カルチャー>その他

1812年のモスクワ核爆発


ナポレオンがロシアに侵攻した1812年ロシア戦役において、ナオレオンのモスクワ入城後に起きた、モスクワ火災(9/14-18)。これの被害は、И.М.Катаев: "Пожар Москвы" (1911)によれば、家屋9151(木造6584, レンガ造2567)のうち6496、商店や倉庫8521、教会329のうち122が完全焼失であった。



この1812年のモスクワ火災を核爆発によるものだという怪しい主張がロシアにある。たとえば、esoreiter.ru(RedMercuriの英訳)などは、「1812年のモスクワの建物の大半は石造であり、3/4が灰燼に帰すことなどない」「火災後に、フランスの将兵の髪が抜けたり、人や馬が病気になったり弱ったしたという記述がある」という理由を挙げて、モスクワ火災は核爆発かもしれないと言う。(実際は木造が多かったようだが)



madenergy.ruは「当時の降雨及び湿度を考えれば、モスクワの8割が消失したとは考えにくい」ことを核爆発の可能性を示唆するものとして挙げている。同じような主張いくつか見つかる。


[AF Smirnov: "Fire of Moscow." 1810s]

なお、いずれも、誰が核爆発を起こしたのか、どのように核兵器が開発されたのかについては、特に意見・アイデアはない。


異星人による攻撃

いずれも、画家不明の当時描かれたと思われるモスクワ大火災の絵画。いずれも、画面に斜めの黒色キズがある。上部にはオレンジのキズがある。



これを見て、「上空からの攻撃によって火災が起きた」「異星人の攻撃だ」という者もいる


超文明あるいは時間を遡行する核爆発のエネルギー



Есть две версии, одна фантастичнее другой. По первой из них, удар по французам был нанесен криптоцивилизацией - «великими древними», населяющими подземную Русь. Возможно, именно по этой причине Кутузов оставил Москву, хотя под Бородином русская армия практически выиграла сражение. Выходит, что руководство России знало о готовящемся ядерном ударе, то есть пожертвовало строениями Москвы ради спасения родины. Действительно, как повел бы себя Наполеон, если бы не было этого «пожара», не известно…

2つのバージョンがあるが、ひとつめの方がよりファンタスティックだ。ひとつめバージョンでは、フランス軍に対するダメージは、ロシアの地下に存在する「偉大なる古代」と称する謎の文明によるものだという。ボロジノで実質的にはロシア軍は勝利したにもかかわらず、クトゥーゾフ将軍がモスクワを放棄したのが、そう考える理由のひとつである。ロシア首脳部は核攻撃が行われること、すなわち祖国を守るためにモスクワの建物を犠牲にすることを知っていた。実際、この大火災がなければ、ナポレオンがどう動いていたかわからない。

По второй версии, до Москвы в то время донеслись отголоски будущего ядерного взрыва. Есть такое мнение, что часть энергии от него перемещается во времени. Тогда получается, что Москву еще ждет мощнейшая ядерная атака, которая зацепит хвостом и наполеоновскую армию 1812 года, тем самым сорвав победу Бонапарта над Россией. Но тут что-то много нестыковок, например, непонятным остается решение Кутузова оставить Москву, словно он или сам обладал даром предвидения, или опирался на предупреждение какого-то ясновидящего. И то, и другое маловероятно. Скажем так, эта версия более мистическая и потому более неправдоподобная. Хотя в этой жизни возможно и не такое (см. также загадки в истории), и атомная бомба вполне может прилететь даже из параллельного мира…

ふたつめのバージョンでは、未来の核爆発の残響が過去にとどろいたという。その核爆発のエネルギーの一部が時間を移動したという意見がある。すなわち、将来、モスクワに強力な核攻撃が行われ、それが1812年のナポレオン軍を捉え、ボナパルトのロシアに対する勝利を妨げた。しかし、これには多くの矛盾がある。たとえば、クトゥーゾフ将軍が予知能力を持っているか、透視能力者の警告を信頼したかのごとく、モスクワを離れたことは理解しがたい。いずれもありそうにない。このバージョンの方が超自然的であり、したがって、より尤もらしくない。この世界では不可能かもしれないが、原爆は平行世界から来たかもしれない。

[ "Странный пожар в Москве 1812 года, очень похожий на ядерную атаку" (2016/04/10) ]






コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます