B-OSP社の運営する、MMORPG EVEONLINEのwikiです。

衛星資源(Raw Moon Materials)とは?

またの名を「月資源」といい、名前のとおり、惑星の衛星から産出される資源です。資源同士を化学反応させることによって様々な合金や素材になり、その多くはTech 2艦などの強力な兵器の材料として使用されます。

特定の衛星からしか産出されず、なおかつ衛星軌道上に設置した施設によってしか採掘できないこともあり、その多くは非常に高価です。ヌルセクのアライアンスの多くはレアリティの高い月資源を資金源としており、その奪取・防御などがマーケットに大きな影響を与えることもあります。



衛星資源は大きく分けて2種類あります。オレンジ色のアイコンで示される希少類元素(レアアース)と、水色のアイコンで示される非希少資源です。希少類金属にはそれぞれ原子番号と原子量が記載されています。無論ですが、希少類元素のほうがレアリティが高く、一部の元素はローセクやヌルセクでしか産出されません。非希少資源は衛星資源としてはありふれたものであり、多くの衛星で採取することができます。

衛星資源調査

衛星資源の探査には、衛星調査ブローブランチャー(Survey Probe Launchers)衛星調査プローブ(Survey Probes)という専用装備を使用します。

装備の諸元




衛星調査ブローブランチャー(Survey Probe Launchers)は衛星調査プローブ(Survey Probes)しか装填できません。
Tech Lv発射間隔起動(待機)時間必要Lv
Tech 12.00 秒10.00 秒Lv 3
Tech 22.00 秒9.00 秒Lv 5

プローブランチャーを扱うためには以下のスキルを必要とします。

科学(Science) Lv
天文位置測量(Astrometrics) (Lv or Lv

Tech 1とTech 2は起動(待機)時間が1秒違うだけなので、無理をしてTech 2を使用する必要はありません。また、起動(待機)時間は特に衛星探査に影響を与えません。ランチャーは衛星に対して1発撃てばよく、慌ててリロードする必要も連射する必要もないからです。そもそもどうもこの時間はどのプロセスにも関わっていない気がします。ついついTech 2を買ってしまう人も落ち着いてTech 1を買いましょう。




衛星調査プローブ(Survey Probes)は、性能もさることながら体積が重要な要素になってきます。
名称最大航行時間体積必要Lv
クエスト衛星調査プローブ
(Quest Survey Probe I)
1200 秒(20分)5 m3Lv 3
ディスカバリー衛星調査プローブ
(Discovery Survey Probe I)
300 秒(5分)10 m3Lv 3
ゲイズ衛星調査プローブ
(Gaze Survey Probe I)
150 秒(2分半)5 m3Lv 5

プローブを扱うためには以下のスキルを必要とします。

科学(Science) Lv
天文位置測量(Astrometrics) (Lv or Lv

CPU管理(CPU Management) Lv
調査(Survey) (Lv or Lv

複数の衛星を探査してまわるのであれば、できるだけたくさん弾を積み込んでいきたいのが人情というものです。同時に、最大航行時間は「プローブによる探査・分析が完了するまでの時間」ということになります。少量の衛星の探査であれば素早く終わらせておきたいですね。両方のニーズを満たすのはゲイズですが、スキルレベル5が必要でなおかつ少々高価です。
目標数に合わせたプローブを搭載するようにしましょう。

衛星資源の調査手順

調査は、衛星調査プローブを衛星に直接打ち込むことによって行われます。とはいえカタログに書いてあるように地表まで到達するまで打ち込む必要はありません。プローブは先端のセンサーによって分析・調査を行うので、ある程度の距離から打ち込めば効果を発揮します。
具体的な範囲は不明ですがある程度の射程限界があると予想されるので、まずは目標となる衛星にワープしましょう。最接近しておけばとりあえず多少の誤差は問題になりません。
衛星(Moon)は、右クリックメニューの惑星からたどっていくことでたどり着けます。若干手間なので、オーバービュー上で見えるように設定しておくのが無難です。



衛星調査プローブランチャーはボムランチャーと同じく進行方向にプローブを射出します。軸合わせ等の操作を行い、衛星の方に進行方向を向けてください。中央でなくても、衛星の地表のどこかに艦首が向いていれば問題ありません。



プローブランチャーを起動すると、2秒待機のあとプローブが発射されます。





衛星調査プローブは、設定された航行時間の間直線で移動し続けます。航行中にプローブは衛星に対する探査・分析を継続して行っています。なお、衛星調査プローブはHPを持っているので(240HP)うまくスマートボムなどを当てれば破壊することも可能です。もちろんそこまでして調査を妨害したいなら、の話ですが。

必要な分析時間(飛行時間)が過ぎるとプローブは自壊し、衛星資源の調査結果が送信されてきます。



産出物の量は、月資源採掘の1プロセスによって採取できる数を示しています。例えば数が2なら、2つの衛星採掘施設(Moon Harvesting Array)によって2ラインの採取が可能です。

衛星資源の採掘


※注意
POSはシタデルによって置き換わり、いずれは消えていきます。この手順はPOSを用いるものなので、いずれシタデル実装に伴って記事は差し替えられます。

衛星資源の採掘には、POSの施設である衛星採掘施設(Moon Harvesting Array)を用います。



衛星採掘施設はセキュリティステータス0.4以下にしか係留できません。係留すると手のような部分(力場固定用のアームだと思いますが)が衛星に向けてまっすぐに据えられます。超遠隔で月資源を汲み出すための施設です。

係留後、オンラインにする前に採掘対象をプリセットする必要があります。POSの管理画面を開き「稼働処理→生産」とタブを選択します。開いたら対象の採掘施設の「タイプの変更(採掘資源の変更)」ボタンを押してください。






設定が完了すると、右側にアイコンが出現し、名称も表示されます。





月資源は掘っただけではどうにもならないので、それを貯蔵する専用の保管庫である貯蔵庫(Silo)を係留し、同様に保管したい資源を選択します。





図のように同じアイコンが表示されます。準備が完了したら施設をオンライン化してください。
この管理インターフェイスは、右側がアウトプット、左側がインプットになります。これで採掘施設が出力する資源、貯蔵庫にインプット可能な資源(アウトプットも可能)が決定されたことになります。
施設同士をリンクさせ、採掘施設のアウトプットを貯蔵庫のインプットに接続するための操作が必要です。採掘施設のアウトプットアイコンをドラッグし、貯蔵庫のインプットにドロップしてください。



図のように、採掘施設が「稼働中」となります。アイコンの部分にも入力個数の数字が表示され、施設同士がリンクしたことが確認できます。うまく繋がっているようなら、管理画面最下部にある「適用」ボタンを必ず押してください。押さないと設定が反映されません。




採掘施設による採掘をじっくり待ちましょう。なお、貯蔵庫(Silo)はオンラインのままだと取り出すことができません。取り出すときは一度オフラインにしてください。






トップページに戻る
 
 

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu



はじめに
EVE ONLINEを始めるために
トライアルと課金

EVEガイド








▼ミッション関連





▼PvPガイド




▼生産


▼プレイヤーの設置物





▼各種ツール・ウェブサイト


リンク

フォーラム
ポータル
法人Blog 個人Blog お役立ち 公式サイト(Official site) WIKIPEDIA
(Japanese) (English) NEWS WebSite
(English) Killboard
(English)
【メニュー編集】

メンバーのみ編集できます