人生の晴れ舞台である結婚式に関するルールやマナーなど、みなさんが実際に関わるにあたり、気になるであろう情報を掲載していきます。あわせて、出席者の足りない時の代理人の手配などまで詳細に解説。

結婚式二次会とは


こちら、結婚式の項目の方でも少し解説しましたが、

結婚式二次会とは、
結婚式、披露宴を終えた後に、人数面や、交友関係により、結婚披露宴に呼べなかった友人達も招いて、パーティールームや、レストラン等を貸切り、広く友人達に披露するパーティーを行うことです。
結婚式では呼びきれなかった(or 都合で参加できなかった)友人達へのお披露目の場ですし、あくまで、パーティー方式がほとんどで、式自体を見せるわけではないので、
どちらかと言えば、この会合は、結婚式ニ次会、というより、披露宴二次会、といった感じですが、慣例でか、たいていの人は、結婚式ニ次会という名称を使って呼んでいます。

会場・場所


多くの人にお披露目することが主目的ですので、一応は、ある程度の広さのある飲食店であればどこでもよい、とも言えますが、
そこは、カップルの、一生に一度の晴れの舞台ですので、ある程度の豪華さ、もしくはきれいさ、環境のよさ等も求められます。

一般的には、準備等も込みで、二時間半から三時間ほどフロアや店内を貸切にでき、店の環境として、バーカウンターやドリンクコーナーがあっての飲み放題や、ビュッフェ形式での料理提供等が可能な場所がむいています。
間仕切り等がなくて、ひとつの宴会場のようにできる、中、大規模くらいのややオシャレなレストランやカフェ、人数によっては、大きめのバーなどがよく利用されます。
また、道具、音楽、動画、その他、二次会では様々な催しを行うことが多いですので、そういった、様々な荷物の持ち込み(もしくはレンタル)が可能で、店内のプロジェクタや音響等は使用可能な場所が求められます。

実際に会場を考える際には、大手の飲食系ポータルであったり、店舗自体のホームページ等の貸切のお知らせとかに、「結婚式二次会会場利用可」とか書いてある場合が多いので、
あまり上記条件を気にして地道に色々な店を当たるより、素直に検索エンジン等で、「結婚式二次会 会場」や、「結婚式二次会 貸切」とかで検索して店側も最初から二次会対応をする気でいるお店を探した方が楽であったりします。

また、新郎新婦は準備や荷物も多いことや、披露宴参加者は、多くが二次会にも参加することから、たいていは披露宴会場近くで二次会開催、もしくは、披露宴会場と同じホテル内にそれ用のきれいなバー等があり、そこで開く場合もあります。

幹事


結婚式は、式場に高い金を払い、結婚式・披露宴をプロデュースしてもらいますので、司会も式場の人が行い、準備も進行もやってくれ、
新郎・新婦は、ほぼ当日することは無いですが、二次会に関しては、ほぼ、店はただの会場としてだけ借りて、あとは自主運営で行うことがほとんどなため、完全に自分達で作り上げる必要があります。
その場合、当日(および、それまでの準備期間も)は新郎・新婦が自由に動けるわけではないので、互いの友人達から数名を選んで、事前準備や、当日の司会等をお願いすることになります。

一般的に、司会や二次会中のゲームの準備等、二次会全体を運営してくれる用に、新郎側友人2名、新婦側友人2名程度を二次会の仕切り幹事に選び、
受付担当や入口で写真を撮ったり、何か配布したり、には、また別途数名の協力者を依頼することが多いです。
※その場合、学生時代の友人とかで、結婚式から参列してくれる友人にまるまる協力依頼するのが多いです

二次会の場合、結婚式・披露宴とは違い、会場との調整は少なめで、どちらかというと、お願いした数名の幹事と一緒に打ち合わせを重ね、当日の出し物、流れ等はどうしようか、の相談や、
景品、飾りつけ等の買い出しを行なって準備を進めていくことになります。


→次頁で本項目の続きで、二次会の解説の続きをおこないます
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

管理人/副管理人のみ編集できます