B-OSP社の運営する、MMORPG EVEONLINEのwikiです。

New Edenには数多の星系があります。その中でも長い年月の間に、自然に、あるいは恣意的に・・・物資が流れ込んで巨大な商業地を形成した星系があります。

人々は買い物とあればこの土地へ赴きます。宇宙中のミッション屋、探検屋、採掘屋、輸送屋に生産屋、あるいは海賊、強大なアライアンスの補給班、あらゆる人種が様々な目的をもって商業地を訪れるのです。

国家に所属しているカプセラ同士の意地の張り合いなのか、商業地は自然と4カ国にそれぞれ1〜2個存在します。
本来はリージョンマーケット的に、リージョンにひとつずつ商業地ができるものですが。
さらにトレーダー、売って買っての丁々発止が最適化を求めた結果、自然と星系内のとあるステーションに集約していくのです。
スタンディング上げの都合上、ミッション屋に有利なNPC Corpが選ばれる傾向にあります。


Jita (ジタ)


セキュリティステータス:1.0
所属国家:カルダリ連合 / リージョン:ザ・フォージ ( Faction : Caldari States / Region : The Forge )
Jita IV - Moon 4 - カルダリ海軍組み立て工場(Caldari Navy Assembly Plant)



言わずと知れたNEW EDEN最大のマーケット。
ローカル人数が1000人を超えるのも珍しくなく、それゆえに宇宙中のあらゆる商品が集まってきます。Jitaに品が無かったら、マーケットでの入手は非常に困難になったと判断せざるをえません。

ジタはアマー、ガレンテそれぞれの領域へのアクセス性が高く、北部から東部にかけてのヌルセクからもUemon(ウエモン)あたりを経由して品が入ってきます。
周辺の危険地域はUemon(ウエモン)からのアクセス経路であるNew Caldari(ニューカルダリ)がKAMIKAZEの名所。またガレンテ・アマー・ミンマターの3カ国からの最短ルートであるPerimeter(ペリメーター)は、ゲート前でのカーゴサーチのメッカ。高価な品を積んでここを通ると、Jitaに入った瞬間に吹き飛ばされるという寸法です。

Jitaのマーケットの特徴は、豊富な商品量と多くのトレーダーによるせめぎあいで、相場が安定していることです。
仕手筋の価格操作はあるものの、時流に沿わない乱高下はあまり起こりません。

人数が多いので、時折星系に入ることができずスターゲートが渋滞します。

アマーまで:9 ジャンプ
ドディクシーまで:15 ジャンプ
レンズまで:25 ジャンプ
ヘクまで:19 ジャンプ

Amarr(アマー)


セキュリティステータス:1.0
所属国家:アマー帝国 / リージョン:ドメイン ( Faction : Amarr Empire / Region : Domain )
Amarr VIII (Oris) - 皇族 学院(Emperor Family Academy)



アマー帝国の首都であり、発祥の地であるAmarr星系は、当然のようにアマー帝国の中心として栄えています。
タッシュムーコン(Tash-Murkon)、デヴォイド(Devoid)、カドール(Kador)、コルアゾール(Kor-Azor)などのアマー帝国領、およびドメインからJitaへ抜けるという交通の要衝であることも理由のひとつですが、何よりもアマー人は伝統を重んじるので、単に偉大なる帝国の発祥の地ということで発展したのではないでしょうか。

AmarrはJitaに次ぐ巨大なマーケットです。広大な帝国領と、南部のヌルセク領域の要となるこの土地は非常に活発に品物と人が出入りします。そのくせJitaを基準にすると相場は激しく動く傾向があり、安いものが高く売れ、高いものを安く買えます。相場の波を乗りこなせば、JitaとAmarrを往復するだけで大きな利益を上げることができるでしょう。

Amarr周辺の危険地域は、なんといってもNiarja(ナイアルジャ)およびMadirmilire(マダミライア)と続く、北方と南方のハイセクを結ぶ大動脈の癌です。この連続する0.5セキュリティステータスゾーンは、当然のようにKAMIKAZEの名所です。輸送艦、戦艦、超大型輸送艦でさえこの土地を通るときは防御を増し、あるいは積荷を減らして通ります。

また、Amarr周辺は小規模の商業地がいくつかあります。隣のKor-Azor Prime(コルアゾール・プライム)もそうですが、2ジャンプ先のTash-Murkon Prime(タッシュムーコン・プライム)がかなりの規模を持つ商業地です。
考えてみればわかることですが、2ジャンプなど誤差。しかしDomain(ドメイン)とTash-Murkon(タッシュムーコン)でリージョンが違うため、マーケットもまた別になります。これを利用してTash-Murkon PrimeでAmarrから仕入れた品を高く売る人が後を立たず、そのようにしてできたマーケットなのです。

ドディクシーまで:16 ジャンプ
ジタまで:9 ジャンプ
レンズまで:20 ジャンプ
ヘクまで:20 ジャンプ

Dodixie(ドディクシー)


セキュリティステータス:0.9
所属国家:ガレンテ連邦 / リージョン:シンクレゾン ( Faction : Gallente Federation / Region : Sinq Laison )
Dodixie IX - Moon 20 - 連邦海軍組み立て工場(Federation Navy Assembly Plant)



ガレンテに存在する有力な商業地。
ミンマターに近く、JitaやAmarrといった他の商業地からほどよく遠い、というガレンテ周辺からミンマター北部に暮らす人々の心の支えとなっている土地です。
逆に言えば多数の領域からはDodixieよりJitaやAmarrに行く方が良いのでひたすらに地味な印象のある土地です。

それでもソリチュード(Solitude)、プラシッド(Placid)などの近隣ローセク、ヌルセクから北部、北西部のヌルセクの玄関口、それなりの品はそろい、それなりの相場があります。比較的相場の動きはAmarrに近く、時おりあっさりと妙な値動きが発生する土地なので商売する際は注意が必要です。
流通量はそこまで多くないので、しっかりと売れ筋を見極めるのがDodixieで商売を続けるこつでしょう。

DodixieからJitaまでのルート、これはイコールミンマター共和国領からのルートでもありますが、ここに恐怖のUedama(ウエダマ)があります。通称飢魂と呼ばれるこの星系は、ガレンテ、ミンマターからJitaへ行くときに避けては通れない星系で、それゆえにKAMIKAZEの名所です。戦争Corpなんかもこの土地を重要視していますので、通るときは頭を低くして通りましょう。

ジタまで:15 ジャンプ
アマーまで:16 ジャンプ
レンズまで:14 ジャンプ
ヘクまで:8 ジャンプ

Rens(レンズ)


セキュリティステータス:0.9
所属国家:ミンマター共和国 / リージョン:ヘイマター ( Faction : Minmatar Republic / Region :Heimatar  )
Rens VI - Moon 8 - ブルートー部族 宝物庫(Brutor Tribe Treasury)



ご存知ミンマターの筆頭商業地です。ヘイマター(Heimatar)、そしてブリークランド(The Bleak Lands)の4大国間の戦争地(Factional War)の補給地として発展しました。というか周辺のマップの形から、この位置が非常に収まりがよかったのでしょう。



他国の商業地とかなり離れているという特殊な立地のため、Rensは独自の相場を持っています。そしてそれは、おおよそ他国の平均値より高いものです。超長距離を運んでRensで売れば、どんな品でもちょっと高く売れる可能性を秘めています。
しかしそんなことは買い手も百も承知で、Rensは流通量がそれほど多くありません。

Rensから他国に移動するルートは3つ、ひとつはHekを経由する北部コースです。もうひとつはSasta(サスタ)を経由する南部ルート。これはアマー帝国領に通じており、なおかつ一本道で、そして距離がべらぼうに長いです。途中のLisudeh(リスデー)あたりはセキュリティステータスが高いとはいえ、地味に輸送艦狙いのKAMIKAZEが発生するので注意が必要です。
最後のルートはローセクを経由する、Amamake(アマメイク)ルート。このコースを使うとAmarrまでの距離が10ジャンプほど短縮されます。そのため、このAmamakeという星系は横着者を食らうゲートキャンプのメッカとなっています。時には10隻以上の艦隊がゲートを封鎖しているという超本場。通り抜けるときは綿密な下調べと運が必要です。

ドディクシーまで:14 ジャンプ
ジタまで:25 ジャンプ
アマーまで:20 ジャンプ
ヘクまで:6 ジャンプ

Hek(ヘク)


セキュリティステータス:0.5
所属国家:ミンマター共和国 / リージョン:メトロポリス ( Faction : Minmatar Republic / Region : Metropolis )
Hek VIII - Moon 12 - バウンドレス クリエイション工場(Boundless Creation Factory)



Hekはミンマターにある第二の商業地として最近認識され始めた土地です。
商業地としては異質の0.5という低いセキュリティステータスであり、周辺にもローセクが多いという土地柄、荒くれ者のとても多い土地でもあります。いわゆる海賊島です。

ここはブリークランド(The Bleak Lands)、ヘイマター(Heimatar)、メトロポリス(Metropolis)などの玄関口として発達しました。特にブリークランド(The Bleak Lands)、ヘイマター(Heimatar)に跨る地域は4大国間の戦争地(Factional War)の土地であり、ミンマターの商業地はいずれもこの地域の出口にある有力な星系です。

つまりはHekの役割はPvPの消耗品を売る土地であり、レア装備や鉱石や、またはブループリントなどの平和的な品物はあまり取り揃えてありません。
さらに商人たちもPvP屋に高く高く品を売りつけようとするので、わりとHekの物価は他の商業地と比べて高くなる傾向があります。
消耗品の割高多売、それがHekの全てであり、これからもひたすらに続いていくでしょう。

Hek周辺から他の国に抜けるルートは3種類あります。おなじみRensを経由してアマー帝国領に抜けるルートのほかに、Bei(ベイ)側からハイセクを通ってガレンテ領に抜けるルート。これは比較的0.5、0.6といった低セキュリティステータスの領域が続くルートなので、全体的にKAMIKAZEへの警戒が欠かせません。最後はRancer(ランサー)を経由するローセクルート。Rancerはスマートボムを使った悪辣なゲートキャンプ地として有名で、通るか、死ぬかというルートです。
まあDodixieまでは比較的近いので・・・それでなんとか。

ドディクシーまで:8 ジャンプ
ジタまで:19 ジャンプ
アマーまで:20 ジャンプ
レンズまで:6 ジャンプ



トップページに戻る
 

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu



はじめに
EVE ONLINEを始めるために
トライアルと課金

EVEガイド







▼FITガイド


▼ミッション関連





▼PvPガイド




▼生産


▼プレイヤーの設置物





▼各種ツール・ウェブサイト


リンク

フォーラム
ポータル
法人Blog 個人Blog お役立ち 公式サイト(Official site) WIKIPEDIA
(Japanese) (English) NEWS WebSite
(English) Killboard
(English)
【メニュー編集】

メンバーのみ編集できます