カルチャー>パフォーマンス

アトミック・ダンサー(1953)


これはwikimediaによれば、Operation Upshot-KnotholeのDixie (1953/04/06, 11kt)を背景に撮影された写真で、米国政府National Nuclear Security Administrationサイトのログインが必要なところに置かれている。


これは、原子爆弾の爆弾をダンスで表現したアートらしい...


High (6,000 feet) over the yawning canyons of the West, a young girl cavorted recently in what could be the Dance of the Century. Her name: Sally McCloskey, chorus girl from Las Vegas' plush Sands Hotel.
The place: the gravely summit of Angel's Peak.
Her task: to interpret the greatest drama of our time in dance rhythms. For high over her sinuous, leaping form rose a symbol no eye could miss: the pale, rising cloud of an atomic bomb just exploded 40 miles away.

西部の大きく開いた峡谷の上空高度1800メートル、若い女性が最近、"今世紀のダンス"となるかもしれないものを踊った。彼女の名前はサリー・マクロスキーで、ラスベガスのサンズ・ホテルのコールガールだ。
場所: エンジェルズピークの頂上
彼女のタスク: 我々の時代にの偉大なドラマをダンスリズムで解釈すること。しなやかなに跳躍する姿から、、見逃せない徴が立ち昇る。60km彼方で爆発した原爆の雲が立ち昇る、

1. 'Apprehension' starts dance,
2. which illustrates 'impact',
3. goes on to symbol of 'awe',
4. Climax of dance (which took place at dawn in temperature little above freezing) in brisk pose Sally calls "Survival."

1. 不安の始まりのダンス
2. 衝撃を表現する
3. 畏敬の象徴が進む
4. ダンスのクライマックス(零度より少し高い気温の夜明け)で、サリーは「サバイバル」と呼ぶ、生き生きしたポーズ。

[ "Angel's Dance" on The Nuclear Secrecy Blog (2012/05/18) ]






コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人のみ編集できます