にゃんこ大戦争の非公式wiki

あらすじ
『にゃんこ』…
それは謎に包まれた存在。
彼らの目的はただひとつ『日本侵略』
これは世に語られることのなかったにゃんこ達による戦争の記録!
概要
2015年9月29日からGANMAで連載が始まった伊集院一雄の漫画。隔週火曜日配信。
タイトル通り日本編がベースになっており、主人公に「ノラ」というオリジナルのにゃんこを起用し本編では大して苦戦しないような序盤のステージですらアツい展開が繰り広げられる。
また、本作のキーワード能力は波動となっている。
登場人物

にゃんこ軍団

ノラ
本作の主人公。本作のキーワードである「模様」が体にあり、自分では制御できないが波動を使うことが出来る。
また、頭の後ろにも奇妙な模様が存在する。
本家にゃんこ大戦争にて漫画版にゃんことのコラボが決まった事によりキャラクターとして実装される予定だが、その性能は漫画版のノラと比べてかなりの違いがある。
タンク
ノラの友達でタンクネコの一人だが、背中に風呂敷を背負っている。原作同様前線で壁役として活躍している。そのためほぼ毎回死んでは再生産されて復活する。福岡県侵略後に死亡率が一番高いことを理由にタンクネコのリーダーとなり、三十四話にてネコカベへと進化する。(このときウサ銀に『生き物ってあんな変化するっけ?』と突っ込まれている)
トリ
ノラの友達でネコノトリの一人だが、頭に帽子をかぶっている。戦時には伝令役として活躍する

ネコの箱詰め
調査班に所属。にゃんこ軍団で1・2の素早さを持ち、その速さを利用して作戦を立てるために敵のデータを集める。佐賀県侵略時にノラたちが付いて来たせいで敵に見つかって捕虜になってしまうが、ノラたちの作戦と本体の到着によって城は簡単に落とされ、離れた場所でネコの箱詰めらを尋問していたカバちゃんもネコファイターによって倒された。
バトルネコ
四国地方侵略から参戦。ネコやタンクネコと異なり一体しかいない。ゲーム同様赤い敵にめっぽう強く、ブタヤロウにとどめを刺した。しかし、ゴマさまにはかなわず攻撃を受け止められてふっ飛ばされ、そのまま気絶する。
ネコざむらい
前衛班の班長。部下のノラにはいつも苦労させられている。なお、進化形のネコパティシエもコックとして登場する。(彼もかつてはネコざむらいとして働いていたようで、三十話にてそのことを知ったノラに『な…なんで最終的に菓子道に…?』と、突っ込まれている。)
ネコリーナ
にゃんこ軍団に所属する自由気ままな魔法使い。植物関連の魔法が得意で、人間の姿とネコの姿と、二種類の姿を使い分ける。普段は基地内の植物園を管理しねこ樹木などを育てている。
ネコファイター
前衛班を指揮する。誇り高き戦士の心を持ち、いつでも燃えている。そのため、作戦会議では冷静なネコアーチャとしばしば対立する。
ネコアーチャー
後衛班を指揮しているが、ネコファイターなどが昇天した時に前衛班の指揮を代行することがある。大概はどこかに隠れるかネコノトリの上に乗っており、作戦会議ではしばしばネコファイターと対立する。
ネコ参謀
にゃんこ軍団の参謀。だが、あまり有能ではなく、
参謀と言いながら作戦はほとんどネコマンダーが決めた作戦を実行する。
ネコリーナから人のまねばかりするから人望がないことを指摘され、落ち込んだこともある。
しかし、唯一ネコマンダーの言ったことがわかる人(猫)物である。
ネコマンダー
にゃんこ軍団の総司令官。かなりのあがり症なので「ニャ」としか喋らない。(ネコ参謀が翻訳しているが、いないときは紙に書いて伝えている)
本人は一度も死んだことがない。
完璧な指揮能力を持っておりどんなピンチに陥っても、必ず逆転するように指揮している。
実は、メンタル力が弱く、ネコリーナを戦いに誘っても、
悪口の連発によってその日に泣いた。こいつ本当に司令官か?
ちなみにもねこのファンである。
かさじぞう
にゃんこ城を訪問していた謎のネコ、オタネコによるとうまくいけば協力を得られるらしいが…?。
ドラムメニャー
九州地方の支部長として指揮を担当している。
『馬刺し』を堪能する予定だったが豚戦わんこが侵攻してきた為に戦線に立つ事を余儀なくされてしまった。
キモネコ(九州支部隊)
山口県侵略後から登場。一人称は「ニャン」。戦うのが苦手な心優しい性格。
にゃんこ軍入団前日、ネコウェイから入団祝いとして『「赤い敵にめっぽう強くなる」スタンプ(時間制限付き)』入りのポーチを貰い、それを常に右前足に身に付けている。
観察力が高く、討伐戦ではゼリーの弱点を見抜いたのはこのキモネコのみ。
ウサ銀達の作戦が失敗してゼリーに捕まってピンチに陥るも、必死の抵抗でゼリーの討伐に大きく貢献した。
鬼にゃんま
前衛班の部隊長。
ネコ阿波踊り
四国地方の支部長。原作では安価で生産できる壁だった癖に
支部長には髪の毛が生えている。ウサ銀のリーダーに恋心を抱いている模様。
ネコウェイ
無所属のIT系社長。
めっぽう強い能力を能力を持たないキャラに付属させるアイテムを開発している。

他にもネコトカゲネコフィッシュなどもいるが、現在は資金が足りないため生産をすることが出来ないようである。

敵勢力

武士わんこ
各軍の幹部クラス。たいていは特に見せ場もなく倒されるだけだが、香川県の武士わんこは武士道の精神を持ち、戦意を喪失したにゃんこ軍を殺すよう命令したゴマさまに反対したり、武器の旗を失ったネコざむらいに自分の旗を渡して一騎打ちを挑むなどをした。
カバちゃん
佐賀県の主で九州地方を支配するカバ一族の末端。調査に来ていたネコの箱詰めとタンクをとらえることに成功するが、そちらに気を取られている間に城を落とされ、自身もネコファイターに倒された。
武将わんこ
鹿児島県の主。普通のわんことは異なり二足歩行をする。ネコファイターなどの多数のを相手に対し優位に戦いを進めるが、最後はネコファイターにとどめを刺そうとしたところをネコアーチャーに妨害され、そのままネコファイターの一撃を受けて倒されたが昇天はしておらず、九州制圧後は九州の各県にもねこのアルバム(5800円を各県に十万枚)売るように言われた。
その後は山口県境の戦いにて単騎で突撃。多数のメェメェを蹴散らしたりするなど、ネコ参謀の指示を聞かずに自由に行動しつつも加勢している。
モスカバちゃん
福岡県の主にして九州地方の支配者。自分の欲を満たすために行動する。「模様」を持ち自分の周辺に効果を及ぼす強力な波動を用いる。波動を使ってにゃんこ軍の主なキャラを倒して敗北寸前に追い込むが、ノラが一時的に波動の力に目覚めたことに気を取られ、最終的にエネルギーチャージが完了したにゃんこ砲が直撃して息絶えた。
ブタヤロウ
高知県の主。なぜか部下の体に赤ペンキを塗らせる。川を挟んでにゃんこ軍を迎え撃つが、戦の途中になぜか川が増水して流されかけ、水が引いたことで気を抜いていたためにバトルネコにとどめを刺された。
ちなみに、母はかつて四国地方の支配者だったブタマミー。母が失踪した後にゴマさまなどに追い出されて高知県に来ていたそうだ。
ウサ銀
複数対存在し、首に布を巻いたものがリーダーにして愛媛県の主。機敏な動きでにゃんこ軍を紋弄するが、リーダーが倒されると戦意を喪失しそのうち一匹が捕虜となる。(ちなみにその時本隊はネコアーチャー以外の主なキャラがいなかったため、ネコマンダーとネコ参謀をタンクネコで覆って防いでいた。)捕虜となったウサ銀は香川県での戦の時に自分の意見を述べ、ネコ参謀に突っ込まれていた。
赤毛のにょろ
徳島県の主。にゃんこ城が破壊された隙をついて攻撃するが、愛媛県の生産ラインを利用して生産されたわんこ型のにゃんこによってかく乱され、焦って隠れていた場所から出てきたところに大量のにょろが集まって来たため、居場所がバレバレになった所をネコアーチャーに倒された。
ゴマさま
香川県の主にして四国地方の支配をもくろむ。マッドネスという者と行動しており、高知県での戦の時の突然の川の増水、愛媛県制圧後のにゃんこ城の破壊はマッドネスにやらせたもの。戦では生産機能が修復しているかを試すべく鶴翼の陣*1を用い、それによって生産ラインの直っていないにゃんこ軍が繰り出した主力キャラ(ネコファイター・バトルネコ・ネコざむらい)を次々と倒し、にゃんこ軍の戦意を喪失させるが、波動に覚醒したノラの攻撃を受け大ダメージを負う。
戦いをわんこに任せて逃走をはかるが、ネコマンダーが邪魔したことにより油断している隙にネコファイターの一撃を喰らうが回避。
そのまま噛み砕こうとしたが、横からきたバトルネコによる攻撃を受ける。これも耐えきるが、そこでにゃんこ軍の強さを認め、日本制服をにゃんこ軍に託して昇天した。。
マッドネス
ゴマさまに手を貸す「模様」を持つ波動使い。四国侵略時に裏で暗躍し、にゃんこ軍を妨害する。三十三話にて正体を現してノラを自分たちの仲間に勧誘する。
ゴマさまには「マッドネス」という名で呼ばれていたが、自称は「リッスントゥマッドネス」。断じて厨二病ではない
その正体はリッスントゥミーであり、どんぐり型の物体を投げてそこから直線上に強力な波動を繰り出す。こんなのが実装されてネコマシンの上を通り越す波動を使ってきたら目も当てられない。(彼はすでに二体の波動使いと会っているそうで背景にその二体が描かれたが、そのうち一体はナマルケモルルのような敵で、もう一体は丸っこいこと以外はよく分からなかった。)
{福岡県のボスやノラとは違い「力」を自らの強化に使わず、体内に蓄えておいた木の実に多くの力を回す事で「匂い」を出さずに波動の汎用性を高めていた、尾けてきたノラに対して、敢えて正体を表してを仲間に誘っていたがそれらは不利な接近戦に持ち込まれない為の策であった。模様を持つ者同士の激闘の末、ノラを波動・点牙によってを使って仕留めた…訳ではなく、寸前の所でネコリーナが救出。
「力」を吸収する性質のあるネコ蔓芽を使い、「匂い」を消すというノラの策により接近戦に持ち込まれたが直前にノラの波動効果が切れたため逃走。
にゃんこ城を破壊しようとしたがネコ樹木が攻撃を受け止め、さらにノラの攻撃を受け落下。
最終的に全力の攻撃によって倒された。
お前が悪いが口癖。
コアラッキョ
とある動物人物から「3枚の写真」を渡されており、その写真に書いてある者の殺害を依頼されている。写真の内一枚にはゴマさまと思わしき姿が写っている。
にゃんこ軍団に侵略された後とも知らず、海から四国地方に上陸するつもりが流されている所をねこ海賊に発見された。
しかし、見事返り討ちにし(ねこ海賊はねこ人魚により救出された。)そのまま上陸するがゼリーによってほとんど出番がなくなった。
それでも度々、戦闘に加入しノラを圧倒的な力で抑えつけるが、ゼリーが負け、マッドネスが死んだことを知ると、
おとなしく敗北を認めた。ゼリーという名前をつけたのもコアラッキョである。
なぜか、ノラの模様をネコムートと言っているが...?
ゼリー
何者かの指令によりコアラッキョと共に海上を移動してきた黒い生物。
戦闘能力があるようでネコ海賊の錨による攻撃を片手で受け止めている。
ニャンダムの下にいる敵に酷似しておりニャンダムと同じ赤い敵である。
コアラッキョに変わってにゃんこ軍団と戦う。自身を分裂させたり巨大な怪物を作ったりして圧倒したが、
パワーアップしたキモネコに体を真っ二つにされる。しかし体を分離させやられる前に脱出。
トドメをさそうとするが、ねこウェイに貰ったアイテムをキモネコが
自分の操っていた怪物に投げつけたことにより自らの弱点を付与されたことにより爆散し形勢逆転。敗北を認めるが、
最後のあがきとして巨体となり進軍する。だが、無理をしたため結局にゃんこ城にたどり着く前に力尽きた。
最後になぜかニャンダム様とつぶやいていることからやはり下にいた敵だったということが確定した。
ゼリーという名前はコアラッキョに命名されており、本人も結構気に入っている。
豚戦わんこ
多数のメェメェを従え、福岡県から山口県に向かって侵攻中の所を勝手に出撃してきた武将わんこと対峙。
結局、普通に攻撃され倒された。自分はブタヤロウとは違うと思い込んでいる。
ジャッキー・ペン
広島県の主。岩をも砕く強靭な石頭をもつ。
例のヤツによる的確な奇襲指示を出す戦略家な一面もある。
師匠は故人(鳥?)の元・鳥取県の主、ペ仙人(再生産できることに気づいていない。)
彼はゴリさんによって倒されたらしく、いつか仇を取る事を誓っている。
ゴリさん
鳥取県の主。ぶんぶん先生のようなグローブをつけている。
他の県出身であるらしく、力で鳥取県の主になり上がったようだ。
豚戦わんこが破れたことを報告されても動じることなくむしろにゃんこ軍との戦いを心待にするほどの戦闘凶。
先生を探していることからぶんぶん先生とは知り合いのようである。

その他

神様
ゲームにも登場する神様で、ゲームと同じくねこ缶を献上して召喚する。にゃんこ軍が長崎県から侵攻したのは、ネコヴァルキリーにカステラを渡すためだったそうであるが、結局フラれて福岡県の戦いの前にネコ陰陽師がお願いした際にはショックから立ち直っておらず力を貸さなかった。
クマ先生
かつてノラはクマ先生のもとで暮らしていたらしい。今のところはノラの回想に登場する程度である。
ネコムート
現在はコアラッキョの台詞でのみの登場。
模様の起源とされる存在らしい。
ノラの力はこれのものと言われているが・・・・?
物語の用語
にゃんこ軍団
突如として日本に現れた謎の軍団。日本侵略を目的としている。

各県を収める力の強い者たちのこと。その地方で一番強い主がその地方をまとめていることが多い。
模様
一部の者たちに見られる特別な印。これを持つものは波動を使うことが出来る。彼ら同士は「同じ匂い」がするらしいが…
九州連合
にゃんこ軍が長崎県と佐賀県を制圧したことによって設立が検討され、鹿児島県が侵略されたことにより成立した連合。実質的に福岡県に各県が従う形となっている。
四国赤軍
もちろん共産主義を信望する者たちの集まりではなく、各県の主が赤い敵であることからついた名称。かつてはブタマミーが支配していたが突然失踪し、その後釜にゴマさまが座ろうと目論んでいる。
波動
本作のキーワード能力。「模様」を持つものが使う。ゲーム時よりさらに強化されており、波動使いがいるかいないかで戦況が大きく左右される。
めっぽう強い
ゲームでも登場する能力のひとつ。
本作では特定の色にたいして抗体を持つ能力と説明されている。
攻撃時に抗体を相手に注入し抗原(つまり相手の色)を分解することで効果的なダメージを与える。
能力を持たないキャラに能力を一時的に付属させるアイテムも登場している。

このページへのコメント

この漫画は図表が詳しくてわくわくする。本当はもう少し投稿頻度あげて欲しいけど、これからも頑張って欲しい。

Posted by 頑張って下さい 2017年12月05日(火) 21:47:04

↓×3 個人的には本編ではサラッとしている所をオリジナルの熱い展開にさせてる点は岩本版ロックマンxも思い起こさせる

Posted by  2017年10月22日(日) 09:00:56

コラボするみたいで、ノラの画像が出回ってる

Posted by   2017年07月29日(土) 20:28:59

↓どっちかというとポケモンspecialっぽいような気がする

Posted by   2017年07月19日(水) 07:31:11

↓ほんとそれ
スレでは全く話題にならないのが不思議なくらいの良作
各原作の要素を違和感無く取り入れて、かつオリジナル要素も楽しめる出来になってる
原作に沿ったオリジナル要素がある漫画というとドラクエでいうダイの大冒険ポジションだと勝手に思ってる

Posted by  2017年07月02日(日) 09:43:42

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

利用規約をご確認のうえご記入下さい

アクセスカウンター




Menu

スマホ版 / メニュー

ダウンロード

キャラクター集

味方キャラクター

EX(イベント等)

レア(イベントガチャ)

レア(イベントドロップ)

激レア(イベント)

超激レアキャラクター

超激レア(イベント)

未実装キャラクター

海外版限定キャラ

PC版限定キャラ


敵キャラクター

限定敵キャラ

コラボ敵キャラ

公式Twitter



どなたでも編集できます