李正則りまさのり
  • 1974年生まれ


最初に逮捕され身柄を拘束された容疑と日時
2011年11月26日大江和子に対する死体遺棄容疑


起訴事実
大江和子に対する死体遺棄
DVDの窃盗
川村博之に対する(元妻の裕美と再婚するよう)強要
以上の罪で懲役2年6月の刑が確定
 
橋本次郎に対する死体遺棄殺人逮捕監禁
仲島茉莉子に対する殺人監禁
安藤みつゑに対する監禁
角田久芳に対する殺人
角田久芳の死亡保険金)詐欺
皆吉初代に対する傷害致死加害目的略取
※の罪で控訴審で無期懲役の判決が出ている(現在、上告中)
 
備考(逮捕、書類送検されながら不起訴処分になった事実など)
安藤みつゑに対する傷害致死容疑で逮捕されていたが不起訴
皆吉ノリに対する傷害致死容疑で書類送検されていたが不起訴


人物概要

  • 一部の報道によると韓国籍とのことである。
  • 早くに両親が離婚したものの、少年時代に母親が皆吉長男と再婚し、後に暴力を振るうことになる皆吉ノリや谷本家の人たちとも親交があった。
  • 少年時代は野球に励み、香川県内の高校に野球留学したが、2年に進級する前に補導され、また、野球部内の人間関係から高校2年の5月に、愛知県内の高校に転入している。
  • 転入先の高校でも野球部で練習に励み、やがてチーム内でのムードメーカー的な存在になり、3年生の大会ではクリーンアップを任されるほどになった。当時を知る監督や関係者によると、人懐っこく素直な性格だったといい、学校生活での素行に問題はなく生徒指導を受けるような行動はなかった、とのことである。
  • 高校卒業後、兵庫県に戻り就職するが、職を転々とし、その頃から入れ墨をしたり悪い連中と付き合うなど、様子に異変がみられるようになったそうだ。
  • 一部報道によると、過去に暴力団に所属していたこともあるらしい。
  • 裁判での供述によると、角田美代子とは義父の皆吉長男を介して2002年4月頃に知り合い、皆吉長男の借金問題について手伝うよう頻繁に呼び出されるようになったという。さらに、当時は妻と子供もいたが、美代子に暴力団のつながりを誇示されるなどして脅され、自宅に戻れなくなり、やむなく美代子らと同居せざるをえなくなったとのことである。
  • 2004年に角田美代子の叔父と養子縁組し、美代子とは義理のいとこ関係になっている。
  • 周囲には美代子の忠実な用心棒として、美代子に指示されるままに、激しく暴力を振るったりするなど粗暴な姿を見せていた。
  • 逮捕時は身長は165センチほどだが、130キロ近い巨漢だった。
  • 2012年9月に大江和子に対する死体遺棄罪などで、一旦は懲役2年6月の刑が確定し服役していたが、その服役中にマインドコントロールに関する本を熱心に読み、「これ俺のことやん」と周囲に語っていたという。
  • 美代子との関係は「いま考えると何でこうなったのかわからない」と語り、距離を置き始めているという。
  • 一連の事件で一審、控訴審で無期懲役の判決を受けたが、これを不服として上告している。
  • 他参考リンク 李正則被告人裁判


関連記事など

←関連記事 (都合により記事の中に関係のない内容も含まれている場合があります。)



Menu

トップページ

新たに追加したソース記事

事件時系列年表

家族乗っ取り事件経緯

(1998年2月〜2000年1月)
(2002年頃〜03年10月)
(2009年4月〜11年11月)

主な関係者

美代子ファミリー

 

橋本家

I家

皆吉家

谷本家

 

大江・川村家

その他

管理人のみ編集できます