ComputerCraftの非公式Wikiです。

本APIはLuaスクリプトによって書かれたコンピューターのOSに関するインターフェースを提供します。

API一覧

メソッド名戻り値概要
os.version()String バージョンバージョンを返します
os.computerID()Number IDIDを返します IDは起動した順に付けられます
os.getComputerID()Number ID上と同じ
os.computerLabel()String ラベルラベル名を返します ラベルが無い場合何も返しません
os.getComputerLabel()String ラベル上と同じ
os.setComputerLabel( [ラベル名] )-ラベル名を設定します 引数が無い場合ラベルを削除します
os.run( {グローバル変数}, プログラム名, [引数...] )Boolean 結果プログラムを実行します プログラム実行結果かエラーメッセージを表示します
os.loadApi( プログラム名 )Boolean 結果プログラムをAPIに追加します プログラムのファイル名がAPIの名前になります
os.unLoadAPI( プログラム名 )-プログラムをAPIから削除します
os.pullEvent( [イベント名] )String イベントイベントが来るまで待ち来たイベントを返します 引数指定したらそのイベントが来るまで待ちます 戻り値が2~5個イベントによってあります
os.pullEventRaw( [イベント名] )String イベント上とほぼ同じ Ctrl+T 長押しのTerminateイベントも取得出来ます
os.queueEvent( イベント名, [他引数] )-引数のイベントを発生させます 2個目以降の引数も指定出来ます
os.clock()Number 時間起動してからの時間を返します
os.stertTimer( 秒 )Number タイマーID指定時間後にtimerイベントを一度だけ発生させます。戻り値のタイマーIDは複数のタイマーを識別する際に使用します。
os.cancelTimer( タイマーID )-指定したタイマーをキャンセルします。
os.time()Number 時間ゲーム内の現在時刻を返します。
os.sleep( 秒 )-指定時間プログラムを停止します。「sleep(秒)」でも実行できます。
os.day()Number 日数ワールドが生成されてからのゲーム内日数を返します
os.setAlarm( 時間 )Number アラームID指定した時間にalarmイベントを発生させます。戻り値のアラームIDは複数のアラームを識別する際に使用されます。
os.cancelAlarm( アラームID )Number アラームID指定したアラームをキャンセルします。
os.shutdown()-コンピューターをシャットダウンします。コマンドと違いGoodbyとは言ってくれません。
os.reboot()-コンピューターを再起動します

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

メンバーのみ編集できます