カルチャー>アート

アート



核実験や核戦争は芸術のテーマにもなっている。

軍事絵画

海軍が公式に絵画として核実験の記録をとったこともある。
冷戦時代にはソ連の軍事兵器のイラストなども。
美術

核実験と核カルチャーをテーマにしたポップな絵画...
核実験を観光とエンターテイメントとする人々を描く...
核実験の高速度撮影の映像を絵画にした...
背景に英国の核実験を描いた絵画を置き、ジオラマ風に古風な英国の風景をつくりだした...
Collier's の1950年8月5日号に、John Learによるマンハッタンへの原爆攻撃の予測記事が掲載された。この記事は、米国を代表するSFや科学をテーマとした画家・イラストレーターChesley Bonestell(1888-1986)による、マンハッタンへの原爆攻撃の想像図を使っている。
冷戦終結後の20世紀末から21世紀初頭でも、核の炎はアートのテーマとなっている。現代アートから幾つかを...
画家で映画も制作しているRobert Long(1953-)は、2004年にニューヨークのMetro Picturesで"The Sickness of Reason"という個展を開いた。これには核実験を描いた精密な木炭画が7枚あった。
中国の伝統的画家で、コレクターとしても知られる呉湖帆(1894-1968)は、中国の初の核実験を題材とした水墨画を描いている、

1996年に蔡國強が米国の都市や核実験場などさまざまな場所で、近景の煙をキノコ雲のように見せるアート
"Protect and Survive"のパロディなどでも知られるPeter Kennardの反戦絵画:
映像作品

Chris Markerは、1962年にフランスでSF短編映画を制作した。ほぼ全編がスチルフォトによって構成されており、核戦争後のタイムトラベル実験のストーリーを語っている。

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人のみ編集できます