B-OSP社の運営する、MMORPG EVEONLINEのwikiです。



EVE ONLINEでのマナーとモラル

まず最初に、絶対やってはいけないことを押さえておきましょう。

EVEコミュニティにあるポリシーのページ

・改造などによるチート、キャラクターを自動で操作するようなマクロの禁止
・バグを利用して利益を得る行為
・リアルマネートレード(円やドルなど’’現実’’の通貨でアカウントや装備やISKなどを売買する行為)
 公式に認められているのはPLEXやNEW EDEN STOREで買ったアイテムをゲーム内で売ることのみ。
・民族や性別などに対する差別的な発言や、過度に性的あるいは侮蔑的な言葉を使うこと
・初心者が最初に始めるキャリアエージェントが居る星系での、初心者への妨害行為

これらは過去にアカウント凍結などの対象になった実際の行為です。チャットチャンネルにとてもエッチな画像をはりつけた人が即座にBANされた事例もあります。

言い換えるなら、差別だ何だといった「人として最低限のマナー」を守り、「ゲームのシステムを不正に歪めるような行為」をしないならば・・・つまり、ゲーム内でシステムとして許容されているものは、何でもやっていいと言う事です。

何でも!
通常のミッションや採掘などのプレイングに始まり、それを妨害する行為、低セキュリティステータス地域での海賊行為、詐欺、泥棒、布教など・・・。
システムで許容されているものであれば、何をしてもお咎めはありません。
それは全てがEVEのサンドボックスなのです。これがEVE。This is EVE.I was there.


もちろんワルいことには何らかのペナルティが課されるものがあります(カプセルを撃沈すると殺害許可がつく、など)。
これバグじゃないの?とかチートじゃないの?という疑惑の判定があった場合は、泣き寝入りをせずにとりあえずサポートチケットを作成してみるのもよいでしょう。

サポートチケットとバグ報告

プレイスタイルは個人次第!安易なモラルやマナーを相手に求めない

わりとよくあるMMORPGなどのスタイル「マナーを守って楽しい生活を!」というような標語はEVEにはありません。カプセラは誰もがみなアウトローになる素質を持ち、意に沿わぬ撃沈に悪態をつき、マーケットで買い損ねて悪態をつき、エージェントが対国家戦闘しかよこさないことに悪態をつきます。
自分がそれをしない、好まないからといって、他人がそれをしないとは限りません。笑顔で近づいてきた相手が容赦なく裏切ったり、情報がスパイされて艦隊が不意打ちにあったり、ダミー情報に踊らされて大量のごみを買い込んでしまったりします。それがシステムで許されている以上、対策するのは自分しかいません。

また、自分が不意にその加害者になってしまうケースもあります。詐欺やスパイ行為などです。そのような場合も、逆にシステムはそれを止めてくれません。

EVEは基本何でもあり、ということを常に心に留めておき、常にあらゆる可能性を考慮してコトを進めなくてはいけません。そうしなかった場合、あなたはそのうち手痛い教訓を得ることでしょう。

EVEでは何をやっても「許される」のか?

ここはよく海賊などの悪いことをしているプレイヤーが勘違いしていることがあります。

「奇襲で撃沈?多数でリンチ?バブルにT3に装備がズルい?それがEVEだろ?」

そのとおり、それがEVEです。やられた以上、結果が全て。やられてしまったのは相手が上手だったから。誰もそれを咎められず、責任はむしろ自分にもあります。
ですが、だからといってその相手を許してやることはまったくありません

「そのとおり、それがEVEだ。いやー今回はやられたな。また今度インカージョンでも行こうぜ」

そんな義務も理由もない、そんな冷たい世界もまたEVEなのです。やられたなら素直に恨み「いつかこの仕返しはしてやるからな」「絶対許さん!」と思うことは当然でしょう。
これは悪いことすれば、そりゃあ恨みも買うだろうという当然の帰結であります。

もちろん恨みを買うことを恐れないなら、どんどん悪名を売ってやりましょう!それがまたEVEの面白いところで、あらゆるプレイスタイルは許容されているのですから。

結局誰も信じられないのか?

そんなサツバツした世界でもなお、義理人情の世界は存在します。

中にはこんな話も。
ワームホールに入って迷い、切羽詰って声を上げたらローカルには住人が居ました。現地をナワバリにする勢力です。彼らはもちろん武装しており、自分の小さな艦艇など何も言わずにデブリにすることもできました。しかし彼らは出口の座標を教えてくれて、脱出することができたのです。
とある探検家の実話。

当時チャンネルで会話していたEVEの冷酷さを知る誰もが「終わった・・・」「彼は死んだ。復活したらお見舞いをあげよう」「助けてくれるはずがない」と悲観している中での出来事でした。

もしかしたらレアケースなのかもしれませんが、だからといってEVEのこんなルールでも誰もが極悪人ではないのだということです。誰も信じられないのではなく、信じられるものを自分で探さなければならないということでしょう。
他のゲームではシステムから押し付けられていたマナーやモラルを、人間関係の中で作り上げていくというのもまたEVEのひとつの楽しみであります。

EVE ONLINEで心得ておくべきいくつかの事柄

ここからはわりと実用的かつ現実的な心得の話になります。
あなたはそれを守ってもいいし、守らなくてもいいでしょう。

こちらの投稿も読んでみてください。
フォーラム内のページ 黄金律

安全なところはステーションの内部だけ

よく間違える人が多いことです。高セキュリティステータス宙域、いわゆるハイセク宙域はPvP禁止エリアではありません。ハイセクでも船を落とす手段はいくつか存在します。

そのことに対する知識を持ち、なおかつ出港したからにはこの船には落ちる可能性がわずかでもあるという意識を強く持ちましょう。

失って困る船で出航してはならない

これはどこかで読んだ奴の受け売りです。前述のとおり、どこでも撃沈される危険性というものが存在します。ハイセクで高額な装備のレアな艦を乗り回し、それが沈んだあとにどうやって生きていけばいいのでしょう?

常にバックアップを考え、失った場合の金策手段が無い場合はこれを出港させるべきではありません。
(筆者は過去の戦争で総資産の7割にあたる金額をつぎ込んだ艦艇で出撃した。生還したがそりゃ怒られた。若かった。)

高くてデカい艦、レアな装備が最強ではない

そういう艦や装備は確かにスペック上とても強いです。しかしそれは絶対的な差を意味しません。極論、最小の艦艇であるフリゲートでも大人数でひたすら攻撃すれば最大の艦艇である旗艦級戦艦を撃沈することができます。

あらゆる装備は絶対ではない(ただし優位である)という心得はとても大事です。慢心ダメ。

スキルトレーニングだけは止めてはいけない

EVE ONLINEは活動による経験値ではなく、時間によってスキルが育っていきます。これは非常に楽で社会人にも優しい反面、スキルの設定をしくじったらキャラが成長しないということでもあります。

常にスキルは成長させ続けるべきです。低スキルでもできることはたくさんありますが、高スキルでできることはもっとたくさんあるのです。

スキルシステム


その他思いついたら追記します。


トップページに戻る
 

コメントをかく


画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu



はじめに
EVE ONLINEを始めるために
トライアルと課金

EVEガイド


▼コーポレーションとアライアンス






▼FITガイド


▼ミッション関連





▼PvPガイド




▼生産





▼各種ツール・ウェブサイト


リンク

フォーラム
ポータル
法人Blog 個人Blog お役立ち 公式サイト(Official site) WIKIPEDIA
(Japanese) (English) NEWS WebSite
(English) Killboard
(English)
【メニュー編集】

メンバーのみ編集できます