B-OSP社の運営する、MMORPG EVEONLINEのwikiです。

資源は惑星ごとに5種類が得られますが、すべてが均等に採取可能というわけには行きません。
同じ種類の惑星でもそれぞれ埋蔵量に偏りがあるのです。
埋蔵量の分布は、惑星モードで調べることが出来ます。
調べようとする惑星があるシステムの情報を開き、「周回軌道物体」のタブを選択します。
次に惑星を右クリックし、メニューの中から「惑星モードで表示」という項目をクリックしてください。


この操作で調査可能な範囲は、リモートセンシングスキルにより決定されます。
レベル1で現在位置から1光年の距離まで、以降レベルごとに2光年長くなります。
高ければ便利なスキルではありますが、使用頻度は高くありません。
惑星学スキルの前提である3で十分でしょう。

惑星モードでの表示は、このようになります


左上の「スキャン」タブをクリックしてください。
表示がこのようになります。

表示される資源の埋蔵量は、惑星学と高度惑星学スキルにより精度が上がります。
とはいえ高度惑星学のスキル倍率は5とそれなりに高いので、3くらいを目標にするのがいいでしょう。

資源の分布は少ないほど青く、高いほど赤く、更に高い場所は白で表示されます。
例としてセキュリティ1.0のハイセキュリティシステムにある温暖惑星を見てみましょう。
例として一番埋蔵量の多い「Aqueous Liquid」の埋蔵量を調査します。
「スキャン」のタブで「Aqueous Liquid」の項目を選択すると埋蔵量が表示されます。


セキュリティの高いシステムにあるため、埋蔵量は少ないのが分かります。
表示された色からすると、最高でゲージの目盛り5個目あたりの量でしょうか。
ここで左上のゲージを操作し、細かい分布を調べることにします。
左右の両端にある三角形をドラッグすることにより、表示する分布の比率を変更できます。



両端の移動に合わせて、表示される色が変化します。



例では中央左上の部分に、白い表示、つまり資源が集中している部分が発見されました。
両端をそれぞれドラッグして範囲を狭めた状態で、中央部分あたりをドラッグすることにより、更に集中的な調査も可能です。



司令基地や採掘機を設置する際の指針としてください。
また、埋蔵量は資源の採取により変化するので、施設稼動後も定期的にチェックするようにしましょう。

指令基地の設置へ進む
惑星開発の基本へ戻る

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu


会社紹介
はじめに
EVE ONLINEを始めるために
トライアルと課金

EVEガイド








▼ミッション関連





▼PvPガイド




▼生産


▼プレイヤーの設置物





▼各種ツール・ウェブサイト


リンク

フォーラム
ポータル
法人WebSite 個人WebSite お役立ち 公式サイト(Official site) WIKIPEDIA
(Japanese) (English) NEWS WebSite
(English) Killboard
(English)
【メニュー編集】

メンバーのみ編集できます