ガンバライドに代わるデータカードダス 仮面ライダーバトル ガンバライジングについてカードデータ・そのほかのデータをまとめたwikiです

鎧武弾(※勝手に命名)〜ナイスドライブ弾→バッチリカイガン弾の大幅変更と比べると
引継ぎ事項が多くあまり大きな変更がない感じの今回であるが、主にシステム面での変更点が多々あるようだ。
まとめてみたので 特にカイガン弾途中からしばらくプレイしていなかった方の復帰プレイ時での参考にして欲しい

※初期バージョンではLRなどスペシャルカードスキャン演出が真ん中に置いた1枚のみとなっていましたが、10/28あたりのアップデートで修正された模様です


ICカード&データセーブ機能付きガンバライダーカードのスキャンの仕方変更

まずいきなり面食らうかもしれないが

お金を入れた後のセーブカード読み込み時、画面でICカード/データセーブ機能付きガンバライダーカード/なし を(ボタンで)選ぶ事になった。
ICカードとデータセーブ機能付きガンバライダーカードを両方置いた時 カードリーダーの具合でどっちが優先されるかわかりにくかったからと思われる

仮面ライダーエグゼイドがナレーションを担当

前回のユルセンによる実況が好評だったからなのか、それともゲームが題材だからなのか
今回大半のゲーム中ナレーションを仮面ライダーエグゼイド:宝生永夢(演: 飯島寛騎)が担当している。

アシストチップ廃止→ライダーシンボルorブットバソウルメダルスキャン導入

公式ページにもあるが アシストチップが廃止となり、代わりのライダーシンボルというシステムになった。またこのアイテムを使うタイミングで その代わりに同社の別系列のゲームである「仮面ライダー ブットバソウル」のメダルをスキャンできるようになった

詳しくはライダーシンボルページ参照だが
アシストチップと大きく違う点は

「効果を発揮するのは選択した1枚orスキャンしたブットバソウルメダルだけ」である事。
装備している他のシンボルは効果を発揮しないし、ブットバソウルメダルをスキャンしてその効果&シンボルの効果を...という考えはできない。

4人目アシストライダー廃止&それに伴うジャマータイプバーストボーナス変更

アシストチップ廃止に伴って アシストライダーも廃止となった。オイウチ・カウンターは右に配置したライダーが、ミガワリは左に配置したライダーが担当する。

ジャマータイプのバーストボーナス効果もそれに伴って
「コウゲキ・ひっさつ+500 さらに次のラウンドの終わりまで相手のオイウチ・ミガワリを封じる」と修正された(バースト時の説明表示も変わっている)
また 以前はアシストライダーがダメージを受けたようなカットイン+案内表示があったが 今回それがなく案内なしでオイウチミガワリが出なくなるのには注意。

なおアシストによるカウンターがなくなっても きちんとテクニカル前カウンターは残されているのでその辺は勘違いしない事。(今回その時は後述のベルトアクションボタン連打が表示される)
基本的なカウンター発生率もアシストカウンターが無くなった分テクニカル勝利時カウンター率を少し引き上げたらしく、プラスマイナスで据え置きのまま...どころか勢い余って?カウンター率が若干高くなっている模様。(流石にナイスドライブ1弾初期ほどではないが)

ベルトアクション(ボタン押し演出)

画面表記も体力表記やライジングパワーストックなどが それこそ格闘ゲームのように左右分け表示となったが
その分画面下にはエグゼイドの変身ベルト・ゲーマドライバーのグラフィックが。
これは飾りではなくバトル中、特定のタイミングで起動し、ボタン連打やボタン1回押しを促される
ボタン連打の場合では 中央の半円ゲージを満タンにすれば恩恵が受けられるようだ

具体的には
・オイウチ時(連打)
・テクニカル前カウンター時(連打)
・テクニカル勝利後カウンター時(ボタン1回)
・やられた時のライダーガッツ発動前(ボタン連打)
・仮面ライダーエグゼイド勢の変身や必殺技時(ボタン連打or1回)
オイウチ時は連打成功で明らかにダメージが上昇する。
その他の物は連打成功で確実に発動する。ある意味発生予告だ。
またテクニカル前カウンターは今まで突然発動していたのでこっちも心の準備の時間が乏しかったが、今回このベルトアクションのおかげで予告されるようになって非常にわかりやすくなった(連打ゲージ登場前に「ボウギョせよ!」というメッセージも入る)。
ただし通常攻撃、特にダブルでもトリプルでもない全員バラバラのコウゲキだと受付がかなり短いので注意。

ひとりで遊ぶ「仮面ライダーバトル」について

カイガン弾の眼魂ハントバトルの後継。データ眼魂ならぬデータガシャットを入手など、ほぼ内容は同じだが
特定キャラがあらかじめスキャンされており、カード2枚だけで遊べて難易度も低めの「いっしょにバトル」が追加。
現在週代わりで仮面ライダーエグゼイドのキャラが登場予定らしく これはTV放映を見ているお子様へ向けてのモードと言えるだろう。

そして一番大きいのがスペシャルバトル...今回はボスステージという名称だが ただ既定回数バトルをこなすだけでなく特定条件を満たさないと到達できない点。
仮面ライダーバトルページにも書いたが
ナイスドライブ弾までにあった経験値ボーナスのための「ミッション」がより重要な形で復活したと言える。
ただしその分既定回数はやや抑え目になっている。ある意味プレイ次第では以前より早いとも考えられるので ここはガンバライダーの腕の見せどころだ。
...ただ高周回だと 非常に難しいミッションが...(カウンター発動させて3回勝て、など)

ライダー全国対戦のマッチング待機画面の変更

一体どういう訳なのかは不明だが 今まで全国マッチング待機画面だった部分が
相手を求めてフィールドを使用ライダーたち3人が走るという演出になっている。

相手が見つかると急ブレーキで止まり、その先にいきなり相手チームが待ち構えている...という感じで
以前のようなVS表示画面はなく、そこで相手データとライダーシンボルが表示され、一気にバトルになだれ込む...という。
これも「スペシャルスキャン1枚だけ」と同じく時間短縮のためか?
なお前回のような相手カードのレアリティ表示はない。

なおこの後ライダーシンボルorブットバソウルメダルスキャンとなるが 完了時に相手が何のシンボルorメダルを使ったかという表示も。ある意味バトル前から何のシンボルを選ぶかorメダルを使うか?という頭脳戦か。

なお走りや急ブレーキは恐らく旧ガンバライドのファイナルバトル時動作の使い回しだと思われる

仮面ライダーゴースト勢のゲキレツゴーストアタック廃止
&後継の仮面ライダーエグゼイド勢によるゲキガシャアタックについて

今まではシステム上や演出上の変更だったが、直接ゲームに関わる大きな変更点がこれ。

アイコンスキャン続投で今までと使い勝手が変わらず安心...と思っていたゴースト勢だが、そうは問屋(バンダイともいう)がおろさなかった。
ゲキレツアイコンの絵柄こそゲーム上でも変わっていないが、ゲキレツを止めて先行取得時に発動していたゲキレツゴーストアタックが廃止。
仮面ライダーエグゼイド勢がその代わりに「ゲキガシャアタック」というシステムで特殊追加コウゲキを行うようになった。

...だが...?

ゲキレツゴーストアタックと似て異なるゲキガシャアタック条件 そして意外と大きい実戦への影響


※ここから先は執筆者がプレイした上での個人的考えですのでご了承ください

実はそのゲキガシャアタックはゲキレツゴーストアタックと異なり、ガシャットスキャンチャンスを使用したライダーしか発動できない
エグゼイド勢のカードにあるゲキレツアイコンが顔の形をしているので勘違いしてしまうが... ガシャットをスキャンするとその顔の形をしたゲキレツアイコンがガシャットを模したカートリッジ型の絵柄に変化。それで初めて発動可能となるのだ

つまり、「エグゼイド勢を複数使用しても ゲキガシャアタック発動可能なのは一人だけ

バッチリカイガン弾後期で流行した戦法として
ゴースト勢二人を使用しもう一人をゲキレツ増やし持ちにして ゲキレツゴーストアタックを多く狙いに行く...というパワー戦法があった。無論ゲキレツ100も併用という形も。

この戦法の効果がかなり薄くなった...と言える。エグゼイド勢を二人使用してもスキャンできるのは一人だけだからだ。

恐らく上記戦法があまりに強力だったので 抑え目にした措置だと思われる。
だが「失って気づくもの」(byNEW電王旧ガンバライドスキル名)とはこの事で、追加ダメージがなくなったのはもちろんバーストゲージもゲキレツゴーストアタックで溜まっていたので その分がないのが大きく影響する(特にバーストゲージ溜まりにくい対戦で)のだ。
しかもゲキガシャアタックにはバーストゲージ増加効果がない

また稼働初期なので ガシャットの効果が限定されるのも状況を複雑にしている。
続投が故に効果種類が多く安定した活躍のアイコンを生かせるゴースト勢か?
ゴースト勢が失ったゲキレツ特殊アタックを使えるようになるガシャットのエグゼイド勢か?

...という2択はしばらく続きそうだ。

そして実はこれで、何の媒体もなしにゲキレツ特殊アタックが使える(しかもバーストゲージ上昇効果もある)ガンバライダーが株を上げた...かもしれない。
「頼んだぞ、ガンバライダー!」(byエグゼイド・ゲキレツガンバアタック時のナレーション)

タイリョクが10000台にも到達可能

これも上ほどじゃないが実戦で影響大きい事柄。
特定のカードで「(条件を満たすと)チームタイリョク+1000」といった体力底上げできるカードに体力高いLR2枚、とか
仮面ライダーゴースト勢のアイコンスキャンチャンスで体力アップの物を併用すると、理論上体力10000越えとなる

...が、バッチリカイガン弾までは※通常9999でカウンターストップしていた。
これがガシャットヘンシン1弾からはストップせずにきちんと10000台にまで到達可能となった。
バッチリカイガン弾後半で通常攻撃やオイウチが超強烈になり、高いボウギョでも耐え切れなくなったので体力を...という事なのだろうか。

これで上記の体力底上げ可能な表アビリティを持つカードの株が上がったといえる。

ただこれでさらに過去弾カードが厳しくなった(現在のカードと体力値があまりに違いすぎる)...と思うが
過去弾のカードは逆に「チームタイリョクが相手より低いと〜」やトリッキー体力低い版ボーナスが狙いやすくなった
とも言える(耐久力を犠牲にしてはいるが...)

(※...実は 鎧武弾やドライブ弾でも、ひとりで遊ぶ時の高周回CPUボスが10000以上の体力を持っていたりした。表示は(1)0218 のように桁が振り切れていたが)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

旧トップページ
※上メニューの「トップページ」を選択するとメニューバーになってしまいます
※ボトルマッチ弾へ対応していないページが一部ございます。ご了承ください。変更点はこちら

コンテンツ

コミュニティ

システム・遊び方
[おもちゃ連動]
<ゴースト> <エグゼイド> <ビルド>
原作に基づいた称号 クロスオーバー称号

・ICカード関連システム
ひとりであそぶモード
ビルドアップライダーバトルは現在お休み中です)

ガンバライダー
ライダーシンボル

カードリスト
  • (マシン)
<ビルド>BM5弾 BM4弾 BM3弾 BM2弾 BM1弾
<エグゼイド>G6弾 G5弾 G4弾 G3弾 G2弾 G1弾
<ゴースト>K6弾 K5弾 K4弾 K3弾 K2弾 K1弾
<ドライブ>D6弾 D5弾 D4弾 D3弾 D2弾 D1弾 
<鎧武> 6弾 5弾 4弾 3弾 2弾 1弾
  • (プロモ) 
<ビルド> PBMベストマッチパック!パック2パック3
<エグゼイド> PG/(パック)GP
<ゴースト>(玩具付属)T /(その他)PK
<ドライブ>PB,PD
<鎧武>P
  • (ゴールドカード) G,BG


データアーカイブ
その他
廃止されたシステムなど
<鎧武> <ドライブ> <ゴースト>
アイコンスキャンチャンス(過去弾)
眼魂ハントバトル
アシストチップ
アシストチップ作品別リスト
スコア一覧(バッチリカイガン弾)
全国大会(バッチリカイガン弾ver)
<エグゼイド>
(バッチリカイガン弾から)ガシャットヘンシン1弾での変更点
仮面ライダーバトル
ガシャットヘンシン弾ライダーシンボルリスト
ゲンムの野望(ガシャット2弾限定だったステージ)
仮面ライダーゲンム(G3)(ガシャット3弾限定だったステージ)
大決戦!パラドクスの襲撃(ガシャット3弾限定だったステージ)
仮面ライダーゲンム(G4)(ガシャット4弾限定だったステージ)
マイティパラドX(ガシャット4弾限定だったステージ)
クロニクルトーナメント〜最強ライダー決定戦(ガシャット5弾限定だったステージ)
クロノスの野望(ガシャット6弾限定だったステージ)
全国大会専用スコア一覧(G6弾ver)
<ビルド>
襲来!ブラッドスターク(ボトルマッチ1弾限定だったステージ)
ベストマッチ7(ボトルマッチ3弾限定だったステージ)
ゲキトツ!仮面ライダーローグ(ボトルマッチ4弾限定だったステージ)
[END]
【メニュー編集】

編集にはIDが必要です

閉じる
ボトルマッチ5弾稼動!!
5/19
原作称号W以降 エグゼイド関係さらに追加(weatherdさんより)
ライダーアイテム&フィニッシュ追加(ーさんより)
神ゲンムの野望 1週目追加
エボルへの挑戦 2週目レベル2,3追加(ーさんより)
フルボトルスキャン バットエンジンやドラゴンマグマ、エボル関係変更さらに追加(おおやまさん、hontaiabcさん、ペン打ゴンさんより)