このサイトは、東京外かく環状道路(外環)に関する情報をみんなで共有することを目的に開設しました。

このページへのコメント

そうそう、何度も関東地方整備局に確認された「ぐりこ」さん、お疲れ様でした。

Posted by 小作人 2018年02月09日(金) 10:44:28

PONPOKO REPORTによると、この事業評価時点で、H22(2010)年ベースの将来OD表が存在していたとのこと。上記で「基礎データに10年以上前の道路交通センサスが用いられているのは、いまだに2010年度道路交通センサスベースの将来OD表が作成されていないためです」「現況OD表(実績値)の傾向を反映すると2010年ベースの推計値は大幅に減少すると思われます」と書かれていますが、H22(2010)年ベースの将来OD表を使うと外環利用交通量が減少し、便益も減少し、巨額の事業費と合わなくなり、事業継続が難しくなるからだとしか思えませんね。国交省だけでなく、こんな状態なのに疑問を呈するどころか一緒になって「効果がある」「必要だ」と言う学者たちも責任を問われるべきですよね。

Posted by 小作人 2018年02月09日(金) 10:40:53

2010年度道路交通センサスベースの将来OD表について関東地方整備局に確認したところ、作業中ということです。2015年度ベースの現況OD表もまだということでした。

Posted by ぐりこ 2017年12月21日(木) 11:28:14

2010年度道路交通センサスベースの将来OD表について関東地方整備局に確認したところ、現時点でもまだ届いていないということです。2015年度ベースの現況OD表もまだということでした。

Posted by ぐりこ 2017年10月02日(月) 11:06:42

昨日、国交省の本省が2015年度OD調査結果速報を公表しましたが関東地方整備局に現況OD表はまだ届いていないそうです。また、2010年度道路交通センサスベースの将来OD表についてもまだということでした。

Posted by ぐりこ 2017年07月26日(水) 11:38:18

2010年度道路交通センサスベースの将来OD表について関東地方整備局に確認したところ、現時点でもまだ出来ていないということです。

Posted by ぐりこ 2017年06月05日(月) 09:50:34

2010年度道路交通センサスベースの将来OD表について関東地方整備局に確認したところ、現時点でもまだ出来ていないということです。

Posted by ぐりこ 2017年04月06日(木) 14:35:50

2010年度道路交通センサスベースの将来OD表について関東地方整備局に確認したところ、現時点でもまだ出来ていないということです。

Posted by ぐりこ 2016年12月26日(月) 11:50:37

昨日行われた日本交通学会主催のシンポジウムで、国土交通省の事務次官が、「税金で取ったデータは国民にオープンにすべき」と挨拶していました。OD表も他の統計調査と同様に国交省のホームページからダウンロードできるようにすべきですし、各種報告書も情報公開請求手続きによるのではなく、ダウンロード可能にすべきですね。情報公開は市民参加の大前提です。応援しています。

Posted by NEW DEAL 2016年10月09日(日) 22:48:41

2010年度道路交通センサスベースの将来OD表について関東地方整備局に確認したところ、現時点でもまだ出来ていないということです。

Posted by ぐりこ 2016年09月20日(火) 23:02:55

交通需要予測では将来も生成原単位が変わらないものとして予測していましたが、若者世代で減少しています(三大都市圏すべて)。調査結果のある京阪神都市圏の休日では20歳代・30歳代の自動車利用が半分程度にまで減少しているそうです。人口減少に加えて、生成原単位が今後さらに減少すると交通計画の見直しが必要ですね。

Posted by 蓮華草 2016年09月06日(火) 19:21:11

2010年ベースの将来OD表を出せないのは、外環に限らずB/Cが下がって、新規採択や継続を認められない道路事業が続出するからでしょうか。国交省は最近「ストック効果」という言葉をよく使い、便益に今までにない要素を盛り込もうと検討しています。8月5日の専門小委員会にとりまとめ骨子案が出て、年末に中間まとめを出す予定です。

Posted by 蓮華草 2016年08月24日(水) 17:52:15

このページにコメントする

ログインする

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます