全日本プロレスでの復活から今日で実に三十五年、そしてその誕生から昨年末で実に五十五年を超えた、「日本最古のタイトル」。 この有数希有のタイトルの履歴と意義を、多くの方々と共に論じていきたいと思っております。

獲得回数


 1回 (初代)

防衛回数


 0回  (初代)

戴冠日&会場


 1955年11月16日 蔵前国技館 (初代)

 ※初代王者決定リーグ戦の決勝において、力道山&ハロルド坂田を破り、初代王者となる。(ちなみに他の三チームはダラ・シン&サイド・サイプシャー、東富士&遠藤幸吉、駿河海&豊登)

特徴


 ●リーグ戦終了後、チームは自然解散状態となり、防衛戦も無し。

 ●それでも四年半後の復活王座決定戦まで王者認定はされていたらしく、数年後の第一回ワールド大リーグ戦に参加した時点の、コングの肩書も「アジアタッグ王者」だった模様。

意義


 ●いまだ輝ける「アジアタッグ」の歴史に残る「初代王者」。

 ●ただしおそらくこの時点で「タイトル」としての継続はあまり考えられておらず、むしろ六日後に行われる、シングルのヘビー王座決定戦を盛り上げるための布石といった感じも強い。 (近いニュアンスを感じるのは、十八年後の新日本における猪木の北米タッグとNWF世界ヘビーへの連続挑戦か。)

 ●それでいて「タイトル」として最終的に生き延びたのはどちらだったというのも面白いというか。

このページへのコメント

今日、誕生六十周年!

Posted by JIN 2015年11月16日(月) 23:42:47
http://8246.teacup.com/freeres/bbs/t21/124


今日、初代王者決定戦!

Posted by JIN 2013年11月16日(土) 20:16:30
http://alljapan.1616bbs.com/bbs/alljapan_tree_pr_2...

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら
「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

メニューサンプル1

メニューサンプル2

開くメニュー

閉じるメニュー

  • アイテム
  • アイテム
  • アイテム
【メニュー編集】

メンバーのみ編集できます