戦国炎舞 Wiki カードリスト。 戦国炎舞 ~kizuna~の非公式サイト。カードデータ/カードリストをまとめたページ。武将アイコンと、カードのスキルが見易くなるようになみださんがんばる。個人用データ置き場。

はじめに

戦国炎舞は、ガチャでカードを出すのが最終的に目的となります。
ガチャでの出方によって、人それぞれ進行の仕方が変わってきますのでご注意ください。
課金額、ゲームの遊び方、カードの排出具合などで自由に自分のやりたいように、遊び方が変えられます。
ゲームを理解して、自分にあった連合を探したりして、自分にあった遊び方をしましょう〜☆

序盤

イベント

クエスト

クエストイベントは一番のデッキ強化イベント。がんばった分だけガチャがまわせます。クエストイベントからちゃんとはじめるのがベスト。
基本的には「剣閃」「英傑」のどちらかと呼ばれる。
・剣の場合は武将の一番強いカード、英傑の場合は、智将の一番強いカード。を使ってクエストをすすめる。
一枚だけでも該当の方の高コストSSR(コスト22↑)が出た人は、そのカードを強化して進めましょう。
出なかった人は、手持ちの強いカードを強化するか、イベントで倒すともらえる武将カード、説得した智将カードを4回進化して、それを強化してすすめる。
おにぎりは走れば帰ってくるが、最初のうちは無理せず、できる範囲で走ってみよう。レベルアップ時の回復とあわせて序盤なら意外と延々と走れてしまうはず。
おにぎりやガチャ券などの報酬も入るし、序盤のうちは、イベントカード自体もデッキに入れることができる。
さらにクエストイベントは、敵将を倒したり説得したら、AP回復するので、レベルもたまりやすいので振り分けポイントが不足しがちな序盤はありがたい。

合戦

一日3回の合戦は、入った連合によって雰囲気がまったく違うのだが、一番初めはとにかく「合戦時間にログイン」だけは忘れずにしておこう。
12時、19時、22時 の一日三回30分 一度合戦参加するだけで「合戦ログインボーナス」がもらえる。SSRももらえるのでできる限り時間に慣れておこう。

協闘

レベルが低いものから、イベントが無い期間にクリアして、上位レベルを開放しておこう。(後回しでOK)後半になるとただの作業ゲーになりますので
今は一日一回協闘バトルにログインしておくだけで良いかと。

決闘

こちらも基本的には序盤は必要ない。一日一回決闘ボタンを押しておくだけで良いかと。

レベル

クエストイベント、共闘イベント以外の時間に、APがあまったら、ひたすら「通常クエスト」で消化しておこう。
ただし、通常クエストは「おにぎり、だめ絶対」
※100レベルくらいまでは、逆にクエストイベント以外のときは「イベントでないなら」レベルを上げないほうがいいという考え方もある。
クエストイベント時にレベルを上がることで、APが回復しておにぎり消費を抑えることが出来るので。ただし、長い目で見ればまぁさほど変わらないので、炎舞愛を高める上であいたときにも
ちまちまクエストでAPを消費しておいたほうがいいと思う。あくまでも、「あまったAPをクエストで捨てておく」こと。
炎舞のレベルは序盤は「振り分けポイント稼ぎ」後半は「合戦HP」、そして一番の「レベルの使い方」は連合勧誘などのスカウトマンが「こいつはログインまともにしないな。」とか、「無課金さんかな?」とかっていう、炎舞熱への評価ポイントの一つの目安にしていることです。
炎舞は「課金」に並ぶ強スキルが「合戦参加率」なのです。「寄生、詐欺、だめ絶対」

デッキ

筆頭

強化

進化

おすすめデッキ

私が進めてる意味でのおすすめデッキではなく、デッキ編成画面にいる「おすすめデッキ」の説明です。
おすすめデッキは現在所持しているカードでの一番「ステータス」が高くなるものが自動計算でセットされます。

序盤はおすすめデッキでいいのですが、そこにも一応落とし穴があります。
炎舞の場合、所持カードの中で「強化」「進化」などをしていきますが、カードの強化もカードで行います。

そして、おすすめでデッキを組んでいると、
[疋ードをエサにしてしまう。
▲┘気砲垢戮カードがデッキにいて、エサに出来ない。
デッキに編成されているカードはエサに出来ないのですが、おすすめデッキを利用している間はあまり強くないカードでも
強い扱いでデッキに入ってしまいますので、(振り分けポイントの関係でRカードやNカードも編成されるタイミングがある)

貴重な序盤の強化は特に意識して
「デッキにいるから優秀なカードとは限らない」
最初は「R」は全部強化エサになるので、「4進化してSRにしてから全部エサ」と覚えておきましょう。SRはむやみにエサにも、強化もしないように気をつけましょう。

武将と智将

スキル

アイテム

ガチャ

炎舞の場合、ガチャは「ためてもボーナスがない」ため、基本的には最序盤はガチャは手に入ったら即まわしてしまっても良い。
むしろ、武将or智将の「筆頭」のカードが確定するまでは、即まわして良カードを引いたほうが効率が良いかもしれない(とはいえかなり渋いゲームですので・・・)

覚醒玉

おすすめ低コストカード

最序盤(ステータス優先)

16までの低コストカードにも「低コストで高ステータス」になる、カードなるものがある。
14までのカードは比較的簡単に手に入るので、優先的に強化することで、「総戦力」をあげていこう。
ただし、強化はレベルをMAXにする、進化するのみに留め、スキルレベルや覚醒玉などのアイテムにはゲームを理解できるまでは投入しないように注意してください。

武将オススメ
C13 まつ(スキル、ステータス)将来はエサにもなれます。
C14 長宗我部(ステータス、一閃)
C14 今川義元(ステータス、一閃)
い舛茲


智将オススメ
,おともそうりん

序盤(スキル優先)

上記とは逆に、ステータスは低いが、スキル構成が良く、後半に向けても長く使えるSRもいる。ステータスやコストにこだわらないことが炎舞中級への第一歩です。
ステータスは飾りです。(突き詰めると逆にまた大事になってくる。不思議ぃ!)
前衛後衛などが分からないときでも、レベルを上げてしまっても後悔しにくい。上記のステータス武将達の育成の次に育成しておこう。(おすすめデッキで外れないように。)
ただし、こちらも最終的には、理解できたころにほとんどがデッキから外れてしまうので、アイテム投入はゲームを理解してからにしよう。

武将オススメ
C16 島左近
C16 やまがた
C15 


智将オススメ
C15 帰蝶
C16 美少女外交官
C14 

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

ステ計算機Ver.2.01 Byにこ

↓↓↓選択↓↓↓
(攻+防)初期値
ステータス(素)  
  





限界突破攻防数
御守強化MAX
MAX潜在値
2016.04.10 限凸手動を仮投入 2016.04.15 潜在値(御守)追加

メニュー

カードデータ

その他カード

ガチャ産以外のカード

前衛デッキ用

前継承

智将 武将
  • SSR武将 前継承
  • _SR武将 前継承

補助継承

補助確率発動率Ver.0.1

補助発動率計算機
LV20発動率(%)
LV30発動率(%)
LV20
LV30
※注意数値が暫定で投入中!
※不明な補助も表示中!!!
※テスト中です!!
※ご注意ください!!!

PR

どなたでも編集できます