永遠夜の語り手/滅びの夜のシェヘラザード

カード名永遠夜の語り手
属性
種類ルーラー種族人間
<ジャッジメント>[風][風][1]
<後抗>[風][闇]
<グリモア>(5)(エキストラデッキとして物語の詠唱を5枚まで用意してゲームを開始する。エキストラデッキに同じカード名の物語の詠唱は各1枚までしか入れられない。)
あなたの手札の人形は<瞬動>を持つ。
[0]: あなたのエキストラデッキにある裏向きの物語の詠唱1枚を、このゲームが終了するまで公開する。あなたはそれを1つコピーしてよい。そうしたなら、そのコピーをプレイしてよい。この能力は各ターンに1度のみプレイできる。
果てしない闇夜を生み出す。
カード名滅びの夜のシェヘラザード
属性
種類Jルーラー種族人間
ATK1000DEF1000
<飛翔>
あなたの手札の人形は<瞬動>を持つ。
これが場に出たとき ⇒ あなたの墓地にある人形1枚を対象とし、それを場に出す。
<物語>(3)—これが場に出たとき ⇒ 相手がコントロールする、魔石でもJルーラーでもないエンティティ1つを対象とし、それをデッキの一番上に置く。
<物語>(5)—これが場に出たとき ⇒ あなたのデッキから人形1枚を探して場に出す。その後、あなたのデッキをシャッフルする。
「さぁ、踊りなさい。 最終章の幕開けよ」
時還の魔女で登場した人間ルーラー?/Jルーラー
ルーラー?面は、グリモア?と呼ばれるエキストラデッキ?を用意し、それをコピー?プレイ?する条件能力と、手札の人形に瞬動を与える常時能力を持つ。
Jルーラー面は、ルーラー面と同様に手札の人形に瞬動を与える常時能力?、表になっている物語?に応じて増加する<物語>?誘発能力?を持つ。

・ルーラー面
グリモア?によりエキストラデッキ?を用意し、裏面になっているものを1ターンに1枚までプレイできる。
実質的に手札が増えたように扱うことができ、物語?の詠唱には特定のデッキに対して有効なカードや戦況を有利にするカード等様々で、幅広い戦略が可能となる。
起動能力を使用し、表にしたカードのコピー?はプレイしないことを選択することもできる。その場合は表にしたカードのコストを支払う必要はなく、効果解決時にコピーは消滅する。

人形?瞬動を与える能力は、相手ターンの終了時や、相手リゾネイターの攻撃宣言時に人形リゾネイターをブロッカーとしてプレイする使い方が主となるだろう。
物語の詠唱や手札の他の瞬動カードを構えながら、相手ターン終了時に使用しなかった魔石を人形のプレイに充てることで、隙を見せることなくアタッカーを用意することが可能となる。
ただし、全ての人形がプレイ時にフィールの魔術?の対象になってしまうデメリットもある。

・Jルーラー面
ルーラー面と同様の人形に瞬動を与える常時能力と<物語>?能力を持つ。
Jルーラー面ではエキストラデッキを表にすることができないので、基本的にはエキストラデッキを全て表にした状態でジャッジメントを狙う事になるだろう。
物語が5枚表になっていると、場に人形が2体並び、相手の場のエンティティを除去した上にドローカードを固定する非常に強力な能力となる。


・グリモア能力によりあらゆるデッキに対して柔軟に対応できる汎用性と、手札の内容に左右されにくい安定性により、各フォーマットで猛威を振るうこととなる、
 その結果2018年6月1日の禁止改定にて、これを使用するデッキで主要カードとなっていた物語の聞き手 エヴァ滅びの物語闇願いのジンがニューフロンティアで禁止となり、ワンダラーではこのカードは禁止となった。

・エキストラデッキを使用する都合、このカードをサイドデッキに入れた場合のルールがややこしくなってしまうのを防ぐためか、使用可能になると同時に全構築フォーマットにおいてサイドボード禁止となっている。



収録パック Illust:noki?

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

機能別カードリスト

エキスパンション

-新生ヴァルハラクラスタ?

-ラピスクラスタ?

-ヴァルハラクラスタ?

カードの種類

各種資料

【メニュー編集】

どなたでも編集できます