風俗業界やアダルト業界に関する疑問・質問を知恵袋やブログ、掲示板などを参考にまとめてみました。

真っ当な風俗店がほとんどですが、中には客を騙して金を稼ごうと考える連中がいます。
その手口の1つが「たけのこ剥ぎ」
どんなものなのかまとめてみました。

たけのこ剥ぎとは?
簡単に言うと客に対して基本メニューにないサービスなどを段階を追って提示し、少しずつ金を徴収することです。
たけのこの皮を剥ぐようにして客の財布から金をむしりとり、最悪丸裸にされてしまいます。
手口
最近は少なくなりましたが風俗店などが多い繁華街などで声をかけてきます。
「1時間5,000円でいけるよ」
なんて安めの料金をまずちらつかせます。
そこで誘惑を振り切ればいいのですが、雑居ビルなどに案内されます。
とりあえず料金を支払いサービスを受けますがあっさりしたもの。
え?これで終わり?と思ったら
「あと○○円でタッチOK」
「あと○○円でフェラOK」
「あと○○円で本番できるよ」
なんて少しずつサービスの内容を上げてきます。
客側としては中途半端なサービスを受けて悶々としていることや、追加料金1つ1つはそれほど高額でないことからついつい支払ってしまいます。
支払ううちに後戻りできなくなって財布の中身が空になってしまうことも。
店は料金を明示しなければならない
法律上、店は客にどのサービスがどれだけお金がかかるか包み隠さず明示しなければなりません。
雑誌・情報サイトに載っている店は基本的に警察へ営業の届出を出して正攻法で利益を上げようとしているので安全ですが、
ぼったくりをしようなんて店は最初からそんなことをしませんし、法律なんて守るつもりもないでしょう。
ちょっと稼いでまた別のところでぼったくり、この繰り返しです。
外国系エステに注意
たけのこ剥ぎは日本人の風俗よりも中国・韓国系のエステ店が多いです。
これらの店は表向き「風俗店」でないことをアピールしていることが多いです。
しかし、施術が始まるときわどいところまで攻めて客の欲望を煽ってから「別料金でフェラ」などを提示してきます。
最初から風俗色を押し出して「フェラ込」のサービスを提示している場合でも、いきなり別料金の話がでて事前の交渉のことなど一向に取り合いません。「外国人アピール」で聞く耳持ちません。
対処法
もし怪しげな風俗店に案内されても最初の料金で我慢しましょう。
どうしても最後までプレイしたいのであれば駆け引きをしないといけません。
最初から金を払わない言えばその時点で嬢のサービスの質は激減します。
相手に「金を払う意思」をチラつかせ交渉の主導権を握るようにもって行きましょう。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

管理人/副管理人のみ編集できます