人生の晴れ舞台である結婚式に関するルールやマナーなど、みなさんが実際に関わるにあたり、気になるであろう情報を掲載していきます。あわせて、出席者の足りない時の代理人の手配などまで詳細に解説。

結婚式スタイル

仏前式


仏前結婚式は、一度結婚すると来世でも縁が結ばれるという仏教の教えに基づき、
新郎新婦が仏の前で来世までの結びつきを誓います。

また、祖先に結婚の報告をし、2人のめぐりあわせを仏に感謝する儀式です。

本尊の前で夫婦の誓いをかわし、念珠(数珠)を受けて焼香し、盃をかわします。

場所

先祖代々の墓のある菩提寺か、同じ宗派の寺院、または僧侶を呼んで自宅の仏前で行なわれます。

大きな寺院では挙式や披露宴を行なう施設の整っているところもありますが、数は少ないです。
また、仏前式は神前式ほど一般的でないので、仏前式のできる結婚式場やホテルは少なく事前によく調べなければなりません。
式の内容は、宗派によって異なりますが、念珠(数珠)授与が式の中心になるようです。

新郎新婦の衣装は、神前式と同じく五つ紋服、白無垢で、扇子の代わりに念珠を持ちます。

流れ

以下が、仏前式で行われる結婚式の主な流れになります。

1.入堂(にゅうどう)
両親、親族、参列者の順で入堂します。全員が入堂し、着席してから媒酌人に付き添われた新郎新婦が入堂します。

2.啓白文(けいびゃくもん)朗読
式の司会者でもある僧侶が、本尊に向かって、ふたりの結婚を報告します。僧侶がふたりの加護を願う啓白文を朗読します。

3.寿珠(じゅず)の授与
寿珠の授与は仏前式挙式の中心となる儀式で、僧侶が仏前に供えてある白い房の念珠を新郎に授け、赤い房(ふさ)の念珠を新婦に授けます。
新郎新婦は授けられた念珠を手にかけて合掌(がっしょう)
*念珠を手にかけるのは左手のみで手を合わせる。右手には通さず手を合わせるだけです。
 この念珠は式が終わるまで外しません。

4.焼香(しょうこう)
新郎、新婦の順に焼香をします。焼香は左手に念珠をかけて、右手で焼香して合掌します。

5.誓杯(せいはい)
仏前式で使う杯(さかずき)はひとつなので、ひとつの杯を新郎、新婦の順に行います。続いて親族固(しんぞくかた)めの杯を交わします。

6.法話(ほうわ)
僧侶が新郎新婦に祝辞を述べます。続いて結婚の意味を説く法話をするのが習いです。

7.普回向(ふえこう)
親族一同で先祖に感謝して、両家の繁栄と息災を祈念(きねん)します。

8.退堂(たいどう)
僧侶、新郎新婦、媒酌人、両親、親族の順に退堂します。

注意点

上記のように、専門の結婚式場等にも、最近では、仏前式の施設を備えているところもありますが、
その数はまだまだ非常に少ないです。

そうなると、菩提寺等で、となり、
浄土宗、浄土真宗、日蓮宗など対応している宗派は多くありますが、
少なくとも両家のどちらかが挙式を行う寺院の宗派に属していなければいけません。

信徒でない人が仏前式の結婚式を挙げるのは非常に難しくなっています。


人前式

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

管理人/副管理人のみ編集できます