B-OSP社の運営する、MMORPG EVEONLINEのwikiです。



艦船の操作コンソール(Head-Up Display、HUD)について

HUDは、出港中の艦船を操作するユーザーインターフェイスです。
艦船の状態や装備中のモジュール、周囲の状況などの表示、各種の機能を起動・・・など、便利な機能がいっぱいついています。

艦船のステータス表示部分



.掘璽襯HP
艦船の周囲を包むシールドの状況を表示します。ダメージを受けるとゲージが減少していきます。
シールドHPが0になるまでは、アーマーや船体がダメージを受けることはありません。
(※貫通、という例外はある)

▲◆璽沺HP
艦船の装甲板の状況を表示します。ダメージを受けるとゲージが減少していきます。
アーマーHPが残っているうちは、船体がダメージを受けることはありません。

Aヂ里HP(ストラクチャ)
艦船そのものの構造の状況を表示します。ダメージを受けるとゲージが減少していきます。
ゲージが無くなると、艦船は破壊され、爆発四散します。

ご倭イ梁度を操作する部分
艦船の速度を表します。
青いゲージが艦船が最大速度の何割を出しているかを示しています。また、中央には速度がデジタル表示されています。
左右のプラスとマイナスは、艦船の速度を変更するためのキーです。プラスを押すと速度が増加し、マイナスを押すと速度が減少します。
また、速度のゲージを直接クリックすることで、クリックした位置までゲージが変化します。
例えばゲージの中央をダブルクリックすると、速度を5割の状態に変化させることができます。




ゥャパシタ
中央のオレンジに輝くゲージはキャパシタの状況を示しています。
全てのライトが点灯している場合、キャパシタは満タンになっています。使用することでキャパシタが消耗すると、ライトが消灯していきます。



Εーバーヒート状況
オーバーヒートによってモジュールが受けているダメージの状態を示します。

オーバーヒートを行うと、ゲージの針が不吉に進行していきます。このゲージは熱ダメージ量を示しています。
3分割されており、左からロー、ミディアム、ハイのパワースロットを示しています。



熱ダメージ量が大きくなるとモジュールが熱で破壊されるようになるので、用法用量を見るために重要なゲージです。

モジュール・アイコン表示部分



艦船ステータス表示部の右側に表示されているのが、艦船に搭載された全モジュールのアイコンです。
このアイコンをクリックすることで、アクティブモジュールを起動できます。



アクティブモジュールは、効果を発揮する間隔「起動(待機)時間」があり、起動中のアイコンの周りに光る線で表示されます。これが1回転すると起動(待機)時間が経過したことになります。
この様を表してモジュールのサイクルと呼びます。この単語は頻出するので覚えておきましょう。

アイコンは以下に示すように好きな場所に配置できます。



アイコンをドラッグした時にだけ浮かび上がるこのマスのどこにでも配置が可能です。
なぜ配置を変更する必要があるのでしょうか?それは以下のような理由があります。

アイコンごとにショートカットが設定されているから
間違えてクリックしないように、アイコンを離しておけるから

うっすらと浮かび上がるマスに書いてあるとおり、上段の8個はF1〜F8で起動できます。中段の8個はALT + F1〜ALT + F8(同時押し)で起動できます。下段の8個はCTRL + F1〜CTRL + F8で起動できます。
それぞれのショートカットを覚えておくことで、モジュールを簡単に起動できるようになります。

そして間違ってクリックすることは、結構あります(実話)。なので特定のタイミングでしか使用しないキャップブースターやシージモジュールなどを、他のモジュール群から離しておく人は結構います。
逆に、緊急時に目押しするためにわかりやすく離しておく人もいますが、ショートカットを覚えたほうが早いですよ。


さらに、ハイパワースロットに搭載したタレットやランチャーはアイコンをスタックすることができます。つまり、重ねることによって2つ以上のモジュールを同時に起動できるようにするわけです。
やりかたは、同じ種類のタレットやランチャーのアイコンをドラッグ&ドロップして重ねます



武装の場合は特に火力の集中が重要になります。バラバラに攻撃すると間に回復された際に損ですからね。
そのため同種の武装に揃えて、なおかつスタックして起動(火力を集中)するのがセオリーになっています。

また、このボタンを押すと一括で同種のモジュールをスタックする操作を行うことができます。



加えて、モジュールのところにこっそり配置されているラックのオーバーロードも覚えておきましょう。



よく見ると、ハイ、ミディアム、ローのパワースロットのシンボルが刻まれています。これは各パワースロットの装備を一括でオーバーヒートするためのボタンです。全力オーバーヒート時にちまちま押す必要はもうありません。また、一括オフにも使用できます。

最後に、以下のボタンでモジュール部分を丸ごと表示/非表示切り替えすることができます。



ボタン表示部



艦船ステータス表示部の左側に表示されているのが、艦船の機能を呼び出すボタンのアイコンです。
このアイコンをクリックすることで、艦船の様々な操作行うことができます。

以下のボタンでボタン表示部分を丸ごと表示/非表示切り替えすることができます。



カーゴホールド


文字通り、艦船のカーゴホールド(艦船に搭載したアイテムを表すインベントリ)を開きます。ショートカットでいつも開くから使ったことは正直ありません。ショートカット以外でも開けることだけは覚えておきましょう。

タクティカルオーバーレイ


戦術的な情報をよりよく得るための表示を画面に重ねて表示する機能です。起動すると以下のような効果がつきます。

・艦と水平に広がる方位盤(距離の目盛り付き)


・オーバービューに映っているオブジェクトの、水平面基準の位置関係表示
 ポイントしているオブジェクトと、自分の艦との間に線が引かれる


これによって周囲のオブジェクトが自分の艦のどの方向にあるのか、上下左右を定義して教えてくれます。この上下はグローバルスタンダードになっているので、周囲の人と状況を伝え合うのにも適します。

さらに艦船の性能やモジュールによってセンサー系の情報が表示されます。こちらのFITガイド・ターゲット・センサー性能強化のページを参照してください。

スキャナー


艦船に搭載されたスキャナーを起動するためのボタンです。押すとメニュー盤が出現し、3種類のスキャナーを起動することができます。

プローブスキャナー


スキャナープローブとランチャーを用いて行うスキャン用のウィンドウを開きます。
プローブの使い方

衛星分析


衛星スキャンプローブの調査結果を表示するウィンドウを開きます。

指向性スキャン


艦船に搭載された周囲を調査するスキャン機能(Directional Scanner)のウィンドウを開きます。
Dスキャンの使い方

カメラコントロール


カメラの自動追尾機能を起動します。

各種操作 カメラの操作 カメラコントロールを参照

オートパイロット


このボタンを押してオートパイロットを起動すると、艦船は目的地に向けて自動的に航行を始めます。

目的地とオートパイロット オートパイロット航行 参照


センサーオーバーレイ



センサーオーバーレイは、現在位置から見た宇宙空間にあるシグネチャブックマークの位置関係をレーダーのように表示させてくれる機能です。

センサーオーバーレイ部分をカーソルでポイントすると表示されるコンソールで、表示・非表示の切り替え、また上のON/OFFボタンでセンサーオーバーレイ自体の有効無効を設定できます。



オプション



オプションではHUDや画面表示の設定を行います。オプションを開くには、HUDの横にこっそりあるボタンを押してください。




・パッシブモジュールを表示
チェックをつけると、アクティブモジュール(キャパシタを消費して起動する類のモジュール)以外のアイコンを表示します。
起動したりしないのであっても邪魔になるだけ・・・という人はチェックを外しましょう。操作が簡略になります。
筆者はパッシブモジュールの熱ダメージ量を把握するためにONにしています。


・空スロットを表示


チェックをつけると、モジュールをつけていないスロットを表示します。積み忘れチェックに効果があるかもしれませんが、正直あまり意味はありません。


・リードアウトを表示


チェックをつけると、艦船のシールド・アーマー・ストラクチャHPを数値で表示してくれます。つまりゲージを数値化してくれます。敵から受けるダメージも数値でわかるので、ダメージ量の把握に便利です。


・リードアウトをパーセンテージで表示


上記のリードアウトをパーセンテージ表示にしてくれます。正直ゲージを見れば大体わかるのですが、厳密に残りパーセントをチェックしたい人はつけておきましょう。


・ズームボタンを表示


チェックすると、アイコンでわかるとおり、画面を拡大するボタン画面を縮小するボタンが追加されます。
マウスのホイールでいいや、という人は存在自体を忘れて問題ありません。


・モジュールのツールチップを表示


チェックをつけると、モジュールのアイコンをカーソルでポイントした際にモジュールのツールチップを表示するようになります。


・モジュール配置をロック
チェックをつけると、モジュールのアイコンを移動できなくなります。かなりニッチな機能。


・オーバーロード状態をロック


チェックをつけると、オーバーロードを起動できなくなります
マウスで誤ってオーバーロード、つまりアイコンの上部の緑の部分をクリックしてしまい、知らぬ間にオーバーロード→モジュール熱破損の流れ、誰もが経験していますね。
このチェックは事故を防ぐために大変有効です。もちろん、PvPをするときにうっかりロックしたままにしないように!


・HUDを画面上側に配置
チェックをつけると、文字通りHUDが画面上側に配置されます。


・艦船のヘルスアラートを設定
このボタンをクリックすると、設定ウィンドウが開きます。



このウィンドウは、艦船のアーマー・シールド・ストラクチャ・キャパシタ・カーゴホールド量が一定以下に減ったときに鳴るアラートを何%のときに鳴らすかを設定します。

ゲージは左端が0%、右端が100%です。このゲージで設定されたパーセンテージに残量が達した時にアラートが鳴ります。
ゲージ左端のチェックボックスをオフにしておけば、アラート自体を鳴らなくさせることができます。

※カーゴホールドアラートは、鉱石カーゴ、弾薬カーゴなどには適用されないようです。放置掘り屋の夢、終わる。


・メッセージ移動モード開始
このボタンをクリックすると、メッセージの表示場所を設定することができます。



敵から攻撃を受けたり、ステータスが変化したりすると表示されるメッセージ、その位置を調整できます。自分の画面レイアウトに合わせて設定しましょう。



トップページに戻る

コメントをかく


画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu



はじめに
EVE ONLINEを始めるために
トライアルと課金

EVEガイド







▼FITガイド


▼ミッション関連





▼PvPガイド




▼生産





▼各種ツール・ウェブサイト


リンク

フォーラム
ポータル
法人Blog 個人Blog お役立ち 公式サイト(Official site) WIKIPEDIA
(Japanese) (English) NEWS WebSite
(English) Killboard
(English)
【メニュー編集】

メンバーのみ編集できます