全日本プロレスでの復活から今日で実に三十五年、そしてその誕生から昨年末で実に五十五年を超えた、「日本最古のタイトル」。 この有数希有のタイトルの履歴と意義を、多くの方々と共に論じていきたいと思っております。

獲得回数


  2回 (第八十四・八十六代)

防衛回数


  2回  (第八十四代)
  1回  (第八十六代)

戴冠日&会場


 2010年8月29日 両国国技館 (第八十四代)  ※前王者TARU ビッグ・ダディ・ブードゥーを破る。

 2011年6月19日 両国国技館 (第八十六代)  ※前王者関本大介 岡林裕二を破る。

特徴


 ●チーム名「es」。

 ●実にグレート小鹿 大熊元司以来の海外タイトル戦経験王者。

 ●「王座返り咲き」はダグ・ファーナス ダニー・クロファット以来。

 ●日本人チームとしては、更にサムソン冬木 川田利明(第四十九代)以来。

 ●「同じ相手に二度敗れる」もサムソン冬木 川田利明以来。

 ●「転落後の再挑戦」もサムソン冬木 川田利明以来。

 ●「両国国技館での奪取・転落」となった、史上初の王者。(しかも二回連続)

意義


 ●誰もが認める「将来のホープ」同士の組み合わせとしては、実に秋山準 大森隆男以来。

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら
「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

メニューサンプル1

メニューサンプル2

開くメニュー

閉じるメニュー

  • アイテム
  • アイテム
  • アイテム
【メニュー編集】

メンバーのみ編集できます