人生の晴れ舞台である結婚式に関するルールやマナーなど、みなさんが実際に関わるにあたり、気になるであろう情報を掲載していきます。あわせて、出席者の足りない時の代理人の手配などまで詳細に解説。

ご祝儀の出し方


前項ではご祝儀について解説してきたので、
ここでは、同じ流れで

ご祝儀の出し方

について解説しておきます。

基本的にそこまで難しいルールもありませんが、
(むしろご祝儀袋の用意の段階の方が色々難しいです)

・袱紗(ふくさ)に包む
・受付等受け取る相手向きに渡す

さえできればご祝儀を渡す際にはOKです。
もともと渡す相手も新郎・新婦ではなく、その友人等が担当する受付ですし、
礼儀正しく持っていくだけで、特に難しく考えなくてもクリアできるはずです。

袱紗とは


ご祝儀袋が汚れないように包む、絹布のことです。
袱紗の色は、結婚式などのお祝い事では、「赤」や「紫」がオススメ。

「紫」はお祝い事と忌事の両方で使用できますので、一つ持っていると重宝します。

袱紗がなくても・・・袱紗を持っていない場合は、小さなふろしきやアイロンをあてたキレイなハンカチを用意しましょう。それが袱紗の代わりになります。

袱紗での包み方


ご祝儀袋の表面を上にして袱紗の上にのせ、

左⇒上⇒下⇒右
の順に折ります。逆の順で折ってしまうと弔事のやり方になってしまうので、ご祝儀の場合はタブーです。

出し方



受付ではそして当日、ご祝儀を渡す際は、受付の方に「本日はおめでとうございます」とお祝いの言葉を述べながら、袱紗を開いてご祝儀袋を出し、畳んだ袱紗の上にご祝儀袋を置き、両手で渡します。
相手が文字を読みやすいよう、ご祝儀袋の向きにも気をつけて。
(相手から読めるように)

ご祝儀袋を渡したら、袱紗はしまい、芳名帳へ自分の名前と住所を記載します。



×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

管理人/副管理人のみ編集できます