忘れちゃいそうなアレやコレをメモっておくサイト。



antでAndroidプロジェクトをビルドするときに使用するbuild.xml内の変数について調査したものからまとめていく。

build.xml

SDKフォルダに存在するbuild.xml。
パスは以下のものになる。

{SDK}/tools/ant/build.xml

変数について

設定値はantなので全て文字列だが,設計者が想定している値から定義している。

変数名設定値説明
out.absolute.dirデフォルトはbinフォルダの絶対パス
ant.project.nameプロジェクトの名前
antを実行したときの<project>タグのname属性値。
project.is.libraryライブラリプロジェクトのとき
out.library.jar.file最終的に出力されたライブラリ(jar)ファイルの絶対パス
proguard使用時はまた別の変数名が使用されるものと考えられる。
build.targettarget「-set-release-mode」で「release」が設定されている
build.is.mode.releasetarget「-set-release-mode」で「true」が設定されている
build.is.packaging.debugbooleanデバッグモードか判定するのに使用することができる。
デバッグ時はtrue。
antをreleaseモードで実行のときはマニフェストファイルから値を読み込んでいる。
プロパティ「manifest.abs.file」に設定されているAndroidManifest.xmlから「/manifest/application/@android:debuggable」の値を取得している。
antをデバッグモードで実行したときは常にtrueが設定されている。
タグ
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

フリーエリア

Menu

メニューサンプル1

メニューサンプル2

開くメニュー

閉じるメニュー

  • アイテム
  • アイテム
  • アイテム
【メニュー編集】

管理人のみ編集できます