風俗業界の用語をまとめた風俗用語集です。これから風俗店で遊ぶ人、働く人の為の風俗業界用語辞典


風俗用語「は」

パイズリ

おっぱいで陰茎を挟みながら上下運動させること。(ほとんどの場合ローションを使用します。)また、男女ともある程度のサイズがないとできません。

梅毒

性交による感染。稀に輸血などによる感染もありえる。潜伏期間は3週間。感染後、3週、3ヶ月、3年、30年ごとに症状が進行する。以前は性病と言えば梅毒をイメージしたものだが、最近はクラミジアや淋病の方が蔓延している。

パイパン

女性のアンダーヘアー(陰毛)が無いこと。滑らかな皮膚によるセックスアピールのため、パートナーが興奮することを意識して行ったり、快適なオーラルセックス、SMプレイの為にも行われる。
語源は、麻雀牌の「白板」(=パイパン、baiban)によると言われている。また、土器(かわらけ)という同義語もあるが、現代においてはあまり用いられない。

バイブ

バイブレーター(女性用性具の一つ。陰茎をかたどり電気で振動させるもの。電動こけしとも言う)の略。回転運動や振動する。、女性器に挿入するなどして使用し女性の快感を高める。また、挿入時にクリトリスを同時に振動などで刺激したり、亀頭にあたる部分が回転・振動するものなど様々。ヘルスサービスのオプションとして用意していることが多い。
下手な使い方をされると女性としては痛いだけなので、女性ごとに「どうすると気持ち良いか」を確認しながら使用してもらいたい。

パウダーマッサージ

ローションの代わりに、ベビーパウダーなどを使用してマッサージすること。サラサラしているため、ローションより手の感覚が直接的に伝わる。

バキュームフェラ

バキュームのように強烈に吸い込むようなフェラチオのこと。

ハコ(箱)

お店の営業のために使用される場所・空間のことを言い、店舗型性風俗特殊営業店の総称。

バック

仕事(行ったサービス)に対し支払われる給料。女のコがお客様から預かったお金を、一旦お店側が回収し、規定の歩合分を女のコに渡す(女のコ→お店→女のコとお金がバックしてくる)ことから、こう呼ばれる。

ハッスルパブ

お酒を飲みながら、席に着いた女のコのおっぱいを揉んだり、キスをしたりできるパブ。ヌキは無い。「おさわりパブ」「おっぱいパブ」「セクシーパブ」「揉みパブ」など、地域やお店によって名称は様々。また、セクシーキャバクラ(セクキャバ)ともほぼ同義。

花びら回転

主にピンクサロンで行われるサービス。1人のお客様に対し女のコが次から次へと交代してサービスを行うこと。女のコを花びらに見立て、ぐるぐると回ってくることが所以。

パネル指名

女のコの写真を見て指名すること。写真指名。有料の場合もあるが、無料にしているお店も多い。

パブ

洋風居酒屋。

ハマヘル

横浜曙町のヘルス密集地区のことを指す略称。神奈川県横浜市。

早番

「早番」「中番」「遅番」の勤務形態のうち、午前中〜夕刻前くらいまで勤務すること。

バンス

お店からの借金のこと。

パンスト破り

パンストを破るプレイ。イメクラやヘルスにおけるオプションサービスの一種。店によっては無料サービスでもある。

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Amazon

編集にはIDが必要です