全日本プロレスでの復活から今日で実に三十五年、そしてその誕生から昨年末で実に五十五年を超えた、「日本最古のタイトル」。 この有数希有のタイトルの履歴と意義を、多くの方々と共に論じていきたいと思っております。

獲得回数


  1回 (第五十一代)

防衛回数


  1回

戴冠日&会場


 1990年4月9日 岡山武道館  ※前王者ダグ・ファーナス ダニー・クロファットを破る。

特徴


 ●全日本における「完全生え抜き」同士による初王者。

 ●小橋初のタイトル獲得。

 ●三年前にPWF世界タッグを獲得していた、タイガーは「上位タイトル経験者のアジア獲得」の最初の例となる。

 ●獲得後に三沢がマスクを脱いだので、初防衛戦は「三沢」の名で行う。(ただしコスチュームはタイガーのまま)

意義


 ●悪く言えば「格下げ」とも取れる、タイガーの異例というより、どちらかといえば、当時から有望な新人だった小橋にタイトルを取らせるための配置といった感じが強い。(いわば前年における馬場との初挑戦からの延長と)

 ●むしろこのコンビが本格化するのは三年後で、「世界タッグ獲得」「最強タッグ三連覇」と、まさに全日本のタッグ戦線の完全制覇を達成することとなる。

 ●「間を置いての上位タッグ獲得」はアニマル浜口 マイティ井上以来だが、「認定団体内」では初。

このページへのコメント

今日は唯一の防衛戦!

Posted by JIN 2013年05月17日(金) 19:50:06


今日は奪取の日!

Posted by JIN 2013年04月09日(火) 12:32:45
http://8246.teacup.com/freeres/bbs

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら
「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

メニューサンプル1

メニューサンプル2

開くメニュー

閉じるメニュー

  • アイテム
  • アイテム
  • アイテム
【メニュー編集】

メンバーのみ編集できます