忘れちゃいそうなアレやコレをメモっておくサイト。



パフォーマンスを解析する

ログを取得する

  1. 計測したい範囲にメソッドを設定する。
  2. AndroidManifext.xmlファイルにパーミッションの設定
  3. 端末からトレースログを移動する。
  4. traceviewで調査する。
メソッドの設定
計測したい範囲にメソッドを設定する。
ただし範囲が狭いとトレースログをとるために処理が重くなる。
できるだけ大きな範囲で囲むとよい。

Debug. startMethodTracing(ファイル名);

// 計測したいコード

Debug. stopMethodTracing();
AndroidManifext.xmlファイルに設定する
トレースログはExternalStorageに出力されるのでパーミッションを設定する。

<uses-permission android:name="android.permission.WRITE_EXTERNAL_STORAGE"/>
端末からトレースログを移動する
/sdcard/直下に設定したファイル名で出力される。
このファイルをPCへ移動する。

adb pull /sdcard/ファイル名
traceviewで確認する
traceviewコマンドでトレースログを解析する。

traceview ファイル名

traceviewの列名
列名説明
Excl Cpu Timeメソッド内でコールしているメソッドの時間を除いた時間。
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

フリーエリア

Menu

メニューサンプル1

メニューサンプル2

開くメニュー

閉じるメニュー

  • アイテム
  • アイテム
  • アイテム
【メニュー編集】

管理人のみ編集できます