全日本プロレスでの復活から今日で実に三十五年、そしてその誕生から昨年末で実に五十五年を超えた、「日本最古のタイトル」。 この有数希有のタイトルの履歴と意義を、多くの方々と共に論じていきたいと思っております。

獲得回数


  1回 (第八十代)

防衛回数


  4回

戴冠日&会場


 2005年7月26日 国立代々木競技場第二体育館  ※前王者近藤修司 "brother"YASSHIを破る。

特徴


 ●史上最年少王者(中嶋)。

 ●「パートナー間の年令差」歴代最高(二十二才)。

 ●「パートナー間の年令差十歳以上」は吉村道明 坂口征二以来。

 ●初挑戦の相手は天龍源一郎 渕正信

 ●健介の負傷欠場によるグレート小鹿 大熊元司(三十三代)以来の「防衛期限切れ返上」。

 ●以後、鈴木みのる NOZAWA論外の戴冠まで、三年近く王座は空位となる。

意義


 ●当時、同時参戦していたNOAHのリングに初めてベルトを持ち込む。

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら
「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

メニューサンプル1

メニューサンプル2

開くメニュー

閉じるメニュー

  • アイテム
  • アイテム
  • アイテム
【メニュー編集】

メンバーのみ編集できます