天上天下唯我独尊!!ブログのFreeBSDと自作PCのまとめ記事です.

全領域をFreeBSDで運用する場合のインストール

ブートメディアからの起動
インストール用のブートメディア(ディスク)から起動すると以下の画面が最初に表示されます。

ここで、「1.Boot FreeBSD [Default]」を選択しエンターキーを押します。
デバイスの検出

←クリックするとデバイスの検出結果のサンプル例が表示されます。こんな感じのメッセージが表示されるはずです。機種や構成によって異なります。


このデバイス検出結果は重要です。ここで検出出来なかった場合はGeneric(標準)カーネルでは対応されていませんので、カーネルのカスタマイズが必要となります。
が、カーネルのカスタマイズについては、後述します。以降はGenericカーネルでのインストールが前提です。
国(ロケール)・キーマップの指定
次に以下のような画面が表示されます。

この画面は国の指定です。日本語キーボードをお使いの場合はJapanを選択すれば良いです。僕の場合は英語キーボードなのでそのまま標準のUnited Statesを選びます。

更にキーマップの指定を行います。

インストール
設定が終わるといよいよ、sysinstall画面が表示されます。

いくつかインストールメニューがありますが、特に拘り無ければ「Standard」で良いと思います。

さて、いよいよ次はディスク領域と容量の設定ですが、ハードディスクが複数構成の場合はインストール先を間違いないようにしないと、既存の領域を壊すことになりますので十分に注意してください。こちらのハンドブックを良く読んでください。


僕のマシンの場合は、ad10,ad12,da14,ad18の4台のハードディスクがあるので4つのディスクが検出されました。
そして、僕の場合FreeBSDをインストールするハードディスクはad10なのでad10を指定しました。
複数ハードディスクが検出された場合は、どのハードディスクにFreeBSDをインストールするのか予め決めておくことが重要です。
ハードディスクスライスの設定
次はインストールするハードディスクの領域の指定です。
僕は全領域を使いますので、「A = Use Entire Disk」により以下の様に設定しました。

Disk name: ad10 FDISK Partition Editor
DISK Geometry: 1938021 cyls/16 heads/63 sectors = 1953525168 sectors (953869MB)
OffsetSize(ST)EndNamePTypeDescSubtypeFlags
06362-12unused0
6319535251051953525167ad10s18freebsd165 =

The following commands are supported (in upper or lower case):

A = Use Entire Disk G = set Drive Geometry C = Create Slice
D = Delete Slice Z = Toggle Size Units S = Set Bootable | = Expert m.
T = Change Type U = Undo All Changes W = Write Changes Q = Finish

Use F1 or ? to get more help, arrow keys to select.
ブートマネージャーの設定
上記の設定が終わるとブートマネージャーの指定になります。

僕の場合は、他OSとの共存は無いので「BootMgr」を指定しました。Windwsと共存させる場合はブートマネジャーの指定を誤るとWindowsのブートレコードを書き換えてしまいますので注意してください。ハンドブックのこちらを良く読んでください。

更に僕の場合は、ad12,ad14,ad18と残り3台のハードディスクもFreeBSDとして使いますので同様に領域を割り当てました。
但し、これらのディスクに対してはブートマネージャーは「none」を指定しました。
パーテーションの設定
次はパーティション作成になります。
こんな感じで設定します。

パーティションの設定は重要ですので、ここのマニュアルを良く読んでください。もし、分からなければ[A]キーによる自動割付にします。
FreeBSDをインストールする為の対象を設定します
FreeBSDの場合、インストールの規模を最初に選択します。具体的にはUser、X User、Developer,Minimalの何れかを最初に指定します。僕の場合はデスクトップ環境を構築したいので、X Userを指定しました。

次にportsコレクションの指定ですが、[Y]キーを選択しました。
以上についての詳細はこちらを参考にしてください。
インストールするメディアの選択
これは、僕の場合は「CD/DVD」を選択しました。

いよいよインストール開始
ここまでの設定で間違いなければここでコミットするとインストールが開始されます。
中断するなりヤメる(笑)ならここが最後のチャンスです。
「Yes」を選択するとインストールが進みます。
詳細はこちらを参考にしてください。

ここまでがインストールになります。
ハードディスクに必要なファイルがコピーされると、引き続き設定に入ります。
設定は次のページを参考にしてください。
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

アクセスカウンター

Menu

章別メニュー

目的別メニュー

開くメニュー

閉じるメニュー

  • アイテム
  • アイテム
  • アイテム
【メニュー編集】

サーバ・パソコン・電子機器のことなら

夢システム工房 人の技術の未来をつなぐ 技術の夢システム工房


夢システム工房は電子機器の開発とシステム開発を得意としています。なんなりとご相談ください。

フリーエリア

Wiki内検索

フリーエリア

ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

管理人/副管理人のみ編集できます

メンバー募集!