B-OSP社の運営する、MMORPG EVEONLINEのwikiです。



船体防御(Hull Tanking)について

シールドが消滅し、アーマーを突破されると船体構造そのものにダメージが入るようになります。

船体(Hull)は艦船の3番目の防御システムという扱いですが、つまるところ構造そのものでギリギリ踏みとどまっている状態であるため、本来であればここで耐えるのは好ましいことではありません。ただし一部の艦はシールドやアーマーよりも船体が頑強に作られていたりします。超大型輸送艦(Freighter)などは、戦闘艦ではない故に防御を想定しておらず、なおかつ巨大な船体構造のために船体HPだけが非常に大きいという構成になっています。

船体構造を強化するモジュールは多くありませんが、アーマー強化による質量増加や速度低下などのペナルティやシールド強化によるシグネチャの増大やミディアムパワースロットの消費を嫌う一部のPvP屋の間で根強い人気がある防御仕様です。

船体(Hull)の特徴

アーマーと同じように船体は自動的に回復しません。修理にはリペアショップか、船体リペアラーを用いる必要があります。
アーマーと比べて船体リペアラーは性能が低いので、食い込んでしまうと直すのに手間がかかります。ですがリペア費用は結構かかるので、修理用にリペアラーを常備しておくのがオススメです。

船体の基本的な耐性値(レジスタンス)はこんな感じです。



船体の耐性はあらゆる艦で一定です。あるだけマシといったところです。

船体防御分類

船体(Hull)防御はモジュールが少ないため、ほぼ一定のFITになります。残っている要素は、どの程度強化するかといった部分だけになります。

バッファ船体(Hull)タンク

追加隔壁(Reinforced Bulkhead)ダメージ制御機(Damage Control)を用いた、単純にして唯一といっていい船体タンクです。ダメージ制御で耐性を強化し、あとはいくつ追加隔壁やリグを積むかという選択になります。

アクティブ船体(Hull)タンク

船体(Hull)リペアラーを使った回復力で耐えようという悪夢のFITです。回復力に乏しく船体HPも低下するので全然良いところがありません。この状態で艦船を攻撃に晒すのは明らかな自殺行為です。

船体(Hull)防御の作りかた(ケーススタディつき)

前述したとおり船体(Hull)タンクは何のひねりもなく一種類しか存在しません。あえて言えば、逆の船体タンクしないよが存在しているくらいです。

船体(Hull)タンクはローパワースロットを使用します。スロット数はあまり深くは追求しません。1つ以上あればいいでしょう。

バッファ船体(Hull)タンク

最もシンプルな船体(Hull)の強化


やったぞ!船体の耐性が強化された!

〜完〜

ダメージ制御機(Damage Control)の仕様は若干変わっていますが、装備した状態で以前と同様に船体の耐性値を最大で全て60%(Tech 2使用時)まで強化することができます。
他の防御システム仕様の明らかなオマケですので、この状態で船体(Hull)タンクと言い切ると後ろから撃たれます。

根源にして唯一の船体(Hull)タンク構成


ダメージ制御機(Damage Control)で耐性を強化し、追加隔壁(Reinforced Bulkhead)とリグの横隔壁(Transverse Bulkhead)で船体HPを上げに上げるという、それだけのFITです。
他のモジュールの搭載と相談し、追加隔壁とリグの搭載数は調整してください。

数ある防御モジュールになびかない、まさに男の中の男のFITです!!



トップページに戻る
 

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu



はじめに
EVE ONLINEを始めるために
トライアルと課金

EVEガイド








▼ミッション関連





▼PvPガイド




▼生産


▼プレイヤーの設置物





▼各種ツール・ウェブサイト


リンク

フォーラム
ポータル
法人Blog 個人Blog お役立ち 公式サイト(Official site) WIKIPEDIA
(Japanese) (English) NEWS WebSite
(English) Killboard
(English)
【メニュー編集】

メンバーのみ編集できます