B-OSP社の運営する、MMORPG EVEONLINEのwikiです。



基本的なカメラの操作

航行中に限らず、基本的なカメラコントロールはマウスで画面をドラッグすることによって行います。



いずれかのボタンをドラッグした方向にカメラが移動します。

左ボタンでドラッグした場合は、カメラはそのまま移動させた方向を向きます。
代わりに''右ボタンでドラッグした場合、カメラはボタンを離した瞬間に元の方向に戻ります。

マウスのホイールを操作した場合、カメラのズーム率が変更されます。デフォルトでは手前に回すと拡大、奥に回すと縮小になります。カメラの中心にある物体に対してズームは行われるので、縮小すればするほど周囲が広く見渡せるようになります。
マウスにホイールがついていない場合、左ボタンと右ボタンを同時に押したまま、マウスを前後に動かします。手前に動かすと拡大、奥に動かすと縮小になります。

対象を見る(look at)

普段は自分の艦船を中心にカメラは動きますが、別の対象を選択して注目することができます。この操作が可能なのは100km以内のオブジェクトに限られます。





対象を「見る」状態では、自分のかわりにそのオブジェクトを中心にカメラが移動します。
艦船に搭載されているタレットやランチャーなどのグラフィックも見えるようになるので、搭載している武装を確認するときなどに有効です。
また、普段は小さすぎて見えないドローンなどの造形も堪能できます。

対象を選択した状態で、選択アイテムのコマンドからもこの操作は行うことができます。



オポチュニティ地図でも取り上げられているこのアイコンは、目だけに「見る」操作のアイコンです。このボタンを押せば対象を見ることができます。

自分の艦船を見る(Look At My Ship)




自分の艦船以外の対象を「見る」でカメラの中央においている場合、画面内の適当なところを右クリックするとこのコマンドが出現します。この操作を行うとカメラの中央が自分の艦船に戻ります

なお、現在「見る」している対象を選択している場合、選択アイテムには「見る」ボタンのかわりに「自分の艦船を見る」ボタンが表示されます。




オートトラッキング機能

オートトラッキング機能は、選択した対象をカメラで捉え続ける機能です。対象がどのように動いても、自動的にカメラが追尾してくれます。
自分でなんらかのカメラコントロール操作を行うと、オートトラッキングは解除されます。

この機能は、HUDから起動します。
Head-Up Displayの見方



ボタンを押すとさらにメニューが開くので、起動したい機能を選択してください。

トラッキング位置を中央化



この操作を行うと、画面の中央に対象を固定して追尾を開始します。
Dスキャンの際には必須とも言える機能です。

Dスキャンの使い方

カスタムトラッキング



カスタムトラッキングは上記の「中央化」と似ていますが、画面内で対象を固定する位置をカスタマイズできます

ボタンを押すと、対象の固定位置を示すカーソルが表示されるのですばやくドラッグ&ドロップしてください



一定時間操作しなければ、カーソルが消えます。その位置でカスタムトラッキング位置は保存されるので、次回からは同じ位置を使用することができます。

トラッキング機能をON/OFF



前回使ったオートトラッキング機能をONにします。正直ONにする方はぜんぜん使いませんが、ONになっている間はこのボタンはOFFにするに変化しているので覚えておきましょう。



自分の艦船を見る



自分の艦船にフォーカスします。つまり通常の状態に戻します。ある程度ズームもされます。



 トップページに戻る
 

コメントをかく


画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu



はじめに
EVE ONLINEを始めるために
トライアルと課金

EVEガイド


▼コーポレーションとアライアンス






▼FITガイド


▼ミッション関連





▼PvPガイド




▼生産





▼各種ツール・ウェブサイト


リンク

フォーラム
ポータル
法人Blog 個人Blog お役立ち 公式サイト(Official site) WIKIPEDIA
(Japanese) (English) NEWS WebSite
(English) Killboard
(English)
【メニュー編集】

メンバーのみ編集できます