風俗嬢の色々な事、本音や裏側まで

風俗嬢とは

風俗嬢(ふうぞくじょう)とは、風俗店に勤務し性的サービスを提供する女性従業員の俗称。
ニューハーフも含める場合がある。
業態別にソープランドなどでは「ソープ嬢」「泡姫」、ファッションヘルス、デリバリーヘルスなどでは「ヘルス嬢」「デリヘル嬢」、SM業界においては 「SM嬢」などと呼ばれる。
単にコンパニオンやキャストなどと呼ばれることもある。
求人広告や店内の掲示物などでは用いられない呼称であり、女子従業員は「コンパニオン」「社交」などと表記される。
逆に風俗情報誌など客の立場からは「姫」(ソープランド嬢の場合「泡姫」)とも呼ばれる。
かつて娼婦・遊女などと呼ばれてきた職業としての売春婦は現代日本では法的に禁止されている存在であり、サービスとして膣性交を行わない風俗嬢も多く、風俗嬢イコール売春婦とはいえない。
風俗嬢から AV女優になったり、逆にAV女優から風俗嬢に転身したりといった業種間交流が盛んである(兼務の場合もある)。
風俗嬢にとっては、アダルトビデオ出演は良い宣伝になる。
ただし、性風俗産業に従事していることは社会規範に照らすと好ましく思われないことも多く、彼氏や知人や家族などに知られること(いわゆる「顔バレ」「親バレ」など)を避けるために、雑誌や店のウェブサイトに詳しいプロフィールを載せない、顔を載せていない(いわゆる「顔出しNG」)、上記のような積極的な宣伝行為に参加しない風俗嬢も少なくない。
最近、風俗嬢を労働者として積極的にとらえ、「風俗ユニオン」などの労働組合に組織しようとする動きもある。

風俗嬢の歴史

  • 1946年 GHQの指導により遊女が禁止。
  • 1947年〜1958年遊女が禁止された後、ダンサーやパンパンが出現し、公然と売春行為が問題化、赤線地域の治安悪化が大きく社会問題として扱われ、多く新聞やラジオ等のメディアが多く扱うようになる。
  • 1958年〜1965年 売春防止法が成立。
多くの娼館が料亭、カフェーへと姿を変え、隠れて売春する若い女性が出現し、問題化。
公安委員会が一斉捜査を行い、20代から30代の女性(36000人)、未成年の少女(14〜19歳)を保護。
婦人補導院、女子少年院、感化院に送致。ピンクサロンも出現し、多様化する。
  • 1966年〜1977年 トルコ風呂(現在のソープランド)、ノーパン喫茶が京都に出現し、ブームになる。
  • 1978年〜1989年 ダイヤルQ2、テレクラが出現し、ブームになったものの問題が起きやすくなる。
新宿歌舞伎町ラブホテル連続殺人事件が発生。
  • 1990年〜2001年 出会い系サイト、援助交際が出現、発生し、問題化。
家出少女が多く発生するようになる。
  • 2002年〜現在(2011年) 出会い喫茶が出現する。
未成年の少女の利用が問題化する。

(引用元:風俗嬢 - Wikipedia
タグ

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

メンバーのみ編集できます