DMM.comでサービス中の18禁タワーディフェンスゲーム、「千年戦争アイギス」のwikiです。詰まった時の攻略糸口探し、嫁探し、情報交換にお役立て下さい。

クラス詳細

成長段階クラス名クラス特性備考
初期ヒーラー味方ユニットのHPを回復
CCプリースト味方ユニットのHPを回復射程+40
第一覚醒セイント味方ユニットのHPを回復
状態異常の回復を早める
第二覚醒ハイエロファント味方ユニットのHPを回復 状態異常の回復を早める
毒・状態異常を完全に無効化することができる
HP・攻撃力・防御力上昇(中)
オラクル味方ユニットのHPを回復 状態異常の回復を早める
50%の確率で攻撃を無効化する
射程+10、HP上昇(小)
基本的に攻撃は行わず、代わりに回復能力を有する遠距離クラス。
一度の詠唱で射程範囲内でもっとも残HP割合の少ないユニットのHPを自らの攻撃力の量だけ回復する。

前線維持の要となる重要なクラスであり、陣形構築においてもまずヒーラーの回復圏内を中心に考える場面が多い。
一方、攻撃能力がないので、ヒーラーばかり出撃させても火力不足で敵の攻撃・通過を許し、却って被害を増やしてしまう場合もあるため出撃のタイミングも重要。
付け加えるなら、ヒーラーが脱落してしまっては最早なすすべなく戦線が崩壊する可能性が非常に高い。
殆どのヒーラーは魔法耐性が無く、耐久力は低レベルなので、ヒーラー周りの配置には気を配り、しっかり守ってやるのが基本だ。
クラスチェンジ後の成長率変化
(好感度ボーナス除く)
備考
HP62〜63%
攻撃力132〜134%
防御力76〜79%
クラスチェンジ後はステータスの伸びが落ちる攻撃型ユニットと違い、ヒーラーの攻撃力=回復力は例外的に、クラスチェンジ後の方が成長率が高い
また回復能力の射程が延び、一人で広範囲をカバー出来るようになる。
これによって回復頻度が分散してしまう側面もあるが、実際多くのミッションやクエストで難易度を引き下げてくれる。
尚、ゲームの序盤でCC済のヒーラーが居ると居ないとでは、攻略可能・不可能なマップに大きく差が出るほど戦力が違ってくる。
最終的な能力では劣ってしまうものの、稼ぎ場を広げたり、イベント周回を考えた場合には30CCで早期に戦力を整えた方が良い場合もある。

覚醒すると攻撃速度は変わらないが、セイントの方が発生が少しだけ早くなる。
これによってプリーストとの同時運用により意図的な回復ずらしを行うことが可能になるが、
手持ちのヒーラーが全員覚醒してしまうとこのテクニックを使えなくなるので気を付けよう。
状態異常回復は状態異常の効果時間を半減させる。
範囲内であれば対象となり、直接回復を行わなくても効果は発生する。

第二覚醒のハイエロファントは全体的にステータス向上が大きく自身の状態異常を無効化、安定した高い回復力を提供できる。
対してオラクルはステータスはほとんど伸びないが、自身への攻撃を50%の確率で無効化でき、さらに射程増加でカバー範囲が広がる。

高い攻撃力を持つ敵との戦いでは、アーマー等主要ブロッカーの防御力とヒーラーの回復力が敵の火力を上回れるかどうかが重要な基準となる時がままある。
ヒーラーの実力は部隊全体の耐久力を大きく左右し、攻略限界に直結するので、特に序盤ではヒーラーの育成を急ぎ、好感度もどんどん上げていきたい。
また銀ヒーラーでは性能的に頼りなく、高難易度マップの攻略はままならない。「ゴールドラッシュ」イベントや交換所で強力なヒーラーの入手を積極的に狙って行きたい。
なお、銀ヒーラーの育成は無駄にはならない。ヒーラーが3人でも厳しい、と言うマップは決して少なくない。
例え銀でも、4人目のヒーラーを出せるかどうかが攻略を左右する局面もある。

余談

アップデート履歴

クラス詳細編集

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら
「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

開催中イベント


限定ミッション
緊急ミッション(試練型)
戦場の記憶〜追憶の章〜
7月27日〜8月10日 10:00


大討伐ミッション
群青の珊瑚礁?
7月27日〜8月24日 10:00

魔神降臨ミッション
魔神キメリエス降臨?
7月27日〜8月10日 10:00

復刻ミッション
(月・水・土:刻水晶1.5倍)
ぬらりひょんの娘
7月24日(月)00:00〜7月30日(日)23:59
戦場の記憶
7月31日(月)00:00〜8月6日(日)23:59

デイリー復刻

お知らせ

定期メンテナンス
木曜日 10:00 〜 15:00
詳細はコミュニティお知らせ
または公式Twitter

どなたでも編集できます