B-OSP社の運営する、MMORPG EVEONLINEのwikiです。

再処理

再処理は通称「精錬」とも呼ばれます。これは鉱石をはじめとして、合金材や化合物、使わないモジュールや艦船まで、様々なものから生産の原料となる無機物、ミネラル(Mineral)部品、建設資材(Construction Components)を取りだすための操作です。

この操作は現在、ステーションのサービスまたは再処理サービスモジュール(Reprocessing Service Modules)を設置したシタデルのサービスである再処理プラント、およびPOSに設置可能な再処理施設(Reprocessing array)において行うことができます。

モジュールは1個から処理できますが、鉱石の場合は100個単位で処理する必要があります。

再処理プラントを使用する

ステーションメニューから再処理プラントを選んで起動させてください。




再処理プラントウィンドウの左側に、処理したい鉱石やモジュールをドラッグ&ドロップします。
すると自動的に処理結果(予想)が集計され、右側に表示されます。




Tech 2モジュールや主力艦などを投入した場合、再処理結果に部品、建設資材(Construction Components)が出る場合があります。これらは製造時にミネラル以外を使用しているためです。




「再処理」ボタンを押せば、再処理が実行されてミネラルや部品がハンガーに配達されます。
なお、再処理サービスモジュールが稼動するシタデルの場合は任意のハンガーで再処理できます。

再処理したいアイテムを右クリックし「再処理」を選択します。



POSの再処理施設を使用する

POSの再処理施設には、再処理プラントのようなステキなUIがついていません。

施設はハンガー状になっているので、そこに処理したい鉱石を放り込みます。なお、モジュールを処理することはできません。
処理対象のアイテムを右クリックし再処理を選択します。




ハンガー内のアイテムが処理されます。終わったら取り出しましょう。

なお、POSの施設は基本的に共有です。他の人と同時に入れると混ざってしまうので注意しましょう。

再処理プラントの「再処理回収量」

再処理プラントは原料や資材・部品へと100%変換してくれる魔法の施設ではありません。処理する際には必ずロスが生まれます。実際に取得できる無機物や部品の割合は、このロスを除いた「回収量」として表されます。

基本回収量
いかなる施設においても、基本的な回収量は50%です。何のひねりもなく施設を使用すると、半分は消えるということになります。この状態から、スキルやインプラントなどで回収量を増やしていくことになります。

再処理プラントのUI上、カーソルを当てるとスキルによる回収量、個々の無機物などの内訳などを確認できます。

 


設備の強化による基本回収量の向上
POSの再処理施設は、それだけで52%〜54%の回収量が設定されています。
また、シタデルの処理施設はスタンドアップ原料再生機などのリグを設置することによって基本性能を向上することができます。基本的な回収量は52%〜54%になりますが、さらにセキュリティステータスによるボーナスがついているので、低セキュリティ領域に建造すればするほど回収量は増えることになります。



スキルによる強化
以下のスキルにより、回収量を増加させることができます。

再処理(Reprocessing)
鉱石とアイスの再処理による生産性が、スキルレベル上昇ごとに3%増加します。

再処理効率(Reprocessing Efficiency)
鉱石とアイスの再処理による生産性が、スキルレベル上昇ごとに2%増加します。
前提として再処理Lv4が必要です。

各種鉱石処理(Ore Processing)
これは例えば「ベルドスパー処理(Veldspar Processing)」のように鉱石の名前を冠しています。その鉱石の再処理に関する生産性が、スキルレベルごとに2%増加します。

アイス処理(Ice Processing)
アイスの再処理に関する生産性が、スキルレベルごとに2%増加します。

スクラップメタル処理(Scrapmetal Processing)
鉱石とアイス以外の全ての再処理可能な資材の再処理に関する生産性が、スキルレベルごとに2%増加します。

インプラントによる強化
これは「ザイノウ「ビーンカウンター」再処理(Zainou ’Beancounter’ Reprocessing)」という種類の資源加工インプラントを用います。スロット8にプラグインします。

このインプラントはRX-801、RX-802、RX-804の3種類があり、それぞれ再処理の生産性を1%、2%、4%と向上させてくれます。

結局どのくらい上がるのか?
一般的なステーションで72%ほど。POSは設置場所によって異なり、74%〜76%ほど。特化したシタデルであれば、設置場所によって74%〜80%オーバーまで可能です。


再処理時の「税金」

NPCのステーションやシタデル建造物は、再処理プラント使用時に税金を取り立てます。NPCステーションの場合は基本5%で、そのステーションを所持するコーポレーションへのスタンディングによって減少します。スタンディングが6.67%以上で、税金を0にできます。
シタデルの場合はスタンディングごとに設定された税率が適用されます。


圧縮

圧縮は鉱石とアイスに対して行います。鉱石やアイスを言葉通り「圧縮」することで、大幅に体積を減らすことができます。

圧縮するためには、単位として鉱石は100個、アイスなら1個が必要です。

圧縮のやり方


POSの場合は圧縮施設のハンガー内に入れてから実行しますが、再処理サービスモジュールが稼動するシタデルの場合は任意のハンガーで圧縮できます。

圧縮したいアイテムを右クリックし「圧縮」を選択します。




この操作により、単位の鉱石・アイスが圧縮鉱石(Compressed Ore)圧縮アイス(Compressed Ice)に変化します。




圧縮にはロスが発生せず、また圧縮後の鉱石は「鉱石100個分」として再処理などが行えるので、輸送などに大変便利です。



トップページに戻る
 
 

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu


会社紹介
はじめに
EVE ONLINEを始めるために
トライアルと課金

EVEガイド








▼ミッション関連





▼PvPガイド




▼生産


▼プレイヤーの設置物





▼各種ツール・ウェブサイト


リンク

フォーラム
ポータル
法人WebSite 個人WebSite お役立ち 公式サイト(Official site) WIKIPEDIA
(Japanese) (English) NEWS WebSite
(English) Killboard
(English)
【メニュー編集】

メンバーのみ編集できます