我々は核の時代に入った(1952)


1949年8月29日にセミパラチンスク核実験場でソ連は初の核実験を行った。それは核戦争の可能性が現実のものとなったことを意味した。


We have entered the atomic age. It is an age for foreboding and fear. Our homes and great cities, which we thouhgt to be safe from attack, are now vulnerable.
我々は核の時代に入った。それは不吉と恐怖の時代だ。我々の家庭と偉大なる都市は、かつて攻撃を受けることのない安全な場所だと思っていたが、今や脆弱な場所である。
[ "We have entered the atomic age" (1952) quoted by Paula Wirth

米国人は核戦争の可能性に恐怖した。それを揶揄するように、「1949年にソ連が原爆を持っていることを発見した米国人は原爆のことばかり心配して、イエスの再臨の日を誰も気にしなくなった」と嘆くキリスト教なカントリーソング"Jesus Hits Like An Atom Bomb"が1950年にLowell Blanchard and the Valley Trioによって歌われた。


こうして、核は現実の危機であるとともに、カルチャーとなった。







コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます