天上天下唯我独尊!!ブログのFreeBSDと自作PCのまとめ記事です.

iBUS-Anthyのインストールはportsより行います。
/usr/ports/japanese/ibus-anthyよりmake installします。
インストールが終わったら、pkg-messageにあるとおり、お使いのシェルに応じて以下の設定をします。

←クリックすると設定情報が見れます。


KDEメニューの[設定]の中に「ibusの設定」があることを確認してください。
起動するとこんな感じになっていると思います。




具体的なibus-anthyの設定については次の節で説明します。

(2012-09-09 追記)

KDE4のアプリケーションで日本語入力を行う場合には上記ibus-anthy以外に以下の設定が必要となります。

1) /usr/ports/textproc/ibus-qt よりインストールします。
2) /use/ports/misc/qt4-config よりインストールします。
3) 最後にqtconfig-qt4を実行し、「インターフェース」のタブを選択し、「input method」の項目より[ibus]を選択します。

再起動するとkonsoleやkateで日本語入力が可能となります。
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

アクセスカウンター

Menu

章別メニュー

目的別メニュー

開くメニュー

閉じるメニュー

  • アイテム
  • アイテム
  • アイテム
【メニュー編集】

サーバ・パソコン・電子機器のことなら

夢システム工房 人の技術の未来をつなぐ 技術の夢システム工房


夢システム工房は電子機器の開発とシステム開発を得意としています。なんなりとご相談ください。

フリーエリア

Wiki内検索

フリーエリア

ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

管理人/副管理人のみ編集できます

メンバー募集!