Steamで配信している早期アクセスゲーム「From The Depths」の情報サイトです。日本語非対応のゲームなのでみんなで情報を載せあってプレイが捗るようにしましょう!

ミサイル迎撃レーザーは対ミサイルとして信頼性が高く、回避の期待できない大型艦には必須の装備と言えます。
基本的にはレーザー作成と同じですが発射部分が違います。

LMDの組み方

Multipurpose laserを基本にLaser connectorとLaser couplerを接続します。


Laser couplerにLaser cavityを接続し、さらにLaser pumpを接続します。


Laser destabiliserとLaser Q switchを取付ます。ミサイルのHPは100程度と言われています。


Laser connectorにLaser Missile Defenceを設置します。
最後にAI MainframeとMissile Warnerを設置します。Warnerは取付けられた方向にしか反応しません。また、レーザーと接続する必要はありません。

ミサイル迎撃のコツ

Laser Missile Defenceは離して複数設置しましょう。角度が違うレーザーの方が命中しやすくなります。
設置箇所は狙われやすいエンジンやAIの付近に集中しましょう。向かってくるミサイルは迎撃しやすいです。
また、ミサイルはレーザー照射によって破壊できなくとも、当たれば誘導を狂わせる事ができます。低出力でも十分仕事をします。

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

どなたでも編集できます