DEEP STREAM wiki

ベースのメンテナンス

機材は「生き物」です。メンテナンスによっては、今より状態が良くも悪くもなります。
自分の楽器と(特に高価な楽器を使っている場合は)長く付き合っていきたければ、それなりに手入れをしてやることが必要です。
特に次の2つは必ず守るようにしましょう。
  1. 演奏後は、指板やボディーについた汗や脂をふき取る。
  2. 保管場所の湿度に気をつける。(高い湿度は機材の寿命を急速に縮めます)

さらにベースを可愛がってあげたい人は、次のメンテナンスをしてあげましょう。
チューニング調整に関しては週1、
本格メンテナンスに関しては月1を目安にがんばりましょう。

チューニング調整

楽器は音程があるから楽器である、とい

メンテナンスを行う際に避けなければならないのは湿気です。
必ず乾燥した手で作業を行いましょう。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

web担当

Bass Part

ベース講座

練習方法

  • リンク集?

その他

おまけコーナー

[END]
【メニュー編集】

どなたでも編集できます