古代兵器。
硬い上にわらわら湧くので火力が足りないと押し切られる。
たまに足がとても速い個体がいる。

量産型機甲兵-ガン-
遠距離/物理弓型モンスター

エリート機甲兵
近接強い機甲兵。髪が長い

壊れかけた機甲兵
自爆/攻撃しない501(自爆威力)年末年始お年玉イベントゴールドラッシュ!に登場。
ドワーフが発掘した、壊れかけた機甲兵。
攻撃はしてこないが、死ぬときに自爆して周囲にダメージを与える。
この自爆は物理攻撃扱いで、範囲はそこまで広くない。なお、魔物側も巻き込まれるとダメージが入る。

潜行する敵

移動中は遠距離攻撃を無効化する。近接ユニットでブロックをしない限り遠距離攻撃を当てられない。
仮称タイプ推定
攻撃力
推定
防御力
解説

サンドワーム(白)

潜行中
近接/潜行地面を潜って進む。
潜っている間は遠距離攻撃無効+ターゲットにならない。近接ユニットで受け止めている間だけ攻撃が可能。

サンドワーム(赤)
近接/潜行ちょっと強いサンドワーム。

サンドワーム(黒)
(他、青ワームなど)
近接/潜行強いサンドワーム。硬い。

デーモンワーム
近接/潜行/デーモン250ワーム型のデーモン。
戦闘力そのものはそう高くないが魔法耐性が非常に高くメイジで一掃しにくい。
物理攻撃が非常に通りやすいので同時攻撃が可能なサムライを使うと効率よく倒せる。

シャドー
近接/潜行黒い影のような魔物。黒ワーム並の高攻撃力。
ワーム同様近接ユニットで受け止めないと遠距離攻撃ができない。地形を無視してくることがある。
魔法耐性が高い。

植物

再生能力を持っている魔物。能力自体はそこまでではないが自動回復によるタフさが厄介。
回復は時間経過で弱まるので早々に倒すか、抱えて回復切れを待つ戦術を取るかを状況で見極めよう。
仮称タイプ推定
攻撃力
推定
防御力
解説

トレント
遠距離/単体物理/再生ドルイドの巫女姫が初登場。
木の種を飛ばして遠距離攻撃してくる樹木の魔物。
再生能力持ちのため、HPが徐々に回復する。
マップによって回復補正が違う。

エルダートレント
近接/再生巨大化したトレント。
遠距離攻撃が消えた分、パワーとタフネスが大幅に増加。
再生特性は変わらず、HPが徐々に回復し続ける。
マップによって回復補正が違い、高難易度ステージでは恐ろしい自己治癒能力を発揮した。

桜トレント
遠距離/単体物理/再生130万人突破ゴールドラッシュに登場。
能力は普通のトレントと大差ない

桜エルダートレント
近接/再生130万人突破ゴールドラッシュに登場。
見掛けの割りに弱い

トレント(魔の森)
遠距離/単体物理/再生350およそ100魔の森に住むトレント。通常のものより魔法耐性が高い。
HPは低いのでそこまで神経質にならなくてもいいが、必要な攻撃が1手増えたりしないかに注意。

エルダートレント(魔の森)
近接/再生1000およそ300通常のものより魔法耐性がかなり高い。魔法で倒すのは厳しいので物理攻撃で攻めよう。

クリスマストレント
遠距離/単体物理/再生/寒冷適応450クリスマスの飾りつけをされたトレント。
何故か通常のものより大幅に強いうえ寒冷適応を得ており、吹雪で攻撃力が上がる。

妖怪

東方に出現する恐怖を糧として生きる存在。
全体的に能力値が高く、低耐久のユニットでブロックすることは難しい。
上位の妖怪は単にステータスが高いだけでなく、妖怪ごとにユニークな行動パターン・特殊能力を持つ。
忍者サイゾウ封妖の忍者カナメ封妖の忍者ナギスクハ輝弓士マーガレット星天の魔導鎧シルセス鬼切の使い手ヒバリ新春の弓巫女ソーマ討妖の狙撃手アオバの特効対象。
仮称タイプ推定
攻撃力
推定
防御力
解説

餓鬼
近接/妖怪575ゴブリンに相当する妖怪。
黒ゴブリンよりも強く、ソルジャーでは2対1も危険。
防御力も高めで、半端な遠距離攻撃は通じない。

白餓鬼
近接/妖怪大討伐『千鬼夜行』にて初登場。攻撃力、HPともに通常種より弱体化していた。

青鬼
近接/妖怪750250オーガに相当する妖怪。餓鬼より少し強い程度。

赤鬼
近接/妖怪およそ1100400青鬼の強化版。殴り合いは極力避けるべき。

黒鬼
近接/妖怪青鬼のさらに強化版。防御力が高く、並の物理攻撃では通らない。魔法で攻めよう。

鬼(女)
近接遠距離/妖怪/同時攻撃1500攻撃力が非常に高く遠距離で仕留めたいところだが、
通路に隣接している遠距離マスも射程に入る程度の攻撃範囲なので注意が必要。
胸、というか胸当てが歩行に合わせ意味不明なほど上下する。


カラス天狗
飛行/遠距離/単体魔法/妖怪
攻撃後特性スイッチ
→攻撃しない
1500(東の国の港町)手に持った錫杖(しゃくじょう)を投げて攻撃してくる。
威力はとても高いが、攻撃は一度きり
武器を投げた後は攻撃手段がなくなって大人しくなる。
トークンや低コストユニット配置→即撤退などの避雷針で対処すると吉。
攻撃を投げるモーション中に撤退しても錫杖は手放さず、
錫杖と本体の画像が別になった時点までまたないと手放したことにならない。撤退のタイミングには注意。
最初から何も持っていないタイプもいる。

烏天狗(赤)
飛行/遠距離/単体魔法/妖怪
攻撃後特性スイッチ
→攻撃しない
500大討伐『千鬼夜行』にて初登場。特性は通常種と同じだが、攻撃力、HPともに弱体化していた。

薙刀天狗
飛行/遠距離/妖怪600およそ800薙刀を持った天狗。飛びながら近くのユニットを薙刀で攻撃してくる。
鎧を身に着けているため防御力が高く、対空特効のあるアーチャーの攻撃であっても相当鍛えていないと通らない。
魔法か高い単発攻撃力を持つユニットによる迎撃を心がけたい。
なお、HPそのものはザコ相応なので剣士サンドラが完全成長していれば必殺剣で一撃で落とせる。

カマイタチ
近接/妖怪787(風に散る桜)3体が群がって行動する。
攻撃力が高く、攻撃速度・移動速度も速い。
十分な防御力がないと多ブロックは危険。

泥田坊
近接/潜行/妖怪?1275(田を返せ!)「田んぼを返せ」と叫ぶ妖怪。伝承では農夫が化けて出たものとされる。
恐ろしくタフで、さらに物理防御も高い。
攻撃力も高いが、攻撃速度はヒーラーの回復2回よりも少し早い程度とやや遅め。
移動速度が非常に遅いのが弱点。1体1体確実に仕留めていこう。

牛鬼
近距離/妖怪およそ1000およそ1000防御もHPも高いため魔法攻撃が有効。
妖怪大戦中の会話によると毒の霧を出すとのことで、出現するマップはほぼ毒マップ。
だからといって牛鬼を倒してもマップの毒が消えるわけではない。

河童
遠距離/魔法/降雨適応/妖怪150妖怪版のサハギン。地上を歩き、魔法ダメージの水弾を飛ばす時足を止めるなど行動パターンもほぼ同じ。
悪天候:雨が発生すると攻撃力が1.3倍になる。

赤河童
遠距離/魔法/降雨適応/妖怪300耐久力が高め。
悪天候:雨が発生すると攻撃力が1.3倍になる。

風神(空中)
飛行/遠距離/物理
同時攻撃/復活/妖怪
800風神退治のボス。
雲に乗って空を飛び、竜巻によって周囲のユニットすべてに同時攻撃を行う。
体力が0になると地上に降り、攻撃パターンが変わる。

風神(地上)
遠距離/物理
連続攻撃/妖怪
800×4HIT雲を失い、地上に降りた風神。
同時攻撃の代わりに4連続攻撃を行うようになる。

雷神(空中)
飛行/遠距離/魔法
同時攻撃/復活/妖怪
雷神襲来のボス。
雲に乗って空を飛び、雷によって周囲のユニットすべてに同時攻撃を行う。
体力が0になると地上に降り、攻撃パターンが変わる。

雷神(地上)
遠距離/魔法
連続攻撃/妖怪
550×4HIT雲を失い、地上に降りた雷神。
同時攻撃の代わりに4連続攻撃を行うようになる。

ぬらりひょん
近接/応援/妖怪1350妖怪大戦のボスモンスター。
戦場に存在しているとすべての妖怪の攻撃力・防御力を1.5倍に上昇させる。
妖怪は通常の魔物よりもステータスが高いため、極めて危険な敵となる。
攻撃速度がヒーラーの回復より若干速い
魔法耐性が高い
妖怪軍団の頭目で忍者たちを利用し復活を画策し成功するも、王子達の反撃に会い撃退された

第二次妖怪大戦では酒呑童子の封印を解き自分の配下にするつもりが、その鬼たちに裏切られ無念のうちに息絶えた。

ぬらりひょん(刀装備)
遠距離/応援/妖怪1500闇の聖霊の力で若かりし頃の力を取り戻したぬらりひょん。どこのお孫さんですか?
通常時より手数は減っているが一撃の威力が高い飛び道具を使うようになり、
戦場に存在しているとすべての妖怪の攻撃力・防御力を1.5倍に上昇させる能力も健在。
被害が出る前に可能な限り素早く倒してしまいたい。

酒呑童子
近接/復活/妖怪1500→3000千一鬼夜行で復活した金熊童子をはじめとした四天王の大将。
特別な能力は持っていないが、その剛力のみで大将となったという逸話に違わぬシンプルな強さが特徴。
具体的には攻撃力が高いうえに攻撃速度が非常に速く、防御力と回復力が十分にないと足止めすらままならない。
さらに一度体力が0になると復活しパワーアップする。
復活後は狂った速さで攻撃力3000を連発してくるため、
耐えられるユニットは呪術師やダンサーなどの援護を入れてもごく限られた一部のみ。
加えて体力も高いため短期決戦もままならない。
覚醒王子ならスキルで防御力が2500程度まで上がるためどうにか勝負に持ち込める。
近接攻撃以外はできないので対応できる戦力がない場合は諦めて通してしまうほうが無難。

第二次妖怪大戦で封印を解かれ復活。王子たちと戦うが、このときは一度HPをゼロにすればそのまま倒せる。
後に茨木童子に奪われた力を取り戻し、ついに魔神と同等とされるほどの力へと完全復活した。

酒吞童子(斬首)
近接/復活/妖怪
1800→3600ぬらりひょんの娘中のイベントでこうなってしまった酒呑童子。素の状態でも高い攻撃力と速い攻撃速度で十分な脅威なのだが
一度HPをゼロにすると酒を浴び復活。ただでさえ高い攻撃力が更に強化される。
遠距離攻撃は持ち合わせていないので、トークンやトラップ、ウイッチで足止めをして遠距離で攻めたい。

酒呑童子(分身)
近接/妖怪1700およそ300魔神降臨で王子から敗走し力が弱まっていたところを妖天君の落魂陣により魂魄を操られ、魂魄を分割されて作り出された酒呑童子の分身。
復活はしないがその攻撃力は健在であり、何体も同時に出現するため接近戦で相手をしていると身が持たない。
HPが大幅に下がっているので遠距離攻撃での接敵前の撃破を徹底しよう。

金熊童子
遠距離/範囲魔法/妖怪1500メイジのように範囲攻撃の火炎弾を放つ。
他の四天王より頭1つ抜けた攻撃力を持っており、複数が巻き込まれると一気に押し切られる。
ブロックと射程外からの回復を徹底しよう。

豪風の四天王(仮称)
遠距離/同時攻撃/妖怪1200およそ900飛行時の風神と同様、周囲のユニットすべてに同時攻撃を行う。
近接一人だけで対処すればダメージは並程度に収まるので、前方でブロックし離れた位置から回復を飛ばして援護しよう。

迅雷の四天王(仮称)
遠距離/同時攻撃/魔法/妖怪700およそ900飛行時の雷神と同様、周囲のユニットすべてに同時攻撃を行う。
体力がかなり高く、長距離攻撃で削り倒すか離れた位置から回復を飛ばして餅つきに持ち込むかを先に決めておきたい。

重水の四天王(仮称)
遠距離/連続攻撃/魔法/妖怪400×3HITおよそ900水竜のように単体に対して3連続の魔法攻撃を放つ。
単体攻撃しかできないため戦闘能力は他の四天王より低いが、移動範囲が広く戦略的な脅威度が高い。

妖虎
近接/狂化/妖怪400およそ300始めはゆっくりと歩いているが、少しでもダメージを受けると狼以上の速度で走り始める。
戦闘力は低めだがHPはやや高めなので射殺が難しく、ブロックが重要になる。

黒妖虎
近接/狂化/妖怪700およそ400妖虎より二回りほど強く、特にHPは倍以上高いためブロックはほぼ必須。

妖虎仙(飛行)
遠距離/飛行/魔法/復活/妖怪600(通常)
1000(オーラ)
およそ1000邪悪な念により悪に落ちた邪仙のひとり。
仙人らしく宝具(風火輪?)で飛行し、雷を落として攻撃する。
攻撃力はひかえめだがヒーラーよりも若干攻撃が速い。
回復が逸れると事故の危険が大きいのでHPの高いユニットを狙わせたい。
また、仙人らしく頑健な肉体を持っており、攻撃力強化型のアルテミスでやっと通るほど硬い。
HP・魔法耐性はあまり高くなく魔法による攻撃が有効で、メイジでも十分撃墜可能。
撃破すると地上に降りてくる。

邪仙郷の罠での再登場時は全体的に能力が上がり、特に攻撃力と魔法耐性が大幅に上昇している。

妖虎仙(地上)
近接/魔法/妖怪1000(通常)
1300(オーラ)
およそ1000宝具を破壊され地上に降りてきた妖虎仙。剣を使うが、宝剣であるためか魔法属性。
攻撃力・攻撃速度も上昇しており、長期戦で着実にヒーラーに負荷をかけてくる。
ボスにしてはHPがそこまで高くないので高火力の貫通攻撃や魔法攻撃で押し切るか、
即死に至るほどの攻撃能力がないためあえて持久戦に持ち込むかで対処が分かれるだろう。

邪仙郷の罠での再登場時は全体的に能力が上がり、HPと魔法耐性が大幅に上昇しているため長期戦に持ち込まれやすい。

一目連/東天君
遠距離/反撃/復讐/妖怪600〜1800(通常・物理)
150〜450(反撃・貫通)
およそ200ラミィとフーコの幼馴染である妖怪。一人称は俺。
風と雷を操る能力を持ち、昔は力を使うのが下手だったが鍛錬を重ねて強くなった努力家。
風で遠距離攻撃を行いながらゆっくりと飛行し、攻撃を受けると雷を落として反撃する。
さらに体力が1/3減るごとに攻撃力が100%上昇し、1/3以下で最大の3倍になる。
反撃ダメージも苛烈になっていくので、手数で攻めるタイプは相性が悪い。
移動速度が遅く、防御力が低いのが弱点。隠密&飛行特効のリタが天敵。

登場イベント後半で、華の国の通天教主なる仙人のもと、十天君のひとり東天君となっていたことが判明。
幼馴染の父である風神を駒のように扱う冷酷さを見せた。*4
幼い頃のコンプレックスが捻じ曲がった結果、極端な弱肉強食の論理を掲げるようになってしまったらしい。
反撃能力は宝貝「風吼陣」によるもののようだ。

天使(エンジェル系)

ダークストーカー、シビラ聖魔殺しの銃手ソシエの特効対象。
天界に住まう神の下僕。防御力は低いが代わりにHPが高めで再生能力を持つことが多い。
また、地形を無視して移動するが飛行属性はない。
仮称タイプ推定
攻撃力
推定
防御力
解説

エンジェル(剣)
近接/天使300100以下ニエルのコンパチ。
道を無視して空を飛ぶように見えるが地上ユニット扱いで、飛行特攻無効でブロック可能。
単体能力は低いが、数押しで突破を狙ってくる。

エンジェル(杖)
遠距離/魔法/天使250100以下防御面は剣持ちと大差ないが、魔法攻撃で攻撃速度も速い。
複数まとめて向かってくることが多く、体力を削られやすい。

天使兵
近接/天使360およそ500槍と盾で武装した天使たち。防御力が高いうえ数が多いので範囲魔法攻撃で処理したい。
なお、鎧は着ていないためかアーマー属性は無い。

天使兵(赤)
近接/天使540およそ800

天使兵(黒)
近接/天使1000およそ900

天使兵(杖)
遠距離/魔法/同時攻撃/天使350およそ500杖を持った天使兵。周囲のユニット全てに落雷で攻撃してくる。
防御力は高いがHPは雑魚相応に低いためプリンセスを差し込むなどして各個撃破するか、魔法剣士のスキルを叩き込むなどで速攻を心がけよう。

上位天使(聖天)
近接/応援/天使550およそ300ソフィーのコンパチ。エンジェルよりは強いものの攻撃力・防御力はそれほど高くないが、
存在しているだけですべての敵に再生能力を付加する能力が非常に厄介。
これは本人にも適用され、複数存在すると重複して回復量が上がっていくため早めの対処が肝心。
複数での集中攻撃や瞬間火力の高いスキルを用いて数が増えないうちに倒してしまいたい。

上位天使(断罪)
近接/天使800およそ200パフィリアのコンパチ。通常の天使の中では攻撃力が高い。
防御力がかなり低いので手数重視の遠距離攻撃が有効。

天使長
遠距離/再生/天使700ミルノのコンパチ。長射程の遠距離攻撃に加えて高いHPと再生能力も持ち、早期撃退は困難。
避雷針とブロックで動きを抑え込み、再生が切れるまで待つのが妥当。

大天使長
両用/同時攻撃/再生/天使近接:2000
遠距離:1500(同時攻撃)
(堕天使の誕生)
近接:1400
遠距離:1000(同時攻撃)
(天使たちの陰謀失われた竜の島)
近接:1260
遠距離:1000(同時攻撃)
(天使兵団の集結)
およそ1000(堕天使の誕生)
およそ300(天使たちの陰謀)
全ての天使を監視し、その罪を罰する天使。
ブロックしていない時は隕石による長射程の遠距離同時攻撃、ブロックすると剣による近接攻撃を繰り出す。
隕石を複数人に当てられると一気に壊滅するのでまずはブロックして隕石攻撃を封じなければならない。
ただし、最初の1回は必ず隕石になるのでまず最初に一発撃たせることが必要。
また攻撃速度がヒーラーの回復より若干早いので、回復はタイミングをずらすことが望ましい。
守りにも隙がなく、高い再生能力と防御力で生半可な攻撃ではHPが減らない。
再生を押し切るにはかなりの戦力が必要になるので、再生切れを待つのも十分あり。

天使たちの陰謀での再登場時は攻撃力・防御力ともにかなり弱体化しており、無理に持久戦に持ち込まなくてもよくなっている。別個体?

天使兵団の集結ではHPと再生力がかなり弱くなっており、覚醒エンジェルのタイマンで押し勝てる程度になっている。

天使像
近接/天使25203000以上天使の姿をした青銅の巨像。見た目通り攻撃力・防御力が非常に高い。
攻撃速度はヒーラーの回復1.5回につき1回程度とストーンゴーレムより速く、DPSもそこそこ高め。
防御力は無茶苦茶高いが魔法耐性が非常に低いという弱点があるため必ず魔法で攻めること。
天使属性なのでシビラが覚醒している場合、魔剣覚醒の特効が刺さって強烈なダメージを与えられる。

新鋭天使
遠距離/魔法/同時攻撃/復讐/天使300ケラウノスの力を分け与えられた天使。
能力としてもプチケラウノスといった具合で魔法同時攻撃と復讐能力を併せ持ち、瀕死時は攻撃力約2000の同時攻撃と危険な一撃を放ってくる。
攻撃速度が遅めなうえ基本攻撃力が300と低く、体力が半減するまでは懐に潜り込まれなければさほど脅威にならないのが弱点。

魔界アリ

魔界に生息する蟻。女神の封印が弱まったことで人間界にも出現し始めた。
高い防御力を持ち、群れを成してこちらの防衛網を踏み荒らしていく。魔法による攻撃が有効。
仮称タイプ推定
攻撃力
推定
防御力
解説

魔界アリ(小)
近接魔界に生息するアリ。魔界とつくがデーモンではない。

魔界アリ
近接250およそ500魔界に生息するアリ。魔界とつくがデーモンではない。
攻撃力は低いがアーマー並みに硬く、物理攻撃が通りにくい。
アーマー属性が無くバンデットは特効を発揮しないので魔法攻撃で対応しよう。

魔界アリ(赤・小)
遠距離/魔法/範囲攻撃

魔界アリ(赤)
遠距離/魔法/範囲攻撃500およそ900紫の個体よりも遥かに高い防御力と高い威力の範囲魔法攻撃を備えた強敵。
HPはあまり高くないので有効な攻撃手段を持つユニットを含めた少人数で対応したい。

魔界アリ(黒)
近接900(魔界蟻と囚われた男達)
1530〜(剛炎のアモン)
およそ900剛炎のアモンレベル11から出現した新種の魔界アリ。よく見ると紫の個体よりアゴが大きい。
攻撃力が高いうえ攻撃速度も速く、防御力も高いという紫とは別次元の強さを持つ。
HPがそこまで高くはないのが救い。

魔界アリ(黒・大)
近接

女王蟻(小)
近接魔界アリの女王。

女王蟻
近接1200(魔界アリの女王)
1500(女王蟻の執念)
およそ1200魔界アリの女王。男性を虜にするフェロモンを分泌しており、男性では戦うことすらままならない。ロックブーケ?
人間の男性を下僕および餌としており、雌はこの世で自分だけで良いと嫌悪している。
黒魔界アリを強化したような能力を持ち、防御力と攻撃速度に優れる。
一撃の威力も低くないので、攻撃を受けきれる高い防御力と回復力が求められる。

カボチャ

人間の魂を奪う能力を持つカボチャの頭を持った魔物。
HPが高く、瞬間的な攻撃力は低めながらじわじわとダメージを与えることに長けているため処理が遅れるとどんどん負荷が増していく。
なお、ジャックランタンは近接遠距離魔法攻撃なので仙人/仙猿も攻撃を受ける。
仮称タイプ推定
攻撃力
推定
防御力
解説

ジャックランタン(小)
近接遠距離/魔法/地形無視低防御高HP
ユニットと接触すると停止して高速攻撃。

ジャックランタン
近接遠距離/魔法/地形無視低防御高HP
ユニットと接触すると停止して高速攻撃。
期間限定イベント:姫と山賊と悪霊の都にて出現。

ジャックランタン(中)
近接遠距離/魔法/地形無視通常の個体からさらにHPが大幅アップし、隊列の盾役となる。
メイジ・砲術士で後ろごと焼き払ったり、
アーチャーやヴァンパイアハンターで着実にダメージを与えるのが有効。
期間限定イベント:姫と山賊と悪霊の都にて出現。
【募集中】
ジャックランタン(大)
近接遠距離/魔法/地形無視非常にHPが高い。
アーチャーやヴァンパイアハンターで着実にダメージを与えるのが有効。
姫と山賊と悪霊の都:二人の死者の王にて出現。

パンプキンナイト
近接500約500特殊な行動はしないが、攻撃速度・防御力・移動速度すべてが高水準かつカボチャらしく高い体力を持つ。
防御力がしっかりしたユニットでないと手数に押し切られやすい。

パンプキン魔法剣士
両用/魔法近接:300
遠距離:175
約500英霊の魂から魔法剣士の技を身につけたパンプキンナイト。
とにかくタフなうえ遠距離攻撃を使うようになり、攻撃が魔法属性化したことで
ダメージが軽減しにくくなり回復に負担をかけてくる。こちらも魔法攻撃で素早く排除したい。

パンプキンキング
遠距離/魔法/範囲攻撃350約1000子供好きなカボチャの王様。語尾に「カボ」がつく。
攻撃力そのものはそう高くないが巻き込み範囲が非常に広い魔法を使う。
防御力・魔法耐性・HPが高く非常にしぶといため、味方を巻き込まないように隔離することが望ましい。

スイカの魔物
遠距離/連続攻撃小:150
大:300
カボチャの魔物が新しい器を得て復活した姿、らしい。
攻撃力は低いが、射程の長い7連続攻撃を行うので非常に危険である。
やわらかいユニットではまたたく間に落とされてしまうし、堅いユニットでも手数にものを言わせてガリガリ削られる。

未分類

仮称タイプ推定
攻撃力
推定
防御力
解説

ゲイザー
飛行/遠距離
/単体魔法
300ビームで攻撃してくる。
新魔水晶の守護者上級以上だとまとまってくるため避雷針を忘れずに。
魔法耐性が高い。

ゲイザー(青)
飛行/遠距離/魔法/狂化250大空の覇者で登場した新種のゲイザー。
最初は非常にゆっくり飛行しているが、ダメージを受けると赤くなり目にも止まらないスピードに加速する。
できれば一撃で倒せる手段を用意したい。

イエティ
近接
(特殊:寒冷適応)
大討伐ミッション魔王の影が初登場。
パワータイプのモンスター。悪天候:吹雪で元々高い攻撃力が更に1.3倍に増加する。

赤サソリ
近接
(異常:麻痺)
硬いので魔法が有効。4回殴られると麻痺する。

黒サソリ
近接
(異常:麻痺(強))
もっと硬い。6回(?)殴られると麻痺する。

ローパー
近接
(異常:麻痺(強))
闇の忍者軍団が初登場?
何回か殴られると麻痺するので注意。

魔王の影
近接2200神々の古戦場に現れた、黒い翼を背に持つ何かの幻影。
大討伐ミッション魔王の影に登場するボスモンスター。
足は遅いが、恐ろしく高い攻撃力とHPを持つ。
天候によるパワーアップはしない。

魔王の影(濃)
近接→遠距離/狂化魔王の迷宮に登場したバージョン。
HP半減するとオーラをまとい遠距離攻撃となり攻撃速度も上がる。

魔王の影(薄)
近接魔王の影よりHPが少ない。

魔王ガリウス
近接→遠距離/狂化3000ケラウノスの力によりついに真の肉体を取り戻した魔王。
行動パターンは魔王の影(濃)と同じだが、
体力が大幅に増加しており狂化状態と長時間戦うことになる。

フライングクリスタル
飛行/遠距離/魔法100空中を浮遊しながら魔法攻撃を行う。ゲイザーや聖霊と同様移動を止めることがない。
魔法耐性が高いので弓での迎撃が望ましい。

フライングクリスタル(青)
飛行/遠距離/魔法空中を浮遊しながら魔法攻撃を行う。
マップに最初から配置されているタイプ。
ゲイザーや聖霊と同様移動を止めることがない。
魔法耐性が高いので弓での迎撃が望ましい。

クリスタル(黄)
飛行/遠距離/魔法空中を浮遊しながら魔法攻撃を行う。
マップ上の特定の地点間を高速で移動する。
ゲイザーや聖霊と同様移動を止めることがない。
魔法耐性が高いので弓での迎撃が望ましい。

フライングクリスタル(緑)
飛行/遠距離/魔法/狂化最初は攻撃してこないが、HPが99%(?)を下回るとAIが切り替わり、ピンクに変色し魔法攻撃を仕掛けてくるようになる。
ゲイザーや聖霊と同様移動を止めることがない。
魔法耐性が高いので弓での迎撃が望ましい。

ヒュージフライングクリスタル(緑)
飛行/遠距離/魔法/狂化600フライングクリスタル(緑)の強化版。
攻撃力がかなり高く、仕留めきれないと非常に危険。
うかつな範囲攻撃を行えば即死に繋がる。

ドッペルゲンガー
近接/復活100およそ50最初は別のユニットの姿と能力をしているが、HPが0になると少し後に正体を現して復活する。
正体を現した後は戦闘能力はほぼ皆無だが移動速度がそこそこ高く、
復活までのラグもあってブロックが一時的に塞がれて抜かれやすい。
攻撃の手を取られないように範囲攻撃・同時攻撃でまとめて始末したい。

ドッペル王子
近接/復活440およそ330ドッペルゲンガーが王子の姿に化けたもの。一度倒されるとドッペルゲンガーとして復活する。
攻撃速度が自軍の王子と全く同じで非常に速い。防御力が低いユニットは当てないほうが賢明。
ちなみにHPと魔法耐性以外の能力はランク200の王子とほぼ同じだが、
士気高揚のぶんの能力向上がないため本人と戦うと大抵の場合一方的に打ちのめされる。士気高揚のない王子はザコ

大猿(殴打)
近接400およそ100仙猿ファーの子分である大猿。HPがやや高め。

大猿(投石)
遠距離200およそ100石を投げて遠距離攻撃を行うタイプの大猿。
攻撃力は低いが手数が多いので脆いユニットが狙われないように配置順に気を配ろう。

黒大猿
近接

黒大猿(投石)

ケラウノス
遠距離/魔法/同時攻撃/復讐1000〜人間を滅ぼすため天界より現れた女神の一柱で、アイギスとアダマスの姉。
周囲の敵すべてに雷を落として同時攻撃するうえ体力が半分以下になると攻撃力が2倍になる。
さらに体力が減るごとに攻撃力が増加していき誰も近づくことができなくなる。
攻撃力増加倍率がダークエルフアベンジャーと同じとすると最大攻撃力はおよそ7000。
射程はそれなりなのでとにかく距離を取って戦うことになるだろう。
現状では撃破する必要がなく、無視できるのが救い。
2017/04/01限定のイベントで初めて撃破しなくてはならない敵として登場した。
が、限定味方ユニットのアイギス様が出鱈目に強いので問題なく、妹にボコボコに蹴られて退場する運命にある。
余談だが、妹のアイギスには二対四枚の羽根があるのに対して、彼女には一対二枚の羽根しかない。

ミミック(擬態)
攻撃しない/復活宝箱に擬態した魔物。
移動も攻撃も一切しないが、攻撃を受けるか一定時間が経過すると正体を現す。
復活中はブロックが外れるため、誤って他の敵をブロックするなどして後逸を許さないように注意すること。

ミミック
近接150およそ300正体を現したミミック。物凄い速度で移動し、戦場から離脱しようとする。
逃走を許した場合ドロップチャンスを失うのでしっかりブロックして倒そう。

ゴールデンミミック(擬態)
攻撃しない/復活金色の宝箱に擬態したゴールデンミミック。特性は通常のものと同じ。

ゴールデンミミック
近接600金色のミミック。特性は通常のものと同じだが、かなり硬く強くなっている。

魔界ボア
近接/狂化4500およそ100以下魔界深層に生息する生物。ゴブリンは騎獣として運用しているが非常にコストがかかるらしい。
攻撃力が非常に高いためブロックが難しく、HPも非常に高いため速攻撃破も困難な厄介な相手。
特定の場所で立ち止まる→移動を繰り返し、攻撃を受けると移動速度が激増する性質を持つ。
防御力がほぼ0に近いため連射系スキル+ダンサーの組み合わせが極めて有効で、一気に体力を奪える。

ケットシー
近接/回避300気紛れな猫の妖精。物理攻撃を高確率で回避する能力を持つ。
HPは高くなく、魔法で攻めればあっさり沈む。

妖天君

(顔アイコン)
飛行/遠距離/連続攻撃350×5HITおよそ400華の国の邪仙、十天君のひとり。
魂を操る落魂陣という力を持ち、鬼門の力を得ることで死者の魂魄から生前を再現することができる。
魂魄を分割することで分身させることも可能だが、その分1体あたりの能力は弱まってしまう。

本人は空を飛び、鏢を5連射して攻撃してくる。
単発の威力は低いが手数が多く、低防御の遠距離ユニットには脅威となる。
一方で防御力が高いユニットにはダメージがほとんど通らず全く脅威にならないとわかりやすい弱点を持つ。

ワーラット
近接/侵食300魔界深層に生息するネズミ。
強力な疫病を宿しており、近くのユニット全てに0.1秒ごとに30のダメージを与える能力を持つ。
どうみても雑魚っぽいネズミでありながらラピス級のダメージを与えてくるため極めて危険。
ダークエレメンタルと同様防御面は紙なのでいかに素早く排除するかが勝負。
ブロックしてくると一応攻撃してくるが、ここまで来るようなユニットには30ダメージが関の山だろう。

コラボ限定キャラクター

千年戦争かんぱに外伝

2015年エイプリルフール企画

詳細(ネタバレ注意!)

異世界からの逃亡者/異世界の神娘

『城プロ:RE×アイギス』コラボキャンペーン

詳細(ネタバレ注意!)

メモ

敵特殊能力

攻撃系
能力名(仮称)内容主な使用敵
魔法防御力を無視し、攻撃力からユニットの魔法耐性%引いた値がダメージとなるウィッチなど
貫通防御力・魔法耐性を完全に無視してダメージを与える
無効化能力を無視する
魔神フールフールなど
麻痺数回攻撃した相手に状態異常:麻痺を付与する。敵によって許容回数が違う。
麻痺中は攻撃不能・スキル強制解除・スキル発動禁止・防御力半減となる。
ヴァンパイア系モンスターなど
麻痺(強)通常の麻痺の効果に加え、ブロック数が0になる。金忍者、サソリなど
復讐自分のHPが一定量を下回るごとに段階的に攻撃力UPマミーなど
範囲攻撃攻撃の着弾点を中心に一定範囲内にいるユニット全員にダメージを与える
隠密等によりターゲットにならなくても範囲内ならダメージを受ける
メイジなど
同時攻撃攻撃を行う際、射程内にいる複数ユニットを同時に攻撃する
射程内でも隠密等によりターゲットにならない場合攻撃されない
見切り等によりターゲット優先されている場合発生した全ての攻撃が見切り発動者に向かう
風神など
連続攻撃一度に複数回攻撃を行う水竜など
各種計算後の最終ダメージを2倍にする。
「状態異常無効」などのアビリティは効果が無い
暗殺部隊など
反撃攻撃を受けると攻撃してきた相手に対して自動的に反撃ダメージを与える。
攻撃1回ごと反撃ダメージが1回ずつ発生し、このダメージに対して反撃・回避・無効化などは発生しない。
動作が全くなく麻痺・停止などの通常攻撃ができない状態でも有効だが、
隠密等でターゲットにならない場合は反撃されることはない。
魔神フールフールなど
侵食効果範囲内のユニットに一定時間ごとにダメージを与える。
この効果に反撃・回避・無効化などは発生しない。
魔神アモンなど
移動系
能力名(仮称)内容主な使用敵
飛行空を飛び、道を無視する。
ほとんどの近接ユニットの攻撃が届かない。遠距離ユニットはこれを優先的に狙う。
遠距離ユニットの射程に入っているかどうかの判定は、見た目上のグラフィック部分ではなく
地上におちている影の部分でおこなわれる。
逆に一部の攻撃能力を有する飛行敵側の判定は見た目上のグラフィックが基準点のようである
ガーゴイル、羽デーモンなど
地形無視飛行していないが、道を無視する。
内部的には地上ユニットのため、飛行と違って近接ユニットの攻撃が届きブロック可能。
遠距離ユニットから優先的に狙われることも無く、飛行特効の対象外
超短射程の遠距離攻撃をする。
幽霊系モンスター、一部マップの忍者など
潜行姿を隠すことで、味方近接ユニットがブロックするまで間接攻撃できない
潜行状態にあるときはメイジの爆風などによる巻き込みダメージも受けない
ワーム、シャドー、透明忍者など
その他
能力名(仮称)内容主な使用敵
寒冷適応悪天候:吹雪による射程減、移動速度減少を無視する。
また、悪天候:吹雪の間攻撃力が増加する(吹雪1.3倍、猛吹雪1.5倍)
雪男、氷狼など
降雨適応悪天候:雨による射程減を無視する。
また、悪天候:雨の間攻撃力が増加する(1.3倍)
河童、赤河童など
再生徐々にHPが回復するトレントなど
復活HP0になると一度全回復した上で復活する
復活の際に移動属性、攻撃パターンや見た目が変化するものと、しないものがいる
隠し能力として、復活回数が残っている場合麻痺を無効化する。
上級ドラゴン、ムササビ忍者など
自爆HP0になると自爆し周囲のユニットにダメージを与える。自爆のダメージは味方も巻き込む爆弾ゴブリン、機甲兵(赤)など
ボス格暗殺の発動確率が著しく下がる多数
無敵一切のダメージを受け付けない。暗殺も無効だが、鈍足や停止などの効果は受ける。
特定条件を満たすと死亡する
牛鬼の影など
回避物理攻撃を一定確率で無効化する。魔法属性の攻撃は無効化できない鬼刃衆など
狂化HPが一定以下になると行動パターンが変化するオーク、落ち武者、マンティコアなど
応援自分を含む特定条件を満たしたユニットのステータスを上昇、あるいは特殊能力を与えるぬらりひょんなど

敵属性

属性内容主な敵特効となるクラス・スキル・アビリティ
飛行飛び道具しか当たらず、ブロックできないガーゴイルなどアーチャー系クラスで威力増(1.2〜1.4倍)
スカイキャバリアで威力増(2.0倍)
剣士サンドラのスキルで威力増(1.5倍〜3.0倍)
妖魔力は弱いが数が多い魔物の尖兵ゴブリンなど新緑の兵士フィリス槍騎兵エレインのアビリティで威力増(1.5倍)
帝国狙撃兵ラルフのスキルで威力増(1.5倍)&優先攻撃
妖精長命の妖精種
高魔法耐性
ダークエルフなど-
装甲金属製の重装備で全身を固めた者
高防御、低魔法耐性
ヘビーアーマー
リビングアーマーなど
バンデット系クラスで威力増(1.5〜1.8倍)
死者蘇った死者の軍団スケルトン、ヴァンパイア
リッチ、マミーなど
ビショップ系クラスで威力増(1.2倍〜1.4倍)
ヴァンパイアハンター系クラスで威力増(1.5倍〜1.8倍)
新春の弓巫女ソーマの覚醒スキルで威力増(1.4倍)
叛逆の騎士コーネリアの覚醒アビリティで必ず強撃(攻撃力1.9倍)を受ける
神官戦士フラメルの覚醒アビリティで必ず強撃(攻撃力3.0倍)を受ける
竜族鱗に覆われた表皮を持つ亜人種と翼竜竜兵・竜戦士
赤翼竜、黒翼竜など
クローディアのアビリティで威力増(1.2〜1.3倍)
竜殺しラーティのスキルで威力増(1.5倍〜2.0倍)&優先攻撃
巨人巨大な体躯を持つ亜人種
動きは遅いがHPと攻撃力が高い
サイクロプス、ギガースなど封印剣の使い手エレーヌのアビリティでHP10%・攻撃力20%減少
魔族異世界「魔界」の支配種族
魔法耐性が高めに設定されている
デーモン系、魔神輝弓士マーガレット帝国騎士ヴィオラのアビリティで威力増(1.2倍)
堕天使パフィリアのアビリティで威力増(1.2〜1.3倍)
星天の魔導鎧シルセスのアビリティで威力増(1.2〜1.4倍)
新春の弓巫女ソーマの覚醒スキルで威力増(1.4倍)
悪魔ハンタードルチェのスキルで威力増(1.5倍)&優先攻撃
叛逆の騎士コーネリアの覚醒アビリティで必ず強撃(攻撃力1.9倍)を受ける
聖魔殺しの銃手ソシエのスキルで威力増(1.3〜2.0倍)&優先攻撃
妖怪東方に棲む恐怖を糧として生きる者たち餓鬼、天狗など輝弓士マーガレットのアビリティで威力増(1.2倍)
スクハのアビリティで威力増(1.2倍)、さらにスキル使用時に行動停止効果を受ける(5秒)
忍者サイゾウ封妖の忍者カナメのアビリティで威力増(1.3倍)、
星天の魔導鎧シルセスのアビリティで威力増(1.2〜1.3倍)
封妖の忍者ナギのアビリティで威力増(1.3〜1.4倍)
鬼切の使い手ヒバリのスキルで威力増(1.3〜1.4倍)
新春の弓巫女ソーマのスキルで威力増(1.4倍)
討妖の狙撃手アオバのスキルで威力増(1.5倍〜2.0倍)&優先攻撃、覚醒後はさらにスキル使用時に行動停止効果を受ける(5秒)
巨兵魔法技術によって造られた人工生命
動きは鈍いが高攻撃・高耐久を併せ持つ
ウッドゴーレムなどエンチャンター系クラスのスキル使用時に行動停止効果を受ける(5秒)
付与魔術師メレディスのアビリティで威力増(1.5倍)
魚人海に棲む魚の亜人サハギンなどセーラー系クラスで威力増(1.5〜1.8倍)
天使天界に住む神の下僕たちエンジェルなどダークストーカー系クラスで威力増(1.3倍〜1.5倍)
帝国騎士ヴィオラのアビリティで威力増(1.2倍)
シビラのアビリティで威力増(1.5倍)
聖魔殺しの銃手ソシエのスキルで威力増(1.3〜2.0倍)&優先攻撃
戦鬼戦いを生きがいとする戦士の種族
体力が減ると狂戦士化し強化される
オークなど帝国騎士ヴィオラのアビリティで威力増(1.2倍)
帝国猟兵レーゼルのスキルで威力増(1.5倍)&優先攻撃

このページへのコメント

そうか、作中で言ってたのかスマン、完全に見落としてるな
しかし、やはりワーラットと言うなら二足歩行をしたり、あるいは衣服を身につけたり
場合によってはペットとして犬を飼ったりするような、日本では浦安方面に生息していると言われる化け物じみた巨大鼠じゃないとしっくりこないな

Posted by  2017年06月18日(日) 10:56:54

ワーラットってヘンゼルが言ってる
アイギスのワーラットは2足歩行したりしないもろネズミなんだろう

Posted by   2017年06月17日(土) 19:56:26

新規追加のネズミ
ワーラットって書いてるけど、ワーじゃないだろ?
俺が気付いてないだけで、ワーも居たなんてことはないだろうし

Posted by  2017年06月17日(土) 11:06:22

妖怪の項目にいる落ち武者たちはアンデッドへの移動が適切だと思う。

VHによる不死特攻が有効だし、スクハの妖怪停止が効かない。

Posted by   2017年03月08日(水) 12:50:06

俺は差し戻した奴じゃないが
言わんとするところも、紛らわしい事も分かるけど
コメントアウトのとこに書かれてる通り、基本的にはゲーム内の言葉で表現したほうが無難だと思う

Posted by  2017年02月25日(土) 23:07:26

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら
「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

開催中イベント

緊急ミッション(収集型)
風神の娘
6月15日〜6月29日 10:00

魔神降臨ミッション
魔神ビフロンス降臨(復刻)
6月19日(月)00:00〜6月25日(日) 23:59
魔神アガレス降臨(復刻)
6月26日(月)00:00〜7月02日(日)23:59

復刻ミッション
(月・水・土:刻水晶1.5倍)
時をかける魔女
6月19日(月)00:00〜6月25日(日)23:59
帝国猟兵とオークの勇者
6月26日(月)00:00〜7月02日(日)23:59

デイリー復刻

お知らせ

定期メンテナンス
木曜日 10:00 〜 15:00
詳細はコミュニティお知らせ
または公式Twitter

Wiki内検索

フリーエリア

出会い
アクセスカウンター
アクセスカウンター

AD

どなたでも編集できます