B-OSP社の運営する、MMORPG EVEONLINEのwikiです。


 


▼フリートブースターについて▼


 フリートブースターとは、艦隊を強化するための役職です。
 一般的に縮めて「ブースター」と呼ばれます。
 リーダーシップ系スキルにより、アーマー・シールドの容量を始めとした様々な艦船機能を強化できます。

 →リーダーシップ系スキルについてはこちら

 ブースターは、支援範囲によって3種類に分けられます。アイコンなどは艦隊の作り方から探してね。
・フリートブースター ・・・ 艦隊全体を強化する。1フリートに1人。
・ウィングブースター ・・・ 所属しているウィングを強化する。1ウィングに1人なので、フリートに5人まで。
・スクアッドブースター ・・・ 所属しているスクアッドを強化する。1スクアッドに1人なので、フリートに25人まで。

 ブースターはリーダーとは兼任できますが、フリートブースターとスクアッドブースターを兼任、などはできません。
 大規模なフリートを作成する場合、艦の配置によって最適なブースターの振り分けを行う必要があります。
 (例:最もスキルが高いブースターはフリートブースターに指定する、など)

ブースターの効果を受けるための基本


 フリートブースターが艦隊を支援するには、・・・というよりも艦隊がブースターの恩恵を受けるには
 以下の物理的な条件を満たす必要があります
・ブースターと同じ星系(solar system)の宇宙空間に居ること。
・ブースターがDEDスペース内に居るときは、同じDEDスペース内に居ること。
・ブースターがカプセル(POD)で無い何かの船に乗っていること。



 さらに、詳細は後述しますが・・・
・コマンダーやリーダーと同じ星系(solar system)の宇宙空間に居ること。
・コマンダーやリーダーがDEDスペース内に居るときは、同じDEDスペース内に居ること。
・コマンダーやリーダーがカプセル(POD)で無い何かの船に乗っていること。

 リーダー・ブースター当人からしてみると、こんな感じになります。
・自分以外の艦が同じ宇宙空間に居て、何かの船に乗ってること。

 一人艦隊を作っても支援が来ない点に一応注意してください。
 





▼フリートリーダーのスキルが影響することについて▼


 艦隊の編成についても条件があります。
 フリートブースターがいくらがんばっても、リーダーにスキルが無いと支援が届きません。

 もうちょっと具体的に言うと、リーダーのリーダーシップスキルがブースターの効果範囲を決定するってことです。


スクアッドリーダーの支援範囲


 スクアッドリーダーは、3つの役割を持っています。
 1つ目は、自分が指揮するスクアッドブースターの支援範囲を決定するというもの。
 2つ目は、自分のスクアッドが所属するウィングブースターの支援範囲を決定するというもの。
 3つ目は、もちろんフリートブースターの支援範囲を決定するというもの。
 支援がなんと3方向から来ているわけです。
 

支援可能な範囲

 スクアッドブースター、ウィングブースター、フリートブースター、全てのボーナスをメンバーに伝播させる
 範囲は、全てまとめてリーダーシップ ( Leadership)スキルに依存します。
 このスキルはLv1ごとに指揮可能なメンバーが2人増加という効果を持っているので、それがそのまま効果範囲になります。
スキルLv効果範囲
Lv00人(自分もダメ)
Lv1自分&1人
Lv2自分&3人
Lv3自分&5人
Lv4自分&7人
Lv5自分&9人
(メンバー全員)
スクアッドの人数が、スキルの範囲を超えてしまった場合はスクアッド全体に支援が届かなくなります。 従って、スクアッドの指揮を執る場合は自然とリーダーシップLv5がオススメになります。

ウィングリーダーの支援範囲


 ウィングリーダーは、2つの役割を持っています。
 1つ目は、自分が指揮するウィングブースターの支援範囲を決定するというもの。
 2つ目は、フリートブースターの支援範囲を決定するというもの。

 あれ、フリートブースターはフリートコマンダーさんの仕事だろ?と思う気持ちはごもっとも。
 実は、フリートブースターの支援はウィングまでです。
 その下のスクアッドに届かせるのはウィングリーダーの仕事なのです。
 もっとも、スキル的な内容は変わらないので深く考える必要はありません。
 支援が2方向から来ているだけです。

支援可能な範囲

 範囲はウィングコマンド (Wing Command)スキルに依存します。
 このスキルはLv1ごとに指揮可能なスクアッド1個増加という効果を持っているので、それがそのまま効果範囲になります。
スキルLv効果範囲
Lv00スクアッド(自分もダメ)
Lv1自分&1スクアッド
Lv2自分&2スクアッド
Lv3自分&3スクアッド
Lv4自分&4スクアッド
Lv5自分&5スクアッド
例えば、ウィングコマンドがLv2の場合、第1スクアッドと第2スクアッドにはブースト支援が届きます。 しかし第3スクアッドがあった場合、そこには支援が届きません。 仮に第1スクアッドがなんらかの問題で支援を受けられない状態であっても、第3スクアッドには支援が届きません。

フリートコマンダーの支援範囲


 フリートコマンダーは、フリートブースターの支援範囲を決定します。
 これはフリートコマンド ( Fleet Command)スキルに依存します。
 このスキルはLv1ごとに指揮可能なウィング1個増加という効果を持っているので、それがそのまま効果範囲になります。
スキルLv効果範囲
Lv00ウィング(自分もダメ)
Lv1自分&1ウィング
Lv2自分&2ウィング
Lv3自分&3ウィング
Lv4自分&4ウィング
Lv5自分&5ウィング
例えば、フリートコマンドLv2の場合、第1ウィングと第2ウィングにはブースト支援が届きます。 しかし第3ウィングがあった場合、そこには支援が届きません。 仮に第1ウィングがなんらかの問題で支援を受けられない状態であっても、第3ウィングには支援が届きません。 このキャピタル級に重たいスキルを取っている人は稀なので・・・ とりあえずフリートコマンダーにしてブースト支援したらよくね?というアイディアは脆くも崩れ去ることになります。



▼ブースターの支援は何が優先される?▼


 また、複数のブースターから支援を受けられる場合は効果の高い方が優先されます。
 効果の判定は装甲戦、情報戦、包囲戦、高機動戦闘、採掘支援の5系統それぞれに対して行われます。
 例えば・・・。

 ウィングブースターのWさん(装甲戦Lv5 高機動戦闘Lv1)
 スクアッドブースターのSさん(装甲戦Lv4 高機動戦闘Lv3)
 この二人が同システム内に居た場合。スクアッドには
 アーマーHP10%増加(装甲戦5および艦の機動性6%増加(高機動戦闘3)が付与されます。

 また、Sさんがブースターでないスクアッドについては、ウィングブースターの支援しか届いていないため
 ふつーにアーマーHP10%増加(装甲戦5)および艦の機動性2%増加(高機動戦闘1)です。

 フリートを支援するモジュールについても、同様に最も効果が高いものが適用されます。

 即ち、同じ支援装備を複数積み込んでも、1つしか効果を発揮しないことになります。




▼最後に、リーダーとブースターの兼任について▼


 基本的にリーダーとなるスキルはリーダーシップのLvを上げていく方向ですが、ブースターは違います。
 ただブースターになるだけなら、リーダーシップはLv1でいいのです。

 →リーダーシップ系スキルについてはこちら

 しかし、リーダーかブースターのどちらかが撃墜されてしまえば支援はストップしてしまうというため
 あまり弱点を増やすのは感心できません。。
 戦場に居続けることに注目すれば、指揮官とブースターはなるべく兼任し、さらに頑強な艦に乗ったた方が
 リスクが少なくなると考えることができます。

 とはいえスキルは重たいので。ソロだと使わないし。
 その辺のさじ加減に正解は無いので、仕組みだけ間違えずにフリート全体に支援を送ることだけを考えたらいいと思います。



艦隊運用の全て に戻る

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu



はじめに
EVE ONLINEを始めるために
トライアルと課金

EVEガイド








▼ミッション関連





▼PvPガイド




▼生産


▼プレイヤーの設置物





▼各種ツール・ウェブサイト


リンク

フォーラム
ポータル
法人Blog 個人Blog お役立ち 公式サイト(Official site) WIKIPEDIA
(Japanese) (English) NEWS WebSite
(English) Killboard
(English)
【メニュー編集】

メンバーのみ編集できます