民間防衛>英国動画・音声

英国動画・音声

戦時放送

実際に核攻撃を探知したり、核攻撃が行われた場合の、戦時放送の少なくとも初回について、政府は予定原稿を定め、BBCはそれを録音していた。これは機密解除され、現在は公開されている。 これを日本語訳すると...
実際の戦時放送ではないが、軍事机上演習で核戦争が勃発してしまったときの小道具として、女王演説原稿が用意されていた。英国風のジョークかもしれないが...
戦争の危機にあるときの放送

英国は戦争の危機が迫ったときに、国民に対処法を広報する動画を用意していた。

1960年代〜1970年代前半は、ブックレット"Civil Defence Handbook No. 10, entitled "Advising the Householder on Protection against Nuclear Attack"の内容を概説したCivil Defence Information Bulletin(7本シリーズ、モノクロ)が用意された。特に条件は明示されていないが、核瀬能の危機が迫ったときに、全チャンネルで放送されることになっていた。
1970年代後半〜1980年代では、ブックレットProtect and Surviveの内容を概説したテレビ及びラジオシリーズが用意され、核攻撃が72時間以内に起きる場合に、全チャンネルで放送されることになっていた。
平時の放送・映画

特に非常時用の動画ではないが、民間防衛などについての紹介する動画も作られていた。

核戦争時には核爆発の位置・規模特定や、警報発令を担当する民間防衛組織UKWMOの活動を紹介する動画:
UKWMO / ROCという警報機構とは別に、民間防衛隊の動画も作られている。
水爆の解説:
その他







コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人のみ編集できます