B-OSP社の運営する、MMORPG EVEONLINEのwikiです。

指向性スキャナー概要


一般的にDスキャン(Directional Scanner = 指向性スキャナー)と呼ばれるこの機能は、どの艦船にも必ずついている物体探知機です。
その名のとおり、特定の方向・範囲をスキャンし、スキャン対象の反応を得ることができます。

指向性スキャンは、画面が向いている方向(視線の方向)を中心とした設定した角度のスキャン範囲をスキャンします。つまり画面の自分が向いている方向を中心とした範囲(範囲や角度の設定の方法は後述します)を探査するわけです。そのため、ざっくりいえばブラケットなどを参考に「探査したい方角を向いてスキャンする」というのが基本的な使い方になります。
対象の方向にカメラを向けるショートカットなどを活用すると非常に便利です。
探査方向とカメラ向き(画面の向き)の関係は、後述するスキャンコーンとソーラーシステムマップの表示がカメラ操作と連動するのを試してみて体得しましょう。




しかし、スキャンしても対象までの距離は基本的に判明せず、見つけた場所にブックマークを設定することもできません。あくまでもスキャン範囲内に対象の反応があることだけがわかるものです。

このように多少のクセはありますが、Dスキャンを効果的に使えば、システム内のターゲットの位置を大雑把に把握することができ、敵艦の追跡や、プローブ時間の短縮、ABに忘れたドローンの位置の特定等に役立てることができます。また、襲撃してくる艦船を事前に察知したり、視界に入らない遠距離からの索敵などに利用されたりします。EVEの活動はこの探知システムと非常に密接に関係しています。

指向性スキャナーの開き方

指向性スキャナーはショートカットALT+D、または、画面中央のパネルの左側の7つのボタンから「スキャナー」を選択します。
円形に開いたメニューの中から「指向性スキャナー」のタブ(右方向)を開いてください。





指向性スキャン画面の見方

新しくなったスキャン画面は、ソーラーシステムマップウィンドウと一体化した形で出現します。このマップは同時にプローブスキャナーの範囲も映すことができます。Dスキャン範囲とプローブ範囲を一緒に可視化できるので、状況の把握がやりやすくなりました。


.沺璽ー
ソーラーシステムマップの機能です。マップに映るあれこれの表示・非表示を切り替えます。
現在位置にフォーカス
ソーラーシステムマップの機能です。マップ上の現在位置がマップの中央に来るように自動的にマップ表示位置が調整されます。
星系名
ソーラーシステムマップの機能です。現在の星系名が表示されます。
な未離Εンドウで開く/ソーラーシステムマップと一体化
ソーラーシステムマップと一体化している指向性スキャナーウィンドウを切り離します。切り離されている状態で押すと、再び一体化します。
ナ弔犬
指向性スキャナーウィンドウを閉じます。ソーラーシステムマップと一体化している場合でも、ソーラーシステムマップは残ります。
Εメラに合わせる
マップの表示が「視線の向き」とシンクロします。これは艦船が映っている画面の方向とマップの表示が同期化するということです。例えばその状態でマップの奥に恒星が見えるなら、画面にも恒星が映っているはずです。



この状態でマップを回転させたりすると、視線と連動しているので画面もマップに合わせて動きます。また艦船を映しているカメラを移動させるとマップも同様に回転します。

この状態はもう一度押すと解除されます。
Д好ャンコーンの表示切替
マップを開いている状態で映っている緑色の物体。これは指向性スキャンの範囲をマップ上で可視化したもので、スキャンコーンと呼びます。なぜコーンなのかと言えば、角度を絞ったときはコーンの形をしているからです。



プローブスキャンと平行して実施している際などにスキャンコーンが邪魔になったときなどは、ここを押せば消すことができます。

スキャンコーンの範囲内にあるオブジェクトは、マップ上で緑の円がついて表示され、ポイントした際は緑色のアイコンと文字で表示されます。これで範囲に入っているか居ないかははっきりとわかります。


┘好ャン対象のフィルタリング
指向性スキャンはなんでも映すというわけではなく、基本的にオーバービューの設定をベースにしています。ここではオーバービューのタブ設定を元に、何を映すか映さないかを変更することができます。

日常的に指向性スキャンを使う人は、スキャンを行いやすいオーバービュー設定を事前に作成しておきましょう。

関連ページ:オーバービュー設定ガイド
スキャン結果の表示
スキャン結果はここに表示されます。惑星やステーションなどの非常に大きな対象以外は、グリッド外の対象については距離が表示されません。
角度と距離
Dスキャンには、範囲角度という、二つの重要な設定があります。

範囲を指定すると、自分の位置から、一定の範囲内にあるもののみを探知できます。
たとえば、100kmと指定すると、100km以内にあるものが結果に表示されます。

範囲の最大値は、約21億5000万kmになっています。
149,597,871km・・・約1億5000万kmが1AU(天文単位)なので、21.5 / 1.5 = 14.3AUになります。
大体15AUと覚えておくといいでしょう。

範囲の設定はKm単位とAU単位を切り替えることができ、テキストとして数字を打ち込むか、バーを移動させて距離を設定できます。

目安
150,000,000 = 1AU
750,000,000 = 5AU
1,500,000,000 = 10AU
2,100,000,000 = 14AU

角度は、5度、15度、30度、60度、90度、180度、360度が使用できます。360度以外は、画面が向いている方向(視線の方向)を中心とした設定した角度のスキャン範囲をスキャンします。スキャンコーンの動きが画面の動きと連動するので、動かして確認してみましょう。例えば90度の指定をしたときは、視界の中心から上下に45度、左右に45度の広がりを持った範囲になります。
スキャン実行ボタン
押すとスキャンが実行され、スキャン結果が更新されます。一定の実行時間があり、それが終わるまで再実行はできません。

探査用の「マップを使わない古き良き指向性スキャン」

い料犧遒砲茲辰董∋惴性スキャナーウィンドウをマップから切り離した状態でマップを閉じてしまえば、古き良きDスキャンの出来上がりです。数値と反応に全てを賭けた懐かしい日々が忘れられない人、あるいは単にマップが邪魔な人におすすめです。

再びマップを表示させたい場合は、新しく出現しているこのボタンを押せばマップが開きます。



効率のよいスキャン方法(例)


ひとまず、私のやり方を書きます。
「ここをこうしたほうが早い」といったご意見をお待ちしています。
(トラッキングカメラを使った方法など。)

とあるシステムのソーラーシステムマップです。
ゲートからジャンプアウトしてすぐの状態です。ここから、特定の惑星に居るターゲットを探してみます。
とりあえず最大距離、360度でスキャンしてみます…が、
近くに惑星がないので、 ターゲットは引っかかりませんでした。
そこで、ひとまず一番星の密集している太陽へ飛びました。
ここで改めてスキャンをかけます。
ここで、スキャン結果に対象が見つかったとします。
大雑把な方角を絞り込むために、角度を180に変更します。
そして、3時の方角へカメラを向けてスキャンをかけます。
この方向には見つかりませんでした。
※3時の方角、というのを決めるときにマップブラウザが便利です。
次に、12時の方角をスキャンしてみます
今度は見つかりました。
3時の方角に居なくて、12時の方角にいる、ということは、ターゲットは図の赤い領域に居ることになります。
つまり、この二つの惑星のうちどちらかです。
※ 立体的に天体が配置されているシステムでは、更に、上方向か下方向をスキャンする必要があるかもしれません。
では、ひとまず太陽から近いこの惑星へ飛んでみましょう。
惑星に着いたので、マップを拡大しました。
この惑星にいるか、左上の惑星にいるかを絞り込みたいので、2.5AU = 375,000,000kmでスキャンしてみました。
結果にターゲットは出てきませんでした。
どうやら左上の惑星にいるようです。
確認のために、距離を最大にし、角度を90度に絞り、ターゲットが居ると思った惑星に視点を向けてスキャンしてみます。
結果にターゲットが表示されたので間違いないようです。
以上で、ターゲットがこの惑星に居るということが分かりました。

実際には惑星の周囲には衛星と、ステーションと、ABが周回しています。
ターゲットが居る場所にこういった天体が多い場合は、更に絞り込む必要があります。

ただ、その際も基本的な手順は同じなので、割愛します。




トップページに戻る
 

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu



はじめに
EVE ONLINEを始めるために
トライアルと課金

EVEガイド








▼ミッション関連





▼PvPガイド




▼生産


▼プレイヤーの設置物





▼各種ツール・ウェブサイト


リンク

フォーラム
ポータル
法人WebSite 個人WebSite お役立ち 公式サイト(Official site) WIKIPEDIA
(Japanese) (English) NEWS WebSite
(English) Killboard
(English)
【メニュー編集】

メンバーのみ編集できます