やる夫スレ作者 ◆IL/7VRqS7E が自分の雑談所で好き勝手にやっている短編などの為に作った纏めです。編集などのは全て自由ですので好きに行ってください。色々弄くってくれると喜びます。

【安価】やる夫は化け物と蔑まれながらも生きるようです(36スレから)



通称「崩壊物」。参考「inFAMOUS(インファマス)」シリーズ+TRPG「ダブルクロス」ネタ。
世界規模の地殻変動で世界崩壊。大学の原子炉からぶちまけられた高濃度放射線。
寸断されたライフライン、来る気配のない救助、周りは死体と瓦礫ばかり。
何故か生き残ったやる夫は放射能を物ともしない体質と、不思議な力を獲得していた。
■各話
01(36):発端
02(36):黒猫が目覚める
03(38):やる夫の家を拠点にする →続き(39)
04(39):マッサージ
05(40):病院
06(43):避難所
07(82):避難所
08(85):避難所
09(86):ロイスを結ぶ
10(101):ショッピングセンター
11(116):中央街
12(116)続12(117)
支援AA:仮タイトル(43-765)

やる夫

                    /    /             '.
                |  _/ヽ               |
                |  fツ )                 |
                   i|                    |
                    〈(    !  ___            i
               __ヽ___ノ/ / ̄ヽ〉     ___/_
            // ̄\/ /           x≦///////!
           //   / /       r≦//////////}_
       __r‐v'"/__/ /...イ_ ー     .「∨/////////:::::::::`ー..._
      / rャ{-<( ̄ ̄\/ {:::::| >'  ハ   |__,「1/////::::::::::::::::::::::::::::::\
    /ヽ//  \_〉ァ‐一'..-―‐困  /Y  「_| i//,/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
   /___ 、 \ /  /   /:::/::::::::::::! Χ. ! 〈  }_i/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::.
  {´  ヽ\ Y  {   /:::::!::::::::::/:l/:i |}  〉_/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::,
  〈--へ _} `¨  .〉 /::::::::|::::::::::{::::::::!  !.|  1{::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::,
┏━━━━━━━━━━┓
  やる夫
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ えーと確かUnit擦Part犬世ら……えと、眼鏡眼鏡
少し名の売れた進学校、私立二板総合大学付属高等学校2−Aの生徒。
両親は技術支援でアフリカに井戸掘りに行っていて不在。
高濃度放射線を至近距離で浴びて生き延びた事から特殊能力に目覚める。
内から沸き上がる情動を解放し手に入れたのは、重力操作の力。
マイクロブラックホールに物体を吸収させると自分の活力に変えられる。
重力軽減であり得ない跳躍力を、空中対空で二段ジャンプできる能力を得た。

能力
・マイクロブラックホール球を精製できるようになった(1話)
・重力軽減を少しだけ使えるようになりました(1話)
・空中滞空(一瞬)を使えるようになりました(2話)
・重力操作(軽減)を修得しました(3話)

■アイテム
・小説一冊、ウェットティッシュ、ノーパソ一台、パソの充電器、脚踏み小型発電機、PSP(私物)
・ガイガーカウンター付きの多機能腕時計(学校、近くの病院、3駅離れた総合病院は高濃度汚染区域。中心街方面はマシ)
・水のペットボトル(500ml)を四本鞄に詰め込んだ(総合病院より)
・受付にあったライターと懐中電灯を失敬した(総合病院より)
・マッチと蝋燭、虫除けスプレー、水とリュックサック(雨宿りした民家より、教科書は放棄していく)

黒猫

            :/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ;´ゞ´〉
            /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:"`i
               {::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ii:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
            i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{ i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ii
              i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
           |::::::::::::::::r.,_リ::::::::::::::::| .|::::::::::::::::::::::::::::::::i|::::::::::::::::::::::|
           |i.::::::::::::::ii.`r‐‐-=ェリi i::::::::::::::::::zュ=-‐ャ:::::::::::::::|}:::::i
           |!{:::::::::::::{ヘ ヽ 弋,,__ノ` `´ ̄  ´ 弋.,_,ノi::::::::::::::ノi::::{
            `ー:::::::::i i.甅瓠         甅ノ::::::::/,'::::::|
               j:::::::::ゞ        、       ノ::::/ ノ:::::::::i
             i::::::_,.>、                  ''"/‐ :::::::::::::::|
           _,. '"    ヽ    r--‐‐  マ  /::::::::::::::::::::::|
         ,. '"        、\ヘ. ゝ..,,_ ノ ,/,´{:`:‐-::::.,_::::::|
     、  /           \j i ヘ,, ー<ヘ"〃{:::::::::::::::::::ヽ:{
     /\/                '、 ヽ /Z、、/, 〃 /:::::::::::::::::::::::::\
  v,、/  /ヾ         ,. '〈  ' //jソヘ`/v〉フ,,"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
 /\ 〃  \  /‐ ‐ '"::::::::::〉 〉,{ ヽ`´', { 〉.},,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
┏━━━━━━━━━━┓
  黒猫
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ また面倒そうな事を抱え込んだわね?
やる夫のクラスメートでTRPG仲間の少女。互いに同志と呼び合う気のおけない友人。小さい妹達がいる。
崩壊で両足と左腕を失い昏睡していたが、やる夫が抱えて避難した民家で熱量を操る分子運動制御に目覚める。
コンクリートを赤熱させて溶かす、瞬間的に絶対零度にする等だけでなく、強く思い描けるものなら服装や肉体まで再構築できる。
黒猫はPCネーム。会話中に出てくるエグザイル・サラマンダーなどのクラス名はTRPGのダブルクロスの用語。
「絶望的な状況だからこそロールプレイをするのよ。強い自分が居ると思えば、マシにならないかしら?」

向坂環

                         ,.へ、、        ,.へ
                          /⌒>'"´⌒⌒`<⌒ヽ.
                      //.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\j∧
                        /イ:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. 
                   〃/:.:.:.:.:/ /:.:.:.:八:.:.:.: ! |:.!|i:.:.:.',j
                  ー≠彡ハ/.:.〃/:.:.:i:.:|:.i 仏斗:|:.!|リ:.:.:ハ
                    /.:.:.丿|!.:.|i :.:.|:从乂八j i 乂乂从!.:.:爪
              /. : :/.:丿:.:|i :.:.|::イ比り  ヽ 比りノ:./'Y!:.
              / .:.:.:.:.:.:./人 :|i :.:.|乂    i     乂jУ:.i:.
              / .:.:.:.:.:.:.//  Y乂八\   ー一   /// :/:l:i
.           / .:.:.:.:.:.:.// ///.:.:.:/ />  _  < .:// ://:l:|
        / .:.:.:.:.:.:.// ///.:.:.://__j  __彡へ、://.:.:l:|
.     / .:.:.:.:.:.:.// ///彡'丁i: : : :j  У : : : : : :/ /⌒ヽ
.     / .:.:.:.:.:.:./´  ..イ∠=┘ .ィ⌒ヾヽ / /∠´ ̄ ̄  /    ',
  / .:.:.:.:.:.:./   /彡'   ,,イ: : : : :__彡芥ミ: : : : : :`ヽ  i/  、 i
. :´ . : .:.:.:.:/   /  ___彡》: : : : : : : : :,小ヽ: : : : : : /  }    ヽ|
. :.///   /     ̄`ヾ、⌒ミメ、: :./: |: :∧: : : : /    イ      、
. : .:.:/  /{     \__彡j: : : : : : 刈: : :|: : :∧\:ノ _彡' |      |
. :/ .:.:.:/∧      ∨:.:/__彡}: : |⌒Yト===ヘ.     /|      |
:/ 〃/:/ィ∧    ___彡へ  厶イ  /    く\  {   |      |
  /.:イ// .:.:∧    \__   ∧    イ     |     i   |      |
. //:./〃 .:.:.:.彡∧   /: :.ミメ ∧__/{__彡|__.......\ |      |
//:./. : :.:.:./ / ∧Y: : / `ヽイ:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_ミYミ} |      |
/:./.:.:.:.:/   / /.:.:.\{{     /:.:/ : /: : |!: : : |: : : : : : : ∧ソ|      |
:./.:.://   ハ厶-==冬ヽ  ノ:.:/ : /: : : |!: : : i : Y}: : : : :.∧. |       ヘ
┏━━━━━━━━━━┓
  先輩らしき女性
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ やほ、やる夫 用事押しつけに来たよー
やる夫の高校の生徒会長。一つ年上の幼馴染の縁で便利にパシられている。家はやる夫の家の斜向かい。
崩壊後の消息は今だ不明。病院に寄ってから帰るとは言っていたが……

行動

一日目

四肢を失った友人を担いで街に歩き出す、近場の病院は壊滅していた。三駅分離れた大きな総合病院を目指す。
跳躍で辿り着いた総合病院だが、建物が原形を残していただけで、人は放射能で全滅していた。
友人を連れて人が居そうな場所をもう一度探す。中心街の方角へ。
夕方、黒い雨が振る。近場の無人の民家にお邪魔してやり過ごす。意識のない友人を脱がして応急の手当をする。
冷蔵庫から生き残った食材とアイスを失敬して仮眠。
友人が分子運動制御に目覚めて服ごと己の肉体を再構成して意識を取り戻した。互いの能力を確認する。
とりあえずは中心街へ。やる夫の家の確認と、人がいたら黒猫の妹達が避難していそうな学校(避難所)巡りを予定。

二日目

治療の為とは言え、乙女の柔肌を見たことがバレる。稀少本を要求されたが二冊ある方で手を打って貰う。
黒猫が衣装の再構築で猫耳を着けてお洒落という言葉の意味がゲシュタルト崩壊した。
民家から使えそうなものを拝借して万札を代わりに置き出発。あまり目立ちたくないので歩いて行く。
二人で瓦礫の街を妙にいい声で歌いながら歩きだす。(36スレ了)

相変わらず生者の姿は見えない。恐らく近所の小学校などの広域避難所に向かったのだろう。(38スレ)
途中見かけたローソンで昼食。保存の効きそうな食料を仕入れ、死体の転がるカウンターに5千円置いていく。
カップ麺と冷蔵棚に生き残っていたハーゲンダッツを食べる。
一向に回復しない電波や来ない救助などの状況からこの災害が世界的なものだと認識する。
やる夫の家に到着し、内部の無事を確認。被害を受けたのはプラモやフィギュア類ぐらいのもの。
物資もあるのでこの家を拠点にして周囲を探索しながら中央街に向かう事に決める。(39スレ)
黒猫が使うやる夫の両親の寝室を掃除している間、近所のスーパーへ。付近の家には避難した形跡が見られた。
避難済みのスーパーの鍵を能力で壊して侵入、無事な食料を持てるだけ鞄に詰めて大凡の代金を置いて帰宅する。(ここまで)
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

どなたでも編集できます