天上天下唯我独尊!!ブログのFreeBSDと自作PCのまとめ記事です.

現在の世界経済恐慌と長引く不況によりITな世界でも確実にその影響を大きく受けています。バブルの頃はIT投資なんかは、1億、2億の投資なんて当たり前に通常の稟議で行われていました。その頃は、どこかの国のお役所ではないですが、毎年暮頃になると余剰(過剰)設備投資予算を使い切れないので、無駄な買い物をしたりすることも当たり前に行われていました。そうしないと、来期予算が削減されてしまうからです。僕もある大手製造メーカーで情報システム部門の管理職をしていましたが、まさにそのとおりで日本企業の悪しき習慣だったと思います。
当時は、メールサーバなども某I社のAIXサーバを数億円で発注したりなど当たり前に行われていました。

バブルが崩壊して円高ドル安、株価の低下、中国、インドの成長など世界経済が大きく変化しました。逆に日本は技術立国ではなくなり、リストラが盛んに行われ、結果、失業者が増加するようになってしまいました。運良く、会社に残っても今までのようなお気楽な仕事は出来ず、設備投資の中でも特にIT投資はよほどの業務改善効果がないと大型投資は出来なくなってしまいました。僕も今、2〜3億円の投資案件を抱えているのですが、現在のような状況ですと会社への提案も中々実現できません。

会社経営者から見るとIT屋なんて所詮は事務屋なのかなぁ。昨今はコスト削減が推し進められています。ITは本来会社経営と密接な関わりを持ちます。経営管理や生産管理、工程管理、品質管理、人事管理などどれもいまではIT無しに業務は成り立ちません。しかし、今ではどれも十数年前から数年前に導入したシステムが大半で保守切れやサーバリプレースの時期を迎えつつあります。が、このご時世、導入当時のように簡単にサーバリプレースが出来ません。何しろIT投資を控えなければなりません。

そこで、IT屋としては物理サーバを削減し、オペレーションの簡素化や構築工数の削減などを実現する為に、物理サーバ1台で複数のサービスを実現出来るようにすることを考えます。これが今流行りの仮想化と言われるものなんですが・・・。つまり、現在の仮想化の位置づけはコスト削減の為の仮想化になっています。


単に仮想化と言ってもその方式や実現手段はいくつかあります。
ここでは個人の環境での技術的なお遊びも含めて簡単に仮想化が実現可能な、VirtualBoxを例に説明したいと思います。

5.FreeBSD-8.2でLinux-Pantherを動かしてみよう

6.FreeBSD-8.2でFreeBSD-9.0を動かしてみよう

7.FreeBSD-8.2でWindows8を動かしてみよう

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

アクセスカウンター

Menu

章別メニュー

目的別メニュー

開くメニュー

閉じるメニュー

  • アイテム
  • アイテム
  • アイテム
【メニュー編集】

サーバ・パソコン・電子機器のことなら

夢システム工房 人の技術の未来をつなぐ 技術の夢システム工房


夢システム工房は電子機器の開発とシステム開発を得意としています。なんなりとご相談ください。

フリーエリア

Wiki内検索

フリーエリア

ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

管理人/副管理人のみ編集できます

メンバー募集!