カルチャー>新聞・雑誌>Newsweek

Collier'sが伝えるリアルダック&カバー(1952)

1952年6月21号でCollier'sは、ネバダ核実験場に最も近い学校Indian Springs Schoolを取り上げている。


Several months ago, the people of the nation learned with some interest that for the first time combat troops were to witness an atomic bomb test from close up. But to the youngsters at Indian Springs Public School near Las Vegas, Nevada, such an experiment was old-hat. They already had seen, from less than 25 miles away, more atomic bomb blasts than anyone in the world except for the handful of nuclear scientists and technicians who set them off.

数ヶ月前、米国民は、戦闘部隊が間近から原爆時実験を初めて目撃したことを、関心を持って知った。しかし、ネバダ州ラスベガス近郊のインディアンスプリングス公立学校の生たちには、このような実験は見慣れたものだった。彼らは40kmも離れていない場所で核爆発を目撃した。それは核科学者や技術者を除いて世界の誰よりも近い距離だ。

Starting last October, when the influx of atomic, military and construction personnel brought more than 200 families into the area, the Indian Springs school had become an unplanned experiment in the indoctrination of young children to atomic bombs.

昨年10月から、原子力、軍隊、建設関係者の流入によって200人以上の家族がこの地域に引っ越してきたときから、インディアンスプリングス学校は、計画外の生徒への原爆教育の実験場とった。

"The children at this school, by their sheer proximity to the tests, are getting the same type of psychological indoctrination .ve are giving some of our combat troops," an Atomic Energy Commission spokesman commented recently. "If all the school children in the nation could witness an A-bomb blast, it would do much to destroy the fear and uncertainty which now exist."

原子力委員会の広報担当者は、「この学校の生徒たちは、実験場との距離が近いため、我々が戦闘部隊に与えているのと同じ種類の心理学的教訓が与えられている。全米の学校の生徒たちが原爆を目撃することができれば、現在存在する不安と不確実性の解消には大いに役立つだろう」と語った。

Eighth-grader Dick Bower, thirteen, says he was once told at an atomic bomb drill in a southern California school that there was a possibility the whole earth could be blown up if enough such bombs were exploded. "I was really scared when we moved up here," Dick says. "but I have seen a couple of bombs go off now and its just ordinary."

第8学年のディック・ボワー(13歳)は、カリフォルニア州南部の学校での原爆演習で、十分な量の爆弾が爆発した場合に全地球が爆破される可能性があると言われたことがある。「ここに引っ越してきたとき、本当に怖かった。でも、2回の爆発をも見て、いまでは普通の出来事に見える」とディックは言う。

[quoted by glasstone ]
Indian Springs Schoolは、当時、リアルにダック&カバーをやった唯一の学校ということになる。雑誌掲載時期からすると、現地撮影はOperation Tumbler Snapper (1952/4/1 - 6/5)の頃と思われる。

Indian Springs Schoolは現在もあり、確かにネバダ核実験から遠くない。核実験ツアーの人々がいたラスベガスよりも、はるかにフレンチマン平原やユッカ平原に近い。

[ google maps ]


そして、Collier'sはそのIndian Spring Schoolの生徒たちのスケッチを掲載している。







コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます