「ダークソウル2」(DARK SOULS II) 攻略サイト Wiki のPS4/Xbox One/PC(DirectX 11対応)版専用ページです。PS3 版の攻略情報からPS4 向けに改訂したページを運営します。



遠い遠い過去、今は名も伝わらぬ
光の王に仕えた騎士たちの特大剣

その身を火に焼かれ、灰と化した後も
彼らはなお強大な力を持ち、
巡礼たちの試練となった

入手方法

基本性能

Ver 1.06
Regulation 1.08
武器種別特大剣攻撃属性斬撃
物理攻撃力186物理カット率70.0
魔法攻撃力0魔法カット率10.0
炎攻撃力80炎カット率50.0
雷攻撃力0雷カット率50.0
闇攻撃力0闇カット35.0
毒効果0毒カット率25.0
出血効果0出血カット率25.0
カウンター力130石化カット率25.0
強靭ダメージ50呪いカット率25.0
射程距離0受け能力45
詠唱速度0耐久度70
エンチャント重量18.0
必要能力値筋/技/理/信
30/16/-/13
能力補正値筋/技/魔/炎/雷/闇
C/C/-/C/-/-

長い長い時を経たせいか、前作黒騎士武器特有の体重を乗せた強烈なモーションは失われている。
両手R2はカチ上げではなく突き。

通常強化

強化攻撃力
カット率
能力補正
筋技魔炎雷闇
強化素材費用
186/0/80/0/0/0/070/10/50/50/35/25/25/25/25C/C/-/C/-/-
+1204/0/86/0/0/0/0C/C/-/C/-/-光る楔石11230
+2223/0/92/0/0/0/0C/C/-/C/-/-21540
+3242/0/98/0/0/0/0B/C/-/C/-/-31840
+4261/0/104/0/0/0/0B/C/-/C/-/-42450
+5280/0/110/0/0/0/0B/C/-/C/-/-52760

変質強化

炎の黒騎士の特大剣

強化値攻撃力

カウンター力強靭ダメージカット率

受能力能力補正
筋技
強化素材費用
+5268/0/158/0/0/0/01305069.1/9.1/56.6/49.1/34.1
24.1/24.1/24.1/24.1
45C/D/-/C/-/-光る楔石(計15個)
火竜石

攻撃モーション

片手持ちR1一段目左へ大きく弧を描く横薙ぎ。
やや出が遅いが、右後方から判定が発生するので攻撃範囲は広い
二段目左側へ剣を振り切った状態から、右側にぶん回す。
一段目に比べて格段に出が早く、正面と右側を完全に網羅できる攻撃範囲だが読まれやすく、パリィされやすいので過信は禁物
R2一段目後方で剣を引きずりつつ少し踏み込んだあと、正面に打ち下ろす。
リーチは長いが判定が狭く、攻撃判定の発生も遅いので扱いが難しい。使うタイミングは良く考えよう。
二段目叩き付けた剣を背負い込み後方に叩きつける。正面へのリーチは絶望的で自分の後方に剣を振り下ろすため攻撃を当てるのは困難。一応チェインするが、当てにくい上に後隙も大きいので封印するのが吉。
ローリング一歩踏み込んでから正面に剣を叩きつける。
見た目よりも判定の出がやや早く、振り下ろす前に攻撃判定が出ているので至近距離では不意打ちに有効。ただし攻撃判定が狭いのには注意。
ダッシュ体を左へ半回転させたあと、剣を肩に担いだ状態から正面を右から左へなぎ払う。途中で剣先を引きずるので徐々にリーチが短くなる。
攻撃範囲は広いが出が遅く、リーチも他の攻撃に比べて短めなので使い所が難しい。
↑+R1ガード崩し。動きが遅いので扱いが難しいが、両手持ち時に限りR1攻撃に繋げると攻撃モーションが高速化する性質がある。そのため、ガード崩しというよりも絡め手として扱いたい。
↑+R2前方に跳躍し、着地と共に前方に剣を叩きつける。
リーチ威力共に優秀な上、ロックオン状態で使用した際には異様なほどのホーミング力を発揮するが、スタミナ消費が大きい
両手持ちR1一段目片手持ちと同じように右から左へ弧を描くなぎ払い。
両手持ちになったことでだいぶ出が早くなったが、攻撃がやや小振りになったため片手持ちにあった右後方への攻撃判定は消えている
二段目こちらも片手持ちと同じ左から右へのぶん回し。
片手持ち同様優秀な攻撃だが、片手と比べると僅かに出が遅い。さらに特大武器の二段目攻撃という性質上、スタミナ切れを起こしやすく、後隙も長めなのでバックスタブに対する警戒を忘れないようにしたい。
R2一段目担いでいる剣を右側に下ろした後、正面に突き出す。
特大剣のモーションの中でも随一のリーチを誇り、ノーロックで使用すると360°全方位に方向転換できるため状況適応能力が極めて高い。モーションの関係で少しだけ右前方にも判定があり、ダウン効果もあるので一度当てることができればその後の展開で有利に立ち回れる。
二段目体を右に半回転させたあと、少し溜めてから左下から右上に向かって振り上げる。
出が遅く右側への判定が弱く、スタミナ消費も大きいので一段目の突き攻撃と相まって、生半可なスタミナで使用すればまずスタミナ切れを起こしてしまう。その扱いづらさからあまり使われないため、突き攻撃の隙を攻めてきた相手の意表をつけるかもしれない。ダウン効果があるのでもし当てることが出来れば、相手にプレッシャーを与えられる。
ローリング体を左に回転させたあと、右下から左上に向かって振り上げる。
出が早く前進しつつ攻撃するため、扱いやすい性能。ただし左側への攻撃判定は少し弱い
ダッシュ走りこみつつ体を左へ半回転させて剣を叩きつけて、そのまま剣を少し引きずったあと勢いよくかち上げる。
出は遅いが体を屈ませるため一部の攻撃をすかせる。また、攻撃タイミングが分かりづらいためか相手が回避をミスりやすい模様。相手を上に吹き飛ばす効果がある。
↑+R1ガード崩し。動きは遅いがR1攻撃に繋げるとモーションが高速化する。この効果は両手持ち時にのみ発揮される
これを利用して、こちらのガード崩しがスカったことで自分のターンが来たと勘違いして近づいてきた相手に想定外の一撃をかますことが出来る。ただし、相手も馬鹿ではないので同じ相手に通用するのは一度か二度が限度だろう。乱用すればすぐに読まれて遠距離攻撃やローリング回避後のバックスタブで手痛い反撃を受けてしまう。だがそれを読み返してジャンプ攻撃で叩き潰す手もある。
↑+R2ジャンプ攻撃。モーションと攻撃力は片手と同じだが、スタミナ消費はこちらのほうが大きい
↑+L1武器ガード。受け能力と物理カット率はそこそこなので、割と頼りになる。
↑+L2武器パリィ。パリィ判定が出るのは遅いが、持続は長いのであらかじめ置くように出せば成功しやすい。

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Count

2015.4.9

おすすめ商品

Menu


エネミー考察

スポンサーサイト

管理人のみ編集できます