作曲家信長貴富の作品をできる限り集めて一覧化する野望略して信長(貴富)の野望




混声合唱曲「Time Limit

信長貴富作詞。
「The Time Limit」の表記もあるが、雑誌ハーモニーに掲載された作品リストの表記に準拠した。
初演日2008年7月12日
初演演奏会アルティ声楽アンサンブルフェスティバル2008
初演会場京都府立府民ホールアルティ
初演指揮木村龍司
初演合唱CORO Giovanni
解説-CORO Giovanni

無伴奏女声合唱のための「大地の歌

ラングストン・ヒューズ作詩、木島始訳詩。詩の原題は「An Earth Song」。
なお、初演団体の鹿児島女子高は次年度より「風のこだま・歌のゆくえ」を委嘱している。
初演日2004年10月30日
初演演奏会第57回全日本合唱コンクール全国大会
初演会場府中の森芸術劇場どりーむホール
初演指揮盛山春樹
初演合唱鹿児島女子高等学校音楽部

混声合唱曲集「da capo

初演日2017年5月13日
初演演奏会創立60周年記念浦和混声合唱団第31回定期演奏会
初演会場埼玉会館大ホール
初演指揮岸信介
初演合唱浦和混声合唱団

da capo

谷川俊太郎作詩。

どれほど苦い……

新川和江作詩。

光のなかで

清水哲男作詩。

続ける歌

安水稔和作詩。

混声合唱のための「戦いながら

加藤直作詞。松下耕・国枝春恵・鶴見幸代・鈴木輝昭の曲とともに混声合唱のための「組曲―恋・乞う・声」として初演。
初演日2013年3月11日
初演演奏会9人の作曲家による 9もんめの栗山文昭
初演会場東京オペラシティコンサートホール タケミツメモリアル
初演指揮栗山文昭
初演ピアノ斎木ユリ
初演合唱千葉大・宇都宮大・慶應楽友会による大学生合唱

無伴奏女声合唱曲集「種子はさへづる

山村暮鳥作詩。読みは(たねはさえずる)。
初演日2012年1月15日
初演演奏会Trinity 11th Concert
初演会場横浜みなとみらいホール小ホール
初演指揮平井保
初演合唱Trinity
Trinity委嘱作品。初演は2012年1月(指揮=平井 保)。暮鳥の多様な詩のスタイルを反映し、各曲は様々な曲想を持つ。器楽的なフォルムの面白さの中に、日本語をどう存在させるかが作曲時の関心事であったという。暮鳥のすべての詩に通底する「言葉の響きに対する繊細な感性」を味わうことができる作品。同じく山村暮鳥の詩をテキストとした無伴奏男声合唱曲集「じゆびれえしよん」と対をなす曲集である。グレード:中級 演奏時間=約12分
立ち読み可

だんす

(2'10")

ある時

(1'10")

いのり

(1'10")

智慧の木

(2'00")

春の河

(2'50")

種子はさへづる

(2'40")

混声合唱曲集「旅のかなたに

1,2,5曲全曲
初演日2003年7月20日2004年11月27日
初演演奏会東京都庁合唱団創立50周年記念演奏会東京大学コーロ・ソーノ合唱団第51回定期演奏会
初演会場紀尾井ホール川口総合文化センターリリアメインホール
初演指揮岸信介鈴木成夫
初演ピアノ法嶋晶子山内知子
初演合唱東京都庁合唱団東京大学コーロ・ソーノ合唱団
2回に分けて作曲された曲集ではあるが、通してワンステージとしても使えるように、内容に一貫性を持たせ、調性等にも配慮して構成されている。どの曲も歌いやすく、はっきりとしたメロディを持っており、それぞれが類似することのないバランスの取れた曲集である。全5曲。難易度:中級

しあわせよカタツムリにのって

やなせたかし作詩。(2'40"/3'00")
曲集でこの曲のみアカペラであるが、信長貴富歌曲集に独唱のための伴奏譜が収録されている。
またピアノ付き同声二部版も存在する。
同声二部版
初演日2010年11月3日
初演演奏会高鍋町文化祭
初演会場高鍋町中央公民館
初演指揮菊村隆史
初演ピアノ竹之下真理
初演合唱フラウエンコールなでしこ
オリジナルは混声合唱のア・カペラ作品。2010年に二部合唱にピアノ伴奏が付いたバージョンとして編曲された。歌いやすい2声の編曲で、子供から大人まで、女声でも男声でも(場合によっては混声でも?)気軽に歌ってもらえる小品である。グレード:初級 演奏時間=約3分
立ち読み可

谷川俊太郎作詩。(3'15")

それは

長田弘作詩。(3'50")

寺山修司作詩。(3'00")
独唱版あり。

旅のかなたに

室生犀星作詩。(3'40")

女声合唱とピアノのための「だましてください言葉やさしく

初演日2012年11月10日
初演演奏会女声コーラスしなの&なにわコラリアーズジョイントコンサート
初演会場塩尻市文化会館レザンホール
初演指揮伊東恵司
初演ピアノ水戸見弥子
初演合唱女声コーラスしなの
男性のフィルターを通した願望的女性像ではなく、女という性を生きる詩人から生み出された言葉を、大人の女声によって音像化することを主眼に置いた作品。3篇の詩はどれも個性的であり、その個性を活かすように曲想の異なる音楽が絡み合う。コンパクトでありながらも聴きごたえのある作品。女声三部合唱。ピアノ伴奏付。グレード:中級 演奏時間=約13分
立ち読み可

もう一つのコップ

高橋順子作詩。(ca.2'20")

だましてください言葉やさしく

永瀬清子作詩。(ca.5'30")

愛人ジユリエツト

新川和江作詩。詩の副題に「同じ名の映画によせて」とある。(ca.5'10")

女声合唱曲「ちいさなてのひらでも

やなせたかし作詩。「ありふれた町」とともに初演。
初演年2009年
初演指揮饗場美智子
初演ピアノ徳富香恵
初演合唱あすなろ女声合唱団

混声合唱とピアノのための「地球に寄せる二つのオード

初演日2016年8月3日
初演演奏会第40回全国高等学校総合文化祭2016ひろしま総文合唱部門
初演会場はつかいち文化ホールさくらぴあ
初演指揮清水雅彦
初演ピアノ占部久美子
初演合唱広島県合同合唱団
合唱を愛好する高校生が各都道府県から平和都市ひろしまに集い、歌声をとおして『平和と絆』を深めるという趣旨で開催された第40回全国高等学校総合文化祭(合唱部門)の委嘱作品。「広島は、平和について考えさせてくれる土地、そこに立ち返らせてくれる土地だと思っています。その土地で二つの曲を発信することができて、嬉しかった」という作曲者が高校生に贈り、広島県合同合唱団によって初演された。地球上の環境破壊や戦争などについて憂う門倉詇の詩による「地球のための鎮魂歌」、谷川俊太郎の詩による地球への頌歌「私たちの星」の2曲からなる混声合唱曲集。[難易度]中級 [対象]高校生・一般合唱団
立ち読み可

地球のための鎮魂歌

門倉詇作詩。(ca.6'20")

私たちの星

谷川俊太郎作詩。(ca.3'30")

混声合唱曲「地球の用事

まど・みちお作詩。混声三部。
教育音楽 中学・高校版の2000年9月号と2001年4月号に掲載された。

女声合唱曲集「ちよこれいと

竹久夢二作詩。
初演日2013年11月17日
初演演奏会第18回松山女声合唱団演奏会
初演会場松山市総合コミュニティセンターキャメリアホール
初演指揮市村公子
初演ピアノ越智清加
初演合唱松山女声合唱団

ちよこれいと

クロウバ

紅蔦

青い鳥

秋の眸

風の通路


女声合唱とピアノのための「月・星・地球

谷川俊太郎作詩。
初演日2012年11月3日
初演演奏会日本女子大学合唱団創立80周年記念第57回定期演奏会
初演会場昭和女子大学人見記念講堂
初演指揮三林輝夫
初演ピアノ鈴木真理子
初演合唱日本女子大学合唱団
「月からの風景」「星の旅」「ふるさとの星」全3曲からなる女声合唱組曲。日本女声大学合唱団の創立80周年を記念して委嘱、初演された。(指揮=三林輝夫/ピアノ=鈴木真理子)「宇宙」が大きなテーマとして置かれるが、作曲者は「大きな視点から地球と人間の姿を浮び上らせるもの」として本作を構想し、女声の音色に内在する神秘やエネルギーを生かして女声合唱に新鮮なイメージを与えることを目指している。全編に美しく大らかな合唱パートに対して、時に宇宙空間を駆けめぐる光線のように、時に大地に息づくマグマのように多彩な表情をもつピアノパートは作品の中で大きな役割を担っている。美しいメロディやハーモニーにも溢れており、広くおすすめできる作品である。[難易度]中級 [対象]中学生・高校生・一般合唱団
立ち読み可

月からの風景

(ca.5'30")

星の旅

(ca.3'40")

ふるさとの星

(ca.4'10")

合唱オペラ「ツバキとツブテと川の上

加藤直作。
初演日2013年12月1日
初演演奏会アンサンブル・デル・クオーレ第8回定期公演
初演会場川上村文化センターうぐいすホール
初演指揮日向泰江
初演ピアノ渡辺かおる
初演合唱アンサンブル・デル・クオーレ

混声合唱組曲「出来そこないの天使たち

谷郁雄作詩。
初演日2015年11月15日
初演演奏会まくべつ混声合唱団創立30周年記念特別定期演奏会
初演会場幕別町百年記念ホール
初演指揮小林徹士
初演ピアノ角良子
初演合唱まくべつ混声合唱団

夢の1行目

取扱説明書

人はみんな

路上ライブ


女声合唱曲「できたら

谷川俊太郎作詩。
初演日2013年8月4日
初演演奏会長崎しおかぜ総文祭合唱部門
初演会場アルカスSASEBO
初演指揮上西一郎
初演ピアノ浦史子
初演合唱奈良県高等学校選抜合唱団

デフォルメとフュージョン」三つの座敷唄による

鬢のほつれ

へらへら

初演日2017年8月20日
初演演奏会第60回神奈川県合唱コンクール
初演会場神奈川県音楽堂
初演指揮松村努
初演合唱湘南はまゆう

女声合唱曲集「田園

和合亮一作詩。
初演日2015年5月24日
初演演奏会ザ・シーブリーズ第3回演奏会
初演会場松前総合文化センター・広域学習ホール
初演指揮宮岡幸子
初演ピアノ紺田尚枝
初演合唱ザ・シーブリーズ
詩集「ふたたびの春に」の中から、「フクシマ」に特化したものではなく、歌として普遍性を持ち得ることを重視して4つが選ばれた。大切な人への思い、ふるさとへの思い、失ったものへの思い。これらは全ての人々に共通するものであり、作曲者は音楽を通して、そして言葉を通して、私たちの心にその「愛」を届けようとしている。グレード:中級 演奏時間=約15分
立ち読み可

あきらめない

(2'40")

途方に暮れて

(4'30")

家族

(2'55")

田園

(5'40")

寺山修司の『新・餓鬼草紙』による2つの素描」混声合唱とピアノのために

初演日2010年11月27日
初演演奏会町田市民合唱団第30回定期演奏会
初演指揮清水敬一
初演ピアノ込山今日子
初演合唱町田市民合唱団
仏教の六道思想に基づく絵巻物「餓鬼草紙」の文体を下敷きに書かれた寺山修司の『新・餓鬼草紙』より「言葉餓鬼」「母戀餓鬼」の2篇に作曲。2010年11月、町田市民合唱団(指揮:清水敬一)により初演された。人の詩句を食い漁る「無才なる鬼」と、鬼が咀嚼しきれなかった言葉の残渣を啄み消化する「百舌鳥」、現在の世相の暗喩とも読み取れる両者の関係を描いた〈言葉餓鬼〉。母への愛と罪悪感、寺山の人生の中心テーマとも言える「母捨て」を扱った〈母戀餓鬼〉。寺山詩の強烈な情念と諧謔を濃密に描き上げた力作。謡曲の節回しを思わせる旋律や、要所に配された「語り」、寺山の出身地に因んで西津軽の子守唄を取り入れるなど、日本の伝統音楽のアトモスフィアを西洋の音楽の書法(旋法・調性・複調の総合)によってリアライズすることを作曲上の課題として試みられている。[難易度]中級〜上級 [対象]高校生・一般合唱団

言葉餓鬼

(ca.7'20")

母戀餓鬼

(ca.7'40")

覚和歌子の詩による混声合唱曲集「等圧線

全曲初演日2012年2月19日
初演演奏会混声合唱団名古屋大学コールグランツェ第34回定期演奏会
初演会場名古屋大学豊田講堂ホール
初演指揮伊東恵司
初演ピアノ平林知子
初演合唱混声合唱団名古屋大学コールグランツェ
覚和歌子の詩に折にふれて書き下ろされてきた4編を集めた混声合唱曲集。2012年2月19日に混声合唱団名古屋大学コールグランツェ(指揮=伊東恵司)によって全曲が初演された。覚和歌子の詩の魅力、作曲者の“歌づくり”のセンスがいかんなく発揮された魅力的な作品集。なお、終曲の「リフレイン」は、少年少女合唱団や女声合唱団に愛唱されてきた名作・同声3部版「リフレイン」を混声4部にアレンジしたもの。[難易度]中級 [対象]中学生・高校生・一般合唱団
立ち読み可

等圧線

こころに地図をひらいたら」のための書き下ろし詞だったが収録を見送られた。(ca.4'20")

からだ

(ca.5'00")
初演日2009年7月18日
初演演奏会第64回東京都合唱祭
初演会場ゆうぽうとホール
初演指揮名島啓太
初演ピアノ澤村牧子
初演合唱ヴォイス・オブ・ジャパン

(ca.5'00")
初演日2010年8月2日
初演演奏会第34回全国高等学校総合文化祭合唱部門
初演会場宮崎県立芸術劇場アイザックスターンホール
初演指揮上西一郎
初演ピアノ上嶌祐子
初演合唱奈良県高等学校選抜混声合唱団

リフレイン

混声三部版もあり、教育音楽 中学・高校版 2011年1月号に楽譜が掲載。現在は「混声合唱曲集 クラス用 New Chorus Friends 6訂版」で入手可能。(ca.4'10")

どんたく」竹久夢二の八つの小唄

初演日2010年10月31日
初演演奏会国民文化祭おかやま2010・合唱の祭典
初演会場岡山シンフォニーホール
初演指揮上月明
初演ピアノ小野典子
初演合唱合同合唱
2010年岡山での国民文化祭「合唱の祭典」の創作曲。10月31日初演。岡山生まれの竹久夢二が1913年に発表した小唄集がテキストとなっている。「どんたく」とはオランダ語の日曜日という意味のZontagが訛ったもので「休日」の意味。全体は8曲からなり、ユニゾンや男女2声を多用した比較的歌いやすい作品である。「紡車」は女声合唱、「越後獅子」は男声合唱で歌われる。グレード:初〜中級 演奏時間=約22分20秒

歌時計

(2'50")

紡車

女声合唱。(2'00")

(2'30")

越後獅子

男声合唱。(1'30")

わたり鳥

(2'30")

納戸の記憶

(4'00")

こもりうた

(2'20")

どんたく

(4'40")

混声合唱曲集「トンボとそら

まど・みちお作詩。
初演日2008年5月10日
初演演奏会練馬混声合唱団第39回定期演奏会
初演会場練馬文化センター
初演指揮高瀬新一郎
初演ピアノ遠藤直子
初演合唱練馬混声合唱団
練馬混声合唱団の創立40周年を記念して委嘱初演された作品。2008年5月に初演された。常に人に対して謙虚さを感じさせる詩人の詩は、やさしい言葉の中に「優しさ」と「痛み」があり、その「痛み」に呼応することがこの曲の根底に流れている。特に難しい音楽技法を用いることなく、言葉と音が相関し作り上げる音楽は、聞くものに「人間の優しさ」を感じさせてくれる、そんな曲集である。グレード:初〜中級 演奏時間:約16分
立ち読み可

てんぷらぴりぴり

(1'40")

にじ

(2'20")

ゆび

(3'20")

なにもかにもが

(4'50")

トンボとそら

(3'40")

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら
「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

検索

どなたでも編集できます