やる夫スレ作者 ◆IL/7VRqS7E が自分の雑談所で好き勝手にやっている短編などの為に作った纏めです。編集などのは全て自由ですので好きに行ってください。色々弄くってくれると喜びます。

行動履歴(3週間目から)

※お金の価値は現代の1000倍。(千円→現代の100万円) 例:安いパンなら一個10厘、弾丸は数十厘
※一つの場所で選べる要件は2件まで(武器屋の例:買取→メカ用装備購入(終了)。買取→ロボ用→自分用は3件なので無理)

十五日目:蘇芳弟子入り初日、アイギスの修理完了

15日-1 15日-2 15日-3
場所内容
■朝
アパート蘇芳に間新しいスニーカーを履かせてマラソン(体力テスト)
・安価の最後まで耐え切ったので蘇芳は体力Bに設定。(もう伸びません)
・テストが終わった後は、ゆっくり流しつつ一緒に木山の研究所へ。
町外れの研究所アイギスの修理完了日。
・木山から完成した【アイギス】を受け取った。
・ついでに蘇芳をアイギスの自由意志より上位階層に置くよう登録。
官営武器店蘇芳に基本的な装備を買い与える。
・22口径拳銃+レーザーサイト+ラバーグリップ(5円+5円+1.5円)
・タクティカルベスト(3円)
・汎用の軍用ナイフ(不明) 計23円75銭(9.25円は何処から?)を、
店主のおまけで23円50銭で購入しました。
――残金716円85銭50厘
■昼
蘇芳の部屋メタビーを連れ、路地裏の月3円の部屋を解約して荷物回収。
荷物は大きなトランク1つに収まった。お気に入りのカーテンは置いていく。
うらぶれた酒場蘇芳の希望で親友がバイトする酒場へ。
蘇芳は開店準備中のナージャにスカを選んだ事を散々怒られ心配され、
やる夫もおちょくられて人柄を確かめられた後、蘇芳の事を頼まれた。
・ちなみにナージャに老け顔扱いされたので後で泣いた。
■夕
アパート蘇芳の基礎レッスン
・拳銃の分解講座、失敗。銃器取り扱いLvEを習得し損ねました。
・シャルロッテを撫でて少し気に入られました。(シャルに妹分と認識された)
・基礎護身術講座。密着にドキドキしつつ護身術LvEを習得しました。
・筋トレでスクワット。俊敏が少しだけ上がり俊敏C+に設定されました。
蘇芳】の初期ステータスが決まりました。
・やる夫より先にお風呂を貰って一日が終了。――残金716円85銭50厘
◇収支報告
 収入:00円00銭(総収入:1992円00銭)+抜けた20円70銭の出費
 支出:23円50銭(総支出:1295円85銭)+13日夕食代不明
  ※計算だと696円15銭50厘

■フラグ?
・木山・アイギスのAIが成長したらまた連れてきてくれないか?

十六日目:マミと遺跡、暗殺の仕事

16日-1 xx日-x 番外:シャルロッテ外伝
16日-2 16日-3 16日-4 16日-5
場所内容
■朝
アパート朝の風景。新しい家族との生活を実感する蘇芳。
・やる夫は本日マミと遺跡なので軽めに3分の1程度の朝食。
・お供はSfとメタビー。アイギスは留守番兼シャルの子守り。
・蘇芳の課題はアイギスを先生に、銃器マニュアルと狙撃教本のお勉強。
『シャルロッテ視点』
   (外 伝)
とある昼下がり(外伝なので時系列独立)
・シャルから見た人形遣い一党の日常と認識するヒエラルキー。
・父:やる夫、母:Sf、兄:メタビー、姉:アイギス、妹:蘇芳。
・自動人形はある程度シャルの意思が分る。アイギスは特に細かく読み取れる。
組合事務所マミと待ち合わせ。密かに待ち合わせの一時間半前から待機していたマミ。
第509825遺跡前時代の補助軍需品生産工場。
危険度C+、中装から重装の警備ロボ数体が予測される。
・プランは利益優先で、4人で工場から突入する正攻法。工場に4体の警備ロボ、
 格闘戦特化の中装機体。撃破後に倉庫側から3体の援軍、計7体撃破。
・唯一頭部の残った機体にハッキングするが、掌握せずに焼き切った。
マミとメタビーに残骸からのパーツ剥ぎを任せ、Sfと二人で倉庫へ。
・倉庫奥の事務所から「多機能視界補助バイザー」を入手。
倉庫で発見した前文明の新兵入隊セットから
 ・軍服セット 50ケース(中4ケース)
 ・PDA 20ケース(中15ケース)
 ・時計 40ケース(中8ケース) を回収した。多過ぎるので持ち帰るのは一部。
一方、パーツ剥ぎはマミ達の苦手分野で収穫減少
 ・精密部品ユニット 8個
 ・装甲ユニット 10個
 ・低容量情報保存機器 2つ
 ・腕部用高出力熱単分子カッター 3本
 ・腕部用高々度破砕マニュピレーター 2本 を回収した。
取り分は、やる夫に執心の多機能バイザーを譲る替りに、他の物資は折半で決定。
■本日の最終獲得物資
 ・《多目的視界補助バイザー》 1個
 ・《精密部品ユニット》 を4個(残9)
 ・《装甲ユニット》 を5個(残12)
 ・《低容量情報保存機器》 を1つ(残2)
 ・《腕部用高出力熱単分子カッター》 を2本
 ・《腕部用高硬度破砕マニュピレーター》 を1本
 ・《軍服セット》 を2ケース
 ・《PDA》 を8セット
 ・《時計》 を4個
■昼
遺跡の外探索終了後、マミの提案で表にマットを広げ少し遅いお弁当にする。
五時起きして作った気合の入りまくったランチセットは好評。
・マミが遊びに来るフラグ発生しました(放っておくと根腐れします)
■夜
大通り露天の密集地でスバルに出会う。
・連絡先を交換し、都合が会えば一緒に仕事しようと誘われた。
・事前に夕食は帰って自炊を選んでいた為、スバルイベントはここで終了。
アパート蘇芳に戦利品のPDAを一つ渡した。(残7)
酒場一人で店主に会う。
・14日の護衛依頼で街中で20mmを発射した事で恐れられているので
 夜に人形を連れてきても手を出す奴はいないと笑われた。
・3級に昇級したので、約束通り仕事を紹介して貰う。依頼【妻の暗殺】を受けた。
依頼妻の不義密通の代償に、愛人の男諸共始末する仕事。
・早速戦利品の多機能バイザー(DTBの黒の仮面)を装備。表情パターンは黒。
・以前入手した18式光学迷彩で姿を消して密会現場に潜入。
・ナイフで不器用に見えるよう殺害し、物取りの仕業に見えるよう金品を抜きとる。
 仕事の証拠の写真と装飾品、財布の中身289円を入手。
・酒場で顛末を報告し、証拠品と引き換えに報酬の500円を受け取る。
合計789円の収入。今回の仕事はチュートリアルだから簡単だった。
成功さえすれば今後もペナルティはない。後味以外は。――残金1502円85銭50厘
◇収支報告
 収入:789円00銭(総収入:2781円00銭)+抜けた20円70銭の出費
 支出:000円00銭(総支出:1295円85銭)+13日夕食代不明

■フラグ?
・【済み】マミが遊びに来る(こちらから呼ぶ必要あり)、放置すると潰れます。
・中嶋 昴 の連絡先を手に入れました。

十七日目:T-elos購入

17日(27) 17日-X(31) 番外:赤王フラグ
場所内容
■朝(28)
アパート本日はオフ。蘇芳を鍛えるのに優雅に10kmランニング。
・安価失敗で蘇芳が捻挫したので訓練は中止、おんぶイベント発生。
■昼(29)
研究所買物→研究所→Sfと一緒。
・自動人形T-elosを購入。(1500円消費)
・Sfを解析に貸す。報酬は金銭かLvAルーチン(800円相当)で前者を選択(400円報酬)
・Sfが夜まで出稼ぎなので夕食は自分でどうにかする必要がある。
武器店T-elosと一緒に武器屋へ。物品の売却。
・軍服セット 2個 20円
・PDAセット 7個 140円
・時計 4個 60円
・装甲ユニット 8個 80円  計300円入手(705円85銭50厘)
警備ロボ・自動人形用装備の購入
・1mm口径対戦車レイルガン
・熱振動徹甲刀
・精密作業用マニュピレーター 計550円で購入。(残金155円以下略)
野比さん情報。大地主でも警備ロボ数体なのに、遥かに高額な生体自動人形を個人で
3体も侍らせる”人形遣い”の噂。酒場の魔女が楽しそうに触れ回っている。
注目度がBに上昇しました(大抵の人が名前を知っている)
帰宅の途。T-elosは仕事先が変態企業IAI製品が集う魔窟だと知り不安を抱いた。
アパート(31)アイギスから数学を教わる蘇芳。増えた自動人形に驚愕する。
アイギス、競合企業製のT-elosを某ホイホイさんに対するコンバットさんのごとく牽制してやる夫を困らせる。
夜までアイギス、T-elosを伴い外出。スバルを仕事に誘いに行く。
喫茶店前回ホロの護衛で大暴れした店。店員の怯えた視線が痛い。
スバルの話では飲み物は凄く不味いけど、チョコパフェが美味しいとの事。ちなみにお勧めのドリンクは水。
スバルは明日から復帰らしい。夕方まで話し、一緒に遺跡に潜る約束をした。
・歩兵携行兵器を作ってた工廠遺跡に潜る約束。四日後の21日目を予定。
■夜(32)
アパートやる夫の出した宿題で狙撃教本とにらめっこする蘇芳。夕飯のグレードを賭けて小テスト。
住人の検索力のお陰で全問正解。鬼丸飯店での食べ放題コースが確定。
褒められてデレる蘇芳をアイギスが茶化して、またT-elosと喧嘩を始める。そんな喧騒を背中に手を繋ぎ外出。
・2人で食事をして、その帰りにSfを迎えに行きます。
鬼丸飯店(32)珍しく美輝が給仕をしている。ボロボロなので真紀子に説教されたらしい。
家には慣れたか?と聞かれ、慣れてきた、やる夫がいるから頑張れると恥ずかしい台詞で返すもスルー。解せぬ。
その様を見て、2人の関係性の変化を察した真紀子は少し微笑んだ。
研究所Sfの迎え。蘇芳の教育に悪い痴女(脱ぎ女)が出てきた。また空調が壊れたらしい。
自分の肉付きの悪い体に欲情する男などいないと主張する木山に、憎しみという感情を理解した蘇芳だった。
解析の終わったSfが空調を修理したお礼に50円入手。
酒場蘇芳、Sfと別れて一人で情報収集。
賑わう店内で酒盛り中の野原一家と出会う。昇級祝いで一杯奢ってくれるとの事。
・カン・ユーの依頼で自慢のカスタム装甲スーツを破損した刹那が落ち込んでいる。
・口喧嘩からロックオンの子供時代がオニギリだと分かる。
・修理費捻出の為の夜盗退治に誘われてOKした。T-elosとアイギスを連れて行くと伝える。
その場でいつものオレンジジュースを注文しようとした所から野原チームをやる夫=未成年ショックが襲い、
やる夫のトラウマにスイッチを入れる。ヤケを起こし、周囲の焦りを無視してアルコールを注文するやる夫。
初めて飲んだくれることになった。
・数時間後、同席した諸氏は彼の年齢には触れてはいけない、という事を深く心に刻んだ。
・ほぼ潰れたやる夫をSfが迎えに来た。ついでに刹那を以前に胸部増嚢を注視していた御仁との認識で沈めた。
・グデングデンの状態で帰って蘇芳にお説教をくらいました。
◇収支報告
 収入: 750円00銭(総収入:3531円00銭)+抜けた20円70銭の出費
 支出:2050円00銭(総支出:3345円85銭)+13日夕食代不明
 残金: 205円85銭50厘

■フラグ?
・【済み】18日に刹那と一緒に夜盗退治に行きます。
・【済み】イベント「暴君の欲望1」が後日発生します。屋敷を抜け出して赤王が会いに来ます。
・【済み】21日に昴と一緒に遺跡に潜ります。

十八日目:刹那と夜盗退治→ミントの護衛

場所内容
■朝(33)
アパート起床。昨夜の蘇芳の説教は夢? Sf「いいえ、夢ではありません」しかも録画データ付き。
ベッドに潜りこんでいたシャルロッテ。朝食はアイギス提案の懲罰的内容。やる夫「戦犯は貴様か」
T-elosとアイギスの漫才。やる夫のせいで昨夜が遅かった蘇芳の課題は本日お休み。
酒場酒場でマミと遭遇。(物陰から視線を感じたので声を掛け、仕事に誘われたが先約ありと即断った)
待ち合わせていた刹那がやってきて、マミの戦闘力(胸部的な意味で)に驚愕。
やる夫に断られ独逸語でぼっちを謡うマミを紹介すると、彼女も夜盗退治に同行することになった。
移動中刹那のトラックに乗り、装甲スーツを見せてもらう。完全カスタムメイドの特注品。
マミさんによる命名。修理が終わるまで装甲スーツは「ガンダムエクシアVL」と呼ばれることに。
仕事内容は廃墟に巣食った夜盗の掃除。
規模は20〜25人。低練度。軍払い下ろしの5.56mm突撃小銃装備。テクニカル2台配備。
報酬について相談。一人頭80円と拾得物を3人で均等に分配。やる夫組は人数が多いので
5等分にするかと聞かれたが、巷では自動人形込みで一人分の戦力と見られている事から遠慮。
人形達も自分達は道具であり主が請求しなければ装備の内だと主張して刹那とマミを納得させた。
(34)空気が悪くなったと焦ったマミが話題を振る。
取り敢えずまだ名前だけしか名乗ってないので、改めて自己紹介でも…と安価が取られたが、
どうしようもないネタ安価が取られてしまった為、ツッコミAAだけで終了してしまった。(了)
夜盗退治(36)夜盗アジト
まずはやる夫が先行偵察。相方にはT-elosを指名してアイギスをいじけさせた。
仮面を装着して敵地に赴くやる夫と人形達のクールなやり取りに、刹那とマミの厨二魂が叫びを上げる
 ((何これ格好良い…………!!)) 
ライフルのスコープを覗いた所、目当ての夜盗は貧相だったが、現れた敵の取引相手が大所帯だった。
軍用のジープとトラックが数台(計五台)に“雌甲虫”“女王虫”と呼ばれる大型装甲輸送車一台で推定30〜40人。
依頼内容を逸脱して戦っても報酬に見合わないと刹那が(安価で)撤収を決めた。
夜盗のテクニカルが近づいて来たので、隠密に不向きな刹那達を先に返してやる夫が残る。
撤退(37)
乗員を狙撃し、《テクニカル化された軽トラ》一台を奪取して悠々と帰還。
■昼
酒場(37)お嬢様の護衛
延期になった依頼に代わる仕事を探す。
仕事終わったのに何で付いて来るの?と自動人形達に弄られてマミさんがタジタジ。
マミが見つけて誘って来た、大地主の娘の護衛依頼を受ける事にする。
普段は警備でガチガチのお嬢様が、普通の娘のような庶民的な買物を体験してみたいとのお願い。
直援は元々護衛仕様のアイギス。皆目立つ格好なのでクライアントから街に紛れる服を借りた。
依頼(40)マミと一緒にミント嬢の警護。アイギス以外はバックアップに付く。
マミさん厨二モード。ノリノリで皆にコードネームを付け、自らは高所からの監視役でホークアイ(キリッ を名乗る。
クレープ屋の親父が護身用の銃を携帯しているのを見て、……ふぅ 引き金に指がかかりっぱなしだったわ…(ドヤァ
ミントの目的地であるファンシーショップにて、やる夫は何故か高価な撥鏤細工のパイプ(80円)を買ってしまう。
(40)恋人に贈り物→アクセサリ→豪奢な夜会服に似合う→パイプを。こんな組み合わせになるのも安価の妙か。
金が無いのにどうしてこうなった…(了)
(41)ミントの計らいで報酬増額され《1000円》入手。アイギスも《服》を貰った。(了)
■夜
酒場(45)マミや自動人形達と夕食。二人で4円20銭。
撥鏤(ばちる)細工の煙管を店主に贈ると、微笑んで交換に自分の嵌めていた《金の指輪》をくれた。
店主といい雰囲気だったやる夫にああ言う大人の女性が好みなのかと鎌をかけるマミだったが、
キングオブ朴念仁に通用する筈もなく、会話が膨らむ事無く終わってしまった。むーざんむざん…
アパート(67)赤王来襲! イベント【暴君の欲望】の開始。
留守を任せていた自宅は為す術なく侵略されていた。しかも当然のようにお泊りされてしまった。
美女美少女に可愛い小動物と、自分のツボを抑えたハーレムぶりに暴君はご満悦。
何でも、ストレス発散の家出先に選ばれてしまったらしい。
「妹共は口うるさいし可愛くないし胸部装甲不足だしで〜」
赤王様に背中を流すようにと風呂場に引っ張り込まれたやる夫が燃え尽きて一日終了。
残金: 約1120円65銭50厘
※テクニカルの駐車場代で1日1円引かれます(酒場近くの貸し駐車場にて)
 収入:1000円00銭
 支出:  85円20銭

十九日目:暴君と遺跡

(68)http://jbbs.livedoor.jp/otaku/12368/storage/131997...
場所内容
■朝
アパート裸で眠る赤王様がSfに身支度を手伝わせて起床。
薄手のシャツとタイトなジーンズというラフな服装は本人的には変装のつもり。
※いつものドレスに見えるのはAAの都合です。
朝食後、暴君の目的
・飽きて家を飛び出てきた。準二級遺跡に絵画を取りに行く。
・一人では暇だし寂しいので誘いに来た。拒否権はない。
・自分も腕には自信がある。胸が薄くて胸板の妹共には負けるが。
方針検討
助っ人を呼ばず、Sfと不向きだがアイギスを連れて行く。
安価で不安な編成になってしまったので、火力不足のアイギスに武器を買う。
武器屋・《5.7mm×28短機関銃》(サプレッサ・ロングマガジン装着)
・7.62mm狙撃ライフルに《サプレッサーとバイポット》追加
・《チャフグレネード》×5
・《5.56mmマニュピレーター》を購入 合計415円を支払った。
アパート装備変更
Sf:20mmバルカン→レイルガン
Aegis:9mmマシンガン腕→5.56mm腕
メタビーがその内でいいからと、フルアーマー化か装備の更新を希望した。
お出かけ前に
蘇芳の課題に狙撃教本を渡し、テクニカルで赤王様の求める遺跡へお供する。(了)
準二級遺跡現場説明
・大戦前の富豪の邸宅。二階建て。軽装から中装の警備ロボットが8体と予測される。
・警備が厳重な割に実入りが少なそうなので人気がない。
玄関
まずは、やる夫が先行して偵察&ハッキング。
・見取り図・警備状況・警備シフトを確認。
・警備システムを掌握したが、警備ロボットは単独の警備ルーチンで稼働していた。
・タレットの無力化、各部屋と貴重品管理箱のロックを外すに留める。
 (貴重品箱=書斎の金庫、コレクション部屋のケース)暴君達を呼び探索開始
一階左翼
・格闘型の軽装警備ロボ(KWGタイプ)1体をハッキングで捕獲。
 暴君曰く、中々味があるKBT型と違い、こちらは無骨で好みではないらしい。(了)
(69)
・警備室で地下バンカー(核シェルター)の開閉コードと幾つかのアイテムを手に入れた。
 ・《9mm拳銃》 二挺
 ・《12ゲージオートショットガン》 三挺
 ・《5.56mmアサルトライフル》 二挺 ※銃器類は弾薬も入手
 ・《大容量記憶装置》
 ・《中容量記憶装置》
・使用人室を漁ったが朽ちた執事服しかなかった。右翼倉庫は朽ちた日用品だったのでスルー。
・キッチンでSfが黒ずんだ 《銀食器セット》 を手に入れた。
・好奇心に駆られた暴君とアイギスが1000年物の冷蔵庫を開いてしまう。
 IAI製業務用冷蔵庫“剛健”は1000年食品を保全したが、既に機能停止して数年経っていた
 地獄の腐臭に暴君がショックを受け、避難して回復まで30分を要した。
二階へ
スナイプで警備ロボ2体の残る一階右翼を無視して二階を探索。
廊下で軽装型警備ロボ2体と遭遇した。チャフグレネードで補正を上げ左翼側にレイルガンを発射。
敵機2体を破壊したが、1mmレイルガンの轟音により屋敷中の警備ロボを呼び寄せてしまった。
(マミの武装のイメージで、Sf用レイルガンの威力を誤認していたのが安価の判断の原因)
(70)
・二階右翼から駆けつけた軽装型2体を暴君が判定不要で瞬殺。一体は縦に一刀両断。もう一体は頭部破壊。
・一階から飛び上がって来た軽装型2体はアイギスの5.56mm弾幕の餌食に。
・二階左翼別室で生き残った軽装型最後の1体が扉を蹴破り出現。運悪く扉に当たり転倒したSfを越えてやる夫を
 襲ったが、ギリギリの判定でPDWをカチ上げて重心を崩して転ばせ、Sfがレイルガンのストックで頭を砕いた。 
・屋敷に残る7体の警備ロボを一網打尽にしたが、「少々強引に過ぎたのでは?」と暴君に指摘されてしまった。
・敵の突破を許してしまったSfの謝罪。不測の事態で責める理由はないが、彼女の矜持がそれを許さない。
 セメントで告白され、やる夫とのやり取りでヒロイン力が上がった。「在るべき婦人(Sein Frau)の名にかけまして」
アイテム回収
二人の様子にいい物見たと機嫌の良い暴君に二階書斎とコレクションルームの探索を任せ、
やる夫は警備ロボの残骸を回収する。
・完品1 小破2 中破3 大破2の計8体。
・単なるパーツ剥ぎで終わらせず、ジャンクから共食い修理でもう一体完品をでっち上げる事にする。
 しかし、やる夫の家は後一体で許容量一杯。もう一体は売らずに誰かに押し付ける事とする。
・蘇芳の直援兼教育係に一体(大容量記憶媒体仕様)、マミの前衛に一体(中容量記憶媒体仕様)で仕上げる方針。
 中容量ではメタビーほど感情豊かには成れないが…まぁ、いいんじゃね? 多分。 →(26)ネタのフラグ?
 ・《軽装甲型警備ロボ》 2体 を入手した。(改修作業は戻ってから)
・また、余剰パーツから以下を回収した。
 ・《精密部品ユニット》 5個
 ・《装甲ユニット》 5個
 ・《低容量記憶媒体》 2個
 ・《焦げた精密部品ユニット》 8個
目当ての真作を漁ってご満悦の赤王から、書斎の金庫にあった
 ・《研磨済みの宝石の詰まった小袋》 を下賜された。
続いて一階右翼の探索はせず、地下バンカーへ。
豪華な内装のシェルターには、自殺したらしい主の骨と暴君の眼鏡に叶う小さな絵画があった。
その裏の金庫から、
 ・《皇紀3000年記念10万円金貨》 10枚を入手した。(暴君は自分の分5枚を確保済みしてやる夫に下賜)
帰り際
暴君から、そういえば忘れていたと報酬の入った封筒を受け取った。《3000円入手》
そして、エスコートした者に金品だけでは風情がないと、手の甲に口付けする栄誉を賜った。
イベント【暴君の欲望】を終了します。好感度C→B(余に尽くすが良い!)に上昇!
アパート
【蘇芳視点】
一方、自宅では蘇芳が狙撃教本に頭を悩ませていた。
Sf達とリンクしているメタビーは忙しく、T-elosは家庭教師には不向き。補助役がいなかった。
そんな折、暴君の妹アルトリアが酒場の主に愚姉の居所を聞いて訪ねてきた。(昼の三時頃)
やる夫が家に預けていた手紙を読んで状況を把握、暴君の帰宅まで草薙家で蘇芳と待つ事になった。
最初は緊張していた蘇芳だが、徐々に打ち解けて少々硬い所はあってもいい人だという印象に。
世間話などしつつ家主の帰りを待つ二人の傍らで、自動人形と警備ロボットは適度にお茶汲みしつつ
また面倒くさいことになったと主が帰宅した後の騒動を想像して擬似感情を重くしていた。(了)
アパート6時頃に帰宅。
まだ3日ばかり居座る予定だった赤王だったが、扉の向こうに胸の薄い妹の気配を感じ逃走を図る。
しかし回りこまれてしまった。荷物片付け中のロボ達と茶を啜るやる夫の横で、赤王様が正座で説教モード。
外出着を借りようとしたら胸がキツくて入らなかったと当人に余計な一言をこぼして襟首捕まれ連行されて行った。
赤王の荷物は皇国軍人達が敬礼して運び出していった。
蘇芳の授業
夕食前にこれまでのおさらい。
・ハンデで片手のやる夫と拳銃の組み立て勝負 →ギリギリ勝利! 蘇芳は 銃器取り扱いLvE を習得した。
・狙撃用語の意味を確認し スポッターLvE遠距離狙撃LvE を習得した。
警備ロボの改修
脳殻と胸部ユニットを開き内部情報を書き換えながら、記憶媒体を容量の大きいものと交換。
・蘇芳の直援のAI設定は、女性型で冷静の弱に(セメント系女秘書)
・マミに渡す機体のAIは、性別のみ設定で男性型に(冷静副官系) ※中容量なので性格設定までできない。
やる夫が手を出せる作業は終わったので、仕上げはSfに任せる。やる夫が風呂に追い立てられ一日終了。(了)
所持金 3704円65銭50厘
※テクニカルの駐車場代で1日1円引かれます(酒場近くの貸し駐車場にて)
 収入:3000円00銭
 支出: 415円00銭

二十日目:マミさんが遊びに来る&蘇芳の初実弾訓練&メタビー改装

(71)http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12368/1...
(72)http://jbbs.livedoor.jp/otaku/12368/storage/132169... Sf先生の武器解説講座
(74)http://jbbs.livedoor.jp/otaku/12368/storage/132231... ゾンビのぷちQ&A
場所内容
■朝
アパート蘇芳に修理の済んだ二体の警備ロボが売り物ではなく、蘇芳の補助・教育係だと伝えて絶句させる。
蘇芳にインプリンティング等の説明をして黒い方の起動作業をさせた。
一方、マミ用の白い警備ロボは記憶容量不足から日本語が入らず独逸語フォーマットになったと報告された。
起動したブラックスタッグ(英国製)がSf(独逸製)と喧嘩を始めた。支社の違うIAI製にはままある事らしい。
本日の予定はオフ。
マミを呼んでロクショウをプレゼント。そして蘇芳に狙撃を教えて貰う為メールを送る。
酒場
【マミ視点】
難しい顔で何事かを熟慮しているように見えるマミ。実力者として知られる彼女の威厳に周囲は近寄れない。
その実、やる夫が来たら一緒の仕事を取ろうと待っていたら時期を逃して途方に暮れていただけだった。
ボッチの神髄ここに極まれり。そこへやる夫からのメールが届き、以前から待ちわびていた自宅への招待と
知って一も二もなく飛び出していった。周囲は大きな仕事でも来たのだろうと羨望の視線で見送った。
アパート蘇芳、何でも教えられるというブラックスタッグに男の落とし方を尋ねる。
ジョークが通じず、セメントで物理的な意味での落とし方(初歩の暗殺術)の講義が始まってしまった。
一方、やる夫は幼少期に似たような授業を受けたとか、装甲化した牛を倒すのに使うから携行ロケット砲は
農具の一種だとか、感覚のズレた「普通の農家」の体験談で自動人形達にツッコミを食らっていた。
マミ到着
ケーキ持参で大急ぎで来たマミを迎え、蘇芳を弟子にした事を改めて伝えた。
マミは応援してくれたが、蘇芳はマミの胸の質量が気になっていた。マミに警備ロボを譲る件を伝える。
最初は遠慮されたが、やる夫の言葉の中でぼっち魂に響くものがあり、マミは了承。
起動した白のロクショウ級に、Schneelein=シュネーライン(雪の子)という名を与えた。
マミ「ちゅ、中二病とかやめてもらえるっ!? いっしょうけんめい考えたのっ!」 (了)
昼食(73)
続けて蘇芳用の黒のロクショウに名前付。マミが提案したいくつかの内から、Noir(仏語で黒)を選択。
名前の話で再びアイギスがT-erosに突っ掛かり壮絶な殺陣が開始される。
人形たちを傍目に、シャルロッテがマミに興味を示す。
マミはやる夫がミュータントをペットとして飼っていることは特に気にしていないようだ。
結局マミがシャルにクッキーを上げたことで、シャルに「美味しい物をくれる人=良い人」の単純な式が成立し何事も無く終了。
ダレかがナニかを期待してたような展開はございませんよ?
昼食後
午後の予定を決めかねているところでマミが何か言いたそうだったので話を振る
カップとソーサーをカチャカチャ言わせながらも、マミが勇気を出してやる夫に《隊商の護衛》の仕事に誘う
仕事の難易度は低いため蘇芳の初仕事として丁度良く、隊商が向かうハヤタは大型港湾都市であるため色々買い入れが出来る
明日は昴との仕事があるため、明日以降ならということで仮承諾
隊商の出発は四日後。期間は行きに一日、ヤハタで三日、帰りで一日、計五日の予定
魅力的な提案であるが家を長期空ける必要があり、また蘇芳をどうするかでやる夫は悩む
四日間で蘇芳が最低限使い物になるよう仕込むことを前提に、提案を正式に受諾
マミは隊商に話を通すため、シュネーラインを伴って帰宅。シュネーラインは大切にすると言っていた
マミ帰宅後
初仕事、ということで銃と弾の重さを感じ、色々と考える蘇芳
決意して、「銃の撃ち方」ではなくそれにより帰結する結果「人の殺し方」をやる夫に教えてくれるよう頼むのだった(了)
街の外の荒野蘇芳の初射撃練習(74)
15m先の空き缶に夕方まで22口径を撃ち続け、マガジンを十五本も消費した頃に最後の一発が命中。
(判定1P差で)蘇芳のスキルが、銃器取り扱いLvE(スレでは射撃LvEの表記)から銃器取り扱いLvDに進化した。
■夜
アパート夕食後、蘇芳と会話
NOIRと算数を勉強しているので邪魔にならない程度にマミの話。蘇芳の狙撃指南を頼むつもりだった事など。
欲望安価でマッサージと出たが、体力のある蘇芳は疲れていないので、寝る前の柔軟体操に付き合う。
 蘇芳「あいだだだだ! 無理っ!! やる夫みたいに一八〇度開脚出来るのは一部の人だけだから!!」
夜8時
蘇芳は早々に寝床に引込み、残りの時間をどう過ごすか。
・Noirに手持ちの装備で欲しいものがあるか聞くと、《高出力熱単分子カッター》を希望したので渡しておいた。
・剣士LvAのT-elosに《熱振動徹甲刀》を渡そうとすると、内臓の《単分子ブレード》の方がいいと拒否されてしまった。
・続いて、本人と相談しつつ、メタビーフルアーマー計画発動
 ・左腕の単分子カッターを《高出力熱単分子カッター》に変えようとすると、やはり格闘戦は無理があると止められた。
  ルーチンを射撃重視に変えて、換装先も射撃武装にして欲しいとの希望を告げられる。
 ・遊んでいた《小口径チェインガン》を警備ロボ用にカスタマイズして、メタビーの単分子カッターと交換した。
 ・更にアイギスに手伝って貰い、装甲ユニット8枚でフルアーマー化。頑強がB→Aに上昇、俊敏がC→C-へ下降した。
夜10時
念願のアップグレードに大はしゃぎで皆と話しているメタビーに感想を聞くと、非常にバランスの取れた仕上がりに大満足だという。
そこから各機の戦闘の得手不得手に関する話題になり、最後は毎度の掛け合い漫才になった。
(騒がしくしたので、主の安眠を心配するノワールから文句を言われた)
やる夫はこれもまぁ楽しいな、と困ったような楽しそうな溜息を漏らしていつも通りの脅しで黙らせ、寝床に就いた。
寝床にはすでにシャルが潜り込んでいたが、もう何も言わなかった。(了)
所持金 3703円65銭50厘
※テクニカルの駐車場代で1日1円引かれます(酒場近くの貸し駐車場にて)
 収入:0円00銭
 支出:0円00銭

二十一日目:昴と遺跡、軽装甲車購入

(75)http://jbbs.livedoor.jp/otaku/12368/storage/132257...
場所内容
■朝
アパート朝五時に起床。やはり主を起こせないことにSfは少し残念そうな顔をしていた
着替えて朝食。ノワールにたたき起こされたであろう蘇芳は眠そうに船を漕いでいた
今日は第40983号四級遺跡に昴と仕事に出かける。09:30に酒場前に集合で、片道1時間の移動距離。
攻略後の予定は未定
仕事に行っている間の蘇芳の訓練メニューを思案し、安価により長物(5.56mm小銃)を撃たせることに
ノワール自身は武装として持っていないが教える分には問題ないそうだ
肩を痛め無いようアドバイスをし、コネ作りを兼ねて少し早めに酒場へ出かける
今回のツレはSf、T-elos、メタビーの三名。アイギスは自宅警備員
やる夫の装備は5.7mm×28短機関銃をメインにナイフとサブを二挺、後は手榴弾を適当に持っていく
酒場さすがに人形を三体も連れて歩くと目立つがきっと気のせいだ
見たことがある金髪の女性が男にアッパーカットして仕事の紙を奪っていた気がするがそれも気のせいだ
昴が来るまで時間があるので知り合いを探してみると、60スレぶりにどこかで見た黒髪の女性と再会
女性の名はラゼル、ツレにアルゼイド、バロックヒートという男がいた。ある目的で旅をしているらしい。
やる夫の顔を見るなりラゼル中心のどつき漫才が始まったが、便利屋であって決して旅芸人ではないそうだ。
旅の目的はマッチョになるこt…ではなく、人探し。青い目に 黒い長髪の女を探しているそうだが心当たりはない
結局彼らの漫才で二時間潰れた。しかもやる夫の名を聞かずに去って行った。
※【旅の漫才トリオ】と知り合いになりました 好感度E(あ、やべ、名前聞くの忘れちった……)
時間は9:00、もうしばらくすればスバルも来るだろう(了)
スバル到着(78)
早速遺跡に向かうが、自前の車があるので送迎車は不要と伝えると感心された。
しかし現物の過度のオンボロぶりに引かれた。これだけボロだと機械化人でも腰に来るらしい。
占拠遺跡(襲撃)10:30
軍需工場跡だが夜盗に占拠されて重要度が低いことから軍にも放置されている下級の遺跡。
駐車場に古びたトラック4台と粗雑なテクニカル2台が駐められている。
装備は密造品や強奪品の信頼性のおけない物、練度も当然のように無いに等しい。
のんびりと過ごしている夜盗達の見張りをやる夫が小高い丘から無音狙撃で可能な限り血祭りに上げ、
その援護でスバルとT-elosの接近戦スペシャリスト二人が反対側の岩場から侵入する作戦。
狙撃祭り開催のお知らせ。
400m離れた丘に陣取り、ライフルを二脚で固定し地に伏せて風を読む。30分後に状況開始。
安価が猛威を振るい、最後まで発見される事無く屋上と駐車場の見張り6人の排除に成功した。
逃げるモヒカンを殴り壊す係だった前衛二人は、仕事が無くなったのでそのまま侵入に移行。
やる夫もSfに後を任せ、二人の援護に裏口に周る。
一方、前衛組は行きがけの駄賃に敵車両のタイヤをパンクさせ工場に突入。
小窓から《閃光手榴弾x2》を放り込んで機先を制し、内部の夜盗を殲滅する。
キレのよい動きで暴れるスバルは小さな爆弾のよう、T-elosも小さな竜巻の如く素早く夜盗を斬り刻む。
一方的な虐殺が続き、数分でモヒカンを全滅させた。
直後、二階の猫走りから数人の増援が現れたが、裏から来ていたやる夫にPDWで撃ち抜かれた。
排除数はスバルが9人、T-elosが12人。裏の事務所部分を始末していたやる夫が8人+α。
外と合わせて35人強始末し、賊を全滅させたかと思った時、外から轟音2発。逃げ出そうとしていた
テクニカルとトラックが二台、Sfのレイルガンで綺麗に運転席のみを撃ち抜かれて大破していた。
 「……ほんと、完璧すぎて怖いお 家の従者は」
今度こそオールクリア。……よく見るとメタビーの仕事がなかったが気にしてはいけない。(風呂休憩)
■昼
占拠遺跡(探索)探索
侵入前に夜盗達が何やら騒いでいた倉庫に、暴行と陵辱の跡のある生存者の女性を発見。
やる夫が見た裏口には拷問の跡がある男の死体が4つあったので、その一行の生き残りと思われる。
別に助ける義理はないが、謝礼が出る場合があるので連れて帰る。
しかし車が足りなくなるので夜盗のトラックを拝借しないと誰か一人置いていく事になる。
一方その頃、メタビーは仕事がなくてぼやいていた。
彼は戦法に合わないのと隠密出来ない事から車の警護役。ついでに描写も忘れられていたそうな。
とりあえずはSfを呼んで、メタビーとテクニカルを回収。(やる夫の他に運転できるのはSfだけ)
まずは駐車場のトラックを検分する。
《古い民生用のトラック》の一台が当りで、隊商から奪ったままの物資(日用品)が満載されていた。
Sfとメタビーにタイヤ交換を任せて中に戻る。重力操作があるのでジャッキが無くても簡単に済むだろう。
内部では夜盗が手を出せなかった電子ロックの金庫の前でデコーダー片手にスバルが唸っていた。
代わりにハッキングして開けてやり、無事スバルの目的である《試作型機械篭手》を入手。
感謝も兼ねて、残りの遺跡の儲けはやる夫が総取りしていいとの事。取り敢えず遺跡を漁る。
遺跡には碌な物がなかったが、夜盗達の運営資金らしい《500円》を入手した。
(夜盗の武器も見たが保存が悪く、手入れされていてもガラクタばかりだった。)
世界が目を覚ます
気を失っている間に屠殺場になっていた周囲とやる夫の姿に怯える女性に、同じ女性の昴から説明して貰う。
女性は【西園寺 世界】と名乗り、4級の同業者で隊商の護衛をしていて拉致されたのだと語った。
(古い依頼にあった夜盗に攫われた女スカとは別件、そちらはもう手遅れとの事)
偶然自分を助けたのが噂のやる夫と知って驚いたらしい。
 「草薙やる夫って……今一番名前が急上昇してる若手の…! 人形遣いっ!?」
恥ずかしい異名が順調に定着している事実に、やる夫の背にじんわりと嫌な汗が浮かんだ。
そこへ、遺跡に近づく車両があるとの報告。民生品のトラック二台、敵か味方か分からない以上攻撃は出来ない。
既にこちらのタイヤ交換は終了しており、準戦闘態勢で様子を窺う。さて、どうなるか…(了)
チーム【デイズ】との接触(79)
トラックから降りてきたのは、軽装防弾甲冑を纏った数人の武装した人物達。動きに多少の統制が見られる。
メットの下から現れたのは、荒事よりも女衒屋でもやっていた方が似合いそうな美男子だった。
彼はチーム デイズのリーダー、2級スカヴェンジャーの【伊藤誠】と名乗った。仲間の救出に来たらしい。
3級のやる夫が対等な口を訊いた事に不快を示す誠だが、世界の生存を知ると礼も言わずに飛び込んで行った。
三文芝居のような陳腐な再会シーンを展開する誠と世界を横目に撤収の準備をする。
スバルが冷めた目で【女殺し】かと呟いた。何やら評判の悪いスカヴェンジャーらしい。
落ち着くと、偶然なら謝礼は不要、引き上げるならこの遺跡も好きにしていいだろうと厚かましい要求をしてきた。
当然反発するスバルだが、やる夫は同調せず、礼も言えない小物の相手をする必要はない。
残飯ぐらいくれてやれ、些末な事だ、と背を向けた。スバルもやる夫の意図に乗り背を向ける。
この態度に相手の取り巻き(澤永)が声を荒らげたが、無言で装填音を響かせるSfとメタビーに誠が下がらせた。
デイズの連中に睨まれながら、捨て台詞で見送られる。「何でもねぇよ 行っちまえ格下が(誠)」
剣呑な視線に囲まれながら車に向かう途中、相手メンバーの女が一際冷えた目でこちらを見ていたのに気付く。
巨大な対装甲兵器用熱鎖鋸を持った濁った目の女(桂言葉)が静かに佇んでいる。嫌な目だと視線を外した。
乗ってきたテクニカルの運転をSfに任せ、クッションのマシな戦利品のトラックで帰途につく。
帰り道
今から帰ると夕方前だろう。取り敢えず今日は良い具合に仕事をこなせた、最後のゴタゴタを除けばだが。
(安価で誠相手に引いたのは住人的には厄介事を避ける為だったが…)
助手席のスバルがデイズの評判を教えてくれた。金払いがよいので取り巻きからは有り難られてるが、
元々は貧民街のゴロツキが集まってごちゃごちゃやっている内に成り上がったチームで、
暴力は当然、影での強姦やり放題、女ったらしのリーダーが単独で活動していた女スカヴェンジャーを
誑かして引入れたりと、金払い以外では殆ど最悪に近い行動の数々で同業者間の鼻摘み者だという。
しかし数が多く、ある程度戦力もあり、金も持っているので擦り寄る者も多いらしい。
 「……どーでもいいこったお、こっちに武器を向けない限りは」
話を聞いても興味なさげに、無機質なガラスのような瞳で答えるやる夫にスバルは凄まじい怖気を感じた。
これは殺しに慣れた人間の目だ、必要があれば如何なる手段を使っても相手を排除できる人間の目だと。
同時に頼もしさも感じた。きっと、この男は自分よりも大きな事が出来るのだろう、と。
街に戻ると、スバルは家で相方と夕食だと元気よく帰って行った。一緒にどうかと誘われたが今回は断った。
※スバルの好感度がランクアップしました。好感度D→C(ちょっと怖いけど友達)
 一部イベントへのフラグが解除されました。
街の市場午後3時過ぎ
予めスバルに雑貨やトラックの買取先を聞いておいたのでそこへ向かう。
(今乗ってる車は維持するほど良いものでもない)
・まずは日用雑貨のコンテナを売りに市場を取り仕切る商家の持ち込み所へ。
 割安だし手数料も取られるが、武士の商売よりはマシらしい。手際よく査定され《210円》で売却した。
町外れのガレージ次は各種車両の修理・販売・改造を手掛ける町外れのガレージへ。
 工房の主は某最強のエンジニアこと【アイザック・クラーク】
 頭部まで覆う航空宇宙軍船外活動工兵のエンジニアスーツが異彩を放つ人物。
 状態の酷いテクニカルとそれよりマシだが古い民生トラックの査定は15円と80円と安かった。
 両方処分で下取り価格(100円引き)にして貰い、新しく車を買うことにする。
 選ばれたのは3000円の《軽装甲車》。軍払い下ろし品で高いだけに物はいい。《2900円》で購入した。
 機嫌よく車の説明を始めたアイザックに魔改造(追加装甲)の話を遠慮し、工房を後にする。
 ちなみにこの時代には珍しく、半年の保証期間(半額修理)付きだった。
午後四時頃
この後の予定は、駐車場の契約・武器屋で不要品の売却・赤王に宝石と金貨の売却先を紹介して貰うの3つ。
・喪黒不動産で駐車場の契約。自宅から徒歩数分圏内。安い露天型(5円)や屋根付き(9円)もあったが、
 一番高いのでも大差ないので《月15円》の密閉型のガレージを契約した。支払いはその場で。
武器店一旦家に戻り、荷物を持って装甲車で乗り付けると日に日に豪華になる状況にノビさんに妙な目で見られた。
 「……またえらいのに乗ってきたな。」
以下を売却
・《9mm拳銃x2(遺跡で拾った)》
・《12ゲージオートショットガンx2》
・《5.56mmアサルトライフルx1》
・《腕部据え付け9mm短機関銃》
・《単分子カッター》
・《高出力熱単分子カッター》
・《高硬度破砕マニュピレーター》 状態がいいので多少色を付けてくれ、全部で《400円》入手した。
50Calの弾丸も購入
・換えのボックスマガジン三個と弾丸を鉄箱のケース二つ分、合わせて《15円》支払った。
恒例の街の噂パート
今回はやる夫が魔女に贈り物(象牙のパイプ)をしたことが随分な話題になっているらしい。
 ・目立ち過ぎるのも考えものだが、駆け出しを自称するなら名を売るのも損はないか。
 ・しかし何だ、ああいうのが好みか? 確かに美人だが、坩堝に手を突き込むのはオススメできんな。
 ・付き合いは長いが、本人がはぐらかすので魔女の情報は極端に少なく、自分も詳しくは知らない。
愉快気に口の端を歪め、色々と教えてくれた。なんだかんだと心配してくれているらしい。
 「程ほどにしとけよ。死んだら元も子もない…お前はもうお得意様だからな。しっかりいい金づるを続けてくれよ」
※店主からの好感度がランクアップしました。好感度E→D(お得意様)
 一部イベントのフラグが解除されました。(了)
■夕方
一方その頃(80)射撃練習中の蘇芳とNoir
・5.56mmアサルトライフルのノルマを終え、22口径の練習中。昨日よりいくらか進歩していた。
・Noirからサイドアームの重要性を聞き、スラム時代の用心に通じる物と理解する。
・吐いた唾は飲み込まない、必ず己の力で立ち、胸を張ってやる夫の隣に立つのだと蘇芳は決意を新たにした。
貸しガレージのT-elosとメタビー
・アイギスが拗ねる前に先に帰れとガレージの施錠を任された二人。
・自宅の倉庫の荷物を移してもいいと、ガレージの空きスペースの有効利用について楽しげに語り合う。
・本人達はAIと言い張っても実に人間的なおしゃべり。結局の処、AIと人間の自我にさしたる差などないのだ。
暴君の屋敷・チェスで対戦中の赤と白、劣勢の白につい助け舟を出すやる夫。ムキになる赤白にどっちもバカと呆れる黒。
 最終的には、胸と同じで頭脳でも自分に軍配が上がったと赤王が勝ち誇った。
・赤王に先日の宝石と金貨の換金先を聞くと、個人的に気に食わない相手だが、自分並の好事家であるギル様
 がヤハタにいると教えてくれた。おべっかに弱いので、工夫すれば値を釣り上げられるかも知れないとの事。
・夕食に誘われたが、そろそろ蘇芳がお腹を空かせてる頃なのでお暇した。(了)
■夜
自宅
(80)(81)
自宅に戻ると、先に帰宅していた蘇芳、メタビー、T-elos、ノワール、アイギス(裕福順)が大富豪で遊んでいた。
蘇芳は小さい頃、食料を賭けて死ぬ程やっため得意で、都落ちルールありでも大富豪のまま六連勝で完封。
やる夫は種を使わないイカサマなら一通り可能、父親には通じなかったらしいが。でも賭け事は嫌いなのでやらない。
 アイギス「だったらなんでこんなヤクザな仕事を……」 やる夫「趣味」 メタビー「よく考えるようで短絡的だね」
今日の蘇芳の練度は、静止目標に対し小銃で12.4%、拳銃で31.4%。もっと修練が必要である。やる夫曰く、動体目標に六割で一人前。
 アイギス「弾幕はパワー」 T-elos「しっかり当てるのは別問題」
 メタビー「俺はどっちも出来るけどね」 Sf「口径、弾幕、制圧力すべての面で私が最強」
……自己主張の激しい人形たちである
夕食(とその後)Sfが夕食の皿と一緒にシャルを重力操作して持ってきた。お腹がいっぱいになると
定位置のやる夫の膝の上で丸くなる。その姿は本当に赤ん坊か小動物のようだ。
食後、蘇芳と人形たちは再びトランプを始めた。今度は七並べだが、やはり蘇芳が圧倒的だった。
ゲームで勝つのは性格の悪いもの。パス続きの人形たちを前に、蘇芳が実にいい笑顔である。
確率論と常に最善の行動を前提に判断する自動人形は、人間との読み合いでは分が悪い。
午後七時過ぎ
遊びの邪魔にならない程度に人形たちに現状の装備について聞いてみたが、全員ルーチンの高性能化を希望
装備の更新を希望したのはSfとアイギスだけであった。装備は大体満足しているらしい
Sfが言うには、重力操作を用いて小火器を滞空させるには銃火器取り扱い技能は不要らしい
続いて蘇芳にデイズについて知らないか質問
「金払いがよく、仕事後に貧民窟の酒場やら売春窟で盛大に金をばらまいている」「なので横暴、ガサツな態度以外は受けはいい」
「犯罪行為は隠れて行い、バレても軍人に金を握らせている」「伊藤誠はスラム出身で這い上がった人間。チームの構成もスラム出身が多く粗暴で、犯罪傾向が高め」
場合によっては遺跡でかち合った相手を事故に見せかけて殺したりと結構なこともしている模様
誠の側に居た女は、重戦闘サイボーグとの噂がある。戦闘サイボーグは物によっては対物ライフルにも耐え
頭を潰しても大丈夫だったり、硬さと反応速度と身体能力は純戦闘用自動人形並だったりと盛りだくさん
 蘇芳「……なんかずっこいね」
とりあえずやる夫はできるだけ関わらないようにすることを心に決めた
ひと通り話しも聞いたので、夜の酒場に繰り出すことにしよう(了)
(81)
安価によりSfが同伴することになった。帰りが未定というと、蘇芳は少し口を尖らせた。
体力や体の使い方も気をつけ始めている。良い傾向なので、そろそろ本格的な近接格闘術を仕込んでもいいかも知れない。
賑やかな夜の街を奇異と羨望と欲望の視線を受けながら歩く。
 「……まぁ、私は見られても何とも無いですが。シリンダーから人工筋肉節の一つまで余さず主の物ですので」
ゾンビが混ぜた萌え台詞は、運悪く別ネタに突っ込んでいた住人達にスルーされた。
酒場まず魔女の前に座った。先日手渡した煙管を軽く掲げつつ邪悪な笑みを浮かべながら挨拶される
安価で似合わない世辞を言ってみるが余裕のスルーでした
数日後に家を幾日かあけるので、警備に使えるものに心当たりがないか尋ねてみる
 ・ノビのところで買うか、屑山を漁ってタレットを探せばいいとアドバイスを貰う。
 ・鍵の増設なら鍵屋、警報機も官営武器屋で売ってるそうだ
あのボッチ(マミ)まで警備ロボを連れているので最近の流行りだろうかと魔女。
そんなことより、と魔女から玩具が欲しくないかと提案される。安価によりYES
どう見ても暗器の類です、本当にありがとうございました
《遅効性毒アンプル×1》、《硬質プラスチックナイフ×1》、《空気圧銃×1》、弾丸3マガジンを購入。《251円》ナリ
魔女との会話を終え、カウンターの端(ぼっち席)へ移動する。すると背後から気配が・・・
末尾ランダムで久しぶりにライダー登場。勧誘と言う名のお話が始まる(了)
蛇との会談(82)
ライダーの言葉に従い後ろをそっと見ると、見慣れぬ男がこちらを伺っていた
【下級スカヴェンジャー相互互助会】の斥候らしい。
今までやる夫を勧誘する間が無かったため、今もそのタイミングを伺っているようだ
下級スカとってはかなり頼りになる組織らしいが、最近は報酬のピンハネやらでブラック化が進んでいるらしい
それに比べてライダーの所属する組織はとっても優良・・・らしい。
とりあえずチームの規模や構成員の数、仕事内容、待遇などを尋ねることにした
 ・ライダー自身は準一級のライセンスを持つが、あまり遺跡発掘とは縁がない
 ・チームに名前は無く、娼館や大きな賭場を取り仕切る人間が連合した物の支部。
 ・軍が横暴をしないように寄り集まったのが組織の大本で、命令系統は支部内で完結している。
 ・主な活動は諜報(情報収集、操作、撹乱)であり、街の均衡維持・商売基盤の保全が第一目標。
  主にその手の依頼を受けることと、魔女に関わりあう仕事(暗殺)。
 ・軍がこちらの商業圏に食い込もうとしているので仕事には困らない。
 ・構成員は無数、裏での実働員はほぼ全てが腕利きの諜報員か暗殺者。
 ・言うなれば裏社会を組織的に管理する巨大マフィア的なもの。(赤王、冥王、ヒロシ、超電磁砲とも連携)
 ・流石にトップの顔が割れるのは問題なので教えられない。知っているのは腹心の自分を含め数人。
表立った火力は持たないが、町に根深く食い込んだ情報網と一撃では破壊出来ない連携、それが組織の強みである
所属した場合のメリット、デメリットは以下のとおり
メリット
・仕事一つ一つの報酬単価はかなり高い(安くても500円は下らない byゾンビ)
・裏社会のみならず、非常に強力な情報が得られる
・組織に所属することで自分を護るものと、敵への牽制になる
・経費で家賃と弾代が落ちる
暗殺者とか響きがカッコイイ←重要
・仕事で拘束されない間は基本的にフリー
・酒場や娼館で割り引きサービスなんかが受けられる
デメリット
・裏の仕事なので繊細な対応が求められる(状況判断のまずい安価が取られるとヤヴァイ)
・稀に仕事で拘束されることもある(週1で半日程度の仕事 byゾンビ)
・失敗したら護ってはくれない
・守秘義務など多数
 
ゆっくり考えてください、と言い残してライダーはやる夫の分も奢る形で立ち去った。
魔女がこちらを凄く良い笑顔で眺めている……疲れたので今日は帰ろう……
さっき自分たちを観察していた男が急いで立ち上がったようだが、面倒くさいので無視(了)
所持金
  1633円65銭50厘
 +:遺跡500+雑貨210+武器400=1110円
 −.:装甲車2900+車庫15+弾代15+暗殺道具251=3181円


総収入;1-2週間目1992円+3週間目6649円=8641円
総支出:1-2週間目1270円+3週間目5757.7円=7027.7円
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

どなたでも編集できます