社会>関連ネタ

関連ネタ


米ソ(米露)核戦争の危機は、冷戦終結後の1995年にもあった。このとき世界の運命は一人の酔っ払いにゆだねられていた。
米空軍は複数回、核兵器に関連する事故を起こしている。1961年に米国内に落下させてしまった事故では、"Unarmed"状態であったため、家一軒に被害が及んだだけで済んだ。
使われなかった予定原稿

1962年のキューバ危機の時、米空軍はキューバを空爆しなかった。しかし、空爆を実施した場合のケネディ大統領の演説原稿は用意されていた。
1969年、米国は有人月探査に成功した。しかし、着陸成功後に、帰還失敗となる可能性は当然想定すべき事態。その際の、ニクソン大統領の演説原稿は用意されていた。
議会審議

1982年、米国郵政公社は核戦争後に郵便配達を維持する計画を策定・公表・実施した。しかし、連邦議会でも、笑いものになった。
2011年7月まで、米空軍の核兵器使用の倫理研修には、キリスト教に基づく資料が使われていた。この資料は宣誓書などとセットになっていて、米国憲法が修正第1条が定める政教分離原則に反している。このため、ただちに、空軍は資料の使用を取りやめた、
ただし、この研修資料では、キーを回しボタンを押すことで、数万・数十万が死ぬことをわかった上で、決断することを求めている。そのことについて、聖書は引用されていない。
Hiroshima revisionism

歴史学者Michael Kortによれば、「1945年8月の日本の降伏に原爆は不要」とか「トルーマンは軍事的理由ではなく、ソ連に対する外交手段として原爆を使用した」といった、まったく間違っている広島歴史修正主義者の主張が、1960年代半ばから1970年代初頭に学界内にあった。
歴史学者Robert Maddoxによれば、広島歴史修正主義の主唱者Gar AlperovitzはQuote miningを使っている。
その他

「核戦争で、5〜6日後に、パリでコーヒーを楽しめると考えてはならない」は、1986年6月11日にブタペストで開かれた東側首脳会議における、ポーランドのヤルゼルスキ将軍の発言である

モルモン教徒の街、ユタ州セントジョージは、1950年代に「フォールアウトシティ」と呼ばれた。オペレーションUpshot-KnotholeのDixieとHarryとSimonの放射性降下物が降ったことによる。このとき、急性放射線障害を発症する人々が続出したが、それが問題化したのは1970年代に入ってからだった。





コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人のみ編集できます