にゃんこ大戦争の攻略wiki

ネコシュバリエネコベルセルクネコパラディン
?
呪われた剣によって通常攻撃は強くはないが
たまにクリティカルを出すことができる
メタルキラーにゃんこ
呪われた剣によって我を忘れた
メタルキラーにゃんこ
たまにクリティカル攻撃を出すことができる
剣の呪縛から解放され真の力を取り戻したにゃんこ
聖なる槍でメタルな敵を討ち滅ぼす
たまにクリティカル攻撃を出すことができる
開放条件ガチャ:「超激ダイナマイツ」
特殊能力20%の確率でクリティカル(第一形態)
40%の確率でクリティカル(第二形態)
50%の確率でクリティカル(第三形態)
ふっとばし無効(第三形態)
備考
攻撃力は高くはないが、やや高めの確率でクリティカル攻撃を出すことができる。
(第一形態は20%、第二形態はは40%でかつては全キャラ中トップであったが、夏色ねねこ(100%)の登場により首位の座を奪われた) 
第一形態はは単体攻撃だが進化すると範囲攻撃になる。
特性の都合上メタルの敵が主なステージでは非常に活躍できる。しかし、その反面それ以外のステージではほとんどお世話にならない。
Lv30になると超メタルカバちゃんを射程外からクリティカルで一発で落とせるようになる。
最近は強力なクリティカル持ちのキャラが多数出てきているがシュバリエの強みは再生産が早くクリティカル率が高め、なおかつ範囲攻撃なのが特徴であるため、
必ずしも後続のキャラクターに遅れを取っているとは限らない。

ver.5.3で第三形態を獲得した。移動速度や攻撃頻度は据え置きで立ち姿や攻撃モーションは大きく変わった。
さらに、体力と攻撃力がシュバリエ時から3割ほど増え、クリティカル率も50%に。打たれ強さを上げつつ、少ない手数でメタル敵を撃破しやすくなった。
射程は50増えて200台へ。元から射程負けしているメタルな敵はいなかったが、より安全な場所から攻撃できるようになる。
相変わらず対メタル専用ユニットであるが、それらへの安定感は一層増した進化となった。

ちなみに、ファミ通のマスコットキャラクターのネッキーがモデルになっている。

ネコシュバリエネコベルセルク
体力攻撃力対象射程攻速移速生産KB数体力攻撃力対象射程攻速移速生産KB数
221003400単体1955.00秒748.2秒3306005100範囲1955.00秒748.2秒3
ネコパラディン
体力攻撃力対象射程攻速移速生産KB数
391006800範囲2455.00秒748.2秒3
出撃コスト
1章2章3章
1500円2250円3000円
経験値表
レベル12345
経験値980014800218004250064300
レベル678910
経験値9320011800019740051350015600
レベル1112131415
経験値19600296004360085000128600
レベル1617181920
経験値186400236000394800102700023400
レベル2122232425
経験値294004440065400127500192900
レベル2627282930
経験値2796003540005922001540500
第1段階合計第2段階合計Lv20〜30
107530021662003249300
総計
6490800

このページへのコメント

パラディンかっこよすぎ。せめて移動もう少し欲しかった

Posted by れ 2017年08月01日(火) 14:19:49

2倍で合ってまっせ

Posted by ばらもん! 2017年05月26日(金) 10:49:17

クリティカル時のダメージ倍率っていくらだったけ?1.5倍だった?いや2倍だったけ?いくらだったけ...(ど忘れのように語っているが根っから知らない)

Posted by . 2017年05月26日(金) 09:35:46

むしろ今でもメタルにはぶっ飛んだ性能なんだがな

Posted by   2017年05月13日(土) 18:00:26

↓物事を一面でしか考えない奴ってほんっとに、滑稽。
こいつのステータス、攻撃頻度で100%なんてしたらメタル属性は生まれてきた意味がなくなる。

Posted by  2017年05月07日(日) 14:18:35

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら
「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

スマホ版 / メニュー / 避難所

キャラクター集

味方キャラ

EX(キャンペーン)

レア(イベントガチャ)

レア(イベントドロップ)

激レア(イベント)

超激レア(イベント)

未実装キャラクター


敵キャラ

限定敵キャラ

コラボ敵キャラ


神さま
働きネコ

フリーエリア




どなたでも編集できます