概要

通常の討伐戦と異なり、いつでも、何回でもゾディアックと戦うことができる。
そこまで強力なアルカナが揃っていなくても、時間をかければ基本的に討伐が可能で
他のゲームでもよくあるGVR(ギルドvsレイド)形式のため、ストレスをあまり感じることがなく、上級者、課金者でなくても楽しめるのが魅力。
報酬も第1星宮のマテリアルやSSR確定チケなど、良い物ばかり。

現在の仕様

大討伐と大きく異なる点として、スキルの使用可能回数が3ターンごとに1回回復する=制限時間内であれば無限にスキルの使用が可能になっている。
これにより、時間さえかければよほどのデッキでない限り討伐可能になっている。

大討伐戦において、一部の星宮のアルカナ(サジタリアス、アクエリアス、スコーピオン、ライブラ、ピスケス、レオ)の前衛技は、
対応する回数系奥義を消費せず、効果のみ得ることが出来るが
ブレイズクラウドでは1ターンに複数のスキルを使用できる仕様から、対応する属性のスキルを同時に使うと、対応する回数系奥義を消費することなく、効果のみ得ることが出来る。
ex.ボス奥義『ゴールドラッシュ』を展開した状態で、サジタリアスの前衛技とSSRエンシェントドラゴンの前衛技を同時に使うと、 『ゴールドラッシュ』は消費されないが、サジタリアスの前衛技、SSRエンシェントドラゴンの前衛技はともに『ゴールドラッシュ』の効果を得る。

素早く討伐するために

※Hard、Deathを想定しています
  • アクエリアス、ピスケス、(ライブラ)を使い、バフの上限を無視してバフの底上げをする
通常、後衛スキルのバフでは4000万〜5000万程度から急激に伸びが悪くなりますが
アクエリアス、ピスケスの前衛スキル+水属性の威力上昇系奥義を使うと、むしろバフがあればあるほど伸びが良くなるため
たくさんのバフを素早く大量に乗せることが出来ます。
アクエリアス、ピスケスはそれぞれ1ターンに2回、3回使用できるため効率が良いです。
ライブラの前衛スキルでも可能ですが、こちらは1ターンあたり1回しか使用できないのであまり効率は良くないです。

  • デバフの使い方を工夫する
後衛スキルよりも、前衛スキルに付属するデバフの方が安定して相手の耐久を削り切ることが出来ます。
テキストに「敵全体のパラメータを全ダウン」と書いてあるものを使うと良いでしょう。
レベル20であれば、デスが相手でもおおよそ1~2ターンで削れます。

スキルを大アップさせるアルカナはデッキの数字が若い方に入れるようにする
  • スキルを大アップさせるアルカナはデッキの数字が大きい方に入れるようにする
討伐戦と違い、威力上昇系サポは1つのスキルにつき1つまでしか効果が得られません。
ログを確認すると、いくつか発動しているように見えますが
またこれはデッキの数字の若い方から優先的に効果が発動することが判明していますので、
実際に効果があるのは一番最後に発動したサポのみとなりますので、
中サポが混じるなら若い順に中サポ、大サポの順に組む必要があります。
そこにGR+20などのアルカナを入れていくようにすると、一つ一つのスキルの威力が上がり、討伐が早くできるようになります。
アクエリアス、ピスケス、ゲオルギオスは共通して光属性・水属性のサポを持ちますので使いやすいです。

ただ前述の通り威力上昇系サポは複数効果が発動しないので、あまりたくさん入れる必要はありません。
その分下記のTP軽減サポを入れましょう。

  • TP軽減サポを持つアルカナを入れる
空いてしまった枠は適当なTP軽減サポを持つアルカナを入れておくと良いです。
TP軽減サポを入れることで、TP回復のために防御を使う機会が減り、時間短縮になります。

参考動画

解説は下の動画を参照
デス討伐

展開して再生(YouTube)

イージー周回

展開して再生(YouTube)

ノーマル周回

展開して再生(YouTube)



↓実践編縛り追加 開始からひと月の初心者さんでもこの程度の時間で倒せるかもしれません。

展開して再生(YouTube)


番外編 タイムアタック動画

展開して再生(YouTube)

Wiki内検索

累計カウンター

出会い
アクセスカウンター
アクセスカウンター

どなたでも編集できます

メンバー募集!