B-OSP社の運営する、MMORPG EVEONLINEのwikiです。



防御における”属性”の役割について

EVEの武装(弾薬)や環境ダメージなどには4つの属性があります。



それぞれ
・EM(Electromagnetic)(電磁性ダメージ)
・サーマル(Thermal)(熱ダメージ)
・キネティック(Kinetic)(衝撃ダメージ)
・エクスプローシブ(Explosive)(爆発ダメージ)

防御においては、ダメージレジスタンス(Damage Resistance)、すなわち4つの攻撃属性それぞれに対する抵抗値として扱われます。

抵抗値を表示から読み取るのは非常に簡単です。ダメージレジスタンスはパーセント表記で、特定の属性の攻撃を○○%軽減という意味です。
装備の詳細情報で見ると例えばこんな感じです。



これによると、シールドのEM属性値が0%です。つまりシールドに対してEM属性の攻撃を加えるとダメージが100%伝わります。対してキネティック属性は40%なので、キネティック系の攻撃をしても60%のダメージしか与えることはできません。
(無論、トラッキングや精度などによりブレは出ますが今回は割愛します)

基本的な防御属性値

ほとんどの艦の基本的な属性値の分布は下の図のようになります。
(コラックスなど割合が変わってくる艦は多々あります。)



シールドはEMが大弱点です。基本的に属性値は0%。サーマルよりはキネティックが高く(どっちも値はぼちぼち)、エクスプローシブは全体的に50%を超える高い属性値となっています。

アーマーは逆にEMに高い耐性を持ち、サーマルとキネティックもわりと高めですが、エクスプローシブは10%ととても低くなっています。

船体(ストラクチャ)は基本的に属性防御はありません。ダメージ制御機でのみ属性を増やすことができます。


Tech 2艦になるとこの基本属性値に加えて敵対国が得意な攻撃属性に対して高いレジスタンスを持ちます。
国家強化レジスト
アマーエクスプローシブ・キネティック
カルダリサーマル・キネティック
ガレンテキネティック・サーマル
ミンマターEM・サーマル

シールド型ならシールド、アーマー型ならアーマーと、メインの防御に対してボーナスがついているのが通常です。

スタッキングペナルティ(Stacking Penalty)

これは、同種のモジュールを複数個搭載すると、後から積んだモジュールの性能が減少していく効果を指します。
モジュールに以下のような記載がある場合に発生します。



減少は以下の表のように発生します。
搭載モジュールペナルティ
1個目100.0% 効果を発揮
2個目86.9% 効果を発揮
3個目57.1% 効果を発揮
4個目28.3% 効果を発揮
5個目10.6% 効果を発揮
6個目3.0% 効果を発揮

これは後述する属性強化の計算に使用します。



属性値の強化の仕組み


ダメージレジスタンスにボーナス(増加)が付くモジュールを搭載したときは、以下のような計算によって増加します。

増加値(%)= (100% - 搭載前の属性値(%))× モジュールの属性増加値(スキル込み)(%)

図解。


図のように、モジュールを搭載する前の属性が高ければ高いほどモジュールによる属性アップの恩恵は少なくなります。搭載前が20%だから50%を積んで40%も増えてくれましたが、搭載前が80%だったら50%を積んでも10%しか増えません。
これは100%防御が不可能なことを示しています。

スタッキングペナルティも含めた、複数のモジュールを搭載した場合の計算


スタッキングペナルティが発生するモジュールを複数搭載していた場合、単体での属性値強化が大きなモジュールから1個、2個と数えていきます。

例えば以下の4つのモジュールを搭載していたとします。

・アーマーハードナー(起動時50%増加)
・アーマーレジスタンスプレートA(常時30%増加)
・アーマーレジスタンスプレートA(常時30%増加)
・アーマーレジスタンスプレートB(常時25%増加)

この場合、ハードナーを起動した場合はハードナーの属性値強化が最大であるため、以下のようにペナルティがかかります。

・アーマーハードナー(50%増加(100%))
・アーマーレジスタンスプレートA(常時26.07%増加(30%の86.9%))
・アーマーレジスタンスプレートA(常時17.13%増加(30%の57.1%))
・アーマーレジスタンスプレートB(常時7.08%増加(25%の28.3%))

計算は1個目から順に行っていきます。(表計算推奨)

艦のみでの属性値を10%とします。

・1個目:ハードナーの計算
(100%−10%)×50% = 45%増加する。(現在のレジスタンス55%

・2個目:レジスタンスプレートAの計算
(100%−55%)×26.07% = 11.73%増加する。(現在のレジスタンス66.73%

・3個目:レジスタンスプレートAの計算
(100%−66.73%)×17.13% = 5.7%増加する。(現在のレジスタンス72.43%

・4個目:レジスタンスプレートBの計算
(100%−72.43%)×7.08% = 1.95%増加する。(現在のレジスタンス74.38%

さてここでワンポイント。艦の装備ウィンドウではモジュール1個ごとに算出された増加値を切り上げているようです。それも非常にダイナミックに。

・1個目:ハードナーの計算
(100%−10%)×50% = 45%増加する。(現在のレジスタンス55%

・2個目:レジスタンスプレートAの計算
(100%−55%)×26.07% = 11.73%増加する。(現在のレジスタンス66.73%→67%

・3個目:レジスタンスプレートAの計算
(100%−67%)×17.13% = 5.7%増加する。(現在のレジスタンス72.7%→73%

・4個目:レジスタンスプレートBの計算
(100%−73%)×7.08% = 1.91%増加する。(現在のレジスタンス74.91%→75%

よって4つのモジュール全てを搭載・起動させた場合、艦の属性防御は75%(74.38%)になります。



トップページに戻る

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu


会社紹介
はじめに
EVE ONLINEを始めるために
トライアルと課金

EVEガイド








▼ミッション関連





▼PvPガイド




▼生産


▼プレイヤーの設置物





▼各種ツール・ウェブサイト


リンク

フォーラム
ポータル
法人WebSite 個人WebSite お役立ち 公式サイト(Official site) WIKIPEDIA
(Japanese) (English) NEWS WebSite
(English) Killboard
(English)
【メニュー編集】

メンバーのみ編集できます